外壁塗装

トタン外壁のリフォーム費用の相場は?張り替えに適したタイミングも紹介

トタン外壁の写真

トタン外壁は安価で軽量ということで様々な建築物に用いられてきました。
しかし、近年ではより性能の高いガルバリウム鋼板が主流となり、新築住宅にはあまり使われません。
そのため、自宅のトタン外壁をリフォームしようと考えている方は多いのではないのでしょうか。

トタン外壁のリフォームを行うのであれば、適切な費用を把握しておかないと、予想外の高額な出費に慌てることになってしまうかもしれません。
そうならないためにも、正しい知識を事前に収集しておくことが重要です。

そこで、今回はトタン外壁のリフォームを検討している方に向けて、費用の相場をご紹介します。
また、トタン外壁の張り替えに適したタイミングも解説します。

トタン外壁のリフォームや張り替えで、「お金の失敗をしてしまった!」と後悔しないよう、ぜひこのページを参考にしてください。

トタン外装とは

トタン外壁とは、薄い鉄板であるトタンを外壁に使用したものです。

トタンは古くから使われているもので、外壁材の他、屋根やガレージなどにも使用されています。

「トタンは古いイメージがある」と感じる方もいらっしゃるようですが、最近は様々なカラーバリエーションが販売されていますので、デザイン性の高いトタン外壁にすることも難しくありません。

トタン外壁は、あらゆる外壁の中でも非常に安いのが魅力ですが、一方で「断熱性が低い」「錆びやすい」「遮音性が低い」というデメリットもあります。

トタン以外の外壁の種類

トタン以外にも、建物に使われる外壁はたくさんあります。
ここからは、トタン以外の外壁の種類についてご紹介します。

>外壁の種類 特徴
モルタル外壁砂とセメントを練り合わせて作られた「モルタル」を使った外壁です。耐震性や耐火性が高い一方で、ひび割れしやすいというデメリットがあります。
タイル外壁高温で焼き固められたタイルを使用した外壁です。耐火性や耐久性が高いうえに、汚れにくい・汚れを取り除きやすいといった性質があります。タイルそのものは長持ちしますが、「目地」「コーキング」は劣化しますので、定期的にメンテナンスを行わなければなりません。
サイディングボード外壁サイディングという仕上げ材を外壁下地に張り付けるものです。「金属系」「窯業系」「木材系」など種類が豊富で、近年主流となっている外壁です。しかし、サイディングの種類によっては「メンテナンスに手間・時間がかかる」「劣化しやすい」などの欠点もあります。
ALC外壁軽量気泡コンクリートである「ALC」を使用した外壁です。コンクリート特有の耐火性の高さを持ち、一般的なコンクリートにはない「断熱性の高さ」が魅力です。しかし、水に弱く一度劣化してしまうと、あっという間に症状が深刻化してしまいます。

トタン以外の外壁は、現在上記の4つが主に採用されています。

それぞれ特徴が異なりますので、外壁に使用する際には望む機能性をしっかりと明確にして選ぶことが大切です。

トタン外装をリフォームする費用

トタン外装をリフォームする費用

トタン外壁をリフォームする場合、具体的な費用をしっかりと把握しておかなければなりません。
トタン外壁のリフォーム費用については、下記を参考にしてください。

リフォーム費用(既存のトタンの撤去費込み)
リフォーム内容 相場(1㎡あたり)
既存のトタンと同じものに張り替える2,000~6,000円
タトタンから窯業系サイディングに張り替える2,000~6,000円
トタンから金属系サイディングに張り替える3,000~6,000円
トタンから樹脂サイディングに張り替える5,000~12,000円
トタンから木材のサイディングに張り替える6,000~10,000円
その他トタン外壁リフォームにかかる費用
トタン外壁リフォームにかかるもの 相場(1㎡あたり)
足場代800~1,200円
シーリング打ちの費用(サイディングに張り替える場合)5,000~10,000円

トタン外壁のリフォームは、具体的な施工内容によって費用が変わります。
あなたが、トタン外壁をどのようにリフォームしたいのかを考え、希望する施工内容と上記の表を照らし合わせてみてください。

また、トタン外壁のリフォームでは施工に携わる担当者の人件費や材料費だけではなく、その他「足場代」「既存のトタンの撤去代」「シーリング打ち」なども必要です。

トタン外壁の耐用年数|リフォームの適切なタイミングは?

トタン外壁の耐用年数は、10年~20年です。
しかし、トタンは耐久性が低いので、環境によっては上記の耐用年数よりもさらに短い期間で、劣化が深刻化する場合もあります。

現在、建物に「トタン外壁」を使っている場合、劣化サインをしっかりと見極めてリフォームを行わなければなりません。
トタン外壁の具体的な劣化サインは、下記の通りです。

  • トタンが変形している
  • トタンが浮いている
  • トタンが錆びている
  • トタンに穴があいている

トタン外壁が「変形している」「浮いている」「錆びている」場合は、劣化しているサインです。

また、トタンに穴があいている場合、錆が深刻化している証拠でもありますので、早急なリフォームが必要です。
トタン外壁は一部分でも問題を抱えると、劣化がすぐ広範囲に及んでしまいますので、トラブルのあるトタン外壁はすぐに取り換えるようにしましょう。

トタン外壁をリフォームするときのポイント

トタン外壁をリフォームするにあたり、失敗しないためのポイントがあります。
ここからは、トタン外壁をリフォームするときのポイントについて詳しく解説します。

トタンの色は目立たない色を選ぶ

トタン外壁をリフォームするときには、「汚れの目立たない色のトタン」を選びましょう。

トタン外壁は材質上、土埃や砂、カビ、苔といった汚れが付着しやすいからです。
例えば、「グレー」を選ぶと汚れが目立ちにくくなります。
「グレー以外のカラーを選びたい」という場合は、ブラウンやベージュ、乳白色などの色も、汚れが目立ちにくいのでおすすめです。
トタン外壁をリフォームする際は汚れの目立たない色を選びましょう。

トタンは複数のカラーを組み合わせる

トタン外壁をリフォームする場合は、複数のカラーを組み合わせましょう。

単色のトタン外壁よりも、複数のカラーを組み合わせたトタン外壁のほうが安っぽく見えにくく、デザイン性が高まるからです。

複数のカラーを組み合わせたトタン外壁なら、オシャレな雰囲気になりますので、「汚れが目立たない色」をベースにして希望する色をアクセントとして使うこともできます。

高級感のある外壁にするためにもトタン外壁は複数のカラーを組み合わせましょう。

DIYではなく専門業者にリフォームを依頼する

トタン外壁リフォームは、DIYせず専門業者に依頼しましょう。

外壁リフォームは危険な作業や高度な技術が必要な場面があるためDIYではケガや失敗の可能性が高いからです。
トタン外壁のリフォームは高所での作業となります。
万が一、足場から落下してしまった場合、重大な怪我をしてしまいます。
また、たとえDIYに慣れている方でも、高所の作業や技術のいる場面があるため、外壁リフォームが失敗する可能性も高いです。

そのため、DIYに不慣れな方はもちろんのこと、DIYに慣れている方も専門業者に作業を依頼することをオススメします。

外壁リフォームの際に、屋根リフォームも一緒に検討するのがオススメ

外壁リフォームを行う場合は、同時に屋根リフォームを行うことも検討してみてください。

外壁リフォームと屋根リフォームを一緒に行えば、足場の設置費用を1回にまとめることができ、別々に依頼するよりも費用が抑えられるからです。

外壁のリフォームは大きな出費となるため、少しでも費用を抑えることが重要です。
外壁リフォームと屋根リフォームは同時に申し込んでも別々でも施工内容や品質に何ら変わりはないため、同時に申し込んだ方が圧倒的にお得です。
そのため、外壁リフォームを行う際には、業者に屋根の劣化具合も確認してもらい、リフォームが必要そうであれば両方一緒に施工を依頼しましょう。

まとめ

今回は、トタン外壁の概要や種類、費用、耐用年数、リフォームポイントなどについて解説しました。

トタン外壁は劣化しやすいので、最適なタイミングでリフォームを行わなければなりません。

また、トタン外壁の劣化を放置すると、さらに状況が深刻になってしまうことも考えられます。
トタン外壁の劣化を発見したら、リフォームを後回しにせず早めに対処しておく必要があります。

現在、トタン外壁のリフォームを検討している方は、今回の記事を参考にしながら計画してみてください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。