外壁塗装

ガイナ塗料の価格はいくら?性能とメリット・デメリットをご紹介

ガイナ塗料の価格はいくら?性能とメリット・デメリットをご紹介

ガイナ塗料は性能が高く、メリットも多いことから人気の塗料の一つに数えられます。
外壁塗装を考える多くの方が検討するのではないでしょうか?

しかし、ガイナ塗料は性能が高い分、塗料そのものの値段が高額になってしまうことがあります。
また、ガイナは特殊な塗料ですので、正しい取り扱い方を知らない業者に塗装を依頼してしまうと、「すぐに剝げてしまった」という大問題を引き起こしてしまう可能性もあるのです。
住宅の塗装には大きな金額が必要ですので、様々なリスクを避けるためにも、事前に正しい知識を持っておきましょう。

このページではガイナ塗料の価格や性能について詳しくご紹介します。
外壁塗装で失敗しないために、ぜひ参考にしてください。

ガイナ塗料とは

ガイナ塗料とは何か説明

ガイナ塗料は断熱性能の高い「遮熱塗料」に分類される、日進産業のシリコン系塗料です。
「中空ビーズ」と呼ばれる素材が含まれていますので、塗装するだけで建物内へ熱を伝えにくくすることができます。

もともとガイナはロケットに使用されていたものですが、一般住宅でも使用できるものへと改良され、現在は機能性の高い外壁・屋根塗料として選ばれています。

ガイナ塗装を業者に依頼する場合の価格

ガイナ塗装を業者に依頼する場合の価格

ガイナ塗装を業者に依頼する場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。

ここからは、ガイナ塗装を業者に依頼する場合の価格について、詳しくご紹介します。

ガイナ塗装は1㎡あたり3,000~5,000円

ガイナ塗装を業者に依頼すると、1㎡当たり3,000~5,000円の費用がかかります。
ガイナ塗装が高いのは、「高い塗装技術が求められる」「塗料そのものが高い」ことが理由です。

一般的なアクリル系塗料での塗装を業者に依頼したとき、1㎡あたり1,000円代であることを踏まえると、「ガイナ塗装は高額」ということが分かりますね。

こだわりがなければ「吹き付け工法」がおススメ

ガイナ塗装をする際、特にこだわりがなければ「吹き付け工法」を選びましょう。
なぜなら、塗装の方法によっても価格が若干変わるからです。

ガイナ塗装は、主に「吹き付け工法」と「ローラー工法」を選ぶことが出来ますが、ローラーでの塗装のほうが高額になってしまいます。
吹き付けに比べて、ローラーは塗装の手間が多く、作業時間が長くなってしまうからです。

そのため、「吹き付け工法」を選ぶことでより低価格でガイナ塗装をすることが出来ます。

「外壁」「屋根」で費用が異なる

ガイナは、塗装する面積が同じであっても「外壁」より「屋根」の方が高額になります。

屋根塗装は高所での作業となりますので、その分作業費が高くなってしまうからです。

イナでの「外壁」「屋根」の具体的な価格については、業者ごとに違いがありますので、問い合わせて確認してみてください。

塗装を依頼した場合の価格の内訳

塗装を依頼した場合の価格には、下記の3つの項目が含まれています。

  • 作業費
  • 足場代
  • 塗料代

作業費は、現場での塗装作業のほか、外壁の洗浄や養生作業などにかかるものです。

また、足場代は、ガイナで塗装する場所が「建物の高い場所」であるときに必要で、足場の規模が大きくなれば料金も高額になります。

当然のことですが、塗装で使用する「ガイナ塗料」も必須で、必要量に応じて価格が変わってきます。

ガイナ塗料のメリット・デメリット

ガイナ塗料のメリット・デメリット

ガイナ塗料には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

ここからは、ガイナ塗料の「メリット」と「デメリット」について、詳しくご紹介します。

ガイナ塗料のメリット

ガイナ塗料のメリットは、主に下記の8つです。

  • 遮熱効果が高い
  • 断熱性能が高い
  • 防音効果が高い
  • 消臭効果がある
  • 防露効果がある
  • 耐久性が高い
  • 耐火性が高い
  • 安全性が高い

ガイナ塗料は「遮熱効果」「断熱性能」「防音効果」「消臭効果」「防露効果」など、快適に暮らすために魅力的なメリットが揃っていますね。

そのうえ、ガイナ塗料は耐久性が高いので長持ちしますし、耐火性がありますので、万が一の火災時には被害を最小限に抑えられるとされています。

また、ガイナ塗料は、化学成分による健康被害のリスクが低いことも確認されています。

ガイナ塗料のデメリット

ガイナ塗料にはデメリットもあります。
具体的な内容は、下記の通りです。

  • カラーバリエーションが少ない
  • 汚れが目立ちやすい
  • ツヤを出しにくい
  • カビの発生を防ぎにくい

ガイナ塗料は性質上、原色などの濃い色が作れず「淡色」が基本となります。
ガイナ塗料は、カラーバリエーションを求める方には不向きといえるでしょう。

また、ガイナ塗料はツヤを出しにくいうえに、中空ビーズの凸凹により汚れが目立ちやすいといった「美観」の問題があります。

他にも、「カビの発生を防ぎにくい」という難点もありますので、注意してください。

ガイナ塗料の評判

ガイナ塗料の評判

ガイナ塗料は、実際に施工した方の評判を見てみると、全体的に高めです。
特に、ガイナ塗料の「断熱性」「遮音性」に関する良い評判が目立ちます。

しかし、ガイナ塗料の特徴である「耐久性」については、期待できなかったといった声もありました。
「塗装が剥げた」「下地が錆びる」など、ガイナ塗料の耐久性に対して否定的な意見があります。

ガイナ塗料の評判について細かく見ていくと、賛否両論のところもありますが、全体的には一般的な塗料と比べると高評価です。

ですが、ガイナ塗料の取り扱いに関する研修を受けた塗装業者であれば、ガイナ塗料を使うメリット・デメリットをしっかりと説明し、正しく施工してくれるので大きな問題は起きないでしょう。

まとめ

今回はガイナ塗料についてご紹介しました。

ガイナは機能性の高さで評価される塗料ですが、一方でデメリットもありますので、慎重に検討する必要があります。

また、価格についても正しく理解しておかないと、悪質な業者に高額な料金を請求される場合がありますので、見積もりをもらい、内訳をしっかり確認する必要があります。

外壁や屋根の塗装を考えている方は、高性能の「ガイナ塗料」も視野に入れて、使用塗料を検討してみてはいかがでしょうか。

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。