トイレ掃除

トイレクリーニングの料金相場は?費用とサービス範囲について

あなたは、「トイレクリーニングの料金っていくらぐらいなの?」といった疑問を抱えていらっしゃいませんか?

トイレの汚れがひどい場合は、自分で綺麗に掃除するのは難しいものです。
また、汚れがひどすぎて自分で掃除する気になれない、という方もいるでしょう。

そんなときに便利なのが、専門業者による「トイレクリーニング」です。
しかし、費用相場や具体的なサービス範囲が分からないと、依頼をすることに不安を感じてしまいますよね。

そこで、今回はトイレクリーニングの料金相場や、料金内のサービス範囲などについてご紹介します。

トイレクリーニングの料金相場

トイレクリーニングの料金相場

専門業者が実施しているトイレクリーニングの料金相場は、1万円程度です。

以下に、大手3社の料金表を記載しているので、参考にしてみてください。

トイレクリーニング料金比較表
作業料金(税込み) オプション
ダスキン8,640円汚れ防止コート:3,240円
ロータンク除菌:3,240円
おそうじ本舗7,500~11,500円特急便:3,000円
カジタク12,960円換気扇クリーニング:3,000円

ダスキンとカジタクは、固定の料金が明記されています。
一方、おそうじ本舗は7,500円から11,500円と幅があり、見積もりが必要です。
カジタクは、料金が高く見えますが、トイレだけでなく洗面所の掃除も含んでいます。

トイレクリーニングのサービス範囲

トイレクリーニングのサービス範囲

トイレクリーニングのサービス範囲について、ここからは以下の3つのポイントを解説します。

  • 一般的なサービス範囲
  • オプションやセット扱いの範囲
  • 業者によって具体的なサービス範囲は異なる

それぞれの詳細について見ていきましょう。

トイレクリーニングの一般的なサービス範囲

トイレクリーニングでの一般的なサービスは、以下の範囲が対象です。

  • 天井
  • 便器
  • 窓(内側)
  • 収納棚
  • 水洗タンク(表面)
  • 温水洗浄便座ノズル
  • 備品

トイレを使用する際に汚れが気になりやすい場所は、一般的なサービスの範囲内となっていることが多いことが分かります。
また、棚やトイレポットといった備品も、クリーニング対応範囲内となっていることが多いので、自分で掃除する必要がありません。

トイレクリーニングのオプションやセット扱いの範囲

トイレクリーニングは、クリーニングする場所によって「オプション」「セット扱い」になることがあります。
トイレクリーニングで、オプションやセット扱いになりやすいのが以下の場所です。

  • 換気扇
  • 水洗タンクの内部
  • 防カビコート
  • お急ぎ便

換気扇や水洗タンクといった場所は、クリーニングの手間や時間がかかるので、一般的なサービスに含まれていないことがあります。
換気扇や水洗タンクの汚れも気になる場合は、別途オプションを追加してクリーニングを依頼する必要があるでしょう。

また、汚れを防止するための「防カビコート」も、オプションで実施してくれることがあります。
オプション料金の相場は以下の通りです。

トイレクリーニングのオプション料金相場
オプション内容 料金相場(税抜き)
換気扇3,000円
水洗トイレタンクの内部3,000円
防カビコート3,000円
お急ぎ便3,000円

トイレクリーニングのオプションは、基本的に3,000円程度です。
トイレの状態や、使用環境などと照らし合わせながら、オプションの追加を検討してください。

業者によって具体的なサービス範囲は異なる

一般的なサービス範囲に関しては、業者によって異なります。

実際、大手業者の数社のサービス内容を見てみると、A社は換気扇のクリーニングもサービスの範囲内になっている一方で、B社の場合は、換気扇のクリーニングがオプションに設定されていました。
他にも「防カビコート」「トイレの備品」などが、オプションである場合と、一般的なサービス範囲内になっている場合があります。

業者を選ぶ際には、希望する業者の一般的なサービスの範囲をチェックしておきましょう。

トイレクリーニングの料金を安くする方法

トイレクリーニングの料金を安くする方法

トイレクリーニング単体であれば、それほど料金は高くありません。
しかし、少しでも料金を押さえたい方は、以下の方法で料金を抑えることができます。

  • キャンペーンを狙う
  • トイレと別の箇所を同時に依頼する
  • 比較サイトを使う
  • 家事代行サービスを利用する

それぞれについて詳しく説明していきます。

トイレクリーニングのキャンペーンを狙う

トイレクリーニング業者が実施しているキャンペーン内容によっては、1,000~2,000円安くなることがあります。

現在、トイレクリーニングをしてくれる業者は多いですが、積極的にキャンペーンを実施している業者も少なくありません。
キャンペーンを実施している期間に、トイレクリーニングを依頼すれば、相場よりも安価に料金を抑えられるでしょう。

また、中には不定期のキャンペーンではなく、割引プランを実施している業者もあります。
「複数個所のクリーニングで合計金額から10%割引」といったプランを用意している業者もあるのです。

仮に、キャンペーンが実施されていなかったり、キャンペーン期間が過ぎてしまったりする場合は、割引プランがないかチェックしてみることをおすすめします。

トイレと別の個所を同時に依頼する

別の箇所を同時に依頼するのも、トイレクリーニングを安く依頼するコツです。

トイレクリーニングを実施している業者の中には、トイレ以外の場所とセットで依頼することで、1箇所あたりの料金を値引きしてくれるところもあります。
例えば、「トイレ+お風呂」「トイレ+キッチン」など、複数の箇所を同時に依頼することで、一つずつ依頼するよりも安い料金でクリーニングを依頼できるのです。

他にも気になる場所があれば、これを機にトイレと一緒に、クリーニングを実施しておくことをおすすめします。

トイレクリーニングをWeb上で比較する

トイレクリーニング業者が一覧で比較できるサイトを利用することで、料金を抑えることができます。
ファインドプロなどのサイトでは、料金が一覧で表示されているため、一番安い業者を見つけることが可能です。

ファインドプロ」は、地域密着の業者が多く、融通が利きやすいのも特徴。
審査に通過した優良企業しか掲載されていないため安心です。
ぜひ、家の近くの業者に安く依頼することも検討してみてください。

家事代行サービスでトイレクリーニングを依頼する

家事代行サービスとして、トイレ掃除をお願いすることで料金を抑えることができます。
家事代行サービスとは、お掃除や片付け、洗濯など、時間単位で日常の家事を代行するサービスです。

1時間当たり、3,000円から依頼できるところもあります。
しかし、作業者は一般的な主婦の方も多く、頑固な汚れの場合、対応しきれないこともあるので注意が必要です。
トイレ以外にも掃除したい箇所がある人は、ぜひ依頼してみてください。

トイレクリーニングを依頼する頻度

トイレクリーニングを依頼する頻度

トイレクリーニングを依頼する頻度は、以下の期間を目安にしてください。

  • 自分で一切掃除しない場合は、月に一回
  • 定期的に掃除する場合は、半年に一回
  • こまめに掃除している場合は、年に一回

使用環境などによって、トイレクリーニングの目安は変動します。
例えば、家族が多い場合は、その分トイレの使用頻度も増えて、汚れが溜まりやすくなります。
この場合は、半年に1回というようにトイレクリーニングの頻度を増やす必要があるでしょう。

また、洗剤などを使って、日頃から自分でトイレのお手入れをしている場合は、汚れが付きにくいので、1年半に1回、2年に1回といった頻度でも問題はないでしょう。

とはいえ、目に見えない部分や、タンクの中など、自分では掃除できない箇所もあります。
年に一回ほど、業者に依頼して完璧なクリーニングをするのもおすすめです。

まとめ

トイレクリーニングの料金は、1万円が相場です。
決して安価な料金ではありませんが、プロの品質でクリーニングしてもらえるので、ぜひ検討してほしいサービスといえます。

また、キャンペーンや割引プランなどによって、相場よりも安く依頼できる場合もあるので、「1万円はちょっと高い…」と感じる方でも、気軽に利用できるかもしれません。

今回の記事を参考にしながら、予算を立てて、トイレクリーニングを検討してみてはいかがでしょうか。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。