シロアリ駆除

シロアリ駆除で詐欺に遭わない!悪徳業者の見分け方

シロアリ駆除で詐欺に遭わないか相談している写真

シロアリ駆除を行いたいときに気になるのが悪徳業者の存在です。
誰しも詐欺には遭いたくないので、優良なシロアリ駆除会社の見つけ方がわかると安心ですね。

一度、悪徳業者に遭うと、契約をキャンセルするのは一苦労です。
数日でシロアリ被害は劇的に変化することはありません。
焦らずじっくりと業者を選ぶように気をつけましょう。

今回は悪徳業者の特徴や詐欺にあわないようにするためのポイントをはじめ、シロアリ被害のセルフチェック方法、万一詐欺にあった場合の対処方法について紹介します。

悪徳シロアリ駆除業者の特徴

シロアリ駆除で詐欺に遭わないよう、悪質なシロアリ業者の手口を知っておきましょう。
特徴や手口の一例としては以下の4つが挙げられます。

  • 突然の営業訪問
  • 見積もりと異なる高額請求
  • 不必要な工事の追加
  • 関連商品の購入を打診

詳しく説明していきます。

営業マンが突然やってきて床下点検をすすめてくる

突然の営業訪問があった際は注意しましょう。
床下に入るのは難しく手間のかかることです。
見積もり訪問を頼んだわけでもなく、突然の訪問で行ってくれることは基本的にありません。

特に床下は自分で見られないところのため、シロアリがいたと偽ってくるケースもあります。
頼んでもいないのに駆除業者が来た時には注意しましょう。

見積もりと異なる高額な費用を請求する

見積もり時に説明があった作業内容と差異がないか注意してください。
悪質だと、シロアリ駆除に使用する薬剤が不適切なものだったり、散布量が少なかったりすることがあります。

また、見積もり書を渡さず、実際に作業が終わってから異なる金額を請求される被害も出ています。
追加で作業が発生した、などと余分に料金を取られる場合もあるので気をつけてください。

不必要な工事をすすめてくる

シロアリ駆除に関係のない工事や作業を勧めてくる場合があります。

シロアリの発生予防に「床下換気システムが必要」「腐食した柱のリフォームのついでに耐震補強も必要」など、芋づる式に不必要な工事を紹介してきます。
被害状況によっては本当に必要な場合もあるので、まずは詳しく追加工事をする理由と根拠を聞いてみてください。
それでも不安な場合は別のシロアリ駆除業者にも相談してみることをお勧めします。

定期点検と銘打って関連商品を買わせようとする

シロアリ駆除の作業時には問題なくとも、その後に悪徳商売をしてくる場合があります。

定期点検として、追加工事や商品の購入を打診してくる場合は注意が必要です。
優良な業者だと、5年保証がついているため、基本的に追加費用が発生することはありません。

業者を選ぶ際に保証内容も確認するようにしましょう。

シロアリ駆除の詐欺に遭わない5か条

シロアリ詐欺に遭わないように、しっかりとした業者を選びましょう。
以下に詐欺に遭わないために気を付けるポイントを挙げています。

余裕を持って業者を探す
今決めてもらえば安いといった即決型の営業をする業者は注意が必要です。焦らずに検討しましょう。
社団法人日本しろあり対策協会の会員になっている業者を選ぶ
日本しろあり対策協会とは、木造建築物のシロアリ被害などを防ぐことを目的とした団体です。優良業者しか参画できないため、依頼する会社がこの会員になっているかを確かめましょう。
工事が必要な理由をしっかり説明してくれる業者を選ぶ
信頼できる業者であれば、シロアリの種類や使用する薬剤、自社の特徴や得意とする施工など豊富な知識があります。不明な点を質問してどのくらい丁寧に説明してくれるのかを一つの参考にしましょう。
見積もりを複数取って相場を知る
数社から見積もりを取れば、「自分の家がいくらぐらいでシロアリ駆除ができるか」がみえてきます。なぜこの価格になるのか確認してみても良いでしょう。
施工後の保証期間・内容を確認する
一般的には5年間の保証が施工に含まれることが多いです。保証期間だけでなく、内容にまでしっかり目を通しておきましょう。

詐欺に騙される前にシロアリ被害をセルフチェック

シロアリのセルフチェックでは、「家の湿度が高くないか」「柱が崩れていそうなところはないか」「シロアリのいる痕跡がないか」などに注目しましょう。
簡単な14個のチェック項目が以下に挙げています。

  • 新築から5年以上経っている
  • 湿地帯に家が建っている
  • 家の近くに池がある
  • 屋外にシロアリのエサになりそうな木材を放置している
  • 家を閉め切っていて風通しが悪いことが多い
  • 雨漏りや水漏れすることがある
  • 暖房機器を使っているとよく結露する
  • 生活していて部屋の湿気が気になる
  • 柱をたたくと中身が詰まっていないような音がする
  • 基礎や柱に蟻道がある(砂でできた筋のようにみえる)
  • 外壁や基礎にひび割れているところがある
  • 外から家を見ると屋根が波打ってみえる
  • 羽アリが飛んでいるのを見た
  • 近所の家がシロアリ被害にあった

このような状況が多いほど、シロアリ被害にあっている可能性が高いです。
気になる箇所があれば早めにシロアリ駆除業者に相談しましょう。

シロアリ駆除の詐欺に遭ってしまったら

シロアリ被害に遭ってクーリングオフを通知している

シロアリ駆除の詐欺にあったと感じた場合は、状況に合った方法で対応をしましょう。
自分だけで考え込まずにすぐに行動や相談するようにしてください。

駆除依頼をクーリングオフする

意外なことに、シロアリ駆除はクーリングオフの対象です。
「特定商取引に関する法律」が適用できるため、契約した消費者側からでも契約を白紙に戻せます。

クーリングオフの申し立てができるのは、契約書に書かれている日から数えて8日目までです。
施工前でも施工後でも構いません。
契約を撤回する旨の書類を準備して簡易郵便や内容証明郵便などで発送し、領収書などを保管しておきましょう。

詐欺被害を消費者センターに相談する

正式な書類に対して契約したにもかかわらず、クーリングオフに応じてもらえない場合があります。
その場合は、全国各地にある消費生活センターに問い合わせましょう。

連絡先がわからなければ、消費者ホットライン(局番なし188)でも構いません。

警察に被害届を出す

クーリングオフをもちかけたり消費者生活センターに相談したりしても解決しない場合は、警察に被害届を出すことも検討しましょう。

合意いない不当な作業内容であったり、契約解除を申し立てた後からいやがらせを受けていたりなど、詐欺や恐喝などにあたりそうであればすぐに連絡しましょう。
泣き寝入りせずに一度相談だけでもすることが大切です。

まとめ

シロアリを確実に駆除するにはプロに任せるのが一番です。
しかし、業者の中には、不当な高額請求をする悪徳業者もいます。

ろくに調査もせず早くしないと家が崩れるなどと不安をあおる説明は悪徳業者のやりくちです。
また、あまりにも高すぎる見積もりや安すぎる見積もりは警戒しましょう。

シロアリ駆除で詐欺に遭わないようにするには、業者選びが重要です。
見積もりを受け取った段階で、施工の内容や費用のうちわけ、保証期間や保証期間内の対応などの確認をするようにしましょう。
今回紹介したポイントを押さえて、焦らず納得できるシロアリ駆除業者を見つけてください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。