外壁塗装

外壁塗装の費用はどのくらい?屋根の塗装も含めた価格はいくら?

外壁塗装の費用はどのくらい?屋根の塗装も含めた価格はいくら?

住まいを長持ちさせるために外壁塗装はとても重要です。
外壁のひび割れや雨漏り、日光や風雨による劣化は放っておくと最悪の場合、「家が壊れる」ということもあり得ます。

しかし、外壁塗装は非常に高額ですので、よく考えずに依頼すると、業者に予想以上の金額を提示されて驚くことになってしまいます。
もしかしたら、外壁塗装をきっかけに貯金の多くを失ったり、そもそもお金が足りなかったりしてしまうかもしれません。

そこで、今回は外壁塗装の費用について解説します。
また、屋根の塗装も含めた価格についてもご紹介しますので、塗装のために支払う高額なお金を無駄にしないためにも、ぜひこのページを参考にしてください。

外壁塗装のみの費用相場

外壁塗装のみの場合は、70万~100万円が相場です。
しかし、上記は平均的な30坪の家の費用相場ですので、坪数によって実際の金額は異なります。

坪数に応じた費用相場については、下記をご覧ください。

坪数 費用相場
20坪40万~70万
30坪70万~100万
40坪70万~150万
50坪90万~170万

外壁塗装のみの費用相場は、坪数ごとに数十万円の違いがあります。
外壁塗装を検討している建物の広さと、上記の費用相場を照らし合わせて、塗装にかかる料金をイメージしてみてください。

外壁塗装と屋根塗装の費用相場

外壁塗装と屋根塗装の費用相場

外壁塗装と屋根塗装を行う場合は、一般的な30坪の建物で70万~120万円が相場です。

外壁塗装と屋根塗装を行う場合は、一般的な30坪の建物で70万~120万円が相場です。
外壁と屋根の両方を塗装するにも関わらず、上述した「外壁のみの塗装費用」の2倍にはなりません。
外壁と屋根の塗装を一度に行えば、「足場代」「運搬費」などの諸経費をまとめることになるからです。

外壁塗装と屋根塗装をそれぞれ別々に行うと、毎回足場代等の費用が必要です。
しかし、外壁塗装と屋根塗装を1度に行うと、足場代は1度の支払いで済みます。
上記の理由から、外壁塗装と屋根塗装を同時に行ったほうがお得 なのです。

また、外壁塗装と屋根塗装を行う場合、坪数以外でも様々な条件で費用が変動します。
例えば、「外壁の面積」です。
たとえ同じ30坪の建物であっても、建物の形によっては屋根や外壁の面積に違いが生じることがあります。
面積が広ければ、その分塗料や手間が増え、費用が高額になります。

他にも「建物の劣化状況」が、坪数以外の塗装費用変動の理由です。
仮に、外壁にクラック(ひび割れ)が生じていた場合、塗装を行う前に屋根や外壁を補修しなければなりません。
補修を行う場合は、施工費が加算されますし、「コーキング代」「補修材の費用」なども増えて、高額になります。

さらに、意外にも「足場の組みやすさ」が、費用に関係することもあります。
例えば、隣の家との距離が狭いなど、足場が組みにくい場合は設置に手間や時間がかかりますので、足場代が割高になってしまいます。

外壁・屋根塗装の費用の内訳

ここからは、外壁・屋根塗装の費用の内訳をご紹介します。
外壁・屋根塗装では何にお金がかかっているのか、下記をご覧ください。

費用の内訳 概要 費用の割合
材料費 塗料やコーキング材、養生道具など、塗装に必要な道具・材料にかかるお金です。 20%
足場代 足場の設置にかかる費用です。手が届く高さであっても、「作業効率の向上」「品質の維持」などの理由で、足場を設けることがあります。 20%
施工費(人件費) 現場で塗装を行ってくれる施工者や、塗装に関わる人に支払われるお金です。 30%
そのほか諸費用 既存の素材(コーキング)などの撤去費用や交通費、運搬費などが含まれています。 30%

ご覧の通り、外壁・屋根塗装の費用内訳は大きく4つに分けることができます。
塗装費用内訳はそれぞれ割合が異なりますので、業者から見積もりを取った際に、どの項目がどれくらいの割合になっているかを確認すると、ぼったくり被害を防ぎやすくなります。

外壁・屋根塗装の費用を簡単に計算する方法

外壁・屋根塗装の費用を簡単に計算する方法は、「外壁の面積」「足場の面積」「使用する塗料の量」を算出、合計するというものです。
まずは、それぞれの計算方法をご紹介します。

【外壁・屋根の面積の計算方法】

  • 延坪×3.3(1坪は3.3㎡のため)×係数(1.2)=外壁の面積

※「延坪」とは、各階の床面積を合算した坪数のこと。

1坪は3,3㎡ですので、延坪にかけて、延床面積を「㎡」で割り出します。

係数は、一般的には1.2となっていますが、実際は1.2~1.7と幅がありますので注意してください。
また、上記の計算式は、複雑な構造をした建物では誤差が生じます。
上記の計算式は、あくまでも「正方形の建物」を目安とした計算式ですので、「外壁の大まかな面積を知るための計算式」として活用してください。

【足場の面積の計算方法】

  • 外壁の面積×係数(1.3)=足場の面積

足場は、外壁の周りにゆとりをもって設置しなければなりませんので、面積が外周よりもやや大きめとなります。

【必要となる塗料の量の計算方法】

  1. メーカーが指定している使用量×外壁面積=外壁塗装で使用する量
  2. 外壁塗装で使用する量÷1缶の量(kg単位)=必要となる塗料缶の数'

必要となる塗料の計算は2つのステップで行います。
上記を計算するうえで注意したいのが、「塗料は1缶ずつの購入となること」です。
もし、1缶を使い切らなかった場合でも、塗料は保管しておけませんので、残りは廃棄となります。

塗料の使用料は、メーカーや商品によって異なります。
1㎡あたりでどれくらい塗れるのか、などは塗装業者に問い合わせたり、メーカーのホームページなどを確認したりしてください。

【外壁・屋根塗装の費用を求める方法】

上記の3つの計算方法をもとに、具体的な費用を計算します。

養生費用
単価(300~500円)×養生範囲=金額
足場費用
単価(500~1,000円)×足場の設置範囲=金額
塗料費用
必要となる塗料缶の数×1缶あたりの料金=塗料の金額
水漏れをしている箇所がある

上記の金額を全て合計すると、ある程度の塗装費用を算出することができます。
ただし、建物の構造によって料金が変動することはもちろんのこと、施工費や交通費などの諸経費は別途必要となります。
実際の塗装費用は、上記よりもやや高くなることを頭に入れておきましょう。

外壁・屋根塗装の費用は十人十色

外壁・屋根塗装の費用は十人十色

結局のところ、外壁塗装の一概な金額をはっきりとは言えません。
外壁・屋根塗装の費用は家により差が大きく、あらかじめ正確に予測することが難しいからです。
ここまでは、ある程度の目安として外壁・屋根塗装の費用相場をご紹介しましたが、あくまでも参考程度と考えてください。

外壁・屋根塗装は、「使用する塗料のグレード」「建物の劣化状態」「建物の形」「業者の料金設定」などで数十万円~数百万円単位で変わってしまいます。
外壁・屋根の塗装を行う場合、必ずしも費用相場範囲内で施工できるとは限りませんので注意してください。

外壁塗装の費用を調べる方法

外壁塗装の費用を調べる場合、業者に見積もりの作成を依頼すれば確実な金額を把握できます。
なぜなら、見積もりなら、現場に来てもらって、建物劣化状態なども踏まえたうえでの金額が提示されるからです。

もしも、「今すぐある程度の費用が知りたい」という場合は、電話で問い合わせるのも良いでしょう。
建物の大きさや塗装範囲、現時点で把握できている劣化などを伝えれば、業者が塗装費用として想定できる価格を教えてくれます。

ただし、電話での問い合わせの場合は、あくまでも「想定金額」ですので、詳細な金額を知りたい方には不向きです。

外壁・屋根塗装の費用を抑えるポイント

外壁・屋根塗装の費用は非常に高額ですので、少しでも抑えたいというのが正直なところではないでしょうか。
ここからは、外壁・屋根塗装の費用を抑えるポイントについてご紹介します。

複数の業者に見積もりを取って金額を比較する

外壁塗装の費用を調べるなら、複数の業者に見積もりを取って金額を比較しましょう。

外壁塗装は、業者によって料金設定が異なります。
特に、施工費や足場代、交通費などは業者間で差があります。

複数の業者から見積もりを取って、合計金額や内訳を確認しましょう。

国の助成金や補助金を積極的に利用する

外壁塗装を行う場合、国の助成金や補助金を積極的に利用しましょう。
助成金や補助金には返却不要のものが多いので受給できればよりお得に外壁塗装が行えるからです。

助成金は、自治体が設けている条件を満たせば受け取ることができます。
なお、補助金に関しては、審査を通過した方しか受給できません。
単なる塗装ではダメで、「省エネリフォームのための再塗装」などの条件がついているのが一般的です。

細かい条件や助成金・補助金の金額は自治体によって異なりますので、役所などに問い合わせてみてください。

キャンペーンや値引きの内容をしっかり確認する

外壁塗装を依頼するときには、塗装業者が実施しているキャンペーン情報や値引きの内容をしっかりと確認しましょう。
キャンペーンの中には複雑な条件を満たさなければいけないものもあるからです。

キャンペーンや値引きの内容を把握することで「実費ではどれくらいかかるのか」を明確にできます。
業者によっては、積極的に大規模なキャンペーンや値引きを行っているところがありますので、こまめに情報をチェックしておきましょう。

まとめ

このページでは、外壁と屋根の塗装費用についてご紹介しました。

屋根や外壁の塗装費用は、ある程度目安があるものの、基本的には「十人十色」となってしまいます。
同じ坪数であっても、屋根・外壁の塗装費用には数十万円~数百万円の差が生じることがあります。

今回ご紹介した内容はあくまでも「参考」とし、具体的な金額については、ファインドプロで良心的な業者を探して調べてみてください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。