外壁塗装

シーラー塗装とは?3つの役割や必要性、塗り方、単価相場について

シーラー塗装とは?3つの役割や必要性、塗り方、単価相場について

シーラーは、塗装するときに一番最初に塗る塗料です。
「塗装工事の見積書にあるシーラー塗料は本当に必要なの?」「シーラー塗装がなければ、もっと費用が抑えられるのでは?」と思いますよね。
下塗り作業であるシーラー塗装は、外壁塗装や屋根塗装などに使われる塗装工事の中で大切な工程のひとつです。

シーラー塗装しないと塗装してもすぐに剥がれ落ちてしまい、耐用年数より早く劣化する可能性があります。
また、シーラー塗装で下塗りをしっかりしておくと、きれいに仕上がります。
そのため、下塗り作業は塗装工事において必要な作業といえるでしょう。
このページでは、シーラー塗装とはなにか、役割や必要性と一緒に解説します。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
外壁塗装のご相談はこちらから
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

シーラー塗装とは?

シーラー塗装とは、塗料を塗る前の下塗り作業です。
塗装工事には、3工程あります。

  • 下塗り
  • 中塗り
  • 上塗り

いちばん最初に行う下塗り作業が、シーラー塗装です。
シーラーには、「密着する」「塞ぐ」などの意味があります。
言葉の意味通り、中塗りや上塗りをキレイに仕上げるための大切な工程です。

シーラーとプライマー、フィラーの違いは?

シーラー、プライマー、フィラーはすべて下塗りに使用される塗装です。
プライマーは主に金属面に使用したり、防水材や床用塗料のことをいいます。
一方で、シーラーとプライマーに正しい定義はなく、同じものとして扱われることは少なくありません。
フィラーは主に、モルタル外壁の塗装に使われます。
モルタル外壁は、細かいヒビ割れが起こりやすい素材です。
フィラーを塗ることで、モルタル外壁に生じた細かいヒビ割れや凸凹を埋める役割があります。

シーラーの3つの役割

シーラーには主に以下の3つの役割があります。

  • 下地と上塗り塗料の密着性を高める
  • 塗料の吸い込みを防止する
  • 下地を補修・強化する

シーラー塗装することで劣化を防ぎ、中塗りや上塗りの仕上がりがキレイになります。
それぞれ説明していきます。

1.下地と上塗り塗料の密着性を高める

シーラーを先に塗ることで、中塗りや上塗りにおける接着剤の役目を果たします。
シーラー塗装をせずに上塗り塗装だけをしても、うまく密着しません。
そのため、耐用年数より早く劣化したり剥がれ落ちたりする可能性があります。

2.塗料の吸い込みを防止する

シーラーを最初に塗って吸収させることで、塗料の吸い込みを防ぎます。
シーラー塗装しないと、塗膜で保護されていないところの耐久性が悪くなってしまいます。
また、色ムラが発生したり仕上がりが悪くなったりするので、仕上がりをきれいにするためにもシーラーをしっかり塗ることが大切です。

3.下地を補修・強化する

シーラーは、塗装面や細かなひび割れに浸透して、下地を補修したり強化したりする役割があります。
外壁の表面は時が経つにつれてひび割れや細かな傷が増え、劣化していきます。
劣化を防ぐためには、補修や強化が必要です。
シーラーで下地を補修や強化することで、その後の工程がきれいに仕上がります。

シーラーを使う必要性

シーラー塗装しないと、機能性や耐久性に優れた仕上げ塗料を使っても、効果を十分に発揮できません。

  • 仕上げ塗料下地に吸い込まれて無駄になる
  • 塗りムラが発生する
  • 密着力が低下して剥がれるなど

問題を起こさないためにもシーラーをしっかりと塗装して、下地を整えることが大切です。

シーラーの塗装方法

シーラーの塗装方法は、主に以下の2つです。

  • ローラー工法
  • 吹付け工法

業者によって得意不得意があるので、塗装方法は業者に任せたほうがいいでしょう。

ローラー工法

ローラー工法とは、シーラー塗装でスタンダードな塗装方法です。
名前の通り、ローラーを使って職人が手作業で塗装します。
ローラー工法のメリットは、塗装の厚みや凸凹を調整できるため、丁寧な施工により仕上がりがきれいなことです。
また、手作業なので塗料が無駄になりません。
デメリットは、職人の熟練した技術が必要なことです。
作業が繊細な分、職人の腕によって仕上がりが変わります。

吹付け工法

吹付け工法とは、スプレーガンで塗料を外壁に噴射する塗装方法です。
スプレーガンを使うので、一度に広範囲の塗料が噴射できます。
あっという間に塗装ができるので効率的です。
一方で、強風のときは塗装しにくく、塗料をたくさん使うのでコストがかかります。

シーラー塗装の単価相場はどれぐらい?

シーラー塗装の単価相場は、塗料の種類や外壁の状態によって異なりますが600〜1,000円/㎡程度です。
高いものだと、2,000〜4,000円/㎡というものもあります。
基材に合った塗料を選択するため、専門的な知識が必要です。
見積書を見ながら、専門業者と相談するようにしましょう。

シーラーの種類と特徴について

シーラーは、大きくわけて2種類です。
さらに機能性が異なるシーラーもあるので、タイプによって使い分けが必要です。
水性タイプのシーラーなら水性塗料の上塗り、油性タイプのシーラーなら油性塗料の上塗りと、基本的に同じタイプの塗料を使うようにしましょう。

水性タイプ

水性タイプはシーラーの主成分が水で作られていて、下地に浸透したあとシーラー内の水分が蒸発することで塗膜を作ります。
塗装に使った道具は、水洗いすればいいので取り扱いが簡単です。
そのため、DIYで利用する人がたくさんいます。
また、においが少ないので室内塗装に最適です。
水性タイプは、劣化が少ない下地に適しています。
劣化が激しい下地に使用すると吸収してしまい、浸透性が悪くて補強効果が薄れるので注意しましょう。

アサヒペン:水性シーラー
ニッペホームプロダクツ:水性シリコン下塗りシーラー 透明

油性タイプ

油性タイプは、有機溶剤を使っているシーラーのことです。
シーラーの溶剤が蒸発して塗膜を作ります。
耐久性や防水性に優れているので、雨風のあたる屋根や外壁によく使われます。
塗装したらすぐに乾燥し、劣化しにくいのでメンテナンスが少なくていいのが特徴です。
水性タイプに比べてにおいが強いので、塗装する場合は注意しましょう。

アサヒペン:油性シーラー
ニッペホームプロダクツ:油性密着強化下塗シーラー 黄褐色

機能性シーラーの違うシーラーもある

シーラーのなかには以下のような機能性シーラーもあります。

  • ヤニ止めシーラー
  • カチオンシーラー
  • コンクリート強化シーラー

それぞれ説明していきます。

ヤニ止めシーラー

ヤニ止めシーラーは、タバコのヤニや雨ジミを抑える効果があります。
基本的には水性なのでにおいは少なく、室内の天井や壁の塗り替え時の下地塗料として使用されます。
ヤニやシミがひどい場合は、ヤニ止めシーラーを十分に乾燥させてから、もう一度塗装すると効果的です。
塗料メーカーによって透明タイプとホワイトタイプの2種類があります。

アサヒペン:水性ヤニ・アクどめシーラー
日本ペイント株式会社:水性シミ止めシーラーII

カチオンシーラー

カチオンシーラーは「浸透性」「密着性」「経済性」に優れているため、外壁や内壁どちらにも使用でき、適用範囲が広いのが特徴です。
透明タイプとホワイトタイプの2種類あり、ホワイトタイプは塗装面の目止め、透明タイプは劣化面の下塗りに適しています。

日本ペイント株式会社:水性カチオンシーラー

コンクリート強化シーラー

コンクリート強化シーラーは、コンクリートやモルタルの表面を固めて補強します。
コンクリート強化シーラーの補強効果によって、上塗り塗料の吸い込みを抑えることが可能です。
また、耐久性に優れているのが特徴で、ホコリの発生も予防します。

水谷ペイント株式会社:ボウジンテックス強化シーラー

まとめ

それではシーラー塗装のポイントをおさらいしましょう。

  • シーラー塗装とは塗料を塗る前の下塗り作業のこと
  • シーラー塗装の役割は「下地と上塗り塗料の密着性を高める」「塗料の吸い込みを防止する」「下地を補修・強化する」の3つ
  • シーラー塗装にかかる費用相場はが600〜1,000円/㎡程度
  • シーラーの種類には「水性」と「油性」があり、シーラーと上塗り塗料の種類は揃えるのが基本

シーラー塗装することで、中塗りや上塗りの密着性を高めたり、劣化した塗装を強化したりできます。
シーラー塗装しないと塗装してもすぐに剥がれ落ちてしまい、耐用年数より早く劣化する可能性があるので注意しましょう。
仕上がりをきれいにするためにもシーラーをしっかり塗ることが大切です。

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。