外壁塗装

外壁リフォームの基礎知識!種類ごとの特徴や費用相場を紹介

塗装リフォームをした外壁の写真

外壁はいくら頑丈で耐久性のあるものを用いても、年中日光や風雨にさらされているため必ず劣化してきます。
特に劣化や塗装の剥がれ、ひび割れなどが目立ってきた場合、外壁のリフォームを検討されると思います。

しかし、外壁リフォームは、正しく基礎知識を把握してから行わないと、失敗してしまいます。
「仕上がりが希望通りにならなかった」「支払った数十万円、数百万円が無駄になった」のような事態は避けたいですよね。
このような問題を回避するには、外壁リフォームに関する正しい情報を得ておく必要があります。

そこで、このページでは外装リフォームの基本的な知識について解説します。
高額な費用をかける外壁リフォームで失敗しないためにも、ぜひこのページを参考にしてください。

外装のリフォームの種類と費用内訳

外装リフォームを行う場合、まず「リフォームの種類」と「費用の内訳」について把握する必要があります。

外装のリフォームの種類と費用の内訳は下記の通りです。

>外装リフォームの種類 費用
外壁塗装の塗り替え60万~150万円
サイディングボードの張り替え(サイディングボードからサイディングボード)80万~120万円
サイディングボードへの張り替え(モルタルからサイディングボード)20~40万円
ひび割れの修繕5~10万円
高圧洗浄10万~20万円
コーキング(打ち替え、打ち増し)1,000円前後(1㎡あたり)

上記の通り、外壁リフォームにはいくつか種類があります。
あなたの希望する施工方法を明確にし、適切な外装リフォームの種類を選びましょう。

また、上記の費用は一般的な相場で、必要に応じていくつかを組み合わせなければなりません。
建物の劣化状況などによっては、組み合わせ範囲が広がり、さらに費用が高額になる場合があります。

あくまでも上記の金額は目安として参考にしてみてください。

外壁リフォームの費用を抑えるコツ

外壁リフォームの費用を抑えるコツ

外壁リフォームの費用を抑えたいのであれば、「複数の業者に見積もりを依頼する」ことが大切です。
なぜなら、専門業者によって、外壁リフォームの費用が異なるからです。

複数の業者から見積もりをとれば、それぞれを比較し、最も安い会社に依頼することができます。
とはいえ、安すぎる業者は「後から高額な料金を請求する」「手抜き工事をする」など、悪質な会社である場合もありますので、なるべく相場範囲内の金額を提示しているところにお願いしましょう。
1つの業者だけの見積もりでは不当な契約でも気づかない可能性がありますので、必ず複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。

家の外装リフォームをするときの注意点

家の外装リフォームをする場合、いくつかの注意点があります。
外装リフォームで失敗しないためにも、次の内容を参考にしてみてください。

グレードの低い材料は避ける

家の外装リフォームを行うにあたり、「グレードの低い材料」を選ばないようにしましょう。
グレードの低い材料を使うと長い期間でかかる費用が多くなってしまうからです。
例えば、安さを重視して「グレードの低い塗料」を選んでしまうと、耐久性の低さに悩まされることがあります。
「塗装後すぐに塗料が剥がれる」といった問題に陥り、結果的にこまめに塗り直さなければならず、トータルでは塗装費用が割高となってしまう可能性があります。

また、グレードの低いサイディングボードを使ってしまうと、「傷がつきやすい」「変形しやすい」などのデメリットがあり、建物の耐久性や美観に問題が生じてしまう可能性があります。

費用が安価な「グレードの低い材料」は惹かれるかもしれませんが、結果的には出費が増えるリスクがありますので、最初からグレードの高い材料を選ぶことをおすすめします。

リフォーム後は定期的にメンテナンスをする

リフォーム後は、定期的にメンテナンスをすることが大切です。
外壁のリフォームは「施工したら終わり」ではありません。
年月の経過とともに外壁は劣化していきますので、定期的に補修をしたり、プロ品質で洗浄してもらったりする必要があります。

お金をかけたくない…と、メンテナンスを怠ってしまうと、どんどん外装の劣化が進んでしまいます。
外装の劣化を放置すると、建物の安全性にも関わりますので必ず定期的にメンテナンスを行いましょう。

外壁選びのポイント

外壁にはたくさんの種類がありますので、慎重に選ばなければなりません。
特に、外壁の仕上がりや機能面などについて細かいこだわりがある方は、正しい外壁選びのポイントを把握しておく必要があります。
外壁選びのポイントについては、下記をご覧ください。

  • 機能面を重視して選ぶ
  • デザイン性を重視して選ぶ
  • 価格を重視して選ぶ

外壁選びのポイントは大きく3つです。

快適に生活をしたいのであれば「機能面を重視して選ぶ」ことが大切です。
外壁の種類の中には「遮熱性・断熱性に優れたもの」「防音性が高いもの」「汚れにくいもの」などがあります。

また、建物の見た目を重視するのであれば、「デザイン性を重視して選ぶ」ことがおすすめです。
建物の色や質感など、希望するイメージに近い外壁を選ぶことで、あなた好みの建物へと仕上げることができます。

他にも、なるべく費用を抑えたいというのであれば、「価格を重視して選ぶ」という方法もあるでしょう。
外壁に使用する材料のグレードにこだわらないなら、安い塗料・安いサイディングを選ぶことで、費用を抑えた外装リフォームを行うことができます。

とはいえ、安い塗料や部材は耐久性が低いことが多いので、「こまめなメンテナンスが必要になる」といったデメリットがあります。
トータルで見ると、結局高額な費用がかかってしまう可能性もありますので、「長い目で見る」ということも考え、価格バランスを重視した材料選びをしてください。

外壁リフォームの業者の選び方

外壁リフォームの業者を選ぶ際には、次のポイントに該当する会社がおすすめです。

  • 電話対応が丁寧
  • 費用が明確
  • 保証が充実している

電話をかけてみて、「質問に的確に答えてくれる」「言葉遣いが丁寧」など、電話対応が良い業者を選びましょう。
問い合わせの電話をしたとき、担当者の対応が悪い場合は、社内の教育が不十分な可能性が考えられます。
現場で担当する施工者の教育も不十分であることが考えられますので、電話対応が悪い業者はおすすめできません。

また、専門業者に外壁リフォームを依頼するときには、費用が明確な会社を選ぶことが大切です。
業者の中には、あえて費用を不明確にして、後から高額なお金を請求するといった悪質な会社も存在します。
業者と金銭トラブルにならないためにも、「施工費用」「交通費」「そのほかの諸費用」などが明確になっているところを探してください。

なお、万が一の施工不良に備えて「保証が充実している業者」を選ぶことも大切です。
業者はプロですが、「絶対に失敗しない」とは言い切れません。
もしかしたら、作業で失敗し、施工不良となってしまうかもしれません。

保証が充実していれば、施工後に施工不良が発覚しても、無料で対応してもらえますので、依頼する前に保証内容や保証期間を確認しておきましょう。

ちなみに、ファインドプロでは、お客様第一で提案・施工をしてくれる業者をご紹介しています。
業者選びで迷ってしまう…という方は、ぜひファインドプロを活用して、あなたに合った業者を探してみてください。

まとめ

今回は、外壁リフォームの種類や費用相場、注意点、外壁選びのポイント、業者選びのポイントなどについて解説しました。

外壁リフォームを成功させるためには、上記の基礎知識を正しく理解したうえで、施工方法を検討したり、お客様目線で作業をしたりしてくれる業者を選ばなければなりません。

特に、外壁リフォームは金銭的な失敗が多いので、このページで解説した内容をしっかりと頭に入れておく必要があります。
現在、外壁リフォームを検討中の方は、今回ご紹介した内容を参考にして計画を立ててみてはいかがでしょうか。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。