外壁塗装

外壁塗装の価格は?「30坪」の場合の費用と内訳を説明

外壁塗装の価格は?「30坪」の場合の費用と内訳を説明

外壁塗装を検討する際、特に気になるのはその費用ですよね。

外壁塗装の価格について、あらかじめ正しく理解していないと、悪質な業者による詐欺被害に遭ってしまう可能性があります。
最悪の場合は数十万円、数百万円単位の被害に遭ってしまうかもしれません。

とはいえ、外壁塗装は頻繁に行うものではありませんので、具体的な金額についてはなかなか知られていません。
そこで、今回は外壁塗装の価格について、「30坪」の場合の費用と内訳についてご紹介します。

専門業者に依頼する前に、このページを確認しておきましょう。

30坪の外壁塗装の価格は50万~130万円が相場

30坪の外壁塗装の相場

30坪の外壁塗装の価格は、50万~130万円が相場です。
これほど費用の幅が大きい背景には、「業者ごとに設定している料金が異なる」「使用する塗料のグレードによって費用が変わる」などの理由があります。
また、外壁が劣化している場合は、塗装前に補修工事が必要となるので、さらに業者に支払う費用も大きくなります。

外壁塗装の費用の内訳

外壁塗装の費用の内訳

外壁塗装の費用の内訳は、主に「足場代」「塗料代」「作業費」の3つです。
それぞれの内訳について、詳しくご説明します。

足場代

まず、外壁塗装を行う場合、塗装場所によっては「足場」が必要となりますので、「足場代」として業者から費用を請求されます。
足場代の相場は「1㎡あたり1,000円前後」となっていますが、「足場の設置場所」「足場の高さ」などによって具体的な料金は変わります。
足場代について、詳しく知りたい方は、下記の計算式を参考にしてみてください。

足場代の計算式 {建物の外周(m)+8m}×家の高さ(m)×1㎡当たりの足場代(1,000円)

上記の計算式に、塗装する予定の建物の外周や高さを入れて計算すると、足場代の目安を算出することができます。

塗料代

外壁塗装の内訳の一つが「塗料代」です。
塗料代は「使用する塗料の種類」だけでなく、同じ種類の塗料であっても「商品のグレード」によって金額の幅が大きいため、一概にいくらなのかを明確にすることはできません。
また、塗料によって「1kgで塗布できる範囲」も異なり、商品によって必要な量が変わります。

とはいえ、ある程度の目安はありますので、具体的な塗料代については下記を参考にしてみてください。

塗料の種類 1㎡あたりの費用目安
シリコン系塗料 2,300~3,000円
アクリル系塗料 1,000~1,600円
ウレタン系塗料 1,700~2,200円
フッ素系塗料 3,500~4,800円
遮熱塗料(断熱塗料) 5,000~6,000円
光触媒(無機塗料) 5,000~6,000円

グレードが低めのアクリル系塗料やウレタン系塗料は、1㎡あたりの費用目安が1,000~2,000円程度であるのに対し、グレードの高い光触媒や遮熱塗料は、1㎡あたりの費用目安が6,000円程度と高額です。

しかし、グレードの高い塗料のほうが長持ちしやすいので、値段は高額でも「短期間での塗り直しが不要」といったメリットがあります。
グレードの高い塗料で塗装すれば、こまめに業者に塗装してもらう必要がないので、長い目で見ると、コストパフォーマンスがより優れている場合があります。

作業費

外壁塗装の費用の内訳として、挙げられるのが「作業費」です。
業者があなたに代わって塗装をしてくれますので、作業費としてお金を支払わなければなりません。

ただし、作業費については、業者ごとに設定している料金が大きく異なります。
例えば、依頼を受けている業者と、施工を担当する業者が異なる場合は、作業料が割高になることがあります。
なぜなら、受注業者と施工業者が異なると、「中間マージン」、いわゆる仲介手数料が発生するからです。

業者に塗装を依頼する前に、必ず詳しい作業費について確認しておきましょう。

外壁塗装の費用を抑えるコツ

外壁塗装の費用を抑えるコツ

外壁塗装は数十万円~数百万円単位の費用が必要になるため、なるべく価格を抑えて業者に依頼したいですよね。
費用を抑えたい方は、次の4つのポイントを意識しておきましょう。

  • 塗料はグレードの低いものを選ぶ
  • 塗装範囲を小さくする
  • 複数の業者から見積もりをとる
  • 塗料の耐用年数と照らし合わせる

ここからは、外壁塗装の費用を抑えるコツについて、より詳しくご紹介します。

塗料はグレードの低いものを選ぶ

外壁塗装で使用する塗料は「グレードの低いもの」を選ぶと、費用を抑えることができます。
なぜなら、グレードの低い塗料は、耐用年数が短かったり、グレードの高い塗料と比べると仕上がりが悪かったりしますが、塗料代そのものは安価だからです。
「十分な予算が確保できないけれど、すぐに外壁塗装を行いたい」という方には、グレードの低い塗料をおすすめします。

塗装範囲を小さくする

外壁塗装の費用を抑えるコツとして、「塗装範囲を小さくする」といったものがあります。
塗装範囲を小さくすることによって、足場代や塗料代、作業費を抑えやすくなるのです。

塗装範囲を小さくするための案としては「外壁全面を塗装するのではなく、人目の付きやすい場所のみに絞って塗装してもらう」などが挙げられます。

塗装範囲で妥協できるのであれば、施工場所を絞って、外壁塗装の費用を抑えましょう。

複数の業者から見積もりをとる

外壁塗装の費用を抑えたいのであれば、「複数の業者から見積もりをとる」ことが大切です。
それは、外壁塗装の費用は、業者によって大きく異なるからです。
複数の業者から見積もりをとることで、それぞれの費用やサービス内容を比較することができ、最もコストパフォーマンスの良い業者を選ぶことができます。

時間に余裕があるのであれば、出来るだけ複数の業者に見積もりを作成してもらいましょう。

塗料の耐用年数と照らし合わせる

外壁塗装の費用を抑えるコツとして、「塗料の耐用年数と照らし合わせる」ことも重要です。
なぜなら、外壁塗装で使用する塗料の耐用年数は、種類や商品などによって異なるからです。

例えば、価格はやや高いものの、長持ちする塗料を使用すれば、結果的に塗り直しの頻度を減らすことができます。
塗り直しの頻度が少なくなれば、トータルの出費を抑えることができますので、全体で見ると経済的な場合があるのです。

まとめ

このページでは、30坪の外壁塗装の価格や内訳、費用を抑えるコツについてご紹介しました。

外壁塗装は費用が高額なサービスですので、ある程度価格目安を把握したうえで、複数の業者に見積もりを出してもらい、比較したうえで信頼できる業者に依頼することが大切です。
依頼の際は、塗料のグレードや耐用年数、塗装範囲の広さなども、事前に検討しましょう。
外壁塗装を検討中の方は、ぜひ今回ご紹介したコツを参考にしながら、予算を立ててみてください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。