シロアリ駆除

シロアリ駆除・予防の保証について知っておくべきポイント

シロアリ駆除工事の保証は確認しよう

ご自宅をお持ちの方にとって、シロアリは厄介な存在です。
シロアリの食害から家屋を守るために、日常的な確認だけでなく、定期的に予防や駆除を検討する必要があります。

シロアリをきちんと防除するには業者選びが大切ですが、施工の内容や保証期間をきちんと把握することも大切です。
詳細を把握していれば、万が一シロアリが再発生しても、予算や手間をかけることなくアフターサービスで対応できるからです。

今回は、シロアリ駆除工事の保証のポイントについて見ていきます。
シロアリから確実に家屋を守るために、しっかりと保証内容を確認しておきましょう。

シロアリ駆除・予防の保証内容

一般的に、シロアリ駆除を専門業者に依頼すると、シロアリの再発に対して無料で対応してくれる保証がついています。
シロアリは建物の広い範囲に被害をもたらすので、すべてのシロアリを一度に駆除しつくすことは専門の業者であっても難しいからです。
建物をすべて解体して薬剤散布すれば完璧なのですが、なかなかそうはいきません。
このように、シロアリが再発してしまう可能性をなくすことができない代わりに、保証サービスを設けている業者が多いのです。

では、シロアリ駆除の保証はどのように適用されるのか見ていきましょう。

シロアリ駆除工事の保証期間は5年

画像alt

一般的なシロアリ駆除の保証は、駆除工事から5年以内に施工箇所にシロアリが再発生した場合、無料で対応する形。
5年間というのは、シロアリ駆除に使用する薬剤の効力が保たれる期間が5年であるからです。

かつては、駆除効果の高い薬剤が使われていたので、保証期間の多くは10年でした。
しかし、健康面への配慮から、穏やかな薬剤に切り替わっていき、近年は5年間の効力を持つ薬剤が使われています。
つまり、一度のシロアリ駆除で効力が保証されるのは5年間ということになります。

防除工事の内容によっては、使用する薬剤が変わるため、さらに短いこともあります。
万が一に備えて、契約時にしっかり確認しておきましょう。

この5年の保証期間の間、シロアリが発生していないか、施工後の問題はないか、チェックするための定期点検がセットになっている場合も多いです。
この定期点検の頻度は、業者によって異なります。
1年~2年毎が一般的です。

シロアリ駆除業者ごとに異なる保証内容

シロアリ駆除後の保証内容は、業者ごとに異なります。
違いが出るのは、再処理にかかる費用や、点検の頻度です。

以下に3社の実例をまとめてみました。
この3社はいずれも、シロアリ駆除の実績が30万件以上の有名企業です。

会社 保証内容
A社5年保証:期間内であれば無償で再処理を実施
無料定期点検:年一回の定期点検が無料
B社5年保証:期間内であれば無償で再処理を実施
無料定期点検:年一回の定期点検が無料
修復補償:一定額まで修繕費を会社が負担。
C社被害保証:シロアリ被害に対して、300万円までの保証
5年保証:期間内であれば無償で再処理を実施
定期点検:2年後、5年後に定期点検を実施

年1回の無料調査が付くなど、保証内容は業者によって様々でした。
多くは定期点検や修繕を無料で行う保証サービスに対応しています。

また、業者によっては、自社工法で住宅を新築されたお客様に向けて、竣工後10年以内のシロアリ発生被害を保証する業者もあります。
例えば、『城東テクノ株式会社 しろあり保証1000』がその保証です。

白蟻駆除業者によって、保証サービスは異なるので、業者が実際にどのような保証対応をするのか詳細を尋ねておきましょう。

シロアリ駆除の保証が適用されない場合

シロアリ駆除の保証の適用には、一定の基準があります。

駆除施工後の対応次第では、保証が適用されないこともあるので、家主は注意が必要です。
そうならないためにも、以下の点に気をつけてください。

シロアリ駆除の保証の対象外となってしまう行為

無断で住宅の増改築を行う

業者に連絡せずに自宅の増改築を行うと、防除の施工状態が曖昧になったり、施工した状態自体がなくなったりします。
こうなると、保証の適用は難しいです。
トラブルが多く見られるケースなので、自宅の増改築の際は、必ず防除業者にも連絡をしましょう。

自己判断で追加の薬剤散布をする

駆除業者が保証するのは、あくまで自社による施工です。
施工後に自分で薬剤を購入して撒いたり、他の業者に依頼してさらに薬を撒いてもらったりすると、保証が適用されないので要注意です。

住宅の欠陥を放置してシロアリを再発させる

家屋内の水漏れをそのままにして、シロアリの再発生を招いた場合などです。
被害の状態が重いと、アフターケアの対象とならないこともあります。

保証付きのシロアリ駆除を依頼する前に確認すべきポイント

保証付きのシロアリの駆除作業を行う際は、依頼をする前に以下の点に注意しましょう。

保証付きのシロアリ駆除を依頼する前に確認すべきポイント

駆除工事の料金に保証が含まれているか

駆除費用の見積額がかなりの安値である場合、保証費用が含まれていない可能性があります。
安さだけで依頼して、いざ保証が必要となった際、対応ができないと言われてしまったら困ってしまいますよね。
見積額を提示されたら、その中に保証費用が含まれているか確認しましょう。

豊富な施工実績があるか

施工実績は、その業者が多くのお客様に支持されているかを判断する目安になります。
長きにわたって施工を請け負っている業者は、施工内容や保証が評判となり、依頼を受ける場合が多いからです。
依頼を検討する際は、シロアリ駆除の施工実績も確認してみましょう。

関係団体に属している業者であるか

トラブルを避けるため、社会的に信用があるシロアリ駆除業者を選びましょう。
以下の点に該当する業者は社会的信用が高いといえます。

  • 協会加盟や有資格の業者
  • ハウスメーカーや工務店が紹介する業者

上記の点に該当する業者は、団体の基準に即しているため顧客対応が徹底しています。
施工や保証の内容が明確で、疑問にもきちんと答えてくれるので安心です。

協会や資格について、詳しくは下記の2記事を参考にしてみてください。
シロアリの協会って何?「日本しろあり対策協会」の概要と活動内容
シロアリ駆除に資格ってあるの?

また、ハウスメーカーや工務店は、施工の質の高さを持するため、周辺業者に対しても厳しい基準を設けています。
高い技術を持っているうえに保証もしっかり備わっています。

シロアリ駆除は5年おきに行いましょう

シロアリ駆除は、5年おきに行いましょう。
これまで見てきたように、シロアリ駆除の保証期間は5年です。
5年間で薬剤の効果も保証も切れてしまうため、再びシロアリが発生するリスクが高まります。

実際に、(公社)日本しろあり対策協会のホームページに以下の記述があります。

薬剤の有効期限は5年です。
5年を過ぎたからといってすぐに被害が出るわけではありませんが、シロアリを確実に防ぐには再施工をお勧めします。

引用:(公社)日本しろあり対策協会

より効力の弱い薬剤を使った場合、自分で駆除をした場合は5年より短くなります。
これらの場合を含めた、詳しい情報は「シロアリ駆除や予防は何年おきにするべき?具体的な年数と判断ポイント」の記事を参考にしてみてください。

まとめ

シロアリ防除工事の保証期間は、基本的に5年であることがわかりました。
ですので、5年おきにはシロアリ駆除を再実施する必要があります。

業者選びや工事も大切ですが、施工後の保証内容を確認することも重要です。
無料でシロアリの再発に対応してもらえたら、余計な出費をせずに済みますね。
防除を行う際は、しっかりした保証(アフターサービス)が付いた業者を選びたいものです。

ファインドプロでは、高い防除技術と充実したアフターケアを提供するシロアリ駆除業者をご紹介します。 防除施工をご検討の際はお気軽にご相談ください。

シロアリ駆除にかかる費用と業者を比較

ファインドプロでは、シロアリ駆除・防除の料金を比較できるサービスを提供しています。
Web上から、地域に寄り添った白蟻駆除業者に依頼できるのが特徴です。
施工料金も記載しているので、安心して依頼することができます。
シロアリ駆除の業者選びに迷ったら、「料金」「サービス内容」を参考にしてください。

エリアからシロアリ駆除業者を探す

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。シロアリ駆除や防除などの対策にかかる費用を一覧で比較することができます。シロアリの駆除は被害範囲や発生場所、作業を請け負う業者ごとに、かかる費用が異なる場合があります。そのため、調査や駆除を依頼する前に、シロアリ駆除業者ごとの料金やサービス内容・口コミの比較が必要です。また、シロアリの防除は、白蟻の予防だけでなく、その他の害虫駆除にも効果があります。予防施工や適切な処理を行うことで、家屋などの建物の木材や基礎部分、床下への害虫全般の侵入を防ぐことができます。さらに本サイトでは、シロアリを自分で駆除する方法や、防除や予防にかかる費用の相場、薬剤を使用した害虫被害への対策手段も紹介しています。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。