外壁塗装

外壁リフォームをおしゃれに!色の選び方から塗装のコツまで紹介

外壁リフォームを外壁リフォームをおしゃれに!色の選び方から塗装のコツまで紹介おしゃれに!色の選び方から塗装のコツまで紹介

古くなった住宅は外壁が劣化していることも多く、ひび割れや汚れなどが目立つことも少なくありません。
外壁をきれいにするにはリフォームが必要ですが、さらにおしゃれな外壁にしたいと思う人は多いでしょう。

おしゃれな外壁にリフォームするには、色使いや塗装の方法などを工夫することが大切です。
業者に依頼する前に色使いや塗装の方法について事前に把握して、おしゃれな外壁で理想的な住宅を手に入れましょう。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
外壁塗装のご相談はこちらから
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

おしゃれな外壁リフォームを行う3つのポイント

おしゃれな外壁リフォームを行う3つのポイント

ただ外壁をリフォームするだけではなく、おしゃれな外観を手に入れたいときは、次の3つのポイントを守ることが大切です。

  • 単色ではなく塗り分けを行う
  • レンガなどのアクセントを加える
  • お互いを引き立てる同系色でまとめる

これら3点を意識することで、おしゃれな外観を実現しやすくなります。

単色ではなく塗り分けを行う

単色で塗ってしまうと外観に深みが出ないため、2~3色程度で塗り分けをすることがおすすめです。
このとき色のバランスや相性も意識することが大切であり、どのような印象にしたいかをイメージしておきましょう。

落ち着いた雰囲気にしたいなら青や紺色などの寒色系がおすすめであり、柔らかい印象に
したいなら黄色やクリーム色といった暖色系がおすすめです。
塗り分けの際には横塗りと縦塗りでも印象が変わります。
重厚で高級感のある仕上がりにしたいなら横塗りを、スタイリッシュで洗練された雰囲気にしたいなら縦塗りがよいでしょう。

レンガなどのアクセントを加える

使用する素材によって印象は変わるため、一部異素材を使ってアクセントを加えることも大切です。
例えば外壁のコーナー部分にレンガなどの異素材を使うと、印象は大きく変えられます。
レンガ以外でも天然木の素材を使ったり、コンクリートなどの重たい素材を使うこともおすすめです。

演出したい印象に合わせてアクセントを入れることで、重厚感やスタイリッシュさなどもさらに助長させられます。
また、素材によっては補強の意味を兼ねていることもあり、機能性の向上に役立つ場合もあります。

ただアクセントとして導入するだけではなく、外壁の強度を高められる素材を選ぶと、リフォームが完成したときの満足度はさらに高くなるでしょう。

お互いを引き立てる同系色でまとめる

塗り分けをする際にはできるだけ同系色でまとめることが基本であり、全体的に統一感を出すことを意識しましょう。

まったく違う系統の色を使ってインパクトを出すことも可能ですが、色の相性次第では違和感が出てしまったり、印象が強すぎて思っていた外観にならなかったりすることもあります。
異なる系統ではバランスを取ることが難しいため、無難にまとめたいなら同系色での配色がおすすめです。

おしゃれな外壁リフォームの色の選び方

おしゃれな外壁リフォームの色の選び方

外壁の印象は色によって変わり、どれを選ぶかは非常に重要です。
色によって与える印象は異なり、代表的な3色だと次のようなイメージになります。

  • ホワイト:清潔感をアピール
  • ベージュ:馴染みやすく落ち着きのある雰囲気を演出
  • グレー:汚れが目立ちにくい

これらをベースに考え、差し色を入れるとまとまりを持たせながら雰囲気を変えられるでしょう。

ホワイト:清潔感をアピール

清潔感を強くアピールし、洗練された色合いにしたいならホワイトがおすすめです。
ホワイトはオフホワイトやベージュのような黄色がかったものではなく、完全な白色です。
洗練されたスタイリッシュな印象を与えることができ、真新しい外壁のようになるため、新築に近い雰囲気を出したい場合に向いています。

ホワイトのみだとやや尖った印象になってしまうこともあるため、他の色も組み合わせることでより柔らかい印象になるでしょう。
どの色にも合わせやすいため、アレンジの幅が広い点も魅力です。

ベージュ:馴染みやすく落ち着きのある雰囲気を演出

柔らかな印象を与え、落ち着いた雰囲気にしたいならベージュがおすすめです。
ベージュは暖色と寒色のバランスが取れた使いやすい色で、他の色とも合わせやすくなります。

ベージュ一色だとぼんやりとした印象になるため、はっきりとしたアクセント色と合わせてもよいでしょう。
また、異素材を使ったアクセントとも相性がよく、アレンジの自由度が高いため迷ったときにもおすすめの色です。

グレー:汚れが目立ちにくい

大人っぽい落ち着きのある色合いにしたいなら、グレーがおすすめです。
スタイリッシュな雰囲気を演出するのに適しており、汚れが目立ちにくいという実用的な面もあります。
湿気が多い場所だとカビやコケなどが発生しやすく、明るい色だとこれらが目立ってしまうことも少なくありません。
しかし、グレーならカビやコケとも同化しやすく、多少ついていても目立ちづらいため、清潔感を保ちやすいです。
縦塗りと横塗りのどちらでも使いやすく、高級感を持たせながらスタイリッシュな雰囲気も再現できます。

おしゃれな外壁リフォームの4つの事例

おしゃれな外壁リフォームの4つの事例

実際にどのように外壁のリフォームをすべきなのか悩む人は、施工事例を参考にしてイメージを膨らませましょう。

  • 重すぎない白のポイント使い
  • スタイリッシュなツートン塗装
  • 落ち着きのあるモノトーン
  • 断熱・耐震性がアップするサイディング

外壁のリフォームといっても選択肢は様々あるため、施工事例を参考にして自分の理想に近いイメージを見つけておきましょう。

重すぎない白のポイント使い

茶色がかった濃い色をベースにした事例では、全体的な印象が重たくなりすぎないように白色でアクセントをつけています。
軽やかな印象がある白色を各部位に配置することで、重厚感を持たせながらも重苦しい雰囲気になるのを避けられています。

白色はベースとして使われることも多いですが、反対にアクセントとしての使用も可能です。
落ち着いたイメージを作りたい場合におすすめであり、重さと軽さのバランスが取れた外壁になっているでしょう。

スタイリッシュなツートン塗装

下を濃紺、上をオフホワイトにしたツートン塗装の例では、色使いを2色に限定することでまとまりがあり、かつ落ち着いた印象に仕上げられています。
濃紺で引き締めることでスタイリッシュな雰囲気を演出できており、上部のオフホワイトが重たくなりすぎるのを防いでいます。

2色のバランスで見ると濃紺のほうがやや多く、これもスタイリッシュさを演出できている大きなポイントでしょう。
仮にオフホワイト部分を多くするとより柔らかい印象となり、どちらの色を多くするかによっても雰囲気は変えられます。

落ち着きのあるモノトーン

黒色と白色のモノトーンな外壁にした事例では、シックな印象のある落ち着いた印象が出せています。
色使いを限定することで統一感が出ており、外壁だけではなく玄関ドアや屋根など、他の部分とのバランスもよいでしょう。

黒を基調とすることでスタイリッシュな印象になっており、細部に白色が混ざっていることで柔らかい印象もプラスできています。

また、黒色はつやなしを選ぶことで、落ち着いた大人な雰囲気を演出できています。
つやの有無でも見た目の印象は大きく変わるため、塗装の際にはこの点にも注目して色を決めることが大切です。

断熱・耐震性がアップするサイディング

サイディングという凹凸のある素材を使用することで、外観の印象を変えるだけではなく、断熱性や耐震性の向上もできています。
外壁のリフォームは使用する素材によって機能性が変わるため、色使いだけではなく素材選ぶにもこだわることが大切です。

タイルのような見た目で彫りが深く、一般的な平面の塗装とは特徴が異なることが、サイディングならではの魅力です。

凹凸によって立体的な仕上がりになっており、高級感も演出できています。
全体的には柔らかい印象になっていますが、玄関ドアや屋根、窓枠などでダークカラーを取り入れることで、引き締めの効果も出せているでしょう。

外壁をDIYでおしゃれにリフォームする方法

外壁をDIYでおしゃれにリフォームする方法

実は外壁のリフォームは、DIYでもある程度の部分まで可能です。
しかし、DIYに慣れていない人ではうまくいかず、結局業者に依頼することになって費用が高くつくこともあるため注意しなければなりません。

  • ブロック塀を塗装する
  • 壁の補修やコーキングを行う

DIYができる範囲はこれら2点であるため、行うなら無理のない範囲で実施することを心がけましょう。

ブロック塀を塗装する

自宅の外壁がブロック塀であるなら、一度きれいに汚れを塗料によってひび割れの補修をしていきます。
塗装をする際には該当箇所以外をマスキングテープなどで養生し、周囲に塗料が飛び散らないようにしなければなりません。

ひびの補修は樹脂モルタルなどで埋めることができ、これはホームセンターやネットで購入可能です。
一度水洗いなどできれいにした後は、完全に乾くのを待ってから塗装を開始します。
塗装をした後も塗料が乾くまで待ち、きちんと可能してから養生を剥がすようにしましょう。

乾燥する前に剥がしてしまうと、塗料も一緒に剥がれたり、塗料が流れ落ちて他の部位に広がってしまうこともあるため注意しなければなりません。

壁の補修やコーキングを行う

ひび割れの補修はコーキング材というものを使い、補修することも可能です。
基本的な要領はブロック塀と同じであり、まずは壁をきれいにしてから、周囲を養生しておきましょう。

その後ひび割れ部分にコーキング剤を流し込み、固まるまで待ちます。
すでにコーキング材を使用している部分は、剥がれたところを補充するか、一度全部剥がしてから埋め直すとよいでしょう。
コーキング材もネットやホームセンターなどで購入できます。

外壁をおしゃれにリフォームする場合の3つの注意点

外壁をおしゃれにリフォームする場合の3つの注意点

おしゃれな外壁にするという大前提を守るには、次の3つの注意点も把握しておかなければなりません。

  • 玄関ドアと屋根の色との相性を確認する
  • 3色以上の色は使わない
  • 景観ガイドラインを確認する

細部まで意識しないと思っていた仕上がりにならないこともあるため、細かい点まで目を配り、こだわってリフォームを行うことが大切です。

玄関ドアと屋根の色との相性を確認する

外壁は周囲の部位との相性を確認することが大切であり、玄関ドアや屋根が現在何色になっているかは必ずチェックしておかなければなりません。
外壁だけを見るとおしゃれでも、少し離れて全体を見ると、それぞれの色合いがアンバランスに見えてしまうこともあります。

どこか一部だけ浮いてしまわないように、外観全体で見たときのバランスを考えることが大切です。
外壁のみのリフォームなら既存の色に合わせ、玄関ドアや屋根の塗装も同時に行うなら、3つの点それぞれの色使いに気を配りましょう。

3色以上の色は使わない

おしゃれな外壁にするには単色よりも複数色使うことがおすすめですが、色数が多いとバランスを取ることが難しくなります。
基本的には2~3色までで抑えることが大切であり、それ以上になってしまうとバランスが悪くなってしまうことも少なくありません。

また、3色使いの場合は外壁のメインはツートンカラーにし、アクセント部分でもう一色使うといったイメージを持つことが大切です。
メイン部分で3色を使ってもバランスが取れるケースもありますが、配色を考えることが難しくなり、全体のバランスを取るのはさらに至難の業です。

玄関ドアや屋根の色も外観の一色と考えたほうがよいため、基本的には外壁のみで2色と限定するとよいでしょう。

景観ガイドラインを確認する

地域によって異なりますが、市区町村によっては「景観ガイドライン」というものが定められている場合があります。
ガイドラインの定めがある場合は、町全体の景観を損なわないために使用できる色が限定されています。

まずはガイドラインが設定されているかを確認し、指定がある場合は使える色の中から選びましょう。
また、ガイドラインが設定されていない場合でも、周辺の住宅に合わせて色を決めることが大切です。

周囲とまったく違う色にすると個性的な印象は出せますが、俯瞰で見たときにそこだけ目立ってしまい、アンバランスな印象になってしまうことも少なくありません。
周囲と完全に同化させる必要はありませんが、悪目立ちしないような配色を心がけましょう。

おしゃれな外壁リフォームで家の雰囲気を変えよう

この記事では、外壁リフォームをおしゃれに仕上げるために、色の選び方や塗装のコツを解説しました。

外壁の色を変えるだけで家の印象は大きく変わります。
新築同然の仕上がりにしたり、個性的な住宅にすることもできます。

しかし、ただ目立てばよいわけではないため、周囲の色を合わせたり、玄関ドアや屋根の色とバランスを取ったりするなどの工夫が必要です。

色のバランスに配慮しながら外壁をきれいにリフォームして、自分好みの家づくりを実現しましょう。

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。