外壁塗装

外壁の塗装をしないとどうなる?症状とメンテナンスの必要性を解説

外壁の塗装をしないとどうなる?症状とメンテナンスの必要性を解説

自宅の外壁はこまめに塗装することが大切です。
使用されている塗料によって期間は異なりますが、最低でも10年に一度は塗り替えが必要といえます。
しかし、もし塗装をしないとどうなるのか、気になる人もいるでしょう。

塗装をしないと外壁材の寿命を早めてしまい、早期に交換が必要になることも少なくありません。
家を長持ちさせるためにも、塗装をしないとどうなるのか、そのリスクを知って早めに対処する意識を持ちましょう。

定期的に外壁塗装をした方がよい2つの理由

定期的に外壁塗装をした方がよい2つの理由

外壁塗装を定期的に行うことをおすすめする理由は、主に2つあげられます。

  • 家の寿命を短くしないために必要
  • こまめにメンテナンスをしたほうが費用を抑えられる

要するに、家や外壁材の寿命の延長とコストの削減が重要となります。

家の寿命を長く保つことができる

外壁の塗装を定期的に行うことによって、家の寿命は長くなります。
そもそも外壁塗装は、見た目をきれいにするだけではなく、外壁材を保護することが本来の役割といえます。

塗料を吹き付けることによって紫外線やほこり、汚れや錆などから外壁材を守ることができ、素材自体の劣化を遅らせることができます。
また、塗料には防水加工がされているものも多く、雨水の漏水を防ぐ意味でも塗装は重要です。

これらの機能は経年劣化によって少しずつ効果が薄れていくため、ある程度の年数で塗り替えをして、保護力を高めておかなければなりません。
見た目には特に問題がなくても、年数が経過していると保護力自体は弱くなっているため注意が必要です。

こまめにメンテナンスをした方が結果的に費用を抑えられる

定期的に塗装を行うと、何度もメンテナンスが必要で、コストが高くつくと考える人もいるでしょう。
しかし、実際にはこまめに塗装をしておいたほうが、長期的に見たメンテナンスのコストを抑えられる場合が多いようです。

外壁は塗装のほかに、既存の壁の上に新しい壁材を張りつける重ね張りや、下地から新しいものに交換する張り替えといったメンテナンス方法があります。
これらは塗装よりも費用が高く、一回の工事で高額なコストになってしまうことも少なくありません。

これらの工事は外壁材自体の劣化で必要になるため、塗装で保護力を高めて劣化を遅らせると、高額な費用発生の可能性を抑えやすくなります。
また、もし雨漏りなどをした場合は、この点にも対処しなければなりません。

保護力が弱くなっているとさまざまなトラブルを抱えやすく、それらを解消するには塗装以上のコストがか買ってしまいます。
こまめに出費は必要であるものの、一度に多額のコストをかけずに済むため、定期的なメンテナンスが結果的にコスト削減に繋がります。

外壁塗装の耐久性の低下から起こる6つの症状

外壁塗装の耐久性の低下から起こる6つの症状

外壁塗装の必要性を知るためにも、経年劣化によって起きる6つの症状について把握しておきましょう。

症状 特徴 年数 危険度
外壁の変色 ・塗料が変色する
・耐久度が下がっている
1~2年 軽度
白い粉がつくチョーキング ・防水性が下がっている
・内部に漏水していることもある
5~6年 重度
カビや苔が生える 外壁の耐久度がさらに下がっている 6~7年 重度
外壁にひび割れができる ・塗膜が乾燥してひび割れる
・放置すると外壁材自体が割れることもある
8~9年 重度
外壁塗装の剥離 塗膜が剥がれ落ちる 10年 重度
家の内部が劣化する 雨漏りなどのトラブルが発生する 10年 重度

長期間放置していると外壁は耐久性が下がっていき、これによって様々な問題が発生します。

外壁の変色

外壁の耐久性が下がってくると、少しずつ外壁の変色が見られます。
これは塗料が雨や紫外線などによって劣化するからであり、どのような建物でも時間の経過によって変色していくのは当然でしょう。

日のあたりやすさなどによって劣化の状況は異なりますが、塗装したばかりの頃と比較すると変色がわかる程度で、現状だけを見てもそれほど問題があるとは認識できない場合も多いようです。
危険度としてはまだまだ軽度であるため、よほど景観が気にならない限りは放っておいても問題ないです。

白い粉がつくチョーキング

塗装をしてから5~6年程度すると、外壁に白い粉がつくチョーキングという症状が見られ始めます。
これも塗料の劣化によるものであり、外壁内部に雨水などがしみ込んでいることが主な原因となります。

つまり、塗料の防水効果が薄れてきているといえるため、そろそろ塗り替えを検討したほうがよいでしょう。
劣化の初期症状ではありますが危険度は高いため、外壁や家の寿命の削りたくないなら、早めに塗装することが大切です。

カビや苔が生える

塗装をしてから6~7年程度経過すると、耐久性や防水力はさらに落ち、湿気がたまりやすくなることでカビや苔などが生え始めます。
これらの細菌類が繁殖すると劣化のスピードはさらに速くなり、根を張ってしまうと外壁そのものへのダメージは非常に大きくなります。

単に景観を損ねるだけではなく劣化症状としても重度であるため、早めに対処して取り除いておかなければなりません。

外壁にひび割れができる

8~9年程度放置すると、乾燥した塗膜が徐々にひび割れて、さらに放置するとこれがさらに広がってしまいます。
ひび割れた部分からは雨水などが侵入しやすく、雨漏りのリスクも高まるため注意しなければなりません。

最初は塗料の膜が割れる程度ですが、放置すると外壁自体が割れてしまうこともあります。
ひび割れはかなり劣化症状が進んでいるといえるため、コーキング材で穴を埋め、その上から塗装をし直して保護力を高めておきましょう。

外壁塗装の剥離

塗装をしてから10年程度経過すると、塗装が剥がれていきます。
塗装の剥離はひび割れと同時期に起きることも多く、これが起きるとできるだけ早く塗り替えが必要といえるでしょう。
剥離が見られるのは基本的には10年前後ですが、5年以内など比較的早期に症状が出ることもあります。

この場合は塗装の劣化ではなく、業者による施工ミスである可能性が高いです。
塗料によって寿命は異なりますが、10年前後は持つものが多いため、あまりにも剥離が早く見られるなら業者に確認して状態を見てもらうようにしましょう。

家の内部が劣化する

外壁塗装の劣化を放置し続けると、外壁自体が劣化するだけではなく、家の内部にまで影響を及ぼすため注意しなければなりません。
防水力がなくなることで雨漏りをするだけではなく、内部構造の部分に水がたまり、中から腐食してしまうこともあります。

腐食によって構造部分に穴が開いたり、柱が腐ったりすることもあり、場合によっては家が傾くといった大きなリスクもあります。

よほど放置しない限り倒壊などはしませんが、雨漏りの時点で重大なトラブルが起きているといえるため、素早く対処しなければなりません。
ここまで放置するとメンテナンスの費用は膨大になることも多いため、内部が劣化する前に外壁塗装をやり直しましょう。

外壁塗装を業者に依頼する4つのポイント

外壁塗装を業者に依頼する4つのポイント

DIYで外壁塗装をするのは難しいため、基本的には業者に依頼することをおすすめします。
業者に依頼する際には、次の4つのポイントを守ることが大切です。

  • 慌てて業者と契約を結ばない
  • 地元密着の業者を選ぶ
  • 低価格に飛びつかない
  • 屋根のメンテナンスも同時に検討する

スムーズかつお得に外壁塗装をしてもらうためにも、これらのポイントは押さえておきましょう。

慌てて業者と契約を結ばない

外壁の劣化が進んでいるなら少しでも早く塗装をしてもらう必要がありますが、だからといって業者との契約を焦る必要はありません。
慌てて契約すると悪徳業者に引っかかってしまい、相場以上の費用を請求されたり、仕上がりが雑で品質が悪かったりすることも多いようです。

外壁塗装は慎重に行う必要があるため、無理に契約を迫ろうとする業者とは一度距離を置き、別の業者と比較してもっとも条件がよいものを選ぶようにしましょう。

業者の見極めを行うには複数社に見積もりを依頼することが大切です。
最低3社程度を目安にして、工事内容や期間、金額などを比較し、納得できる条件を提示する業者を選びましょう。

地元密着の業者を選ぶ

コストを削減したいなら地元密着の施工業者を選び、その業者自体に直接工事を依頼することが大切です。
外壁塗装は大手のハウスメーカーやリフォームメーカーなどにも依頼できますが、これらの業者では自社で契約を取り、実際の作業は下請けの業者が行うケースが多くなります。

下請けに回される場合は仲介手数料が発生するため、この分の費用が発生してコストが高くなります。
そのため、下請けなしで直接依頼できる業者のほうが、コストを削減できるためお得に塗装してもらえる可能性が高いでしょう。

低価格に飛びつかず見積もりの根拠を聞く

見積もりの内容を比較する際には、金額が安いかではなく、なぜその金額になっているのかを考えることが大切です。
提示された金額が安いからといってそれだけで業者を決めてしまうと、工事の仕上がりに不満が残ることもあるため、注意しなければなりません。

見積もりでは工事内容の確認もでき、かかっている費用の内訳もチェックできます。
業者とともにこれらは詳細まで確認し、使用する材料や作業工程など、細部まで尋ねた上で提示された金額になった理由を確認します。

業者によって設定金額が違うため、同じ工事内容でも安くなることはありますが、あまりにも安い場合は工程を飛ばしたり、安価な材料を使ったりしていることが多いため、細部まで確認しておかなければなりません。

低価格な塗料は耐用年数が低い

価格の安さは業者が設定している工事費や作業工程の数だけではなく、使用する塗料の種類によっても異なります。
塗料には複数の種類があり、低価格で利用できるものもあります。
しかし、価格が安いものほど、耐用年数は低いため注意しなければなりません。

塗料名 費用相場(約30坪の場合) 耐用年数
アクリル系塗料 10~12万円 4~7年
ウレタン系塗料 18~20万円 6~10年
シリコン系塗料 25~35万円 8~15年
フッ素系塗料 35~45万円 15~20年
遮熱・無機などの特殊塗料 50~55万円 15~20年

早めに塗り替えをするのか、それとも一度で高額な費用をかけてでも長持ちさせたいのかで選ぶべき塗料は変わります。
費用と耐用年数のバランスを取りたいなら、中間価格帯のシリコン系塗料を選ぶとよいでしょう。

屋根のメンテナンスも同時に検討する

外壁塗装の際に足場を組む予定があるなら、当時に屋根のメンテナンスなど高所の作業はまとめて依頼しておきましょう。
足場を組む際には数万円から10万円程度の高額な費用がかかることも多く、複数回にわけるとその都度コストが発生してしまいます。

できるだけ費用を削減したいなら一度にまとめてメンテナンスをしたほうがよいため、屋根の塗装や修理、雨樋の修理など必要箇所がないか確認しておくとよいでしょう。
また、反対にこれらを先にを行う場合にも、塗装してからの年数を考えて外壁塗装を同時に依頼することもおすすめです。

外壁塗装をしなくてよい3つのケース

外壁塗装をしなくてよい3つのケース

基本的には外壁塗装はこまめに行う必要がありますが、次の3つのケースに該当する場合は、無理に行う必要はありません。

  • 外壁材が金属サイディングの場合
  • 外壁材がタイルの場合
  • 解体する予定がある場合

無理に塗装をすると損をすることもあるため、該当する場合は注意しましょう。

外壁材が金属サイディングの場合

ガルバリウム鋼板と呼ばれる金属サイディングの外壁材を使用している場合は、基本的には塗装の必要はありません。
ガルバリウム鋼板の塗装は非常に難しく、通常の塗装よりも高額な費用がかかることもあるため注意しなければなりません。

定期的に水を流すなどの簡単なメンテナンスで状態は保てるため、3カ月に一度程度自分でメンテナンスをしているなら、塗装の必要性はほとんどないでしょう。

ただし、経年劣化するのは確かであり、色は少しずつあせていくため、これが気になる場合は景観の改善という意味で塗装が必要です。

外壁材がタイルの場合

外壁材にタイルを使用している場合も、基本的には塗装は不要です。
タイルは耐久性に優れているため、汚れやカビなどがあっても高圧洗浄で対処できます。

ただし、タイルも長く使っていると劣化するため、ひび割れが見られる場合は補修の工事は必要です。
ひび割れや劣化が広範囲にわたるなら交換が必要であり、塗装ではなく補修や交換によって対処するものと考えましょう。

解体する予定がある場合

数年後に解体する予定がある場合は、塗装をしても無駄になってしまいます。
また10年後に解体といった長期間使用する予定がある場合は、一度塗装するのも妥当ですが短期間で解体する場合は基本的には不要でしょう。

解体予定が数年後で塗装をすべきかを悩んでいる人は、塗料別の耐久年数を見てこれに合わせて工事をするかどうかを決めるとよいでしょう。

耐用年数がもっとも短いものよりも、解体の時期が早いなら無理に塗装を行う必要はありません。
いっぽう耐用年数を少し超えるくらいなら、現状を確認して塗装を行いましょう。

10年に1度は外壁塗装でメンテナンスしよう

この記事では、外壁の塗装をしない場合の主な症状から、メンテナンスの必要性を解説しました。
外壁塗装をしないで放っておくと、劣化して家の寿命が短くなり改修工事に多大な費用がかかってしまいます。

そのため、10年に一度程度はメンテナンスや外壁塗装を行うことを心がけて、大切な住まいを長持ちさせましょう。

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

外壁塗装の相場は?
シミュレーションで作業相場を知ろう
ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。