シロアリ駆除

シロアリを駆除したのに再発!?実際に起こったケースと注意すべきこと

シロアリを駆除したのに再発してしまい驚いている様子

「シロアリ駆除をしたのにまた白蟻が出た」「駆除からまだ間もないのに再発している」ということはないのでしょうか。
シロアリ駆除後にも関わらず、短期間で再発してしまったというケースは実際に存在します。

そのため、「業者に依頼したからもう安心」と一息つくのはまだ早いといえるでしょう。
今回はシロアリ駆除後に再発してしまったケースと、再発リスクを下げるためにできることついて解説します。

シロアリ駆除後に再発するケースは存在する

冒頭でも触れた通り、シロアリ駆除後に再発するケースは実際に存在します。
早めに再発が判明すれば被害は少なく済みます。

しかし、再発に気が付くのが遅れてしまった場合、被害が深刻化し、リフォームや建て替えなどが必要になることもあるのです。
大切な家がシロアリに侵食されてしまうのは本当に悲しいもの。
だからこそ、専門業者に駆除を依頼したとしても油断してはいけません。

シロアリ駆除後に再発するとどうなるの?

万が一シロアリ駆除後に再発してしまった場合、具体的には以下の2つの問題が発生します。

  • 建物の侵食が進む
  • 再び駆除が必要になるため高額な費用がかかる

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

シロアリが再発して建物の侵食が進む

上記でも解説した通り、シロアリの再発は建物の侵食を進めてしまう行為といえます。
既に前回シロアリが発生した時点で少なからず建物は侵食しているはずです。

この時に補修などを行わなかった場合は、前回の被害規模からさらに大きくなっている可能性があります。
当然ですが、侵食が進めば建物の強度は下がり、台風や地震などによる倒壊リスクを高めることにもなるので要注意です

再発したシロアリ駆除に高額な費用がかかる

シロアリの発生が判明したら、その時点で白蟻駆除を検討しなければなりません。
シロアリ駆除は基本的に1回数万円~10万円以上の費用がかかることが一般的です。
一般家庭にとっては大きな出費となってしまうことでしょう。

「今月は金銭的に余裕がないから来月に依頼しよう」などと安易に考えていてはなりません。
どんどん侵食が進み取り返しのつかないことになってしまいます。
家計の事情は関係なく、シロアリ駆除費用が発生してしまうのは大きな問題といえるでしょう。

しかし、ほとんどのシロアリ駆除業者では、5年の保証制度があります。
5年以内の再発であれば無料で施工してもらえる可能性が高いです。
初めてシロアリ駆除を依頼する方は、この保証制度の有無を一度確認してから申し込む方が良いでしょう。

シロアリ駆除費用に関しては以下の記事を参考にしてみてください。
シロアリ駆除や修繕にかかる費用はいくら?|雑損控除として確定申告できる

シロアリが再発したときにかかる費用とは

シロアリが再発した場合、具体的にどのくらいの費用が必要かを紹介します。

保証制度があった場合の費用

先述したように、基本的に保証がついていれば再発時の駆除費用は無料です。
保証制度がついている業者の中でも、年に1度の無料点検をしてくれる業者もあります。

また、保証制度あり、施工費自体は無料でも、付随する修理費には料金が発生するケースもあります。
契約内容はよく確認するようにしましょう。

その他のシロアリの保証制度に関しては以下の記事を参考にしてみてください。
シロアリ駆除・予防の保証について知っておくべきポイント

保証制度がない場合の費用

保証が付いていない場合は、初めて駆除したときと同じ料金を支払うケースが多い傾向にあります。
相場は1坪5,000~8,000円のため、被害規模によっては高額な駆除費用を支払うことになってしまうのです。

また、保証制度がついていた場合でも、5年を過ぎてしまっていた際には保証適応外になります。
5年が経過する前に一度検査をしてもらうことも重要です。

シロアリ駆除後に再発してしまったケース

シロアリ駆除後に再発してしまった場合、どのような状況が待っているのでしょうか。
ここからは、実際に再発してしまったケースについてご紹介します。

シロアリ駆除わずか1年後の再発ケース

シロアリ駆除業者に依頼してから約1年後に再発してしまったケースです。
確実な駆除ができていてもシロアリが発生してしまう可能性は0ではありません。

駆除から1年で再発してしまうケースとしては「業者による手抜き作業」「作業箇所とは別の場所からのシロアリの侵入」が挙げられます。
信頼できる業者を選ぶことでこうした1年以内の再発リスクを抑えることが出来るでしょう。

シロアリ駆除から5年後に再発したケース

シロアリ駆除から5年後に再発した場合の原因は様々です。

上述したような「手抜き作業」「作業箇所以外からのシロアリの侵入」の他にも、「薬剤の効果切れ」「別のシロアリの新たな侵入」などが挙げられるでしょう。
駆除から5年経過するとシロアリが発生するリスクは高まります。
仮に駆除作業時にシロアリの予防施工を施していたとしても、新たにシロアリが侵入してしまうことがあるのです。

5年に一度はシロアリ検査を受けることで、再発防止にもつながります。

シロアリ駆除後に再発させないためには

シロアリ駆除や予防を何度も行うのは金銭的に大きな負担となりますし、時間や手間などもかかるものです。
そのため、シロアリ駆除はなるべく1回で済ませたいものでしょう。
シロアリ駆除後に再発させないためのポイントとしては大きく4つが挙げられます。

  1. 実績豊富な駆除業者への依頼
  2. 保証が充実した業者を選ぶ
  3. 自分で駆除しない
  4. 5年ごとに予防する

上記はシロアリの再発を防ぐうえで最低限チェックしておくべきポイントです。
それぞれのポイントの詳細について見ていきましょう。

シロアリ駆除の実績が多い業者に依頼する

まず、最初の業者選びの段階からシロアリの再発予防が始まっているといっても過言ではありません。
シロアリ駆除業者に駆除を依頼するのであれば、「実績」をよくチェックしておきましょう。

具体的には、駆除件数や今まで対応した建物種類、対応した被害規模といった情報です。
こうした実績情報は、シロアリ駆除業者のレベルを把握するために、きちんと確認しておく必要があります。

公開されている実績が多ければ多いほど、駆除業者の技術や駆除計画の正確性は高いといえるでしょう。
逆に実績がほとんど公開されていないような駆除業者の場合は、技術・知識共に期待できない可能性があります。

シロアリ駆除は保証が充実した業者を選ぶ

定期的に点検してくれるなど、保証が充実した業者を選ぶことも大切です。

シロアリ駆除業者の中には充実した保証サービスを提供している業者も存在します。
駆除後の再発では駆除費用が無料、5年間定期的に無料点検などの保証を設けている業者は、技術・知識に自信があると考えてよいでしょう。
万が一再発してしまっても金銭的な問題を回避しつつ早期発見にもつながります。

自分で白蟻駆除せずに業者に依頼する

最も注意しなければならないのが「自分で駆除はしない」ということです。
駆除業者に依頼すると金銭的な負担が大きいからと、自分で駆除する人もいらっしゃるでしょう。
しかし、素人の駆除は甘くなりがちで、駆除漏れしやすいのが現状です。

最近は効果の高い市販駆除剤も販売されています。
それでもプロによる駆除と比較したら、駆除の丁寧さや正確さには大きな差があります。
結局、後日業者に依頼することになったり、駆除したつもりになっている間に建物が侵食されていたりするケースも多いです。

シロアリ駆除業者の選び方については以下の記事を参考にしてみてください。
シロアリ駆除業者の選び方と業者を見るポイント

5年ごとにはシロアリ予防をする

どれだけ優秀な駆除業者に依頼しても、シロアリ駆除後一生涯シロアリが発生しないとは言い切れません。
業者に駆除作業と予防施工をしてもらっても5年程度で効果は切れてしまうのです。

そのため、5年を目安に定期的に予防施工を依頼したり、点検をお願いしたりすることが大切。
思わぬトラブルを避けるためにも、忘れがちではありますが5年ごとの予防を徹底しましょう。

まとめ

シロアリ駆除後にも関わらずシロアリが発生するととても慌ててしまうものです。
しかし、まずは冷静になって業者へ相談をしましょう。

「いつ気づいたのか」「どれくらいのシロアリを見かけたのか」などの情報を明確に伝えて、早めに業者に来てもらうのが良いです。
ぜひ、今回の記事を参考にしながら、シロアリの再発ケースを理解し、予防のヒントを得てください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。