外壁塗装

外壁塗装の塗料5種類を比較!特徴・価格・代表的な塗料を紹介

外壁塗装の塗料5種類を比較!特徴・価格・代表的な塗料を紹介

外壁塗装に使用する塗料は、塗料の主成分と機能によって5つのグレード(ランク)に分けられます。

  • アクリル
  • ウレタン
  • シリコン
  • フッ素
  • ラジカル

塗料の種類は、このグレードのことを指すことが多いですが、主成分以外に含まれる成分や機能によって、より細かく種類分けをすることもあります。

ここでは、塗料の種類と、種類ごとの用途や特徴、塗装に適した素材などについて紹介していきます。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
専門家に塗料の相談をする
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

外壁塗装に使用できる塗料の種類(グレード・ランク)の一覧

塗料のグレードは、耐用年数(塗り替え時期の目安)が長くなるほど高くなり、価格も上がります。
耐用年数が長いほど塗り替えの頻度が少なくて済むため、長期的にみれば、グレードの高い塗料のほうが安く済むこともあります。

グレード・ランク 耐用年数 塗装単価(1㎡あたり)
アクリル 4~7年 1,000~1,500円
ウレタン 6~10年 1,700~2,200円
シリコン 8~15年 2,300~3,300円
ラジカル 8~15年 2,700~3,600円
フッ素 15~20年 3,600~4,700円

外壁塗装で近年最もよく使用されているのは、耐用年数と価格のバランスがよい「シリコン」ランクの塗料です。
シリコンよりグレードの低い「アクリル」や「ウレタン」ランクの塗料は、現在サイディング系など多くの外壁材への塗装には使用されなくなりました。
グレードが高い「ラジカル」や「フッ素」ランクの塗料は、耐用年数が高いだけではなく、防汚性や防カビ・防藻性などの機能がついている製品もあります。

ここからは、それぞれの塗料について、詳しく紹介していきます。

アクリル塗料の特徴

アクリル塗料とは、アクリル樹脂を主成分とした塗料で、ホームセンターなどで見かけるペンキが代表的です。
他の塗料に比べて塗りやすいのでDIYにはぴったりですが、耐久性が低いため、外壁の塗装ではほとんど使用されなくなりました。

しかし、湿度を通しやすい性質があるため日光・雨が当たらず湿気がこもりやすい軒天には使用されます。
塗料が安価なため、軒天のみの塗装でも高額になりにくいというメリットもあります。

また、紫外線や雨など劣化の要素が少ない内装や家具などの塗装にもよく使用されます。

主成分 アクリル樹脂
耐用年数 4~7年
価格(1㎡あたり) 1,000~1,500円
メリット ・色数が豊富な製品が多い
・透湿性が高い
・簡単に上手に塗れるのでDIYで人気
デメリット ・耐久性が低いため外壁への使用は適さない
適している壁材 外壁への使用は適さない
外壁以外に塗れる場所 ・軒天
・内装
・家具

代表的なアクリル塗料

アクリル塗料について詳しく確認する

ウレタン塗料の特徴

ウレタン塗料は「ウレタン樹脂」が主成分で、少し前まで外壁塗装で最もよく使われていた塗料でした。
主成分のみで弾力性を持つ唯一の塗料で、完全に乾いた後も適度な柔軟性を保ちます。
そのため、ひび割れしやすいモルタル外壁や、素材自体が伸縮する木材系の外壁などでは、今も使用されています。

高い密着性から、本来塗料が付きにくい金属にも塗装が可能です。

一方で、断熱材が入ったサイディング外壁への使用はおすすめできません。
高い柔軟性のせいで、壁材と塗料の間にこもった熱によって塗料が膨れてしまい、塗り直し期間を早めることになってしまうからです。
サイディング外壁に塗装をする場合は、シリコン以上のグレードの塗料を使用しましょう。

主成分 ウレタン樹脂
耐用年数 6~10年
価格(1㎡あたり) 1,700~2,200円
メリット ・弾力がありひび割れしにくい
・密着性が高い
・ツヤがある
デメリット ・耐用年数が低い
・断熱材を使用したサイディング外壁には不向き
適している壁材 ・モルタル
・木材
外壁以外に塗れる場所 ・金属の付帯部
・塩ビの雨樋

代表的なウレタン塗料

ウレタン塗料について詳しく確認する

シリコン塗料の特徴

シリコン塗料は、耐用年数が高い塗料の中では最も安い塗料なので、コストパフォーマンスが良く、現在最も人気のある塗料です。
「アクリルシリコン」と表記されているものは、シリコン塗料に含まれます。

乾くと塗膜(乾燥・硬化することで膜状になった塗料)が硬くなるため、紫外線や熱、水による経年劣化の影響を受けにくい性質があります。
そのため、壁よりも日光や雨水にさらされている屋根の塗装にもよく使用されます。

また、透湿性(湿度を逃がす機能)が高いため、軒天など湿気がこもりやすい場所にも使用されます。

塗膜が硬くなる性質のため、ひび割れが起きやすい塗料ですが、モルタルや木に塗装するときは「弾性」という柔らかいタイプを選ぶことで、ひび割れを軽減することもできます。

主成分 シリコン樹脂
耐用年数 8~15年
価格(1㎡あたり) 2,300~3,300円
メリット ・乾くと硬くなる
・熱や酸性雨などに強い
・透湿性が高い
デメリット ・ひび割れが起きやすい
・密着性が低い
適している壁材 ・サイディング系全般
外壁以外に塗れる場所 ・屋根
・軒天

代表的なシリコン塗料

シリコン塗料について詳しく確認する

フッ素塗料の特徴

フッ素塗料は、フッ素樹脂が主成分で、シリコン塗料と同様に、塗膜が硬くなる性質があるため、耐久性が高い塗料です。

フッ素は、焦げや汚れを落としやすくするために、フライパンの表面にも使用されている成分です。
フライパンの焦げや油汚れを落としやすくするのと同様に、外壁や屋根の汚れを雨水などで自然に落ちやすくしてくれます。

一方で、塗装が難しい塗料でもあるので、高い技術が必要とされます。
DIYはもちろん、経験が少ない塗装業者でも難易度が高いため、フッ素塗料を使用したいときは業者選びも重要になります。

主成分 フッ素樹脂
耐用年数 15~20年
価格(1㎡あたり) 3,600~4,700円
メリット ・耐久性が高い
・防汚性、防藻性、防カビ性が高い
・色褪せしにくい
デメリット ・値段が高め
・ひび割れしやすい
・塗装には技術が必要
適している壁材 ・サイディング全般
・ALC
外壁以外に塗れる場所 ・屋根
・雨樋
・軒天

代表的なフッ素塗料

フッ素塗料について詳しく確認する

ラジカル塗料の特徴

ラジカル塗料の主成分は、「アクリル」や「ウレタン」など製品によって異なります。
「ラジカル」という成分の発生を抑え、チョーキングという劣化現象を起こりにくくさせる機能を持っている製品を、ラジカル塗料と呼びます。

ラジカル塗料は、劣化成分の発生を抑えることができるため、主成分の耐久性に関わらず、高い耐久性を持つことができます。
また、主成分が異なる塗料の中から製品を選ぶことができるため、幅広い素材に塗装ができるというメリットもあります。

一方で、新しい塗料のため、製品に記載されている耐用年数の信頼性が低いことや、経験や知識が豊富な業者が少ないというデメリットもあります。
また、濃い色の塗料ではそもそもラジカルが発生しにくいため、ラジカル塗料の製品には白や淡い色の製品しかありません。

主成分 製品によって異なる
耐用年数 8~15年
価格(1㎡あたり) 2,700~3,600円
メリット ・「チョーキング」が起こりにくい
・防汚性、防カビ性が高い
・塗装できる素材が多い
デメリット ・耐久性の信頼度が低い
・塗装経験が豊富な業者が少ない
・濃い色を選択できない
適している壁材 ・サイディング全般
・モルタル
・木材
・ALC
外壁以外に塗れる場所 ・屋根
・雨樋

代表的なラジカル塗料

ラジカル塗料について詳しく確認する

主成分以外の塗料の分類

外壁塗装に使用する塗料は、塗料に含まれる成分や薬剤などによって、主成分(グレード)とは異なる種類分けをすることもあります。
1つの塗料には複数の成分・薬剤が含まれていますが、大きく3種類に分類されます。

  • 溶剤…塗料を薄める液体
  • 添加剤…塗料に含まれる添加物
  • 顔料…塗料の色

分類方法によっては、さらに細かく分類されることもあります。
ここからは、それぞれの成分・薬剤の分類について、詳しく説明してきます。

溶剤

溶剤に水を使用したものが「水性塗料」、シンナーを使用したものが「油性塗料」と呼ばれます。

水性塗料はシンナーを使用しないため、臭いが少なく扱いやすいため、DIYでの使用に適しています

油性塗料は、溶剤であるシンナーが短時間で揮発するため臭いが強く、健康や環境に悪影響を及ぼしたり、引火しやすくなったりするので、扱いが難しい塗料です。
そのぶん、素材を選ばず塗れるうえに長持ちするので、塗料の扱いに長けたプロがよく使用します。

溶剤の種類 メリット デメリット
水性 ・臭いが少ない
・簡単に上手に塗れる
・耐久性が低い
・乾くのが遅い
油性 ・長くツヤを維持し、劣化しにくい
・油性塗料でしか塗れない素材(金属など)もある
・塗装後も臭いが残りやすい
・慣れない人は上手に塗るのが難しい
・事故の危険性が水性より高い

また近年では、油性塗料のなかでも、臭いや刺激が少ない「弱溶剤」と呼ばれる塗料用シンナーを使用する塗料も増えてきました。
弱溶剤を使えば、耐久性はやや下がるものの、油性塗料特融の臭いや刺激を軽減することが可能です。

添加剤

塗料に含まれる添加剤は「硬化剤」「つや消し剤」の2つがあります。

  • 硬化剤:硬化剤が入っていない塗料は固まらず、剥がれやすくなる。塗料に必ず入っている
  • つや消し剤:塗装後のツヤ感を減らす。製品によっては入っていない

ここからは、硬化剤とつや消し剤について詳しく説明していきます。

硬化剤

硬化剤

硬化剤が、塗料に最初から含まれている塗料を「1液」、塗装する直前に調合して使用する塗料を「2液」といいます。
さらに、柔軟性を持たせた硬化剤は、柔軟性の度合いによって「弾性」、「微弾性」の2種類に分けられます。
柔軟性を持っていない硬化剤は、特に表記がなかったり、「硬質」と呼ばれたりします。

例えば、最初から弾性の硬化剤が入っている塗料は「弾性1液」、通常(硬質)の硬化剤を後入れする場合は「2液(硬質2液)」になります。

1液・2液

1液は、塗料の蓋をあけてそのまま塗り始めることができるので、DIYだけでなくプロにも人気です。
ただし、2液より耐久性が3年低い傾向があるため、塗料を長持ちさせたい人にはおすすめできません。

メリット デメリット
・塗装前の手間が少ない
・ゆっくり塗れる
・耐久性が3年低い
・乾くのが遅い

2液は、主剤と硬化剤を混ぜ合わせる手間がかかるうえ、配合の誤差を5%いかに抑えなければならず難易度が高いため、DIYには不向きです。
一方、1液より耐久性が高く、金属などにも塗ることができる製品が多いため、塗装業者ではよく使用されます。
塗料が素早く固まるため、冬場や梅雨時期の塗装にもおすすめです。

メリット デメリット
・耐用年数が1液より長い
・乾くのが速い
・塗れる素材の範囲が広い
・塗る前の準備に手間がかかる
・配合の難易度が高い
・急いで塗らないと固まってしまう

弾性・微弾性・硬質

弾性とは、塗膜(乾燥して固まった後の塗料の膜)に適度な柔軟性を持たせた硬化剤のことです。
柔軟性の度合いで、「弾性」と「微弾性」に分かれます。

塗膜が硬いシリコン・フッ素などの塗料では、弾性の製品を選択することで、デメリットであるひび割れを軽減することができます。
一方、塗膜が柔らかくなることで耐久性が下がるため、「ひび割れも防ぎたいが耐久性も上げたい」という場合は微弾性を選択します。

通常の硬化剤を使用した塗料は、弾力がないためひび割れしやすくなってしまいますが、膨れが起きにくいため、サイディング系外壁への塗装に向いています

特徴 向いている素材
弾性・微弾性 ・ひび割れしにくい
・耐久性が低い
・モルタル
・木材
硬質 「膨れ」が起きにくい
・耐久性が高い
・サイディング系
・ALC

つや消し剤

つや消し剤

つや消し剤は、名前のとおり、塗料のつやを消す添加剤です。
塗料に配合される艶消し剤の量によって、「全艶(つや消し剤なし)」「7分つや」「5分つや」「3分つや」などに分類され、数字が小さくなるほどつやが少なくなっていきます。

ただし、つや消し剤をたくさん入れると、塗料の耐久性が下がってしまうため、つやが全くない塗料を作ることはできません。

顔料

顔料は、塗料に色をつける成分のことで、顔料が入っているものを「エナメル」、入っていないもの(色がついていないもの)を「クリア(クリヤ・クリヤー」といいます。

「外壁材のデザイン性が高い」、「色を変えたくない」といった場合に、クリア塗料が選ばれることが多いです。

塗料に含まれる顔料は、色を変えるだけでなく、防錆び・遮熱などの効果を持つ製品もあります。

機能性塗料とは

機能性塗料と呼ばれる塗料は、これまで紹介してきた成分・薬剤などの他に、断熱・遮熱、セルフクリーニングなどの機能を持つ成分が含まれる塗料のことです。
ここでは、代表的な2種類を紹介します。

塗料の種類 耐用年数 塗装単価(1㎡あたり)
無機 10~20年 4,000~5,500円
光触媒 10~25年 4,300~5,500円

無機

「無機」とは石や陶器・ガラスなど、紫外線による劣化がなく、燃えない素材のことです。

無機物を塗料に含めることで、塗料の最大の弱点である紫外線による劣化や、火事による延焼などを抑えることができます。

ただし、ひび割れしやすいのでモルタルや木などには塗装できません。
また、一度塗ると再塗装が難しいため、信頼できる業者を見つける必要があります。

主成分 製品によって異なる
耐用年数 10~20年
価格(1㎡あたり) 4,000~5,500円
メリット ・紫外線による劣化が起こりにくい
・防汚性、防カビ性、防藻性が高い
・不燃性がある
デメリット ・ひび割れしやすい
・再塗装が難しい
・価格が高い
適している壁材 ・サイディング全般
外壁以外に塗れる場所 該当なし

代表的な無機塗料

光触媒

光触媒と呼ばれる塗料は、ファンデーションにも含まれる、「酸化チタン」という成分が入っている製品です。
酸化チタンには、紫外線に反応して汚染物質を分解するという働きがあるため、壁についた汚れを落とす「セルフクリーニング機能」を塗料に持たせることができます。
汚れが落ちやすいということは、綺麗な見た目が続くだけでなく、塗料の耐久性を上げることにもつながります。

ただし、光触媒は近年新しく出た塗料で、大手メーカー(日本ペイント・エスケー化研・関西ペイント)では取り扱いがないため、「信頼性が低い」としている業者もいます。
また、濃い色の製品が少ないため、希望どおりの塗料を取り寄せるのが困難な場合もあります。

主成分 製品によって異なる
耐用年数 10~25年
価格(1㎡あたり) 4,300~5,500円
メリット ・セルフクリーニング機能がある
・環境に優しい
・耐久性が高い
デメリット ・ひび割れしやすい
・濃い色の製品が少ない
・大手メーカーでは取り扱っていない
適している壁材 ・サイディング全般
外壁以外に塗れる場所 ・ALC
・屋根

代表的な光触媒塗料

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
専門家に塗料の相談をする
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。