外壁塗装

外壁のチョーキングとは?原因や対処方法、補修の費用相場などを解説

外壁のチョーキングとは?原因や対処方法、補修の費用相場などを解説

「ここ数年、なんだか外壁の塗装が白っぽく変色しているけどなんだろう?」その現象は塗料の劣化によって起きる「チョーキング」という現象かもしれません。
チョーキングとは紫外線や雨風の劣化により、塗膜内の顔料が粉となって出てきてしまう現象のことです。
チョーキングは塗装が劣化し、壁が危険な状態にあるというサインなので、見つけたらすぐに対処しましょう。

今回はチョーキングとはどういった症状か、その原因、発生時期、チョーキングの確認方法、対処方法や費用、放置するとおこる問題などを説明します。
ぜひ最後まで確認して、適切な対処を行いましょう。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
外壁塗装のご相談はこちらから
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

サイディング外壁の耐用年数

チョーキングの写真

「チョーキング」とは、塗料の中の顔料が劣化し、表面にチョークのような粉になって出現してくる現象のことです。
サイディング、モルタルなどの外壁が古くなってくると現れ「白亜化現象」とも呼ばれます。
名前のとおり、手で触った際に付着する白い粉がチョークの粉に似ていることが由来です。
チョーキングはとくに白や淡い色の塗料を塗った外壁で起こりやすい劣化症状ですが、濃い色の外壁でも起こります。

チョーキングは塗料の防水機能が落ち、耐用年数が近づいていることを知らせる大事なサインです。
チョーキングに気づいたら、早めに塗り替えなどのメンテナンスを検討しましょう。

チョーキングの原因

チョーキングが起こる原因は大きく分けて劣化と施工不良に分けられます。

チョーキングの原因

  • 雨や紫外線による劣化
  • 環境に合っていない塗料を使用した(施工不良)
  • 塗装作業の際に手順を誤った(施工不良)
  • 高圧洗浄を怠った(施工不良)
  • 下地処理が不十分だった(施工不良)
  • 乾燥時間が不足していた(施工不良)
  • 塗料がしっかり混ざっていなかった(施工不良)

劣化と施工不良がチョーキングの主な理由で、さらに施工不良にはいくつかの項目に分けられます。
一つずつ詳しく見ていきましょう。

1.雨や紫外線による劣化

チョーキングが起こる原因のほとんどは太陽からの紫外線や雨風による劣化です。
もともと塗料に含まれる顔料は粉状の物質で、それにウレタンやシリコンなどの合成樹脂や添加物、水、シンナーなどが合わさり塗料ができあがります。

しかし、太陽光や雨風といった外部環境にさらされていると、外壁中の顔料が徐々に分解され「白色顔料(酸化チタン)」が粉化して外壁の表面に出てきてしまいます。
そのため、白色顔料の多い、白や淡い色の塗料を塗った外壁で起こりやすいのです。

では、濃い色の外壁なら大丈夫なのでしょうか? 残念ながら、濃い色の塗料の中にも白色顔料が含まれている可能性が高く、チョーキングが起らないとはいえません。
ただし、チョーキングが起こるスピードは白や淡い色よりも濃い色の方が遅い傾向があるといえます。
ちなみに透明な「クリア塗料」は顔料が使われていないため、チョーキングは起こりません。

2.施工不良

残念ながら、業者の施工不良によりチョーキングが起こることもあります。
具体的には以下が挙げられます。

環境に合っていない塗料を使用した

塗装業者は塗料に関しての正しい知識があり、施工場所に適した塗料を扱うプロです。
適切な分量や拡販作業、下地処理や乾燥など手順を守りおこなえば、基本的には塗料に設定されている年数は持ちます。
しかし、手順ややり方を守らないと、後々チョーキング現象が起こる可能性が上がります。

塗装作業の際に手順を誤った

塗装作業の際に手順を誤ると、チョーキングの原因になりかねません。
一般的な塗装工程は以下の流れで行われます。

  • 足場設置と養生
  • 高圧洗浄
  • 下地補修
  • 下塗り
  • 上塗り
  • 付帯部の塗装
  • 点検と足場解体

どれほど優れた塗料を使用しても、この適切な手順を踏まないと塗料が耐用年数まで持たなくなり後々チョーキング現象が起こる原因になります。

高圧洗浄を怠った

外壁の汚れを強い水圧で洗い流す「高圧洗浄」は外壁塗装でも重要な工程のひとつですが、これを怠ることもチョーキングの原因となります。
長年紫外線や雨風にさらされた外壁の塗膜は劣化し、粘着力がなくなっています。
そのような塗膜の上から塗装をすると、新しく塗った塗料も一緒に剥がれてきてしまいます。

高圧洗浄にはカビやコケ、藻、汚れなどを一気に落とす目的もあります。
これらの高圧洗浄を怠ると、せっかく新しい塗料を塗っても耐久性が低く、チョーキングが起こりやすくなる原因となります。

下地処理が不十分だった

下地処理が不十分であるとチョーキングの原因となります。
下地処理がしっかり行えてないとせっかく高品質の塗料を塗ってもすぐ剥がれてしまったり、塗料の持つ性能が発揮されず劣化が早くなるからです。

下地処理とは、上塗り塗料がしっかり壁へ付着するように壁の劣化部分を修復し、平滑に整えることをいいます。
下地処理の良し悪しが、塗装業者の良し悪しといわれるくらい、重要な工程です。

乾燥時間が不足していた

なかには乾燥時間を守らず、少し乾かしただけで次の作業に移る業者もいます。
せっかく外壁をきれいにするために塗装をしても、乾燥時間を守らないと塗料の性能が発揮されず、チョーキングなどの不具合が起こります。

外壁塗装では乾燥時間が重要です。 乾燥時間とは、下塗り、中塗り、上塗り、それぞれの工程の間の塗装を乾かす時間のことをいいます。
使う塗料によって適した乾燥時間が設定されていますが、天候や気温によって前後し、目安としては指の腹でこすっても塗膜にしわやめくれが出ない状態です。

わかりやすく説明するなら、ボンドやアロンアルフアなどの接着剤と同じと思ってください。接着剤もすぐに固まるわけではなく、完全に固まるには時間を置く必要があるはずです。
塗料も接着剤と同じで、定められた乾燥時間を置かないと、しっかり外壁に付着しないのです。

塗料がしっかり混ざっていなかった

塗料がしっかり混ざっていないと、チョーキングの原因になります。
開けたばかりの塗料は顔料が沈殿しており、そのまま塗り始めると仕上がりにムラができるためです。
悪質な業者の中にはこの混ぜる作業を適当に済ませてしまう業者もいるようです。
その場合、しっかり混ぜて塗ったときよりもチョーキングが起こりやすい外壁になってしまいます。

素人では施工不良を見分けることは難しいのが現実です。
チョーキングの発生時期を確認して、あまりに塗装から早い場合は業者に相談しましょう。

チョーキングの発生時期

チョーキングは大体塗料の耐用年数の1~2年前に発生するといわれています。
具体的には以下の表を参考にしてみてください。

塗料ごとの耐用年数とチョーキング発生の目安
塗料 耐用年数 チョーキング発生時期の目安
フッ素樹脂塗料 15~20年 13~19年
ラジカル制御型塗料 12~16年 10~15年
シリコン樹脂塗料 10~15年 8~14年
ウレタン樹脂塗料 7~10年 5~9年
アクリル樹脂塗料 5~7年 3~6年

一般的なシリコン樹脂塗料では8~14年が目安です。
なお、ラジカル制御塗料は酸素、紫外線、水による劣化を防ぐことができ、より長い耐用年数とチョーキング現象が発生しにくいといわれています。

チョーキングの確認方法

チョーキングが起こっているかどうか、目で見てわかる場合と、適切な確認方法をおこなわないとわからない場合があります。
確認方法は以下の2つです。

  • 外壁を触って粉がつくか確認する
  • 水をかけたときに色が変わるか確認する

簡単なので、定期的に確認しましょう。

外壁を触って粉がつくか確認する

チョーキングの確認方法

チョーキングが疑われるときはまず外壁を触ってみるといいでしょう。
触ってみて、手に白い粉がつくようならチョーキングの可能性があります。
また、白くなくても外壁の色に似た色の粉末が付着していたらチョーキングの可能性が高いです。
素手で確認しにくい場合には、黒い手袋をはめて確認すると分かりやすいのでおすすめです。

水をかけたときに色が変わるか確認する

コップに水を入れ、壁に水をかける方法もあります。
水をかけた部分の色が変わった場合、チョーキングが発生している恐れがあります。
これは外壁に水が染み込むことによって色が変化しており、チョーキングの程度が重いほど色が大きく変化します。

チョーキングが起こりやすい場所

外壁でも、特に紫外線が当たりやすい場所にチョーキングは起こりやすいです。

  • 南側の日当たりがいい場所
  • 西日が当たる外壁
  • 2階や3階
  • ベランダや屋上

これらの場所はよく確認しておきましょう。
また、塩害の起こりやすい海沿いの外壁なども劣化ペースが早くチョーキングの可能性は高まります。

チョーキングを放置すると起こる問題

チョーキングを「ただ色が変わったり粉がふいたりするだけなのでは?」などと軽く考える方もいるかもしれません。
しかし、チョーキングを甘く見て放置すると、以下のような現象が起こります。

  • 雨漏りの危険
  • 壁の倒壊

危険な状態になる前に早めに対処するのが肝心です。
それぞれ説明していきます。

雨漏りの危険

チョーキングが発生すると塗料の外壁保護機能が弱まり、ひび割れが起こります。
これにより雨風の影響を受けやすい状態になります。
その結果、雨漏りへと繋がってしまう可能性があります。
外壁の塗膜がはがれ雨水を吸収すると、家の構造物へもダメージを与えてしまうので注意が必要です。

壁の倒壊

塗装には見た目をきれいにするだけでなく、外壁を劣化から守る役割があります。
チョーキングを放置して壁にひび割れが起こると、最悪の場合、壁が倒壊することもあります。
取り返しのつかない状況になる前に、塗装などの細かいメンテナンスを欠かさずおこないましょう。

チョーキングの対処方法と費用相場

チョーキングに対処するには塗装の塗り替え工事を行う必要があります。
一部だけチョーキングが起こることは稀なので、塗り替えるなら外壁を全て塗り替えることになるでしょう。
費用相場は大体30坪の戸建て住宅で総額70~100万円程度です。
ただし住宅の構造、使う塗料、業者によって価格は変わります。

外壁塗装の費用については、下記の記事を参考にしてください。
【2021年版】外壁塗装の費用相場!坪別の適正価格や内訳を事例つきで紹介

チョーキングを予防する方法

事前にいくつかの対策を取っておくことで、チョーキングを予防したり発生を遅らせることができます。

チョーキングの予防方法

  • 耐用年数が長い塗料を使う
  • クリア塗装をする
  • 信頼できる塗装業者を選ぶ

予防の対策をすることで安全に暮らせるので、見落とさずチェックしておきましょう。

1.耐用年数が長い塗料を使う

酸素、紫外線、水による劣化を防ぐラジカル制御塗料なら、長い耐用年数が期待できます。
同じ価格帯のシリコン塗料では耐用年数が10~15年のところ、ラジカル制御塗料なら12~16年と、費用対効果が高いことがわかります。
このように長い年数耐えられる塗料を選んでおくと、チョーキングが起こりにくくなります。

2.クリア塗装をする

クリア塗装はその名の通り、無色透明な仕上げ材を使用して塗装することです。
クリア塗装に使われる塗料にはチョーキングの原因になる顔料が含まれていないため、チョーキングを防止することができます。

クリア塗料には一般塗料と同じようにアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの種類があります。
クリア塗料は透明なため、外壁の素材、木目や色柄を活かし、外壁デザインを活かしたまま塗装ができると人気です。
また、保護やツヤ出し、手触りをよくするなどの目的でも使われます。

ただし、以下の外壁にはクリア塗装ができないので注意が必要です。

  • 光触媒
  • 無機
  • フッ素などでコーティングされている外壁

また、すでにチョーキングが起きている外壁にクリア塗装をすると塗装後に白ボケすることもあるのでおすすめできません。

チョーキングが起こっている壁にどうしてもクリア塗装をおこないたい場合は、一度色をつける塗装をおこなった上から、クリア塗装をおこなう方法があります。
しかし、その場合は使う塗料の量も、作業工程も増えるため、コストオーバーになる危険性もあります。
塗装業者と相談のうえ、判断するのがおすすめです。

3.信頼できる塗装業者を選ぶ

いくら良い塗料を使っても、塗装手順が正しくなかったり乾かす時間を間違えたりといった施工不良がある場合、チョーキングが起きてしまう原因になります。
きちんと施工手順を丁寧に説明してくれて、塗料に関する正確な知識を持った塗装業者を選ぶようにしましょう。

外壁塗装の業者選びについては「外壁塗装業者の選び方を徹底解説!費用相場と最適なリフォーム時期も紹介」を参考にしてください。

まとめ

それでは、チョーキングについておさらいしましょう。

  • チョーキングとは塗料の中の顔料が表面に粉になって出てくる現象のこと
  • チョーキングの原因は雨や紫外線による劣化、業者による施工不良など
  • チョーキングの発生時期は大体塗料の耐用年数の1~2年前
  • チョーキングの確認方法は「外壁を触って粉がつくか」「水をかけたときに色が変わるか」
  • 外壁でも特に紫外線が当たりやすい場所で起こりやすい
  • チョーキングを放置しておくと雨漏りや壁の倒壊の危険性があるため、早めの対処が肝心
  • チョーキングの対処方法は塗装の塗り替え工事
  • 塗り替え工事の相場は大体30坪で総額70~100万円程度
  • チョーキングを予防するには耐用年数が長い塗料を使ったり、クリア塗装をしたり、信頼できる塗装業者を選ぶと良い

チョーキング現象は、塗料の防水機能が落ち、壁の劣化によるさらなる危険を予知する大事なサインです。
チョーキング放置し、劣化がさらに進んでしまうと外壁塗装では対処できず、壁材を全て取り換えなければいけなくなります。
そうなると結果的に手間と時間、そして多額の費用が必要です。
チョーキングを見つけたら信頼できる業者を見つけて早めに対処しましょう。

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとに、外壁塗装や工事などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な外壁・塗装方法に対応しており、サイディングやモルタル壁に適した補修を行います。 塗装を行うことで、劣化を防ぐだけでなく、防水や耐震の効果もあります。 さらに本サイトでは、外壁塗装の種類や方法などの知識から、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。