シロアリ駆除

リフォームとシロアリなどの床下の害虫駆除は同時に対策するのがおすすめ!

リフォームとシロアリなどの床下の害虫駆除は同時に対策するのがおすすめ!

リフォームを検討しているのであれば、同時にシロアリ対策をしてみてはいかがでしょうか。
新築時にシロアリ対策の薬剤散布をしていたとしても、それ以降何もしないで放置しているケースは非常に多いです。
場合によっては、すでにシロアリ被害が発生している恐れもあるでしょう。
しっかりと対策しないとシロアリが発生したり、再発したりするケースがあるようです。ここでは、リフォームの際のシロアリ対策について、詳しくご紹介します。

リフォーム時にシロアリ対策がおすすめ!

戸建住宅は、長く住んでいると劣化によってリフォームが必要となります。
リフォームをすることで、さらに長期間居住可能な状態に保つことができるでしょう。

できれば、この際に、シロアリ対策を専門の業者に依頼することがおすすめです。
リフォームを得意としている工務店や建築会社というのは、建物についてのプロではあるものの、シロアリについての知識を豊富に有してはいません。

もちろん、リフォーム時にシロアリを発見すれば、一定の対策は行ってくれます。
しかし、専門的な知識が不足していると、シロアリを駆除するために、大事な柱や床板などを不必要に傷つけてしまうなどリスクも存在します。
また、場合によっては、施工後にもシロアリが再発生してしまうことも。

専門家であるシロアリ業者に対応をしてもらうことで、適切にシロアリを駆除・予防をしてもらえます。
それによって、リフォーム後もシロアリの心配をすることなく、安心して暮らしていくことができるのです。

シロアリ駆除を不十分なままリフォームをすることで起こるトラブル

しっかりとシロアリ駆除をしていない状態でリフォームをしてしまうと、後々に以下のようなトラブルが引き起こされる恐れがあります。

シロアリ駆除が不十分なままだと起こりうるトラブル

リフォーム会社や建築会社はシロアリ駆除の専門がではないので、十分な対策をとることが難しいです。
そのため、リフォーム後にシロアリの発生が発覚し、シロアリ駆除費用や修繕費が必要になってしまうことがあります。
リフォームを始める前に、シロアリ駆除と予防の処理は済ませた状態にしておくことがおすすめです。

間違ったリフォームがシロアリを招いてしまう原因になることも

また、シロアリについて詳しくない施工会社が独断でリフォームしてしまうことで、逆にシロアリを呼び込んでしまう恐れがあります。
特に、床下や家の周り、浴室周辺や玄関周辺などの環境が変わる場合は気をつける必要があるでしょう。
環境が変わると、生態系は簡単に変化してしまいますので、場合によっては、シロアリの活動が活発となる可能性も。

例えば、天井高を出すために、床下の高さを低くするとします。
床下のスペースが十分にとられないことで、風通しの悪化、湿気がたまりやすい状態になることがあるでしょう。
これは木材が腐食しやすい環境を作り出すだけではなく、シロアリの生育しやすい環境になってしまうのです。

さらに、点検する空間が狭くなってしまうことにより、シロアリの発見が遅れてしまう恐れがあるので、注意をしましょう。
また、リフォームによって土と木材が接地してしまうことでシロアリが侵入しやすくなる可能性もあります。
シロアリを防ぐ場合には、しっかりと知識のある業者にも同時に入ってもらうことが必要です。

シロアリが寄りつかない家を作るリフォームのポイント

せっかくリフォームをするのであれば、シロアリが寄りついてこないような対策をとり入れることも重要です。
ここでは、主なポイントをいくつかご紹介します。

  • 屋根や天井裏などを点検できる状態にする
  • 増築する場合は、床下の点検口を作る
  • 浴室の床下も点検できるようにする
  • 柱が地面に接している場合は、基礎の上にあげる
  • 浴室だった場合は、基礎構造ごと見直しを行う

特に、床下の高さを低くすることは避けましょう。
場合によって、多少天井が低くなっても、床下を拡げる必要性があります。
シロアリが好む湿度の高い環境を作らないことに加え、点検ができる状態を作ることが重要です。
しかし、それが難しい場合は、せめて通気性の良い空間を確保するようにしましょう。

また、シロアリを防ぐために、コンクリートで囲ってしまおうと考える人もいますが、それもおすすめできません。
コンクリートで囲むと、確かにシロアリは入ってこれませんが、時間の経過とともに収縮や劣化によって侵入されることも少なくありません。
また、入り込んでしまうと、湿気が多くなりやすいので、逆にシロアリに適した環境になりかねないでしょう。

リフォーム後も5年に一度はシロアリの予防を

シロアリ対策を十分に行ったうえで、リフォームをすることにより、住宅の寿命はさらに長くなり、快適に過ごすことができるようになるでしょう。
しかし、それですべて安心できるわけではありません。

一般的に、シロアリ駆除剤の有効期間は、5年程度とされています。
5年以上経過してしまうと、散布した薬剤の効力がなくなってしまうため、再びシロアリ被害に悩まされる可能性があるでしょう。

そのようなことが起こらないように、定期的にシロアリ予防や点検を行うことが必要です。
また、一度予防対策をシロアリ業者に依頼すると、5年間の保証や点検をしてくれる業者も存在します。
予防工事をしたあとでも、定期的にプロの点検をしてもらうことで、より効果的なシロアリ対策ができるでしょう。

5年に一度のシロアリ駆除剤の散布をすることで、大切な住宅がシロアリに侵されてしまうリスクをかなり下げることができます。
信頼できるシロアリ業者を見つけて、定期的な対策をとってもらうことが重要です。

シロアリ予防については下記で詳しくまとめています。
気になる方は「シロアリ予防をしないと家はどうなる?予防の費用や対策法は」をご覧ください。

リフォームを検討中の方は、同時にシロアリ予防も依頼しましょう。

自宅をリフォームする際に、シロアリに対して十分な知識を有していないハウスメーカーや工務店がリフォームを行う際には注意が必要です。
場合によっては、リフォームした部分がシロアリに侵されたり、シロアリが生育しやすい環境になってしまうことがあります。

特に床下部分は、シロアリが侵入しやすい経路の一つなので、できるかぎりの対策が必要となります。
専門家であるシロアリ業者を交えたうえで、今回ご紹介した対策方法を検討していけば、シロアリの寄ってこない家をリフォームで作り出すことができるでしょう。
また、シロアリ対策は、5年に一度は再処理が必要なので、信頼のできるシロアリ業者とともに、定期的な対策を行っていくことをおすすめします。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。