外壁塗装

火災保険で外壁塗装や屋根修理を安く抑えるための条件と申請方法

火災保険で外壁塗装や屋根修理を安く抑えるための条件と申請方法

火災保険を適用させれば、保険金によって外壁塗装を実質無料にすることができます。
ただし、火災保険で外壁塗装を無料にするためには、主に下記の保険会社が定める条件を全て満たしていなければいけません。

  • 塗装箇所は火災もしくは自然災害によって破損・損傷した部分であること
  • 火災・自然災害の被災から3年以内であること
  • 火災保険の免責金額以上の費用がかかる工事であること

ほかにも、加入している火災保険の種類によって、条件が増減することがあります。

ここからは、保険金が下りる条件について、詳しく紹介していきます。
また、実際に保険金を申請する手順や必要書類のほか、申請するうえでの注意点についてもまとめました。

高額な外壁塗装を少しでも安く行うために、ぜひ最後までご覧ください。

火災保険が適用できる外壁塗装の条件

一般的な戸建て住宅向けの火災保険は、地震以外の災害や不測の事故などによる損害を補償してくれる保険です。
そのため、火災保険の保険金をもらうには、様々な条件が設けられています。

多くの保険会社では、「火災・災害による損害」「被災から3年以内」「自己負担額を超える費用」の3つが条件をクリアした場合のみ保険の対象となります。

  • 火災・災害等による損害
  • 被災から3年以内
  • 自己負担額を超える費用

ここからは、それぞれの条件について詳しく紹介していきます。

火災・災害等による損害

火災保険の補償の対象となるのは、火災や災害によって被害を受けた場合です。
第三者による事故や破損なども、多くの場合は補償の範囲に含まれます。

火災保険の対象となる被害(一例)

  • 火災(消防破壊・消防冠水も含む)
  • 落雷
  • 破裂・爆発
  • 風災・竜巻・雹(ひょう)災・雪災(吹込み・浸込み・漏入・凍害は含まない)
  • 水災(床上浸水等。大雨・台風による雨漏りは含まない)
  • 盗難
  • 水道管の破損などによる水濡れ
  • 外部からの物体の衝突
  • 労働争議等に伴う破壊行為

ただし、家の構造上の被害ではなく、擦り傷や塗料の剥がれといった、軽微な外観上の損傷・汚損は、保険の対象とならないことが多いです。
また、経年劣化などによって生じた損害や、大雨による雨漏り等も含まれません。
地震によるひび割れや、地震由来の津波・火災などは火災保険の対象外ですが、地震保険によって補償されることもあります。

以下の事由によって起こった損害に対しては保険金をお支払いできません。
・ 自然の消耗または劣化によって生じた損害
・ すり傷、かき傷、塗料のはがれ落ち等の単なる外観上の損傷や汚損
引用元(一部抜粋):基本補償 | トータルアシスト住まいの保険(火災保険) | 東京海上日動火災保険

補償の対象となる外壁塗装の事例

  • 積もった雪によって屋根や壁が歪んでしまった。屋根や壁の交換を行い、最後に外壁塗装も行った
  • 台風の強風によって壁に大きな傷がついた。傷から雨漏りが生じたため、塗装によって補修した
  • 大雨によって床上浸水した。壁の張り替えを行い、最後に外壁塗装も行った

補償の対象とならない外壁塗装の事例

  • 台風の大雨によって壁から雨漏りした。破損した壁の交換と塗装を行った
  • 屋根の上に積もった大雪が溶けた水によって、屋根や壁から染み出してきたので修理した
  • 強風によって壁に傷がつき、見た目が悪くなったので塗装して綺麗にした
  • 経年劣化で壁の日焼けが目立ってきたので塗りなおしを行った
  • 凍害によってサイディングが損傷した(※経年劣化に該当するとみなされやすい)

ただし、火災保険の商品や特約などによって、細かな条件は異なります。
自分の家の事例が保険の補償範囲かどうか迷った場合は、保険会社に相談しましょう。

被災から3年以内

多くの保険会社では、災害などで損傷・汚損した時期から3年以内に保険金を請求しないと、保険金は支払われません。

保険金はいつまで請求できますか?
保険金請求権が発生した時の翌日から3年が経過すると請求権は消滅します。
保険金請求には時効がありますのでご注意ください。
引用元(一部抜粋):保険金はいつまで請求できますか?/損保ジャパン

被災から3年以内であっても、損傷が補償範囲の災害と因果関係があると確認されない場合、保険金が下りないこともあります。
家の損傷・汚損に気が付いたら、すぐに保険金請求のための手続きを行いましょう。

自己負担額を超える費用

保険金が支払われるのは、修理費用が自己負担額(免責金額)を超える場合のみです。
例えば、自己負担金額である3万円の場合、修理費用が2万8千円であれば、災害による損傷でも保険金は支払われません。

自己負担額・免責金額について説明した図

免責金額は火災保険に加入したときに指定した金額で、人によって0円、5千円、3万円、5万円など様々です。

風災や水災の場合は10万円、20万円など、さらに高額な免責金額を設定できる場合もあるので、契約内容を確認しましょう。

火災保険の申請方法・流れ

火災保険の保険金は、必要書類を保険会社に提出することで請求できます。

保険金請求までの大まかな流れ

  1. 保険会社に連絡する
  2. 破損等の発生原因や被害状況を保険会社が確認する
  3. 外壁塗装業者に調査・見積もりを依頼する
  4. 保険金請求資料を作成・提出する
  5. 保険金請求の内容を保険会社が確認する
  6. 保険会社からの承認が下りれば保険金の受取りをする

「保険金がおりなければ外壁の塗装・修理はしない」と決めている場合、保険会社からの承認が下りるまで、外壁の修理・補修を業者に発注しないようにしましょう。
請求をしても、承認がおりなければ、保険金をもらうことはできないからです。

保険会社への連絡先

災害が起きたら、申請書類などを集める前に、まずは保険会社に連絡しましょう。
連絡した段階で、保険の対象外の場合はすぐに教えてもらうことができます。

大手保険会社の火災保険の連絡先
保険会社 連絡先 web受付・問合せページ
損保ジャパン 0120-727-110 火災・傷害保険などの事故受付
東京海上日動 0120-233-316 住まいの保険 | ネット事故連絡サービス | 損害サービス(事故対応)
三井住友海上 0120-258-189 事故のご連絡
ソニー損保 0120-715-155 お問合せ(電話番号一覧・メール)
あいおいニッセイ 0120-101-101 事故のご連絡
全労済 0120-131-459 火災・自然災害などの住宅被害によるご請求
県民共済 加入先の共済組合 お問い合わせ一覧
JA火災保険 加入先のJA お問い合わせ・ご相談

保険会社に連絡するときは、損害の状況などを事前に確認しておくとスムーズです。

確認されやすい項目

  • 契約者の名前・連絡した人との関係
  • 契約者の情報(住所・連絡先など)
  • 保険証券番号・組合番号など登録番号
  • 災害にあった日時(損傷した日時)
  • 損傷した場所
  • 損傷した原因
  • 災害にあったときの状況
  • 自宅や近隣の損傷の程度
  • 消防や警察への届け出の有無、担当官の名前
  • けが人の有無
  • 連絡先の保険の他に、どんな保険に入っているか
  • 今後の連絡先

必要書類

どの保険会社の商品でも、保険金請求をする際は、「保険金を請求する書類」「本人や保険の対象物件を確認できる書類」「被害状況や修理費用が分かる書類」の3種類の書類が必ず必要になります。

特に、被害にあった個所の写真は、保険金の額に大きく関わると言われていますので、できるだけ広範囲にわたって様々な角度から撮影するようにしましょう。

必要書類の種類 必要書類の例
保険金を請求するための書類 保険金請求書
本人確認書類 戸籍謄本・住民票・印鑑証明書の全て
修理費用がどのくらいになるかわかる書類 修理見積書(修理内容・部品材料の数量・単価等の詳細内訳が確認できるもの)
どのような被害にあったのかわかる書類 罹災した物件の写真・被害品明細書・入院通院申告書など
災害にあったことや、被害の程度を証明できる書類 罹災証明書・事故届書・事故状況説明書・メーカーや修理業者等からの原因調査報告書など
保険の対象であることが確認できる書類 建物登記簿謄本、登記事項等証明書など

具体的にどんな書類が必要になるのかは、保険会社や保険の商品・プランによって異なるので、連絡をしたときに確認しておくようにしましょう。

必要書類の一例

火災保険を申請する前に知っておきたい注意点

火災保険による住宅リフォームは、複雑な手続きや認知の低さから、毎年様々なトラブルが発生しています。
特に多いのは、火災保険の申請のタイミングで問題が起きるパターンです。

申請方法や、申請までの流れを把握しておけばトラブルに巻き込まれる可能性がぐっと減るので、前述の章をしっかり確認しておきましょう。

ここからは、よくあるトラブルと回避方法について紹介していきます。

火災保険の申請は自分で行う

火災保険の申請をリフォーム業者や保険請求代行業者などが保険金の申請を行うと、契約違反になるほか、最悪の場合は法律違反になることもあります。

契約違反になる可能性があるケース

  • 手数料を支払い請求の代行をしてもらう
  • オマケなどはなく、完全に無料で請求の代行をしてもらう

法律違反になる可能性があるケース

  • 外壁塗装と抱き合わせという条件付きで、手数料なしで請求の代行をしてもらう

保険会社の契約違反になると、翌年から保険料が値上げされたり、保険金がもらえなくなったりします。

法律違反や契約違反にならないためには、保険金の請求は基本的に契約者本人が行うようにしましょう。
被災による怪我や病気などで契約者本人が保険金の請求を行えない場合は、親族など交流の深い人が委任状を取って代行するのがおすすめです。

悪徳業者に注意する

「火災保険を申請すれば無料で外壁塗装ができる」という誘い文句で外壁塗装を勧めてくる業者は、悪徳業者の可能性があります。
火災保険をダシにした悪徳業者の手口に乗らないように注意しましょう。

悪徳業者の手口の一例

  • 火災保険を申請させ、承認が下りる前に工事を始めてしまう。たとえ保険金がおりなくても工事を進め、高額な工事費用を請求される
  • 実際には申請していないのに「火災保険を代理で申請した」と嘘をつき、保険金と修理費用をだまし取り、修理は行わない
  • 実際には被災していないのに、保険会社に「災害による被害にあった」と噓をつくように指示し、無理やり保険金を請求させて工事を行わせる

「火災保険の申請方法・流れ」でも上述しましたが、申請後に保険会社の承認がおりるまで、保険金がもらえるかどうかはわかりません。
承認が下りる前に工事を始めてしまうと、保険金がもらえなかった場合、全て自己負担で工事をしなければいけなくなってしまいます。
また、保険会社の調査が完了しないうちに工事を始めてしまった場合、「証拠隠滅をしようとした」とみられ、トラブルになる可能性もあります。
保険会社から承認がおりるまでは、絶対に業者への発注を行わない・工事をさせないようにしましょう。

また、保険会社に嘘の申告をすると、「詐欺罪」になってしまう可能性があります。
業者にそそのかされたとはいえ、自分でも嘘の申告をすると、違法行為に加担してしまうことになるので、絶対にやめましょう。

火災保険が適用できなかった場合は助成金・補助金を探してみる

火災保険は、経年劣化や見た目の改善などには適用されません。
しかし、「被災したわけではないけれど、安く外壁塗装を行いたい」という人も多いのではないでしょうか?

少しでも安く外壁塗装を行うためには、市区町村が実施している「助成金」「補助金」を申請するという方法もあります。
「省エネやエコに繋がるリフォーム」や、「バリアフリーに関するリフォーム」、「内装工事を伴うリフォーム」などは、助成金や補助金が適用できる可能性が高いです。
上記に当てはまらない場合でも、市区町村や助成金・補助金の種類によっては、適用できる可能性があります。
助成金・補助金については、「外壁塗装で助成金・補助金を受け取る方法は?条件と申請手順・注意点を解説」でも詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

まずは、自分の住んでいる市区町村でリフォームに関する助成金・補助金がないかどうか確認してみましょう。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト

まとめ

火災保険を請求して承認がおりれば、保険金で外壁塗装や屋根修理の費用をまかなうことができます。
しかし、火災保険が使えるのは、災害や予期せぬ事故などの場合のみで、経年劣化や雨漏りなどには適用されません。

火災保険が適用される条件

  • 火災・落雷・破裂・爆発
  • 風災・竜巻・雹(ひょう)災・雪災
  • 床上浸水・水漏れなど
  • 車の衝突・盗難・破壊行為など

火災保険が適用されない場合

  • 経年劣化
  • 雨漏り
  • 軽い擦り傷や見た目の悪化
  • 修理費用が自己負担額を下回る

もし、経年劣化や雨漏りなどで工事を検討している場合は、市区町村が出している助成金・補助金が使えるかどうか確認してみましょう。

火災保険を申請するときは、期限や申請内容に気を付けないと、トラブルになる可能性があります。

申請時の注意事項

  • 被災してから3年以内に申請する
  • 保険契約者本人もしくは家族が申請を行う
  • 請求する内容は嘘をつかない
  • 保険金を請求してから、承認がおりるまでは工事を発注しない

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。