シロアリ駆除

シロアリ駆除や予防の必要ない?コンクリート建築の家にも起こる悲劇とは

コンクリート建築の家でもシロアリ被害が起こった画像

シロアリ被害というと木造建築の建物をイメージする方が多いのではないでしょうか。
「自分の家はコンクリート建築だから、土台はしっかりコンクリートで保護しているのでシロアリの駆除対策の必要はない」と何も対策をしていない方が非常に多いです。

実は、コンクリートであってもシロアリの被害を受けてしまうことがあります。
今回は、あまり知られていないコンクリート建築とシロアリの関係について詳しくご紹介します。

シロアリ駆除や予防の必要がない家はない!

シロアリ駆除や予防が必要なコンクリート建築の壁

シロアリは、生物単体としては視力が退化しており、紫外線に弱いという意味では非常に弱い生物であるといえるでしょう。
しかし、シロアリはゴキブリの仲間でもあり、生命力は非常に高い生き物です。

ゴキブリ同様、自らを生き残らせるためには、どのような家にも入り込みます。
戸建てがシロアリに侵食されてしまうと、戸建ての資産価値を落としてしまうだけではなく、耐震性へ悪影響を与えてしまう恐れがあるでしょう。

一般的な木造建築にお住まいの方は、シロアリの恐ろしさをなんとなくは理解している場合が多いでしょう。
一方で、「わが家はコンクリート建築の家だからシロアリ対策など必要ない!」と思っている方は、時として悲惨な目にあってしまうことがあります。

なぜ、シロアリのエサではないコンクリートであっても、シロアリ被害の心配をしなければならないのでしょうか?

床下がコンクリートでもシロアリ対策は必要!

シロアリはコンクリートに穴をあけることができます。

コンクリートは硬く固まってはいるものの、細かな粒子の塊でできています。
シロアリは、その小さな粒子をひとつひとつかじって外し、コンクリートに穴をあけて侵入することができるのです。

また、床下のコンクリート構造には以下の2つがあります。

  • 土間コンクリート
  • ベタ基礎

構造別に、シロアリの侵入経路を詳しく見ていきます。

土間コンクリートの仕組み

土間コンクリートは、土壌面にコンクリートを流し込み、土壌からの湿気を防ぐ目的で施工するものです。
この構造だと、僅かですがつなぎ目に必ず隙間ができてしまいます。

さらにコンクリートは年数が経過すると収縮する性質があり、隙間が少しずつ大きくなります。

ベタ基礎の仕組み

ベタ基礎は、地面全体をコンクリートで多い、そこ版全体で建物を支えるといった施工方法です。

一見、隙間はない施工に思えますが、湿気を防ぐために、基礎と建物の間に隙間が作られていたり、施工時にできてしまった隙間があったりします。
そのため、ベタ基礎であってもシロアリが侵入する道が作られる可能性はあるのです。

このように、コンクリートの建物であっても、シロアリの被害を受けてしまう恐れがあるのです。

コンクリートの下はシロアリには安全地帯?

シロアリの安全地帯となるコンクリート下の画像

時として、コンクリートはシロアリの成育を促す安全地帯になることがあります。

コンクリートの床下がシロアリの隠れ家になる理由は以下の3つです。

  • 紫外線の少なく暗い場所
  • 黒アリがあまり生息していない
  • 湿気が多くじめじめしている

シロアリは紫外線に弱いため、暗い場所を好みます。

また、黒アリはシロアリの天敵となるため、黒アリのいない場所に蟻道を作ります。
コンクリートで囲まれている場所は、黒アリが近づくことがありません。

そればかりか、コンクリート下の土壌というのは、一般的に湿気が抜けない場所となっています。
常にじめじめとしている環境は、シロアリにとって最高のスポットになる可能性があるのです。

コンクリート下がシロアリを天敵から守って、その隙間から住宅内に侵入を許してしまいます。
鉄筋コンクリート製の建物であっても、いたるところで木材を使用しているので、木材の一部を食べて建物を傷つけてしまう恐れがあるでしょう。

シロアリを放っておくと受ける4つの被害

シロアリを放置しておくと、主に次の4つの被害があります。

耐震性が悪くなる
シロアリによって木材を侵食されると建物全体の強度が低下してしまいます。それにより耐震性悪くなってしまい、地震の際に倒壊してしまうリスクが高まります。
資産価値が下がる
シロアリの侵入を許してしまうと、建物を食い尽くされてボロボロになってしまいます。建物評価が下がってしまうため資産価値を落としてしまう恐れがあります。
修復に費用が掛かる
シロアリが食べる木材は、柱や土台、梁などの建物を構成するうえで非常に重要な個所となります。それらを修繕するためには、場合によっては修繕工事で数百万もの費用が掛かる恐れがあります。
近所や家庭内でのトラブル
シロアリが繁殖すると、大量の羽アリが自宅内から発生します。場合によっては近隣に迷惑をかける恐れも。実際に家庭内トラブルやご近所トラブルに発展した事例もあり、注意が必要です。

上記の被害を未然に防ぐためにも早めの対応や予防が必要です。

シロアリ駆除・予防の具体的な対策

実際にシロアリ被害を受けている場合は、早急な対策が必要になります。
シロアリ対策で最も効果的な方法は、業者による薬剤散布です。

シロアリの侵入口を探し、その個所にシートを敷いて養生を行い、床束・大引・土台等の構造部材にシロアリ対策の薬剤散布を行います。
場合によっては、木材の数か所に小さな孔をあけて、木材内部に薬剤を注入するケースも。
土壌への薬剤散布の後は、浴室や玄関などシロアリの被害を受けそうな部分の対策をします。

合わせて、湿気が多い場合、床下一面に炭を引いておくようにしましょう。
シロアリは湿気のある場所を好む性質があるため、シロアリ対策をしていても湿気が多いままだと住み着く可能性があります。
炭は、湿気を吸収してくれる効果が期待できます。床下の湿気を減らすことで、シロアリが好まない環境にすることができるでしょう。

ただし、薬剤散布も炭も、一度施行すれば永続的な効果があるのではなく、年数がたつと効果がなくなっていきます。
そのため、定期的に点検をしながら処理をしなければいけません。

シロアリ駆除の詳しい方法については以下の記事を参考にしてみてください
シロアリ駆除の方法は?それぞれのメリット・デメリットをご紹介

まとめ

シロアリは、コンクリートを砕いたり、溶かしたりする能力はないものの、コンクリートの粒子を取り除いて穴をあけることが可能です。
また、コンクリート基礎であっても隙間はできるため、コンクリートだからといって安心できるものではありません。

場合によってはシロアリの安全地帯となったり、住みやすい環境になっていたりする可能性もあります。
コンクリート建築でも十分なシロアリ対策を一度検討してみてください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。