外壁塗装

サイディング外壁の耐用年数は?長持ちさせるメンテナンス方法や費用などを解説

サイディング外壁の耐用年数はどの種類も最大40年と、他の壁材に比べて長いです。ただし、塗料の塗り直しやシーリングの打ち直しなどの定期的なメンテナンスは必要です。 この記事ではサイディングの種類ごとの耐用年数や長持ちさせるためのメンテナンス方法、かかる費用などを解説していきます。

「外壁材のサイディングってよく聞くけど、どんなものなんだろう?」そんな疑問を持つ人も少なくないかもしれません。
外壁サイディングは材質によってさまざまな種類があり、メリットとデメリット、メンテナンス頻度なども異なります。

今回は外壁のリフォームを検討している方向けに外壁のサイディング種類や耐用年数、長持ちさせるためのメンテナンス方法、費用などを解説します。
自分の家の外壁はどんなものなのか、把握したうえで適したメンテナンスを行いましょう。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
外壁塗装のご相談はこちらから
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

サイディング外壁の耐用年数

サイディング外壁の耐用年数は最大40年と、他の外壁材に比べると長いです。
外壁材の代表的なものにはサイディングのほかにモルタル、タイル、ALCパネルとさまざまあり、それぞれ耐用年数は以下の通りです。

外壁材の耐用年数
外壁材 耐用年数
サイディング 40年
モルタル 30年
タイル 20~30年
ALCパネル 50年

サイディングとひと口にいってもさまざまな種類があり、それぞれ特徴、性能にも違いがあります。
それぞれ説明していきます。

窯業系サイディングの耐用年数

窯業系サイディングの耐用年数は40年です。
材料は繊維材、セメントで防火性、耐震性、耐風圧性、防水性などの性能が魅力です。
デザインが豊富で、サイディングの中でも人気のある外壁材です。
ただし、劣化が進み撥水性能が落ちると、コケ・カビが発生しやすく、耐用年数も短くなるため定期的なメンテナンスが欠かせません。

金属系サイディングの耐用年数

金属系サイディングの耐用年数は40年です。
金属系サイディングは鉄をガルバリウム銅板やアルミ、スチール、亜鉛などでコーティングした壁材です。
断熱材一体型のものが多く断熱性に優れ、耐凍害性もあります。
また、金属サイディングは大変軽いため、家への負担を軽減してくれます。
そのため、地震の際にも揺れ幅を減少させて建物の倒壊やひび割れなどのリスクから守ってくれます。

ただし、経年劣化で金属系サイディング同士をつなぐコーキング(すき間を充填した部分)が剥がれたり、塗装面にチョーキング現象(白い粉がつくこと)が発生することもあります。
定期的な塗り替えをおこなうことで、耐用年数を長くすることができます。

木質系サイディングの耐用年数

木質系サイディングの耐用年数は15~30年です。
木質系サイディングは天然の木を材料とし、表面に塗装を施した外壁材です。
断熱性があり、ぬくもりのある木のデザインがおしゃれで人気ですが、吸水性が高い木材の性質上、劣化しやすく他のサイディングに比べると耐用年数は短くなります。

燃えやすさに関しては、防火性をアップさせるための不燃処理がされているため、外壁材として使用して安心して使用することができます。

樹脂系サイディングの耐用年数

樹脂系サイディングの耐用年数は25~30年です。
樹脂系サイディングは塩化ビニール樹脂で作られており、耐腐食性、ひび割れしづらいのが特徴です。
軽量で耐震性に優れ、寒冷地での凍害なども起こりにくいというメリットもあります。

また、色は塗装でついているわけではなく、本体に顔料が練り込まれているため、色あせや塗装の剥がれはなく、基本的に塗り替えは必要ありません。
メンテナンスがほぼ不要で、耐用年数も長い夢のようなサイディングですが、日本でのシェアはまだ低いのが現状です。
耐用年数の実績が少ないことも多いので、気になる耐久性については業者に相談するのがおすすめです。

サイディング外壁の耐用年数が短くなるケース

サイディングの耐用年数が過ぎていなくても、張り替えなどのリフォームが必要になるケースは以下の2つです。

  • 海辺などの特徴的な周辺環境
  • 劣化を放置している

そのまま放置していると、思わぬトラブルにつながる可能性があるので、必ずチェックしておきましょう。

1.海辺などの特徴的な周辺環境

周辺環境の影響は、外壁の劣化を早める要素になります。
具体的には、以下のような環境が挙げられます。

  • 日当たりがいい場所:紫外線を受けやすい
  • 海に近い場所:塩害にあいやすい
  • 建物が隣接していない場所:雨風を受けやすい
  • 寒い地域:凍害にあいやすい

このほかにも川や池が近いとカビやコケの原因になりますし、工業地帯だと工場からの煙が害を及ぼしたりと、外壁が傷みやすくなります。
外壁材を選ぶ際、リフォームする際には周辺環境に適した性能のあるものを選びましょう。

2.劣化を放置している

劣化を見つけたらすぐにメンテナンスしなければいけないところを、そのまま放置しておくと耐用年数が短くなってしまいます。
劣化症状を見つけたら早めの対処が肝心です。
主な劣化状況について、次の章で詳しく解説していきます。

サイディング外壁の主な劣化症状

サイディング外壁に以下の劣化症状を発見したら、メンテナンスを検討しましょう。

  • ツヤがなくなった
  • 色があせている
  • カビやコケが生えている
  • チョーキング現象が起こっている
  • 塗膜の剥がれ、ひび割れ
  • コーキング材の劣化

基本的に、簡単に確認できるものばかりなので、一つずつチェックしていきましょう。

1.ツヤがなくなった

色鮮やかな塗料を紫外線や雨風にさらされるとだんだんとツヤがなくなってきます。
まだこの段階では見た目以外には問題は起こりませんが、放置しておくと色あせやチョーキング、カビなどにつながるため軽く見てはいけません。

2.色があせている

紫外線や雨風にさらされ続けると、だんだんとサイディングの色があせてきます。
これは、塗膜が劣化して防水性が落ちてきているサインです。
放置しておくと、サビ、ひび割れ、雨漏りなどにつながるため、色あせを見つけたら注意です。

3.カビやコケが生えている

カビやコケが発生している場合は、サイディングの塗膜がはがれ、防水機能が落ちている可能性が高いと考えられます。
そのため、早めの塗り替えなどの対処が必要になります。

4.チョーキング現象が起こっている

壁を触って白い粉のようなものがつく場合はチョーキング現象を疑ってください。
チョーキング現象は「白亜化現象」ともいい、紫外線や雨風により塗料の中の顔料が劣化し、表面に粉として出現する現象のことです。
チョーキングは塗料の耐用年数のだいたい1~2年前に起こるといわれています。
チョーキングを見つけたら塗り替えの検討を始めましょう。

5.塗膜の剥がれ、ひび割れ

サイディングの塗膜がはがれ、雨水が侵入すると、夏の暑さや冬の寒さで膨張や収縮をしやすくなり、本体にひび割れが生じていきます。
こうなった場合割れ目にシーリングを施す応急処置が必要です。
そのままにしておくと壁の倒壊の危険があるため、放置は厳禁です。

6.コーキング材の劣化

サイディングボード同士を繋ぐ際に、コーキングという目地材が使われます。
サイディング材同士を接着してしまうと気温変化でサイディングが膨張収縮したときに互いにぶつかって傷がついてしまいます。
コーキング材はそれを防ぐための緩衝材的な役割で使われていますが、5~10年で劣化してしまうため、定期的な打ち直し、打ち増しが必要です。
コーキング材の劣化を放置しておくとサイディング本体へも悪影響を与えることになるので注意しましょう。

外壁サイディングの耐用年数を長くするメンテナンス方法

外壁サイディングの耐用年数を長持ちさせるには、以下のメンテナンスが一般的です。

サイディングのメンテナンス方法と費用相場
メンテナンス方法 費用相場(30坪の住宅)
洗浄 1~3万6千円
塗装 70~110万円
コーキング材の打ち直し 25~40万円
補修 20~40万円
重ね張り工事(カバー工法) 100~220万円
張り替え工事 170~250万円

それぞれ一般的な30坪の戸建て住宅の外壁として、どれくらいの費用がかかるのかも見ていきましょう。

1.洗浄

ご家庭でもできるメンテナンス方法としては洗浄があります。
高圧洗浄機などがあれば、一瞬できれいになってしまうので大変便利ですが、劣化したサイディングを壊してしまったり、へこみ、傷つきの原因になってしまうこともあります。

おすすめな方法としては、ホースで上から下まで水をかけながら柔らかいブラシで優しくこすることです。
カビやコケが発生している際は、台所洗剤などの中性洗剤を用いましょう。
クレンザーは中に粒子が入っていてサイディングを傷つけるので使用しないでください。
業者に頼む場合、費用は1~3万6千円ほどを見ておきましょう。

2.塗装

チョーキング、色あせなどが起こっている場合は、塗装が必要です。
もともと塗ってある塗料によってはそのまま重ね塗りができず、下地材が別途必要になるので注意しましょう。
一般的な塗装の手順としては、次の通りです。

  1. 足場設置
  2. 高圧洗浄
  3. 補修
  4. 養生
  5. 下塗り
  6. 中塗り
  7. 上塗り

何度も塗り重ねることでムラなく均一に塗装することが可能です。
また、塗装と塗装の間には塗料ごとに定められた乾燥時間を守ることが大切。
費用はよく使用されることの多いシリコン系塗料を使う場合、70~110万円ほどです。

サイディングの外壁塗装については、下記の記事で詳しく解説しています。
サイディング塗装が不要って本当?塗料の種類と外壁塗装の費用相場

3.コーキング材の打ち直し

コーキング材が劣化している場合は、打ち直しが必要です。
コーキング材は外壁の塗料よりも劣化スピードが早いので、メンテナンス回数が多くなります。
コーキング材の打ち直しは場所によって足場の設置が必要になるため、難しいと感じた場合はDIYではなく業者に依頼しましょう。

主な手順は下記のようになります。

  1. 古いコーキングの撤去
    カッターを使用し、撤去します。コーキングが劣化している場合、切れ目を入れることで簡単につまみ出すことが可能です。
  2. 養生
    外壁にコーキングがつかないように養生を行う。
  3. 下地の塗布
    コーキングがしっかり密着するようにプライマーという下地材を塗ります。
  4. コーキングの充填
    コーキングガンでコーキング材を注入します。

古いシーリングを全て撤去した後に新しいものを打ち直す工事をする場合、足場設置を含めると総額は25~40万円ほどです。

サイディングのコーキング補修については下記の記事でも詳しく解説しています。
サイディング外壁のコーキング(シーリング)の種類や役割|補修方法からおすすめシーリング材も紹介

4.補修

サイディングの剥げ、ひび割れなどが起こっている部分にパテ埋めなどをして修復する方法もあります。
この方法は、サイディングの一か所だけが劣化している場合に有効です。
劣化部分が多い場合は、重ね張り、張り替えなどの必要がでてきます。

サイディングのひび割れ補修は、シーリング材やボンドコークなどを使用します。
この際シーリング材、ボンドコークの色はサイディングの色に似たものを使用すると跡が目立たないのでおすすめです。
加えて、ヘラを使って伸ばすことできれいに仕上げることができます。

ひび割れ補修を業者に頼んだ場合の費用相場は20~40万円ほどですが、2階部分をおこなう場合には足場設置費用が追加で必要になります。

5.重ね張り工事(カバー工法)

重ね張り工事とは古いサイディングを残し、上から新しいサイディングを重ねることです。
サイディングの重ね張りの流れとしては、以下の通りです。

  1. 足場の設置
  2. 古いサイディングの補修
  3. 下地材や防水シートを設置
  4. 新しいサイディングの設置
  5. シーリング処理

業者に頼む場合は古いサイディングを取り除く費用がかからないため、サイディング張り替え工事よりも費用が安く済み、100~220万円ほどと見ておくとよいでしょう。

外壁材の重ね張りに関しては、下記の記事でも詳しく解説しています。
ガルバリウム鋼板の外壁重ね張りの費用相場とメリットを解説

6.張り替え工事

劣化したサイディングボードを外し、新しいものを取りつける張り替え工事は最も手間・費用・時間がかかるメンテナンス方法です。

流れとしては次のようになります。

  1. 足場の設置
  2. 古い外壁の撤去
  3. 壁内部の補修
  4. 水切り・スターターの設置
  5. 新しいサイディングの設置
  6. シーリング処理

水切りとは雨水などが室内へ侵入しないように設ける外壁材の一部のことで、スターターとはサイディングを設置の基準となる定規のようなもののことです。業者に頼む場合、もともとあるサイディングを取り除いて新しいものを取り付けるため、重ね張り工事よりは金額が高くなります。費用はだいたい170~250万円ほどになります。

サイディングの張り替え費用については、下記の記事でも詳しく解説しています。
サイディングの張り替え費用はいくら?料金相場と業者に依頼するときの注意点

外壁サイディングのメンテナンス時期

サイディングは種類によってメンテナンス時期が変わります。目安としては以下を参考にしてください。

サイディング外壁のメンテナンス時期
外壁材 メンテナンス周期
窯業系サイディング 7~8年
金属系サイディング 10~15年
木質系サイディング 8~12年
樹脂系サイディング ほぼ不要
窯業系サイディング
防水性がないため、表面の塗装が不可欠。防水性を保つために7~8年に1度の塗装が必要。
金属系サイディング
比較的メンテナンス周期が長い壁材ですが、きれいな外壁を維持するには10~15年ごとの塗装がおすすめ。
木質系サイディング
劣化が早いという欠点もある。8~12年ごとのメンテナンスが長持ちさせる秘訣
樹脂系サイディング
変色しづらいため塗り替えなどのメンテナンスがほとんど不要。シーリングを使わないオープンジョイント工法と呼ばれる施工方法のため、シーリングの劣化も心配ない。

サイディングのメンテナンス方法については、下記の記事でも詳しく解説しています。
サイディングのメンテナンスをする時期と方法|費用相場やメンテフリーのサイディングも紹介

まとめ

それでは、外壁サイディングの耐用年数についておさらいしましょう。

  • 窯業系、金属系、木質系、樹脂系があり、耐用年数は15~40年と差がある
  • 周辺環境の影響がある場合、劣化を放置している場合は耐用年数が短くなることがある
  • 主な劣化症状はツヤがなくなる、色あせ、カビやコケが生えている、チョーキング現象、塗膜の剥がれ、ひび割れ、コーキング材の劣化などがある
  • 長持ちさせるには洗浄、塗装、コーキング材の打ち直し、補修、重ね張り、張り替えなどのメンテナンス方法がある
  • メンテナンス周期は窯業系が7~8年、金属系が10~15年、木質系が8~12年、樹脂系はほぼ不要
  • メンテナンス費用は塗装が約70~110万円、コーキング材の打ち直し費用は約24~40万円、補修費用は約20~40万円ほど、重ね張り工事は約100~220万円、張り替え工事が約170~250万円

外壁サイディングの耐用年数は40年ほどで耐久性が高い壁材です。
しかし、劣化症状を見逃して定期的なメンテナンスをおこなわないと劣化が急速に進んでしまうこともあります。
塗装や補修、張り替え工事などは10年を目安にプロの業者に見てもらいましょう。

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。