外壁塗装

外壁のコーキング費用はいくら?料金相場と補修する際の注意点を解説

外壁のコーキング費用はいくら?料金相場と補修する際の注意点を解説

外壁のコーキングを検討するにあたって、一番気になるのはその費用ではないでしょうか。
業者に依頼をする前に、あらかじめ正しい料金相場について理解しておかないと、悪徳業者に高額な請求をされても気づくことができません。
また、外壁を補修する際の注意点についても把握しておかないと、「不適切な施工」「手抜き作業」などによるトラブルが生じてしまうリスクもあります。

そこでこのページでは、外壁のコーキング費用の相場と補修する際の注意点についてご説明します。
外壁のコーキング補修で失敗しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

外壁コーキング(シーリング)の補修の方法

外壁コーキング(シーリング)の補修の方法

外壁コーキングの補修方法には「打ち替え」「増し打ち」の2種類がありますが、特別な理由がない限りは「打ち替え」がおすすめです。

まずは、それぞれの方法について詳しく解説します。

打ち替え

外壁コーキングの補修方法として、おすすめなのが「打ち替え」です。

打ち替えの具体的な作業内容は、既存のコーキング材を取り外して、新しく外壁コーキングを打ちます。
外壁コーキングを全て新しくしますので、建物の耐久性を高めることにつながりますし、作業後のコーキングの耐用年数は10年前後と長くなります。

また、外壁コーキングは、打ち替えたほうが隙間なくしっかりとコーキング材を取り付けることができますので、防水性もアップします。

増し打ち

外壁コーキングの補修方法として、もう一つ挙げられるのが「増し打ち」です。

増し打ちは、既存のコーキングの上に、新しいコーキングを打つという補修方法です。
施工方法が簡単ですので、費用自体は打ち替えよりも安いというメリットがあります。
しかし、増し打ちは打ち替えと比べると劣化が早く、耐用年数は4年前後となっています。

外壁のコーキング費用相場

外壁のコーキング費用相場

外壁のコーキングを補修する場合は、「打ち替え」と「増し打ち」で下記の費用が発生します。

外壁コーキングの補修方法 費用相場(1mあたり)
打ち替え 1,000円
増し打ち 700円

外壁のコーキング補修の費用について、以下から詳しく解説します。

打ち替えは1,000円前後/ⅿ

外壁のコーキング補修で「打ち替え」を選ぶ場合、費用相場は1mあたりで1,000円前後となります。

打ち替え費用は、増し打ちの費用と比べると高いのが難点ですが、その分「長持ちする」というメリットがありますので、こまめに外壁のコーキングを補修する必要はありません。

そのため、外壁コーキングの費用を長い目で見てみると、打ち替えのほうがコストパフォーマンスは高いといえます。

増し打ちは700円前後/ⅿ

外壁のコーキング補修で「増し打ち」を希望する場合、費用相場は1mあたり700円前後です。

打ち替えの費用と比較すると、増し打ちの費用のほうが安価で検討しやすいのではないでしょうか。
しかし、増し打ちの場合は、すでに劣化しているコーキングの上から新しいコーキングを打ちますので、剥がれやすく劣化しやすいのが難点です。

増し打ちの場合は、こまめに外壁コーキングを補修しなければなりませんので、コストパフォーマンスは低めです。
増し打ちの費用自体は安価ですが、補修の頻度によっては損をしてしまうかもしれません。

諸費用も発生する

外壁のコーキング補修には、「諸費用」も発生します。
例えば、「コーキングの撤去費用(打ち替えの場合)」や、「足場代」などがかかります。

それぞれの費用については、下記を参考にしてみてください。

消費用の項目 費用
既存コーキングの撤去費用 1万~3万円
足場代 15万~20万円

コーキングの補修方法が打ち替えの場合は、既存のコーキングを取り除く作業が必要となりますので、「既存コーキングの撤去費用」が発生します。

また、コーキングの補修場所が高所の場合は、足場の設置が必須ですので、足場代として15万~20万円の支払いが必要です。

外壁コーキングをリフォームすべき劣化のサイン

外壁コーキングをリフォームすべき劣化のサイン

外壁コーキングをリフォームすべき劣化のサインは下記の3つです。

  • ひびわれ
  • 剥離
  • 肉やせ

もし、上記の劣化サインに心当たりがある場合は、早急に外壁コーキングを補修しなければなりません。

ここからは、それぞれの劣化サインについて詳しく解説します。

ひびわれ

外壁コーキングにひび割れが発生している場合は、柔軟性が低下していることが考えられます。

外壁コーキングのひび割れを放置してしまうと、「亀裂」「破断」といった状態に陥り、建物に負担をかけることになってしまいます。

外壁コーキングにひび割れが発生したら、寿命が近いというサインなので早めに対処してください。

剥離

外壁のコーキングが劣化すると、次第に外壁とコーキングの間に隙間ができ、剥離してしまいます。
外壁のコーキングが剥離した状態を放置すると、コーキングが剥離した部分から雨水が侵入してしまい「建物の中が腐食する」「雨漏りする」など、建物に様々な悪影響を及ぼします。

外壁のコーキングは剥離する前の対処が重要ですが、もしコーキングが剥離してしまったら、速やかに補修を行いましょう。

肉やせ

上述した、外壁コーキングの「剥離」の前段階として「肉やせ」といった症状があります。

外壁コーキングの肉やせとは、コーキングが劣化によって細くなることです。
外壁コーキングの肉やせが進んでしまうと、「剥離」といった事態に陥り、建物に負担をかけてしまいます。

外壁コーキングの「肉やせ」を発見した場合は、剥離する前に対処するためにも、すぐに業者に補修を相談しましょう。

外壁コーキングを行うときの注意点

外壁コーキングを行うときの注意点

外壁コーキングの補修を行うとき、いくつか注意点があります。
今回、把握しておくべき注意点は、下記の通りです。

  • コーキング補修のDIYは危険
  • 信頼できる業者に依頼する
  • 寿命が長持ちする打ち替えがおすすめ
  • 雨の日の工事には注意する

はじめに、外壁コーキングの補修をDIYで行おうか…と検討する方もいるかもしれませんが、大変危険ですのでおすすめできません。
外壁コーキングの補修は高所での作業となるため、うっかり足を滑らせてはしごから落下してしまうなど、命の危険性があります。
外壁コーキングの補修をDIYで行うのは絶対にやめましょう。

また、外壁コーキングを業者に依頼する際は、「信頼できる専門会社」に作業を依頼してください。
外壁コーキングの補修を行う業者の中には、手抜き作業やぼったくりをするような悪質な業者もあるからです。
「見積もり時に費用の内訳を説明してくれる」「交通費の金額が明確」「施工方法や作業内容を丁寧に説明してくれる」など、費用面や施工について十分な説明がある業者を選んでください。

なお、外壁のコーキング補修を行う場合は、打ち増しよりも「打ち替え」のほうがおすすめです。
打ち替えの場合、既存のコーキングを取り除いて新しくするので、コーキングが長持ちするからです。

他にも、「工事当日の天気」にも注意が必要です。
なぜなら、雨が降ると外壁コーキングの補修を行うことができないからです。
工事当日が悪天候になってしまった場合は、再度スケジュールを調整する必要があります。

まとめ

今回は外壁コーキングの補修方法や費用相場、劣化のサイン、業者に依頼する際の注意点などについて解説しました。

外壁コーキングが劣化したら、すぐに最適な対処を行わないと、建物に負担をかけてしまいます。
最悪の場合、建物の寿命を短くしてしまうかもしれません。

また、外壁コーキング補修の費用相場や注意点について把握しておかないと、業者による詐欺被害に遭うといったリスクもあります。

外壁コーキングの劣化が気になっている方は、このページを参考にしながら、早めに業者に相談してください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。