シロアリ駆除

シロアリ駆除は本当に必要ない?間違えやすい駆除予防と対策の知識を解説

シロアリ駆除は本当に必要ない?間違えやすい駆除予防と対策の知識を解説

「定期的に行っているシロアリの消毒って必要ないのでは?」
「築5年で保証期間が切れるけど、シロアリ防除って意味ある?」
このように思っている方も多いのではないでしょうか。
たしかにシロアリ被害に合っていないと、別に必要ないのではと思ってしまいますよね。

ですが、結論から言えば「シロアリ駆除や予防は必要ない」という考えは危険です。
なぜなら、古い家や木造住宅だけでなく、新築10年未満の家やコンクリート造の家でもシロアリ被害に遭ってしまうからです。
放っておくと家を支える柱を食べられて耐震性が下がってしまうので、放置せずにシロアリから家を守りましょう。

もちろん、築5年が経ったからといってシロアリ防除がすぐに必要になるわけではありません。
しかし、定期的な駆除・予防・対策を行わないと、気が付いたときには深刻なシロアリ被害が起きている場合も多いです。
定期的な点検を行っていれば安く済む駆除も、深刻な被害が起きていると多額の費用がかかります。

この記事では、「シロアリ駆除の必要性」や「被害にあった際のリスク」をしっかり解説します。
また、シロアリ駆除が必要な状況や時期、かかる費用などについても解説するのでぜひ参考にしてください。
後々、高額な費用を払わずに済むためにも、大事な家を守る対策をしましょう。

シロアリ駆除のお問い合わせはこちらから
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

「シロアリ予防や駆除は必要ない」は間違い!

シロアリ予防や駆除は必要ないという考えは危険です。
なぜなら、古い家や木造住宅だけでなく、新築10年未満の家やコンクリート造の家でもシロアリ被害に遭ってしまうからです。
放置していると、家を支える柱や木枠を食べられてしまい、耐震性が下がる危険があります。

新築や木造以外の家でも油断は危険

実は家に住んでいて何十年もシロアリ被害に遭わない、近所でもシロアリ被害を聞かないという人はいます。
しかし、なかには新築の5年保証が切れてすぐシロアリ被害に遭う家もあります。
シロアリの被害は地域によっても異なるため、一概にやらなくていいという油断は危険です。

日本には多数シロアリがいますが、被害事例として多いのは「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」の2種類です。
ヤマトシロアリは北海道北部を除く日本全土に、イエシロアリは神奈川県以西の海岸線に沿った温暖な地域と千葉県の一部、それに南西諸島、小笠原諸島に分布しています。
自分の家の地域や近隣の状況も考えつつ、まずは定期的な点検を行うのが大切です。

シロアリ駆除の必要性!予防や駆除をしないとどうなる?

シロアリの防除をしなかった家とした家とでは、下記のような違いが出てきます。

  • 被害が出たときに多額の費用が発生する
  • 耐震性が低くなり倒壊の危険がある
  • 近隣トラブルに発生する恐れがある

後々かかる修繕費用が高額になるだけでなく、大事な家の安全が守れないなどのデメリットがあります。
それぞれについて詳しく説明していきます。

被害が出たときに多額の費用が発生する

シロアリ被害を放っておくと、後々の駆除やその修繕に多額の費用がかかります。
具体的にいえば、1回20~30万円が相場といわれるシロアリ防除を5年に1度のペースで行った場合、20年間で80~120万円、40年間では240万円程度かかります。
一方、40年間1度もシロアリの防除を行わずシロアリの被害が発覚した場合は、300~600万円もの費用がかかる場合もあります。

定期的な点検や防除を行わなかった場合、害虫駆除費だけでなく、家具家財費、住宅修繕費など様々な修繕が必要になってしまうのです。
日頃からシロアリの予防をしていれば、シロアリが出ても費用を安くすることができるので、シロアリ駆除は行うのがおすすめです。

シロアリ防除の頻度と費用
シロアリ防除の頻度 費用(30坪/㎡)
5年に1度シロアリ防除をした場合 初回:20~30万円
20年目:120万円
40年後:240万円
1度もシロアリ防除をしない場合 20年目まで:0円
40年後、初めてシロアリの被害が発覚:300~600万円

白蟻の駆除や家の修繕にかかる料金の多くは、施工面積やその範囲、被害状況によって大きく変動します。
被害が深刻になればなるほど、防除や修繕にかかる費用は高くなるので注意しておきましょう。

耐震性が低くなり倒壊の危険がある

自宅がシロアリによる食害を受けると、最終的には家の倒壊リスクを高めます。
シロアリは柱と土台の継ぎ目を集中的に食べるため、住宅の強度を弱めてしまうのです。
特に家にかかる横からの衝撃に耐えるために使われている「筋交い」と呼ばれる部分が被害を受けるととても危険です。

「阪神淡路大震災」ではシロアリの被害があった家の9割で全壊がみられ、シロアリ被害が住宅の強度を下げているという調査結果もあります。
日本の住宅は地震に耐えられるように「基礎」の部分の改良を続けています。
しかし、いくら基礎がしっかりした耐震性の高い家を作っても、シロアリ被害を放置してしまうと家の強度は下がってしまいます。
定期的なシロアリの点検・防除は地震から家を守ることにも繋がります。

参考:阪神大震災にみる住宅の腐朽およびシロアリ被害|京都大学木質科学研究所

近隣トラブルに発生する恐れがある

シロアリ駆除が大規模になってしまうと、以下のような近隣トラブルが起きてしまうこともあります。

  • シロアリ駆除に使用した薬剤によって異臭がする
  • 「お宅から移ってきた」とシロアリ被害の文句を言われる

白蟻の駆除に使用する薬剤次第では、ニオイがきついものもあります。
大規模な駆除になると、近隣にも影響を及ぼす可能性があります。

また、施工を行う際に周囲に声をかけたとしても、その後近隣でシロアリが出た際には「お宅から移ってきた」などあらぬ疑いをかけられトラブルに発展した事例もあります。

シロアリ駆除にまつわる近隣トラブルも多いため、早めの対応で小規模に抑えることが大切です。
シロアリ駆除にまつわるトラブル事例と対処法を知りたい方は、下記を参考にしてみてください。
シロアリ駆除で近所トラブル?対策と注意する点

シロアリ駆除が今すぐ必要な2つの状況

シロアリの駆除・対策が必要な状況は以下の2つです。

  • シロアリが通った道がある
  • シロアリの被害に遭った形跡がある

どちらの状況もシロアリが家に住みついている痕跡と考えられます。
それぞれ解説していきます。

シロアリが通った道がある

家の床下や周辺でシロアリの痕跡を見かけた場合は、シロアリ被害が始まっている可能性が高いです。

床下の蟻道や蟻土はシロアリがいる証拠

床下の蟻道や蟻土はシロアリがいる証拠

シロアリが歩いた後に残した排せつ物の跡(蟻道)や、シロアリが木の間に詰め込んだ土(蟻土)があればシロアリが住宅内にいる証拠です。

羽アリが飛んでいるのはシロアリがいる証拠

羽アリが飛んでいるのはシロアリがいる証拠

羽アリが飛んでいると、すでに地中にも繁殖している可能性があります。

シロアリの被害に遭った形跡がある

シロアリ被害に遭った形跡がある場合は、早めの駆除が必要です。
被害の具体的な例は以下で確認できます。

床や柱にプカプカしているところがないか

床や柱にプカプカしているところがないか

シロアリの被害にあっていると、木材の中が食べられ、表面がゆがんでいることがあります。

柱や配管を叩いて、空洞音がするところがないか

柱や配管を叩いて、空洞音がするところがないか

シロアリは木の柔らかいところを好み、表面でなく内側を食べるため、叩くと空洞音がします。

これらの、どれか1つでも該当する場合は白蟻被害にあっているかもしれません。
なるべく早い段階でシロアリ駆除を行いましょう。

ここまで、シロアリ駆除の必要性についてご説明してきました。
白蟻駆除はなるべく早期の段階でやってしまわないと被害が拡大し、駆除や修理にかかる費用が増えてしまいます。
次の章では一見シロアリ被害がなさそうな条件での被害事例を紹介していきます。

シロアリの被害事例

新築の戸建や鉄骨のマンションに住んでいるとシロアリ被害はないのでは?と考える方も多いです。
実際に、シロアリ被害の多くは木造かつ築年数が経っている物件です。
しかし、その他の家であってもシロアリ被害の発生リスクはあります。
以下では一見シロアリ被害がなさそうな条件でのシロアリ被害事例を紹介します。

新築や対策済みの家でのシロアリ被害
築浅の戸建てやシロアリ対策がされている「ベタ基礎」でもシロアリ被害は発生します。
さらに、薬剤による防蟻処理をしていても薬剤の持続効果には限りがあります。
そのため、定期的な対策や駆除が必要になります。
冬のシロアリ被害
シロアリは冬眠せず冬場も活動している生き物です。
特に、白蟻が生活しやすい適度な湿気や気温を維持できる床下に潜んでいることは多くあります。
近年は床下暖房などによって、よりシロアリにとって暮らしやすい環境になっているとも言えるでしょう。
そのため、冬でもシロアリの被害に遭うこともあり、早めの駆除が必要です。
鉄骨マンションでのシロアリ被害
白蟻被害といえば木造建築でのイメージが強いですが、鉄骨マンションなどの建物でも被害は発生します。
シロアリには目がついておらず、目の前のものをかじることで進むという性質を持っているからです。
そのため、餌となっていなくてもシロアリが動き回る限り、鉄骨であっても被害にあってしまうことがあります。
予防後のシロアリ被害
1度シロアリ予防をしてしまえば、被害にあうことはないとも言い切れません。
シロアリ駆除や予防をする際に使用する薬剤というのは、使用したタイミングから徐々に分解され自然にかえっていくようになっているからです。
過去には強力で持続力のある薬剤が使用されていましたが、健康被害などの問題がありました。
そのため、シロアリ駆除業者が使用する薬剤は、自然や人に配慮したものとなっており、5年程度を期に分解されてしまうようになっているのです。

いかがでしたでしょうか。
世間でシロアリ被害がなさそうと考えられている予防直後の物件や、鉄骨のマンションであっても白蟻被害のリスクを抱えています。
そのため、日頃からシロアリ駆除や予防といった対策をしておく必要があるのです。

シロアリ被害がなくても5年を目処に点検はしよう

シロアリの被害がなくても、5年を目処に点検は行いましょう。
定期的な確認を行うことで、シロアリ被害を未然に防ぐなど、後々高額な修繕費用を払わずに済みます。
シロアリの調査目安が5年と言われているのは、シロアリ予防に使用される薬剤が5年を目処に分解されてしまい、効果を失うからです。

そのため、5年を目安に1度専門の業者に見てもらい、自宅が被害にあっていないか確認しておきましょう。
白アリ調査について知りたい方は、こちらを参考にしてみてください。
「シロアリ駆除前の調査」の内容と自分でも確認できるチェックポイント

日ごろからできるシロアリ対策

シロアリがこない家にするためには、シロアリが住みにくい家にすることが重要です。
シロアリの対策は以下のポイントを意識してみてください。

  • シロアリが好きなものを置かない
  • シロアリが嫌がる「日光」「風」を取り入れる

シロアリはエサを探す能力が高く、プラスチックや発泡スチロールなど人工物でも食べてしまう害虫です。
そのため、庭や床下に木材などを置いていたり、木の切り株をそのままにしておいたりすると、シロアリが住みつく可能性があります。
シロアリのエサとなるものは置かないようにしましょう。

もうひとつ大切なのが、シロアリが嫌いな「日光」と「風」を取り入れる家にすることです。
明るく風通しのよい家にすれば、シロアリが来る可能性が低くなります。
シロアリの温床となる湿気がちな天井裏や床下、壁などの換気や通気に努め、シロアリが嫌がる家にしましょう。

予防に関しては以下の記事に詳しく記載していますので、合わせて参考にしてみてください。
シロアリ予防は駆除より大事?自分でできるシロアリ対策

シロアリ駆除のおすすめ時期

バリア工法とベイト工法が適している時期を図解したイラスト

せっかくシロアリ駆除をするのであれば、効果が一番高い時期に行いたいものです。
シロアリは1年中活動している害虫ですが、シロアリには羽アリとなって活発に飛び回る時期と姿を見せない時期があります。
「活発なときを狙うのか」「行動が鈍くなったときを狙うのか」は駆除方法によって異なります。
それぞれ工法別に適した時期を紹介します。

なお、白蟻の発生時期に関しては、下記の記事でも解説しています。
シロアリの発生時期っていつ?活動時期についても解説

バリア工法(薬剤散布法)は一年中効果がある

木部処理剤や土壌処理剤といった薬剤を散布して駆除を行う方法は1年中同じ効果を発揮します。
というのも、薬剤を散布するだけなので、シロアリの活動状況に効果が左右されることはありません。
そのため、シロアリが活発な時期でも、行動が鈍くなる時期でも効果的に行うことができます。

バリア工法のメリットは「即効性」や「広範囲の駆除」です。
シロアリ駆除では一般的な工法なので、シロアリ被害を発見した段階で相談するのがおすすめです。

ベイト工法はシロアリが活発な時期に行うのがベスト

ベイト工法とは、ベイト剤(毒エサ)を用いてシロアリを駆除する方法です。
毒エサを巣に持ち帰らせて、巣ごと駆除します。
そのため、シロアリが毒エサを食べやすいよう、地上や地中で活発に活動している4月~7月のタイミングを狙うのがベストです。

シロアリの種類と活動時期
種類 活動時期
ヤマトシロアリ 4~5月
イエシロアリ 6~7月

日本にいるシロアリは、ヤマトシロアリとイエシロアリの二種類です。
ヤマトシロアリは4~5月、イエシロアリは6~7月に活動が活発になります。

見分け方は素人には難しいのですが、どちらのシロアリでも活発に行動する4月~7月に駆除を行えば効果的に駆除できます。

シロアリを駆除するべき時期に関しては、以下の記事にも詳しく記載しています。
シロアリ駆除の時期はいつがいい?一番いい季節やタイミングとは

シロアリ駆除にかかる費用と相場料金

シロアリ駆除にかかる費用の見積書

シロアリ駆除にかかる費用相場は1坪当たり1万円前後です。
一般的な住宅である30坪の場合は、駆除費用はおよそ20万円~30万円になります。
業者のホームページでは「1坪当たり○○円」といったように、広さを基準として料金が定められ、施工面積によって費用は大きく変わります。

また、シロアリ駆除の料金は業者によって幅があります。
料金に影響するものは主に以下の3つなので、業者を検討する時には比較して選びましょう。

  • 駆除予防する家の面積(被害状況)
  • 保証期間の長さ
  • 駆除予防の方法(バリア工法・ベイト工法)

シロアリがいるときに行う駆除消毒や、シロアリがいないときに行う予防消毒によっての違いもあります。
無料で見積もりを提示してくれる業者が一般的なので、金額の内訳を確認しましょう。

シロアリを発見すると驚いたり焦ったりしますが、相見積もりを取って比べるのが大切です。
残念なことに、金額の詳細説明をせず後から追加料金請求をする悪徳業者もいるからです。
内訳が記載された見積もりを取っておけば、トラブルになったときの証拠書になるので、必ず見積書は請求しましょう。

シロアリ防除の業者を選ぶ3つのポイント

シロアリ駆除・予防の業者を選ぶポイントは以下の3つです。

  1. 料金や作業内容がわかりやすい
  2. 保証やアフターフォローがしっかりしている
  3. 日本しろあり対策協会に加入している

それぞれ、説明していきます。

1.料金や作業内容がわかりやすい

シロアリ駆除の料金は高額になりやすいです。
そのため、見積もりを取る段階で料金や作業内容が分かりやすい業者を選びましょう。
作業の内訳が不透明だったり、見積もりの金額から実際の支払額が変わったりする業者はトラブルのもとなので、やめておきましょう。

料金に関して不明点が出る場合は、担当者に相談するのが大切です。
大事な家のことなので、こちらからの質問にも丁寧に答えてくれる業者を選びましょう。

2.保証やアフターフォローがしっかりしている

シロアリ駆除業者を選ぶときは、アフターフォローや保証が充実している業者がおすすめです。
万が一、シロアリ被害が再発しても保証期間内であれば対応してもらえるからです。
また、保証期間は施工技術に自信がある業者でないとつけられないので、技術面でも安心できます。

3.日本しろあり対策協会に加入している

残念ながらシロアリ駆除・予防の業者のなかには悪徳業者も存在します。
そのため、「公益社団法人日本しろあり対策協会」に加入している業者を選ぶのがオススメです。

日本しろあり対策協会は、安全かつ適切な方法でシロアリ防除ができる業者だけが加入できる団体です。
シロアリ被害や腐朽を防止する目的で結成された50年以上の歴史を持つ法人なので、安心できるでしょう。

また、日本しろあり対策協会は安全性の高い薬剤の認定なども行っています。
ご家庭にお子さまや妊婦さん、ペットがいる場合は、日本しろあり対策協会認定の薬剤を使用してもらうよう業者に相談するのもおすすめです。

まとめ

ここまでシロアリ駆除・予防の必要性についてお話してきました。
ポイントをおさらいしましょう。

  • シロアリ予防や駆除が必要ない家はない
  • シロアリ防除を行わないと被害が起きたときに数百万円の費用がかかる場合がある
  • シロアリ被害に気づくのが遅れる、放置すると家の柱を食べられるなど耐震性が低くなる
  • シロアリ駆除がすぐに必要な状況は「シロアリの通った跡」や「被害の形跡」があるとき
  • 築浅物件や鉄筋コンクリートの家でも被害にあう
  • シロアリ駆除にかかる費用相場は30坪で20~30万円
  • シロアリ駆除業者を選ぶときは「料金の明確さ」「保証の有無」「日本しろあり対策協会への加入有無」を確認

シロアリ駆除は必要ないと思われているかたも多いですが、その考えは危険です。
なぜならシロアリは築浅の物件でも、コンクリートの家でも寄ってくる可能性があるからです。
定期的なシロアリの点検や対策をおこなうことで、家を守るのが大切です。

特に築20年を超えてくるとシロアリ被害に遭う家は多くなります。
シロアリ被害を放置していると、耐震性が低くなり地震の際に倒壊してしまうなど、さらなるリスクがあるので、放置せずにシロアリの防除を行いましょう。

また、シロアリの通った道がある、シロアリの被害形跡がある場合はすぐに駆除を行いましょう。
当てはまらない場合も、築5年を経過している場合は点検や消毒の工事を行うのがおすすめです。

大切な家をシロアリから守るためにも早めに手を打つことが肝心です。
ぜひ、この機会にシロアリ駆除を行い、マイホームを守りましょう。

シロアリ駆除にかかる費用と業者を比較

ファインドプロでは、シロアリ駆除・防除の料金を比較できるサービスを提供しています。
Web上から、地域に寄り添った白蟻駆除業者に依頼できるのが特徴です。
施工料金も記載しているので、安心して依頼することができます。
シロアリ駆除の業者選びに迷ったら、「料金」「サービス内容」を参考にしてください。

エリアからシロアリ駆除業者を探す

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。シロアリ駆除や防除などの対策にかかる費用を一覧で比較することができます。シロアリの駆除は被害範囲や発生場所、作業を請け負う業者ごとに、かかる費用が異なる場合があります。そのため、調査や駆除を依頼する前に、シロアリ駆除業者ごとの料金やサービス内容・口コミの比較が必要です。また、シロアリの防除は、白蟻の予防だけでなく、その他の害虫駆除にも効果があります。予防施工や適切な処理を行うことで、家屋などの建物の木材や基礎部分、床下への害虫全般の侵入を防ぐことができます。さらに本サイトでは、シロアリを自分で駆除する方法や、防除や予防にかかる費用の相場、薬剤を使用した害虫被害への対策手段も紹介しています。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。