シロアリ駆除

シロアリ駆除の10年保証とアフターサービス

シロアリ駆除の保証とアフターサービスについて説明している男性の画像

シロアリ業者のアフターケアにある保証では、5年や10年の保証があることが多い傾向です。
保証をしてくれるのであれば、できるだけ長いほうがいいと思いますよね。

これらの保証年月の違いにはどのようなものがあるのでしょうか。
今回は、シロアリ業者の保証やアフターケアについてご紹介します。

定期的な検査が発生防止につながる

シロアリ駆除というのは、1度行ったらもう2度とシロアリが発生しない、ということはありません。
丁寧に薬剤散布をしてシロアリを排除したとしても、これまで見つかっていなかったシロアリの巣が発見されることもあります。
駆除をしたところと別の場所に巣があると、薬剤が効いておらず、シロアリが生き残っていることがあるのです。

また、予防用の薬剤散布の効果は、年数とともにどんどん弱まっていきます。
効果が弱まったところに、新たな羽アリが飛んできてしまうと、再び巣を作られる恐れがあるのです。

そのような、シロアリ対策のシロアリ被害を防ぐためにも、定期的な検査を行う必要があります。
多くのシロアリ業者では、施工後のアフターケアサービスを展開しています。

定期的に見てもらうことで、新たなシロアリ被害の早期発見や、事前の予防をすることができるでしょう。
シロアリ被害に泣かないためにも、しっかりと定期検査をしてもらうことが重要です。

白蟻の調査は自分でも行うことができるので、方法が気になる方は以下の記事も参考にしてみてください。
我が家にシロアリがいるかも… 少しでも気になったら調査してみよう!

シロアリ業者のアフターケア内容

シロアリ業者のアフターサポート

シロアリ駆除のために業者を選定する際には、駆除後のアフターフォローの充実度も考慮して選ぶようにしましょう。
シロアリ業者のアフターケアの内容としては、主に年に1回の定期点検と5年以内にシロアリが発生した場合の保証があります。

年に1回の定期点検とは、床下に担当者が入ってもらい、施工後の状況を調査してもらうことができます。

「駆除効果が適切に現れているのか」「前回にはなかった巣ができていないか」の点検を行います。
万が一シロアリ被害が見つかった場合は、すぐに対処してもらうことができるので、シロアリ被害を最小限に抑えられるでしょう。
施工後5年以内のシロアリ被害であれば、追加の駆除費用なしで、しっかりとシロアリを駆除してもらえます。

また、シロアリ業者の中では、白蟻保険などをお得に加入できるサービスも行っていることがあります。
万が一の被害の場合に、工事や修繕費用を保険適用することができるでしょう。

5年保証と10年保証の違いとは?

最近では5年保証ではなく10年保証をうたっている業者を見かけることがあります。
かつては、10年保証を行っている業者が多かったのですが、今では数が減ってしまいました。

なぜなら、駆除に使える薬剤に制限が出たからです。
もともと、シロアリ業者の保証年数というのは、薬剤の効果が保証される期間であることが多い傾向です。

以前は、10年効果を持続させることができる薬剤を使用することができました。
しかし、人体や環境にも悪影響を及ぼす可能性のある劇薬であったことから、現在では使用が禁止されています。

そのため、シロアリ駆除の10年保証は徐々に減っていき、現在の主流は5年保証となっているのです。
もし、今から依頼しようとしている業者で10年保証をうたっている場合、それはあくまでも各業者の独自サービスとなります。

10年保証であることがわかった場合は、しっかりとした保証であるのか?何か問題がないかどうかをしっかりと確認する必要があるでしょう。

ミサワホームは独自の技術を使用して10年保証を可能にしています。
10年保証ができる理由については以下の記事を参考にしてみてください。
ミサワホームのシロアリ駆除にかかる費用はいくら?独自の保証と対策法

安い業者は保証がないこともあるので注意

安い業者に注意を促す女性

シロアリ駆除をしてもらうための業者を選定するときのポイントとして、駆除費用が安いかどうかを気にしてしまう方も多いでしょう。
たしかに、シロアリ駆除のために必要な費用は決して安いものではありません。
できるだけ安い業者に依頼したいという気持ちになりますよね。

ただ、ある程度の相場は決まっているもので、同じ内容の駆除作業であれば、どの業者も基本的に極端に大きな違いはありません。
そのため、あまりに相場よりも安い見積もりを提示してきている業者は注意が必要です。
すぐに飛びつくのではなく、見積もりやサービス、そしてアフターケアの内容をしっかりと確認するようにしましょう。

相場よりも安いということは、何かしらの理由が存在すると思った方が良いです。
サービスの品質が悪いというだけではなく、アフターケアがまったく行われないケースもあるでしょう。

場合によっては、多少費用を多く支払ったとしても、しっかり施工をしてくれて、アフターケアも十分な業者にしたほうが、結果として安くなることがあります。

シロアリ業者の選び方は、「シロアリ駆除業者の選び方と業者を見るポイント」にも記載があります。

保証が無効にならないために気を付ける点

5年間や10年間のシロアリ保証というのは、場合によっては無効となるケースがあるので気を付けましょう。
無効となるケースとしては以下があります。

  • 無断で増築や改築を行った場合
  • 部分的な作業をお願いした場合
  • アメリカカンザイシロアリによる被害の場合

シロアリ業者が施工を行った後に、増築や改築などを行った場合は、シロアリ業者にその部分の予防施工を依頼する必要があります。
これをしないと、建物全体の保証自体がなくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

なお、追加で予防施工を行った場合のその部分の保証期間については、当初の保証期間に準ずることが多いです。
また、万が一保証期間内にシロアリ被害を発見した場合は、必ず依頼した業者に相談をするようにしましょう。
連絡をせずに勝手に修復をしてしまった場合は、利用規約違反になる可能性があります。

効果が切れてきたからと、自身で薬剤の塗布などした場合でも、保証の対象外になる恐れがあります。
シロアリ被害を発見した場合は、そのままの状態にして、まずは保証してくれる業者に相談をするようにしましょう。

また、費用の関係で部分的な作業しか依頼しなかった場合も保証対象外となります。
薬剤を散布していない、他の場所に発生することも多いので、最初から家全体に施工するようにしましょう。

あまり見られないケースではありますが、別のシロアリが再発生した場合は対象外になることもあります。
日本に生息するシロアリは3種類いますが、その中でアメリカカンザイシロアリは生態が異なるため、保証外としている業者もあるのです。

シロアリ駆除や予防の保証については、以下の記事にも記載があります。
合わせて参考にしてみてください。
シロアリ駆除・予防の保証について知っておくべきポイント

まとめ

新築でのシロアリ予防施工であっても、施工後にシロアリが発生する可能性が、ゼロではありません。
定期的に点検をすることで、早期発見や予防をすることができるのです。

多くのシロアリ業者では、施工後の5年保証や1年に1回の定期点検などのアフターケアを行ってくれます。
保証期間内であれば、追加費用なしでシロアリ駆除をしてもらうことができるでしょう。

ぜひ、シロアリ駆除を考えている場合は、アフターケアの内容を含めて検討してみてはいかがでしょうか。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。