外壁塗装

外壁リフォームの費用相場!家の塗装・重ね張り・張り替えなど必要な工事別に解説

外壁リフォームの費用相場!家の塗装・重ね張り・張り替えなど必要な工事別に解説

外壁リフォームの費用相場は一般的な30坪の戸建て住宅の場合でおよそ100万~300万円です。
張り替え費用は200万~300万円、重ね張り費用は150万~200万円、外壁塗装の費用は80万~150万円が目安になります。
外壁リフォームの工事金額は主にリフォーム方法や施工面積で価格が変動します。

この記事では、家の外壁をリフォームしようと考えている方に向けて以下の内容を解説します。

  • 外壁リフォームの費用相場
  • 外壁材・塗料別の外壁リフォーム費用相場
  • 外壁の張り替えリフォームで活用できる補助金

外壁リフォームの費用相場だけでなく、ガルバリウム・サイディング・タイルなどを使った場合別の値段や、施工事例、外壁のリフォームで活用できる補助金の例など、価格差に繋がる情報を解説します。
ぜひ最後まで確認してください。

外壁リフォームの費用相場

外壁リフォームにかかる値段は、建物の状況や施工面積によって変動します。
リフォーム事例で多いのは100万円~200万円の価格帯で、費用相場は一般的な30坪の戸建て住宅で約200万円です。

外壁リフォームの種類と費用相場
リフォーム種類 内容 費用相場
新装工事 重ね張り(カバー工法) 150万~200万円
張り替え 200万~300万円
塗装工事 外壁塗装(塗り替え) 80万~150万円
補修工事 ひび割れの補修・修繕 5万~10万円
コーキング(打ち替え) 5万~10万円
コーキング(打ち増し) 500円~900円/㎡
高圧洗浄 2万~6万円

外壁リフォームには主に「新装工事」「塗装工事」「補修工事」の3つがあります。
それぞれの費用相場について詳しく説明していきます。

外壁の新装工事の費用相場

外壁の新装工事の費用相場

古くなった外壁を新しくする「新装工事」には2種類の方法があります。
外壁材を既存の上から張る重ね張り(カバー工法)工事、外壁材を新しく張り替えてしまう張り替え工事です。

新装工事の費用相場
工事方法 費用相場
重ね張り(カバー工法) 150万~200万円
張り替え 200万~300万円

外壁の重ね張り(カバー工法)の費用相場は30坪の住宅であれば150万~200万円が一般的です。
重ね張りのメリットは、張り替えと違い既存の外壁材を撤去する必要がないため費用が安く済むことです。

外壁の張り替え工事の費用相場は30坪で200万~300万円ほどです。
張り替えのメリットは、重ね張りと違って外壁材を交換するので、既存の外壁材の傷み具合を気にせず丈夫な外壁にできることです。
また、住宅の外壁重量を増やさずにリフォームできます。

外壁の新装工事は扱う外壁材によって価格が変動します。
サイディングやガルバリウム、タイルの場合など詳しい費用は「外壁材別の費用と耐用年数の比較」で説明しています。

一般的にリフォームの料金相場には数十万の幅があります。
そのため、リフォーム内容と合わせて自分の家の場合いくらになるのか、きちんと見積もりを取るのが大切です。

新装工事を行うタイミング

外壁の重ね張りや張り替えといった新装工事を行うタイミングは、外壁がかなり劣化してくる20年~30年に1度が目安になります。
それまでは塗装工事や補修工事をすることになります。

外壁リフォームのタイミングは一般的に前回のリフォームから10年が目安です。
10年ごとに「新装工事」が必要なのか、塗装や補修で済むのか、信頼できる業者と相談するのがオススメです。

外壁の塗装工事の費用相場

外壁の塗装が劣化したタイミングで行う「塗装工事」の費用相場は80万~150万円です。
色あせやチョーキング現象、剥がれなどの劣化症状が現れた場合に、外壁を塗り直すことで家の外観や強度を保ちます。

外壁塗装の費用は塗装する外壁の面積や塗料の種類(グレード)によって異なります。
一般的なシリコン塗料を選べばかかる塗料の値段は50万円~80万円前後、塗装工事全体の費用相場は80万円前後かかることになります。

塗料の費用相場
塗料の種類 平米単価 耐用年数
アクリル塗料 1,000円~1,500円/㎡ 4年~7年
ウレタン塗料 1,700円~2,200円/㎡ 6年~10年
シリコン塗料 2,300円~3,300円/㎡ 8年~15年
ラジカル塗料 2,700円~3,600円/㎡ 12年~15年
フッ素塗料 3,600円~4,700円/㎡ 15年~20年

塗料にはそれぞれ特徴があり、費用の安さだけで決めると失敗しやすいです。
単価だけでなく、塗料の耐用年数や特徴なども合わせて選ぶのが大切です。

外壁塗装の相場については、下記の記事で詳しく紹介していますので、合わせて参考にしてください。
【2021年版】外壁塗装の費用相場!坪別の適正価格や内訳を事例つきで紹介

外壁の補修工事の費用相場

外壁の表面のひび割れや剥がれ、ゴム状のシーリングが劣化したときに行う「補修工事」の費用相場は50万円です。
補修工事は軽いメンテナンスになるので、劣化が酷い場合は塗装工事なども同時に行うのが一般的です。
補修工事は3年~5年に一度行い、家の状態を確認しましょう。

なお、外壁のコーキング補修費用については、下記の記事で詳しく解説しています。
外壁のコーキング補修の費用相場!補修が必要な劣化症状や寿命なども解説

外壁材別の費用と耐用年数の比較

あくまでも目安ですが、各外壁材の耐用年数と価格相場は以下の通りです。
外壁を張り替えるべきかどうか悩んだ際に参考にしてください。

外壁材の価格相場と耐用年数・メンテナンス時期
外壁材の種類 価格相場(㎡) 耐用年数 メンテナンス時期
窯業系サイディング 3,000~7,000円 20~30年 7~8年
ガルバリウム鋼板(金属系サイディング) 4,000~6,000円 20~30年 10~15年
樹脂系サイディング 6,000~7,500円 10~15年 10~20年
木質系サイディング 8,000~10,000円 15~10年 8~12年
モルタル 3,500~7,500円 30年 8~10年
タイル 9,000円前後 40年 ほぼメンテナンス不要
ALC 6,000~10,000円 50年 10~15年
トタン 2,000~6,000円 10~30年 7~8年

また、サイディングの張り替え費用については下記の記事で詳しく説明しているので、合わせて参考にしてください。
サイディングの張り替え費用はいくら?料金相場と業者に依頼するときの注意点

外壁リフォームの費用は助成金や補助金で安くできる

外壁リフォームの費用は助成金や補助金で安くできる

外壁のリフォームにおいて助成金や補助金制度を利用できる場合があります。
どの地域の助成金でも、基本的に応募は4月ごろから2月ごろまで行われます。
ただし、自治体によっては「応募件数が上限に達した時点で締め切り」ということもあり、6月~11月ごろには募集が終了することが多いです。

助成金を受けたい場合は4月~5月ごろに制度を確認し、申請を行うのがおすすめです。
助成金は着工前に申請しないといけない場合が多いので早めに確認して動きましょう。

例として、2021年の東京都渋谷区・千葉県銚子市の制度の内容を紹介します。

東京都渋谷区のリフォーム支援事業
助成金名 住宅簡易改修支援事業
補助対象となる工事 ・住宅のリフォーム
・および住宅と一体となっている敷地内(道路部分を除く)の外回りリフォーム
※工事費用(消費税抜)が5万円以上かかるものであること
補助金額 10万円を上限に、消費税を除く工事費用の20%を補助(※千円未満は切り捨て)
受付期間 ~2021年1月末まで
主な条件 ・区内にある住宅でこの助成を受けたことがないもの
・申請後に着工し、2021年3月15日までに工事を完了すること
千葉県銚子市のリフォーム支援事業
助成金名 銚子市住宅リフォーム助成事業
補助対象となる工事 ・外壁の張り替え及び塗装工事
・床、外壁、窓、天井又は屋根の断熱工事などの住宅のリフォーム
※工事費用が20万円以上かかるものであること
補助金額 20万円以上50万円未満:2万円
50万円以上100万円未満:5万円
100万円以上:10万円
受付期間 ~予算がなくなるまで
主な条件 ・住民票があり、市税等を滞納していない方

※地域によって細かい条件が決められているため、詳細は各自治体のHPや窓口で確認してください

上記を見ても分かる通り、各自治体によって助成金の内容や上限金額、条件は異なります。
そのため、「東京都 外壁リフォーム 助成金」など自分の住んでいる地域の助成金制度を検索し、あらかじめどんな助成金制度があるのか、どういう条件なのか確認しておきましょう。

また可能であれば、お住まいの地域の補助金制度に詳しいリフォーム業者に相談するのがおすすめです。
補助金申請しやすい内容で、柔軟なリフォームを提案してくれるでしょう。

助成金を受け取る方法や注意点については、下記の記事をご確認ください。
外壁塗装で助成金・補助金を受け取る方法は?条件と申請手順・注意点を解説

外壁塗装・リフォームの費用を抑える3つのポイント

外壁塗装・リフォームの費用を抑える3つのポイント

補助金や助成金がないけれど費用を抑えたいとき、「高い素材を選ばない」「塗料のグレードを落とす」といったことを検討される方もいるかもしれません。
確かに外壁材や塗料の質を落とすことで安くすることはできますが、これらは質を落とすことにも繋がるので注意が必要です。
リフォーム業者に予算を相談しながら、大事な家の外壁に合ったリフォームを行いましょう。

この章では、長い目で見たときに外壁リフォームの費用を安く抑える3つの方法を紹介します。

  • 遮熱・断熱効果のある材料・塗料を使用する
  • 耐久性の高い材料を使用する
  • 外壁リフォームと屋根リフォームを同時に行う

それぞれ説明していきます。

1.遮熱・断熱効果のある材料・塗料を使用する

外壁リフォームに遮熱・断熱効果のある材料や塗料を使用することで、光熱費やメンテナンスコストが節約できます。
遮熱・断熱効果によって室内の温度を快適に保つことができるので、冷暖房を無駄に使う必要がなくなるからです。
また、一般的に遮熱・断熱塗料は他の塗料よりも耐用年数が長いため、外壁メンテナンスのサイクルを延ばすことができ、節約につながります。

さらに、遮熱・断熱塗料の使用はリフォームの補助金を受給するための条件になることが多いです。
外壁リフォームの費用を節約したい方こそ、遮熱・断熱塗料・材料を使うことをおすすめします。

2.耐久性の高い材料を使用する

外壁リフォームでは耐久性の高い材料を使用することで、メンテナンスコストを節約することができます。
なぜなら、耐久性の高い材料は他の材料と比べて耐用年数が長いためメンテナンスサイクルを延ばすことができるからです。

例えば、外壁塗装にウレタン塗料を使用した場合、耐用年数は6~10年なので6~10年ごとにはメンテナンスが必要になります。
一方で、シリコン塗料の場合は8~10年、遮熱・断熱塗料の場合は15~20年ごとにメンテナンスをします。

このように、耐久性の高い塗料と他の塗料とではメンテナンスのサイクルが2倍近く変わってきます。
メンテナンスコストを節約したい方は、リフォーム費用と耐久性の高い材料を選ぶことをおすすめします。

3.外壁リフォームと屋根リフォームを同時に行う

外壁リフォームと屋根リフォームを同時に行うことで、結果的に費用を安く抑えることができます。
具体的には、足場台の費用が一回分で済むため約10万円~20万円の節約になります。

もちろんメンテナンスが必要ない場合に無理に屋根のリフォームを行う必要はありません。
外壁リフォームを検討した際や見積もりなどで屋根も見てもらった際、外壁と同じように傷みや劣化症状があれば、まとめてのリフォームがおすすめです。

屋根の塗装もいずれしなくてはいけない時期が来るので、外壁塗装と同じ時期にやっておくことをおすすめします。

まとめ

それでは「外壁リフォームの費用」についてポイントをおさらいしましょう。

  • 外壁リフォ―ムにかかる費用の相場は100万円~200万円
  • リフォーム費用はリフォーム内容と外壁材によって異なる
  • 外壁リフォームは築年数ではなく家の劣化状況に合わせて行うのが大切
  • 工事内容で悩んだときは信頼できる業者に相談する

10年ごとのサイクルで外壁塗装、20年~30年で外壁の張り替えや重ね張りを行うのが一般的なケースです。
しかし、外壁のリフォームは「築◯年なら、この工事」と断言できるものではないため、注意が必要です。
耐用年数に当てはまるかどうかではなく、劣化具合に合わせたリフォームを行うことが住まい全体を守る上で重要になってきます。

築年数の浅い建物でも、外壁にクラック(ひび割れ)・反り・割れなどが多数見られる場合は塗装ではなく「張り替え」か「重ね張り」が推奨されます。
また、外壁の下地や構造材が劣化している場合は「重ね張り」も難しいため、「張り替え」を勧められることになるでしょう。

リフォーム費用は高額になるケースが多いため、きちんと見積もりを取ってから進めましょう。
外壁リフォームについてまだ分からないことがあるという方は、ファインドプロにお気軽にご相談ください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
外壁リフォームのご相談はこちら
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。