トイレ掃除

トイレの水垢を掃除するには?効果的な方法と汚れ予防について

トイレの水垢を掃除している女性

毎日使用するトイレは、汚れやすい場所です。
掃除をしても「なかなか汚れが落ちない…」と、頭を抱えていらっしゃいませんか。

特に、水垢は「付きやすくて、落ちにくい」という厄介な汚れです。
水垢があるだけで、トイレが汚く見えてしまうので、しっかりと落としておくことが大切です。

そこで、今回はトイレの水垢の効果的な掃除方法と、汚れの予防法についてご紹介します。
トイレの水垢汚れに悩まされている方は、ぜひチェックしておいてください。

トイレに水垢や黄ばみができる理由

トイレに水垢や黄ばみができる理由

そもそも、なぜトイレには水垢や黄ばみができてしまうのでしょうか。
まずは、以下の原因についてご紹介します。

  • 1 トイレの水垢ができる原因
  • 2 トイレの黄ばみ・黒ずみの原因

それぞれの原因について把握しましょう。

トイレに水垢ができる原因

トイレに水垢ができる原因は、「水道水」です。

トイレで使用する水道水には、ミネラル分が含まれています。
水は蒸発すると消えてなくなるものの、ミネラル分はその場に付着したまま消えることがありません。
ミネラル分がどんどん溜まっていくことで、水垢特有の白いモヤのような汚れが目立つようになるのです。

水気が多いトイレは、水垢が発生しやすい場所といえるでしょう。

トイレが黄ばむ原因

トイレの不快な汚れである黄ばみの原因は「尿石」です。

人間の尿には、「カルシウム」が含まれています。
カルシウムが結晶化することで、黄ばみの原因となってしまうのです。

トイレに黒ずみができる原因

黒ずみの原因は「カビ」です。

黒ずみの原因であるカビは、水気の多く、雑菌が多いトイレに発生しやすいのが特徴。
カビは、便器の中だけではなく、タンクの中にも発生しやすいので、トイレを掃除するときは、タンク内も確認することをおすすめします。

トイレの水垢掃除で必要な道具

トイレの水垢掃除で必要な道具

トイレの水垢掃除で必要なものは、以下の通りです。

  • 酸性洗剤
  • トイレブラシ
  • ゴム手袋

トイレを効果的に掃除するために、それぞれの道具について詳しくご紹介します。

酸性洗剤を使ってトイレの水垢を落とす

トイレの水垢掃除をするにあたって、必要なのが「酸性洗剤」です。

水垢は「アルカリ性」の汚れですので、酸性の洗剤を使用することで落としやすくなります。
また、成分が「酸性」であれば、必ずしも洗剤を用意する必要はありません。
例えば、「お酢」「クエン酸」などでも代用できます。

頑固な水垢を効果的に掃除するためにも、「酸性」の洗剤や食品を活用しましょう。

トイレブラシでトイレの水垢を落とす

トイレ掃除には「トイレブラシ」も必要です。

トイレ掃除は、洗剤を使用するだけではなく「磨く」ことも大切です。
特に、水垢は頑固な汚れになっている場合も多く、洗剤を吹きかけた程度では落ちないことが少なくありません。

トイレブラシと酸性の洗剤を活用することで、より水垢は落としやすくなります。

水垢を掃除するする際はゴム手袋も準備

トイレを掃除する際は「ゴム手袋」を着用しましょう。

トイレは排泄する場所ですので、様々な雑菌が潜んでいます。
素手でトイレ掃除をすると、雑菌が手に付着してしまい、不衛生です。
仮に便器を触らなくても、トイレブラシで磨いている最中に雑菌が舞うことがあります。

また、洗剤が手に付着することによる、皮膚トラブルの予防にもなります。
衛生と安全のために、ゴム手袋の着用は忘れないようにしましょう。

トイレの水垢を掃除する方法

トイレの水垢を掃除する方法

トイレの水垢を掃除する方法は、以下の通りです。

  1. 便器の中の水を抜く
  2. 酸性洗剤を便器の全体にかける
  3. トイレブラシで磨く
  4. 落ちにくい場合は30分程度放置
  5. 水を流す

上記の工程について、一つずつ詳しく解説します。

便器の中の水を抜く

トイレ掃除を始めるときは、まず便器の中の水を抜いてください。
便器に水が入っている状態では、掃除がしにくいだけではなく、便器を磨くときに水が跳ねることがあります。

トイレの水を抜くときは、「灯油を移し替えるときに使うポンプ」がおすすめです。
吸い込み側をトイレに入れて、放出する方をバケツに入れます。
灯油を移し替えるときと同様に、ポンプを押したり引いたりすることで、トイレの水をバケツに移動させることができます。

水が入ったままだと、水垢を効果的に落とせなくなってしまうので、まずは便器の中の水を抜き、空っぽの状態にしましょう。

酸性洗剤を便器の全体にかける

酸性の洗剤を便器の全体にかけてください。

水垢が付着しているところだけにかける方もいらっしゃいますが、目には見えない「水垢予備軍」も便器に付着しています。
目に見えている水垢の汚れだけを落とすのではなく、便器全体を掃除するイメージで酸性洗剤をかけてください。

トイレブラシで磨く

便器全体に酸性洗剤をかけたら、トイレブラシで磨いていきます。
目に見えている水垢汚れはもちろんのこと、汚れが確認できない部分も同様にしっかりと磨きましょう。

特に「便器のふち」は磨き残しやすいので、まんべんなく磨くことを意識してトイレを掃除しましょう。

落ちにくい場合は30分程度放置

落ちにくい場合は30分程度放置しましょう。
水垢の状態によっては、トイレブラシで磨いただけではなかなか落ちないことがあります。
特に、水垢が小石のような塊になっている場合は、落とすことが難しいものです。

酸性の洗剤が便器にかかっている状態で時間を置いてから、再度トイレブラシで磨くと、塊になっている水垢が落としやすくなります。
なかなか水垢が落ちなかった場合は、30分ほど置き、トイレブラシで磨いてみてください。

最後に水を流す

トイレの水垢が十分に落ちたら、水を流します。

もし、水を流した後に水垢が残っているようであれば、目に見える汚れを再度トイレブラシで磨くか、上記の工程を繰り返してみてください。
すでに、上記の工程で水垢汚れが落としやすい状態になっているので、比較的簡単に水垢を取り除けるはずです。

水を流した後に再度磨いた場合は、最後にもう一度水を流せば、トイレ掃除は完了です。

トイレの水垢掃除でおすすめの洗剤

トイレの水垢掃除でおすすめの洗剤

トイレの水垢掃除でおすすめの洗剤は次の3つです。

  • サンポール
  • トイレのルック
  • 茂木和哉 水垢洗剤

それぞれの洗剤について、詳しく解説します。

サンポール

トイレ掃除の定番洗剤でもある「サンポール」はトイレ掃除におすすめです。

サンポールは、強力な酸性洗剤ですので、頑固な水垢も効果的に落としやすくしてくれます。
そのうえ、値段もリーズナブルで入手しやすい洗剤です。

ホームセンターやドラッグストアなどで購入できるので、トイレ掃除を思い立ったときに購入し、使用することができます。
しかし、サンポールは金属を痛めてしまう可能性があるので、金属部分には使用しないでください。

金鳥 サンポール
金鳥 サンポール
サンポールは、酸のちからとマイナスイオンの相乗効果で便器のがんこな黄ばみを化学分解して落とすトイレ用洗剤です。便器のふちの裏まで液がかけやすいスミズミノズルを搭載
Amazonで商品を購入する

トイレのルック

トイレのルックはサンポール同様に酸性の洗剤ですので、トイレ掃除に適しています。

トロっとした粘度の高さが特徴で水垢部分にとどまりやすく、頑固な水垢も落としやすくしてくれます。
また、トイレのフチの裏まで届きやすいよう、ノズル部分が長くなっているのも魅力です。

さらに、「消臭効果」「除菌力」なども高いので、トイレの臭いが気になる方にもおすすめです。

LION トイレのルック
LION トイレのルック
高粘度のトロ~リ濃い液が"ふちウラの奥"まで届き、尿石汚れにしっかり密着して洗浄する、強力タイプのトイレ用洗剤です。爽やかなフレッシュハーブの香りで、お掃除しながらトイレに潜んだイヤな臭いまでスッキリ消臭できます。
Amazonで商品を購入する

茂木和哉 水垢洗剤

「茂木和哉・水垢洗剤」は水垢の汚れに特化した水垢用洗剤です。

水垢掃除に効果的な酸と、研磨剤が含まれている洗剤で、頑固な汚れもスムーズに落としやすくしてくれます。
さらに、茂木和哉 水垢洗剤は、界面活性剤不使用で人体にやさしいのが特徴です。
素手でも扱える安全な原料のみを使用している洗剤なので、うっかり皮膚に付着させてしまった場合も、荒れてしまう心配がありません。

効率良く、そして安全にトイレ掃除をしたい方におすすめの洗剤です。

きれい研究所 茂木和哉の水アカ洗剤
きれい研究所 茂木和哉の水アカ洗剤
「茂木和哉」は秋田の温泉施設の超頑固な水垢を落とすために開発された強力な水垢洗剤です。水垢以外にもサビや焦げなども洗浄できます。
Amazonで商品を購入する

トイレの水垢汚れを予防するには

トイレの水垢汚れを予防するには

トイレの水垢に悩まされないためには、トイレの水垢を予防することが大切。
効果的な予防法として、以下の2つがおすすめです。

  • 汚れが溜まる前にこまめに掃除する
  • 置き型洗浄剤を設置する

それぞれの詳細について見ていきましょう。

汚れが溜まる前にこまめに掃除する

トイレの水垢を予防するには、汚れが溜まる前に掃除することが大切です。

トイレは水気が多く、毎日使用する場所ですので、水垢が付着しやすいといえます。
水垢が溜まる前に、こまめな掃除を実施することで、常にトイレを綺麗な状態に維持できるでしょう。

置き型洗浄剤を設置する

水垢予防には「置き型洗浄剤」の設置もおすすめです。

最近は「置き型洗浄剤」として、タンクの蓋の上に置いておくだけで、水垢を始めとした様々な汚れを予防できるグッズがあります。
水垢を予防できる置き型洗浄剤も販売されているので、ホームセンターやドラッグストアでチェックしてみてください。

まとめ

今回の記事では、トイレの水垢の掃除方法についてご紹介しました。

トイレの水垢は厄介な汚れの一つです。
水垢は、落としにくいうえに、付きやすい汚れですので、頭を悩ませている方が少なくありません。
しかし、効果的なトイレの掃除方法を把握しておくことで、スムーズに水垢を除去できます。

トイレの水垢が気になっているあなたは、さっそく必要な道具を揃えて、水垢掃除を実施してみてはいかがでしょうか。

また、トイレの汚れがひどい場合は専門業者にクリーニングを依頼することもおすすめです。
トイレの状況に合わせて、適した方法を選択してください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。