外壁塗装

【2020年】外壁塗装の費用相場はいくら?坪別の適正価格と見積りのポイントをご紹介

屋根と外壁の塗装を行う業者の画像

外壁塗装を検討している人にとって、施工にかかる費用は、気になるところですよね。
家の外装の塗り替えやリフォームにかかる費用は、決して安い値段ではないからです。

外壁塗装をして「失敗した」と思っている人の中には、料金に関する部分で後悔している人も少なくありません。
高すぎる料金を支払ってしまったり、安すぎる業者に依頼して手抜き工事をされたりなどといった事例もあります。

高額な外壁塗装の工事で失敗をしないためには、相場をしっかり知っておかなければいけません。
外壁塗装の費用は、家の大きさと外壁の素材、新たに塗装する塗料の種類によって変わるので、それぞれの場合別で、相場を確認するのがおすすめです。

そこでここからは、外壁塗装にかかる費用相場について、詳しく紹介していきます。
また、高額な外壁塗装を安くするためのポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
外壁塗装の業者を探す
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

外壁塗装の費用相場

一戸建ての家の外壁塗装の費用相場は70~180万円です。
坪別の費用相場は、30坪で30~80万円、40坪で45~100万円、50坪で55~150万円です。
さらに、外壁と同時に屋根も塗装する場合は、追加で30~60万円ほど工事費がかかります。

外壁塗装でかかる費用には、様々な料金が含まれます。

項目 費用相場
足場 10~20万円
養生 0~5万円
下地塗装 8~10万円
塗装に使用する塗料 40~70万円
下地の補修・シーリング 0~20万円
人件費等 全体の20~30%

また、外壁塗装の相場は、よく使われている「サイディング」と呼ばれる壁材に塗装する場合の費用で計算されています。
そのため、例えばタイルやモルタル、木などの特殊な壁材を使用している場合、相場よりも30~100万円ほど高くなることもあります。

どんな壁材を使っている場合でも、費用を決める大きなポイントは、家の大きさです。
大きな家ほど塗装面積が増え、使用する塗料や塗装にかかる時間が増えるため、高額になる傾向があります。
そこで、ここからは家の延べ坪ごとに、費用相場を詳しく紹介していきます。

外壁塗装の坪別費用相場

坪数 塗装面積の目安 費用相場
20坪 70~80㎡ 40~70万円
25坪 90~100㎡ 40~70万円
30坪 110~120㎡ 60~80万円
35坪 130~140㎡ 70~90万円
40坪 150~160㎡ 80~100万円
45坪 170~180㎡ 90~130万円
50坪 190~200㎡ 100~150万円
55坪 210~220㎡ 110~160万円
60坪 230~240㎡ 120~170万円

外壁塗装の費用は、坪数が5坪上がるごとに、5~10万円程度上がります。
坪ごとの費用相場に、30~50万円程度の差があるのは、使用する塗料によって費用が異なるためです。

より具体的に費用感を確認するため、ファインドプロで提携している外壁塗装業者での事例を紹介します。

具体的な見積もり事例
事例1 事例2
坪数 約35坪 約40坪
塗料の種類 フッ素 シリコン
かかった費用 約80万円 約60万円

坪数が少なくても、使用する塗料の種類によっては、高くなるということがわかります。

外壁と屋根塗装も合わせた費用相場

外壁塗装を行う場合、屋根の塗装を同時に行うケースは少なくありません。
屋根と外壁の塗装を同時に行うことで、使用する機材や足場など、そのまま同じものを使うことができるので、別々で施工するよりも割安になるからです。
ただし、外壁塗装のみを行う場合に比べて、費用は30~60万円ほど高くなります。

坪数 塗装面積 費用相場
20坪 110~124㎡ 40~100万円
25坪 135~154㎡ 50~110万円
30坪 165~174㎡ 60~120万円
35坪 194~214㎡ 70~140万円
40坪 225~244㎡ 80~160万円
45坪 255~274㎡ 90~180万円
50坪 285~304㎡ 100~200万円
55坪 315~334㎡ 110~220万円
60坪 345~364㎡ 120~230万円

また、屋根は普段目に見えない部分のため、気が付かないうちに劣化が進んでいる可能性があります。
特に、日照時間が少ない地域のほか、台風や雪が多い地域などは、他の地域に比べて劣化が早いこともあるため、同時施工がおすすめです。

具体的な見積もり事例
事例1 事例2
坪数 約35坪 約40坪
塗料の種類 ラジカル シリコン
かかった費用 約90万円 約95万円

屋根と外壁の塗装を同時に行う場合、雨樋や軒天など付帯部分の塗装も同時に行うことがあります。
しかし、同時施工では高額になるケースも少なくないため、業者によってはサービスしてくれることもあるようです。

外壁塗装の費用を決めるポイント

家の大きさ以外にも、外壁塗装の費用を左右する要素は3つあります。

  • 塗装に使用する塗料
  • 外壁塗装以外の付帯工事
  • 塗装を依頼する業者の種類

坪数を変えることはできませんが、塗料の種類や付帯工事の有無、業者の種類などは、自分で選ぶことができます。
つまり、大きな家の塗装でも、上記のポイントの選び方次第では、費用を抑えることも可能なのです。

ここからは、3つの要素について詳しく紹介していきます。

塗装に使用する塗料

外壁塗装に使用される塗料は、主に7種類あります。

延べ坪と塗料ごとの費用
塗料の種類 耐用年数 平米単価 30坪の費用
アクリル 4~7年 1,000~1,500円 43~48万円
ウレタン 6~10年 1,700~2,200円 50~56万円
シリコン 8~15年 2,300~3,300円 58~70万円
ラジカル 8~15年 2,700~3,600円 60~73万円
フッ素 8~15年 3,600~4,700円 72~85万円
無機塗料 10~20年 4,000~5,500円 77~95万円
光触媒 10~25年 4,300~5,500円 81~95万円

基本的に、耐用年数が長いほど塗料の価格は高くなります。
アクリルやウレタンといった耐用年数が低い安価な塗料は、現在はあまり使用されていません。
1回の塗り替えにかかる費用は比較的安いものの、耐用年数が低いと塗り直しの回数が増え、結果的に費用が高くなってしまうからです。

現在よく使われているのは、シリコンやラジカルといった、比較的安く耐用年数も高い塗料です。
汚れや色落ちに強く、カビや藻の付着を防ぐ効果もある一方、費用も比較的安く、コストパフォーマンスに優れています。

フッ素や無機、光触媒といった塗料は、光沢が長く続いたり、太陽光で汚れを分解したりといった、高度な機能を備えています。
ただし、塗料の単価が高いため、予算に余裕がある人におすすめです。

外壁塗装以外の付帯工事

外壁塗装を行うときは、同時に劣化している様々な箇所の工事を行うことがあります。
壁や屋根以外の、細かい部分の修理や塗り直しを行うことによって、家の防水性を上げたり、見栄えを良くしたりできるからです。

よく行われる付帯工事の費用相場
項目 単価の相場
雨どい塗装 1,000~1,400円/m
ベランダ防水塗装 3,000~8,000円/㎡
軒天塗装 1,200~1,500円/m
破風板塗装 600~800円/m
水切り塗装 200円/m
雨戸塗装 2,000~3,000円/枚

付帯部分に関しては、そもそも設置していない家もあるため、必ず必要というわけではありません。
また、業者の料金設定や交渉次第では、付帯工事を実質無料でやってくれる場合もあります。

塗装を依頼する業者の種類

外壁塗装を依頼できる業者には、大きく分けて3つの種類があります。

塗装業者の種類 メリット デメリット 主な業者
大手ハウスメーカー ・ハウスメーカー独自の壁材に最適な塗料や塗装方法を使用できる
・保証やアフターサービスが充実している
・全国どこでも対応してくれる
・実際の施工は下請け業者が行うため、費用が高額になる ・へーベルハウス(全国)
・積水ハウス(全国)
リフォーム工務店 ・ハウスメーカーよりは費用が安い
・外壁以外のリフォームも相談できる
・地域の塗装業者よりは費用が高額 ・オンテックス(関東・東海・近畿・その他)
・オケゲン(愛知)
地域の外壁塗装業者 ・費用を抑えて施工できる ・業者によって品質に差がある
・保証が充実していない
・ミヤケン(群馬)
・ルクア(関東)

新築の家に住んでいる人の場合、家を建てたハウスメーカーに塗り替えを依頼することができます。
家の近くに信頼できる外壁塗装業者がいない場合や、保証制度などが整っているところに依頼したい人などにおすすめです。
ただし、費用が高額になる傾向があるうえ、値下げ交渉なども難しいことが多いため、費用を抑えたい人には不向きといえます。

室内のリフォームなども検討している人は、リフォーム工務店に依頼すれば、割安で施工できる可能性があるのでおすすめです。
一方で、リフォーム工務店でも、下請け業者を利用することがあるので、費用を少しでも安くしたい人にはおすすめできません。

地域の外壁塗装業者は、他の業者に比べて費用が安く抑えられるので、とにかく安く依頼したいという人におすすめです。
しかし、保証の範囲が狭い傾向があるうえ、業者が倒産した場合は保証がなくなってしまうため、安心を求める人は納得できる業者を見つけるのが難しいかもしれません。

外壁塗装の費用を安くする方法

上の章で紹介した3つの要素をうまく選べば、外壁塗装の費用を抑えることが可能です。
しかし、納得できる塗料や業者を選んだ結果、予算をオーバーしてしまうことも考えられます。

そこで、工事内容を工夫する以外で、費用を抑える方法を知っておくと便利です。

  • 助成金・補助金を利用する
  • 火災保険を利用する
  • 住宅ローン減税を利用する
  • 外壁と屋根塗装をセットで行う
  • 繁忙期を避けた時期に工事を行う

ここからは、それぞれの方法について、詳しく紹介していきます。

助成金・補助金を利用する

外壁塗装に適用できる助成金や補助金は、10~30万円が相場です。
また、適用できる条件や助成金・補助金の金額は住んでいる市区町村によって異なります。

ここでは、関東の一部地域で行われている助成金・補助金の一部を例としてご紹介します。

都道府県・市区町村名 助成金名 補助金の内容 上限金額
東京都渋谷区 住宅簡易改修支援事業 屋根・外壁等の改修及び塗り替えなどの工事費用が5万円以上の工事の20%を補助 10万円
東京都港区 高反射率塗料等材料費助成 高反射率塗料等の材料費の全額または助成
対象面積×2,000円の補助
30万円
埼玉県川口市 川口市住宅改修資金助成金 住宅改修リフォーム工事費用の5%を補助 10万円

ただし、自治体によっては、助成金や補助金の制度がなかったり、申請期限が過ぎてしまったりしている可能性があるので、事前に確認が必要です。
受けられる補助金や助成金を確認する方法は2つあります。

火災保険を利用する

外壁塗装とあわせて屋根塗装を行う場合、火災保険が適用できることがあります。

火災保険には、自然災害によって住宅が損傷してしまったときに補償が受けられる、「風災」という項目があります。

風災に該当する自然災害の例

  • 台風・竜巻・突風など風の被害
  • 積雪・落雪など雪の被害
  • 雹などによる被害

※ただし、台風ではない大雨は適応外

屋根の損傷理由が風災に該当する場合、火災保険で塗装やリフォーム費用の一部、もしくは全額をカバーできるかもしれません。
火災保険の適用可否や範囲は契約内容によって異なりますので、まずは契約書の内容をご確認ください。

屋根に火災保険を適用するための条件と注意点については、下記の記事で詳しくご紹介しています。

住宅ローン減税を利用する

塗装費用が100万円を超える場合、住宅ローン減税を受けることが可能になります。
住宅ローン減税とは「住宅借入金等特別控除」のことで、住宅ローンを利用している人の所得税を、一部減税できる制度のことです

ただし、控除を受けるためには、いくつか条件があります。

  • 塗装工事にかかる費用が100万円以上であること
  • 塗装工事をする建物が居住用の住宅であること
  • ローンの返済期間が10年以上であること
  • 年間の合計所得金額が3,000万円以下であること
  • 工事を行う建物の床面積が50平方メートル以上であり、床面積の半分以上が居住用であること
  • 工事完了後、6ヶ月以内に居住していること

住宅ローン減税を受けることができれば、その年の住宅ローン残高の1%の減税を、10年間受けることができます。
例えば、150万円の塗装工事を行って10年で完済するローンを組んだ場合、1年目に13,500円、10年の合計で67,500円の控除が受けられます。

外壁と屋根塗装をセットで行う

ここまでにも何度か紹介してきましたが、外壁と屋根の塗装を一緒に行うことで、別々に行う場合より割安で施工することができます。
別々に施工した場合、足場の敷設、養生、資材の運搬にかかる費用などは2回分必要になりますが、同時に施工した場合は1回分で済むからです。

具体的な事例で確認すると、同時に行った場合約27万円の節約になります。

外壁と屋根の塗装を別々に行った場合
項目 金額
外壁塗装にかかる費用 外壁塗装 363,400円
足場の敷設 220,000円
洗浄・養生 25,000円
運搬交通費 15,000円
諸経費 10,000円
屋根塗装にかかる費用 屋根塗装 199,500円
足場の敷設 220,000円
洗浄・養生 25,000円
運搬交通費 15,000円
諸経費 10,000円
合計 1,102,900円
外壁と屋根の塗装を同時に行った場合
項目 金額
外壁塗装 363,400円
屋根塗装 199,500円
足場の敷設 220,000円
洗浄・養生 25,000円
運搬交通費 15,000円
諸経費 10,000円
合計 832,900円

外壁塗装の現地調査の際には必ず屋根の点検も行い、屋根に劣化が見られる場合は同時に施工するのがおすすめです。

繁忙期を避けた時期に工事する

外壁塗装の繁忙期は秋だといわれているので、春に施工をするように準備するのがおすすめです。
夏や冬に施工をすると、雨・雪など天気の関係で施工期間が長引いて、かかる費用や生活ストレスが増えてしまう可能性があります。
そのため、気候が良く天気も安定している春も、外壁塗装には向いている時期といえます。

繁忙期に施工をするよう依頼すると、他の時期より値段が高かったり、値下げ交渉が難しかったりといったデメリットがあります。
一方、繁忙期以外では、キャッシュバックキャンペーンや値下げなどを行っている業者もあるので、比較的安く依頼できる可能性があるのです。

まとめ

外壁塗装にかかる費用の相場は、70~180万円です。
相場の価格に幅があるのは、条件によって金額が大きく変わるためです。
費用を左右する条件は、大きく4つあります。

  • 家の延べ坪
  • 塗料の種類(ランク)
  • 付帯工事の有無
  • 業者の種類,000万円以下であること

家の延べ坪を増やしたり減らしたりすることはできませんが、他の条件は、「より安いほう」を選ぶことで、費用を抑えることが可能です。

ただし、外壁塗装の費用を抑えようとして、あまりにも安すぎる値段で依頼するのは、リスクが高くなってしまうため注意が必要です。
例えば、相場と比べて30万円以上安い見積もり金額を提示された場合、後から追加費用を請求されたり、手抜き工事をされたりする危険が高まります。
また、最初の見積もり金額から大幅な値下げをするのは、悪徳業者の常とう手段のため、罠である可能性があるのです。
安い塗料を使用した結果、すぐに劣化して、数年後に塗装をし直さなければいけなくなってしまうというケースも考えられます。

外壁塗装の費用が高額になってしまうのは、大切な家を、より安全に、より良い品質で塗装を行おうとするからです。
そのため、工事費用そのものを、劇的に安くすることは難しいといえます。

安全に費用を安くするには、補助金や助成金、住宅ローン減税、火災保険などを利用してみましょう。
こうしたお金をもらうには条件があり、全ての人がもらえるとは限りませんが、少ないリスクで塗装費用を実質的に安くすることができるので、適応できるものがないか一度探してみるのがおすすめです。

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。