シロアリ駆除

シロアリ駆除は人やペットの健康に影響がある?

シロアリ駆除がペットに影響を及ぼすのか

シロアリ被害というと、一般的に家をぼろぼろにされてしまうというイメージが強いのではないでしょうか?
しかし、実のところシロアリ被害は住宅だけではなく、人体や大切なペットにまで及ぶ恐れがあります。

シロアリ駆除剤が、シロアリ同様に人体やペットに悪い影響があるのかも気になるところです。
今回は、シロアリやシロアリ駆除剤が、ペットに及ぼす悪影響について、詳しく解説します。
シロアリから、家族同然である大切なペットを守るためにできることを知っておきましょう。

シロアリがいると人やペットの健康に影響がある

シロアリがペットの犬に影響を及ぼしている画像

「シロアリの被害にどのようなものがあるか?」と質問すると、ほとんどの方が住宅の木材を食べてしまうと答えるでしょう。
シロアリの被害にあってしまうと、修繕にかなりの費用が掛かってしまうだけではなく、資産としての家の価値も下がってしまう恐れがあるのです。

しかし、家をぼろぼろの状態にしてしまうことだけが、シロアリの被害だというわけではありません。
人やペットに悪影響をもたらす恐れがあります。

シロアリは、非常に危険な生物です。
どのような危険があるのかを理解したうえで、シロアリに対しての対策をする必要があります。
家族同然ともいえるペットを守るために、どのような被害が予測されるのかを確認していきましょう。

シロアリに人やペットが噛まれる危険性

シロアリが存在しているだけで、人体やペットに対して悪影響を及ぼすことはありません。
しかし、シロアリは非常に強靭な顎と歯をもっており、万が一肌などにシロアリがくっついた場合、噛まれる危険があります。

木材を噛み取るほどの強い歯ですので、噛みつかれるとかなり痛みを感じることでしょう。
幸い、シロアリの歯や唾液には、毒性がないので、万が一噛まれてしまっても大事に至ることはありません。
ただし、噛まれるとかなり痛いので、極力噛まれないように注意しましょう。

特に犬や猫などのペットの場合は、小さな虫であるシロアリに大きな関心をもつ傾向があります。
ペットがシロアリの巣穴に気付いて、近づいてしまうと集団のシロアリに襲われる危険性があるため、十分な注意が必要です。
噛まれてしまった場合は、ペットの体にシロアリが残っていないか、出血はしていないかの確認をしましょう。

シロアリによるカビ被害で人体やペットに悪影響が出る

シロアリによるカビ被害に遭う猫の画像

シロアリの恐ろしさは、木材を食べるだけにとどまりません。
住宅の基盤となるような大黒柱などはもちろんのこと、木材ではない壁と壁の間にある断熱材や、コンクリートなども穴をあけたり食べてしまったりすることがあります。

また、シロアリの巣というと、床下や壁の中、そして天井裏などで報告されることが多いです。
しかし、木製のタンスや本棚の中からシロアリの巣が見つかるケースも稀にあります。

こうしたどこにでも生息するシロアリが特に好む環境は、湿気の多い場所です。
湿気が多い場所のため、シロアリ被害に付随してカビ被害に遭うことがあります。
シロアリがさまざまな場所に穴をあけてしまうことで、カビの繁殖できる範囲がどんどん増えていくのです。

カビの胞子が家中にまき散らされてしまうと、肺炎などの症状を引き起こすリスクがあります。
また、ペットもカビの胞子を吸い込むことによって、さまざまなアレルギー症状を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

シロアリ駆除剤による人体やペットへの影響は?

シロアリを駆除するためには、多くの場合、薬剤散布が有効です。
シロアリ駆除剤の中には、人体やペットに対して悪影響を及ぼす恐れがあるものも存在します。
また、人体に影響の少ない駆除剤であっても、人体に影響が少ないだけでペットに対しては悪影響を及ぼすものも少なくありません。

シロアリ駆除剤がペットに与える影響としては、アレルギー症状などが考えられます。
シロアリ駆除をしてから、ペットの調子が良くないと感じる場合は、すぐに獣医に見てもらうようにしましょう。

特に、外飼いではなく室内飼いのペットの場合は、シロアリ駆除剤の影響を受けやすいです。
ペットは、不調でも飼い主に訴えることができません。
時として手遅れになってしまうこともありますので、ペットの健康状態は常にチェックしておくようにしましょう。

シロアリ駆除剤でペットが影響を受けないようにする対策

ペットが影響を受けないようにすべきことは大きく以下の3つがあります。

  • 影響が出ない駆除剤の選定
  • 業者に施工方法を確認する
  • 施工時にはペットを隔離しておく

愛するペットに被害が出ないように、影響を考慮したうえでシロアリ駆除を行うことが大切です。
近年では、シロアリ駆除剤も進化しているため、ペットへの影響がほとんどない製品も多く発売されております。

飼い主は、これらの薬剤についての知識を身に着けたうえで、シロアリ駆除剤を選んでいくことが必要です。
業者に依頼する場合であっても、ペットがいることを伝えたうえで依頼をすれば、しっかりとした業者であればペットに配慮した薬剤を選定して駆除を行ってくれるでしょう。

また、業者にシロアリ駆除の施工をしてもらう前に、「どのような処理をするのか」「使っている薬剤はどのようなものか」などをしっかりと説明してもらうようにしましょう。

まとめ

シロアリはペットに噛みついたり、シロアリがかじった場所からカビが増えて、アレルギーを引き起こしたりする可能性もあります。
また、シロアリを駆除する際にはペットへの薬害も考慮しなければいけません。

近年では、ペットに対して悪影響の少ない駆除剤も増えています。
業者に依頼する場合も、ペットがいることを伝えたうえで、信頼のできる業者にお願いするようにしましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。