シロアリ駆除

シロアリ駆除を自分でする方法と薬剤によるDIYの予防対策

シロアリ駆除・予防を自分で行っている画像

「害虫駆除業者に任せるのは色々面倒だし…手っ取り早く、自分でシロアリを駆除できないかな?」
と、お考えの皆さんも多いですよね。
確かに、自身の手でシロアリの駆除ができれば業者を雇う面倒を省けますし、駆除にかかる費用も大幅に節約できる可能性が高いです。

しかし、シロアリや羽アリの発生は家屋にとって大問題です。
素人が慣れない手順で防除に取り組むと、かえって住まいへの被害が広がってしまう恐れもあります。

そこで今回は、ホームセンター等で市販されている薬剤でシロアリ駆除と予防をする方法4ステップをご紹介。
どういった駆除グッズ一式が必要かというポイントや、業者に依頼しないことによるメリットやデメリットについても解説していきます。
これからDIYでシロアリ駆除をする予定の方は、ぜひ本ページを片手に取り組んでみてください!

シロアリ駆除のお問い合わせはこちらから
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

シロアリを駆除する2つの方法

シロアリを駆除する方法は2つあります。

駆除方法 メリット デメリット
バリア工法 薬剤を土壌や木材に噴霧する 即効性がある ・自分で施工は難しい
・専用の機材が必要
ベイト工法 毒餌を地中に埋めて巣ごと退治する ・環境に優しい
・自分で施工できる
駆除できるまでに時間がかかる

業者による駆除は、主にベイト工法によって行われます。
床下に潜って行う施工方法のため、専用の機材や薬剤が必要ですが、即効性があるからです。
一方で、どこにシロアリが潜んでいるか判別できない素人には、難しい施工方法です。

自分でシロアリ被害をなんとかしたいという場合は、バリア工法のほうがおすすめです。
バリア工法は、市販の駆除剤を家の周りの地中に埋めるだけなので、費用や手間がほとんどかかりません。
ただし、効果が出るまでに時間がかかることや、完全に駆除できるとは限らないことなどがデメリットとしてあげられます。

バリア工法とベイト工法の施工方法について、詳しくは以下で紹介しているので参考にしてください。
シロアリ駆除の薬剤散布法って?ベイト工法との違い・自分でする方法をご紹介
シロアリ駆除のベイト剤の効果は?気になる特徴と注意点について

DIYのシロアリ駆除の流れ4ステップ

DIYのシロアリ駆除の流れ4ステップ

シロアリ駆除を自分で行う際は、以下の4ステップで進めましょう。

  1. シロアリ被害の調査と点検を行う
  2. 駆除に必要な道具を揃える
  3. 実際の駆除作業と予防を行う
  4. その他のシロアリの再発防止策を行う

一般的なシロアリ駆除であれば、約1日あればシロアリ駆除の作業自体は完了するといわれています。
シロアリ駆除を自分で行う場合でも、少なくとも1日から数日程度は作業日数を確保しておきましょう。

それでは、DIYのシロアリ駆除の流れを各ステップごとに詳しく見ていきます。

シロアリ被害の調査と点検を行う

シロアリ駆除を行う前には必ず調査と点検が必要です。
専門業者も、駆除作業の前には必ず入念な調査を行います。

シロアリはとても小さい虫ですので、ポイントを押さえて調査を行うと効率的です。

点検を行う場所

シロアリ点検のチェックポイント

シロアリ被害をセルフチェックするポイントをまとめたので、以下を参考にしつつ、念入りに点検を行ってください。

シロアリの作った蟻道がないか確認する
蟻道はシロアリが運んだ餌のカスや土で作られた経路のことです。
基礎部分などに、線状の土がついているように見え、指で崩すとトンネルのようになっています。
支柱や壁面をたたくと響く音がする
シリアリの食害を受けている場合は、木材を叩いた時に「コンコン」と空洞音がします。
被害を受けていない場合は、「カンカン」と詰まった音が反響します。
床の一部がたわむ、踏むとへこむ
被害箇所は、木造部分が弱くなっているので、床がたわんでいるように見えます。
歩くとへこんだり、きしんだりすることもあります。
水漏れをしている箇所がある
配管が壊れていたり、年中雨漏りしたりしていて、木材が腐食してしまっている場所は、シロアリがいる可能性が高いです。

シロアリ点検を自分で!調査すべきポイントと方法まとめ

また、事前の調査では、シロアリの種類も特定します。
ヤマトシロアリ・イエシロアリなどの「土壌性シロアリ」と、アメリカカンザイシロアリなどの「乾材シロアリ」では、駆除方法が異なるからです。

土壌性シロアリ 乾材シロアリ
被害にあいやすい場所 床下など湿った場所や屋外の木材 輸入家具や屋根裏など
見た目の特徴 乳白色のものが多い 茶色っぽいものが多く、羽アリは頭と背中が赤い
その他の特徴 被害箇所や巣に大群で住み着く 木材の穴からほぐしたタラコのような粒(糞)が出ている

シロアリの種類を見分ける!種類別の駆除方法を紹介

ちなみに、点検の際に以下の条件に当てはまった場合、自分で駆除はできないので、業者に相談しましょう。

  • 家屋の構造上、侵入できない点検箇所がある
  • シロアリ被害の全容がわからないほど広範囲
  • アメリカカンザイシロアリによる被害

シロアリ駆除ができる薬剤と道具を揃える

シロアリ被害の調査・点検が済んだところで、駆除のための準備に入ります。
ホームセンター等でも手軽に購入できる、駆除を進めるうえで必要な道具リストは以下の通りです。

  • 防護服
  • マスクとゴーグル
  • ヘッドライト
  • ベイト剤
  • 散布薬剤(木部用・土壌用)
  • 噴霧器
  • 電動ドライバー

防護服などの装備品

シロアリ発生場所の調査に最適な防護服

TUISKU 不織布 使い捨て作業服(つなぎ)
TUISKU 不織布 使い捨て作業服(つなぎ)
安価で購入でき、軽量で通気性に優れます。不織布なのである程度丈夫ですし、3枚セットで購入できるので破れた時のためにスペアを用意できます。M、L、XLの3サイズから選べるのもおすすめです。
Amazonで商品を購入する

調査箇所は埃っぽい場所も多いので、最終的に駆除で薬剤を散布する際にも使用しますし、合わせて粉塵対策のマスクとゴーグルを準備するのがおすすめです。

床下や屋根裏の点検に役立つゴーグルとマスク

PROMATE 防じんメガネ 弁付
PROMATE 防じんメガネ 弁付
突起や粉じんのある床下で、目を保護します。透明樹脂で作られた弁は視認性も密着性も高いため、点検箇所を目視する際や、薬剤散布を使用するときにも活用できます。
Amazonで商品を購入する
3M 使い捨て式防じんマスク
3M 使い捨て式防じんマスク
金属の溶接作業などを行う方向けに設計されているマスクで、埃や薬剤の吸い込みを予防できます。熱や湿気を排出するタイプなので呼吸もしやすいです。
Amazonで商品を購入する

上記の装備品に加え、暗所での点検作業を想定したヘッドライトの準備もあると良いでしょう。

暗所での点検作業をしっかり行うためのヘッドライト

Zredurneyヘッドライト
Zredurneyヘッドライト
自転車の夜間走行などにも使用できる、1200ルーメンの光量で照らせるLEDヘッドライトです。電池駆動とUSB充電に対応しており、設定「弱」で10時間以上の実点灯が可能です。
Amazonで商品を購入する

シロアリ駆除の薬剤

自身でシロアリ駆除を行う際は、後述する「ベイト剤」と「薬剤散布」による作業が中心です。
以下の商品を参考にして薬剤の準備を進めましょう。

おすすめのベイト剤

後ほどご説明する、ベイト工法で使うおすすめの薬剤を選びました。
ベイト剤(毒餌)を自分で入れる必要のない、ステーションとベイト剤が一体型となったタイプの商品です。
そのまま設置するだけなので、簡単にベイト工法を実施できます。

イカリ消毒 シロアリハンター
イカリ消毒 シロアリハンター
シロアリの発生場所の付近へ穴掘って埋めるだけで使用できるベイト剤です。設置してから2年間ほどの効き目があり、同等の商品より比較的長めの予防効果が期待できます。
Amazonで商品を購入する

おすすめの散布薬剤

こちらも後ほどご説明する、薬剤散布(バリア工法)を行うために使用するおすすめの薬剤です。
バリア工法では、木材に対する処理と地面に対する処理で別々の薬剤を使います。

下記のどちらの散布用薬剤も、日本しろあり対策協会日本木材保存協会の認定薬剤なので安心です。
散布する薬品の臭いがキツいと作業に支障をきたしますし、強すぎる薬品は健康上のリスクもあるので選ばないほうが良いでしょう。

白アリミケブロック(木部処理用)
白アリミケブロック(木部処理用)
日本しろあり対策協会認定の木部処理用の薬剤です。揮発性が低く、吸引のリスクが少ないので居住者への安全性も高い薬品です。
Amazonで商品を購入する
白アリミケブロック(土壌処理用)
白アリミケブロック(土壌処理用)
日本しろあり対策協会認定の土壌処理用の薬剤です。薬剤臭が少ないことと、防蟻効果の持続性に優れています。
Amazonで商品を購入する

シロアリ駆除剤を購入する際は、おすすめの市販のシロアリ駆除剤トップ5をご紹介!も参考にしてください。

薬剤散布を行うための噴霧器

ミスターオート 蓄圧式噴霧器
ミスターオート 蓄圧式噴霧器
狭い屋内で液状薬剤を持ち運び、取り回しやすいサイズの噴霧器です。
Amazonで商品を購入する

広範囲の薬剤散布を行う際は液剤を多く持ち運ぶので、スプレーではなく噴霧器の利用が適しています。
噴霧器には蓄圧式や電動式がありますが、ここでは比較的サイズが小さく軽量な、手動の蓄圧式噴霧器を紹介しています。
噴霧器を選ぶ際は、噴霧器を使用したシロアリ駆除のメリットとデメリットもぜひ参考にしてください。

穿孔して薬剤注入を行うための電動ドリル

KIMO 電動ドリル
KIMO 電動ドリル
18段階でトルク変更ができ、ドリルビットも多数付属するので、様々な建材へ穴をあけられます。暗所作業用にLED照明も付いており便利です。
Amazonで商品を購入する

電動ドリルは、バリア工法において家屋の柱や床材に穴をあける処理を行う際に用います。
バッテリー式で持ち運びができ、様々なサイズのドリル径が付け替え可能なものが良いでしょう。

DIYで薬剤散布法(バリア工法)による駆除をする手順

薬剤散布法は下記のように、①「木部処理(家屋の基礎部分への処理)」→②「土壌処理(地面への処理)」の手順で進めていきましょう。

①木部処理で基礎などへ薬剤を散布する

穿孔処理と木栓処理

木部処理ではまず、シロアリの発生箇所や侵入経路となる木材に対して、電動ドリルで穴を開けます(「穿孔処理」と言います)。
穴をあける箇所は主に、木材と木材の接する箇所や、基礎が地面と接している部分です。

穴の直径は、家の土台にあたる大きな木材には5~10mm程度、床材や薄い木材には3~5mm程度です。
穿孔する深さは、木材の厚みに対して3分の2程度になるようにします。貫通はさせません。

ここで注意したいのが、あまりにも穿孔処理をし過ぎると、家屋の強度が落ちてしまうことです。
1つの柱に対して、数か所程度の穴の数を目安にあけていきましょう。
その際、穴と穴の間隔は30センチほど離すのを意識してください。

穴をあけ終わったら、穴にノズルを挿入して「木部処理用の薬剤」を注入していきます。
穿孔作業後の見た目が気になるという方は、木栓で穴を塞ぐ「木栓処理」まで行うと良いでしょう。

薬剤散布をしている画像

注入するだけでなく、家屋の基礎部分に万遍なく薬剤を散布(もしくは塗布)していきます。
特に、「蟻道」という、シロアリが土や食べかすなどで作った道や、木材の継ぎ目、通風口などは徹底的に薬剤を吹き付けるようにしていきます。

②土壌処理で地面に薬剤を散布する

土壌処理

木材への対処が終わったら、「土壌処理用の薬剤」で地面付近への薬剤散布を行ってください。
シロアリは基本的に、家の下の土壌より家屋に侵入してくるからです。
トイレや風呂場といった水回りの周辺はシロアリが巣食いやすいので、重点的に処理をしましょう。

上の写真の様に、支柱や配管の立ち上がり箇所などを中心に、約20cm幅で薬剤が広がるように散布をしていきます。
こうすることで、地面から家屋へシロアリが伝ってくるのを予防することができます。

バリア工法の作業の注意点

バリア工法を行う際の注意点としては、薬剤の散布が不十分だと防除の効果を得られにくいことです。
しっかりとシロアリの予防を行うためにも、木部処理と土壌処理の両方を徹底して行う必要があります。

また、上記の徹底した作業を行おうとすると、バリア工法には長い所要時間がかかります。
長時間の作業を、暗く狭い軒下で行うには体力も必要となります。
バリア工法にかかる時間の目安は、15坪の広さで1~2日、20坪の広さで2~3日ほどです。
参考:シロアリ駆除にかかる日数は?工法ごとに詳しく解説

漏れなく駆除、予防を行うためにも、作業に当てるスケジュールをしっかり確保しておきましょう。

DIYでベイト工法による駆除をする手順

ベイト工法は以下のように、①ベイト剤の準備→②蟻道へのベイト剤の設置→③シロアリのステーションへの出入り確認の3工程で進めます。

①ベイト剤を準備する

ベイト剤は基本的に、薬剤の部分と「ベイトステーション」と呼ばれる薬剤の入れ物が1セットになっています。

ベイト剤を準備する

設置前の準備として、ベイト剤をステーション内に入れておきましょう。
ステーションとベイト剤が一体型になっているものを使う場合は、そのまま使用できます。

なお、ベイト剤の設置数の目安は2坪に1個ほどですので、ご自身の設置する範囲をあらかじめ考えて購入しておきましょう。

②シロアリの通り道(蟻道)にベイト剤を設置する

ベイト剤をシロアリが餌などを運ぶ蟻道を中心に、一定間隔で設置していきます。

ベイト剤を設置する

設置の際は、必ず建物の基礎から20〜30cm離した位置にステーションが入る程度の深さの穴を掘って埋めます。
埋める深さは、ベイト剤の頭が少し地表に出るくらいで大丈夫です。
壁面に設置をする場合は、養生テープなどを使ってしっかりと固定をしておきましょう。

③ベイトステーションへのシロアリの出入りを確認する

ベイト剤の設置後1~2か月ほどしたら、ステーションを確認しにいき、シロアリがエサを食べているかどうかを確認してください。

シロアリの出入りをチェックする

多数のシロアリがステーション内におり、ベイト剤に食いついているようであれば駆除が進んでいる最中になります。
もし、ベイト剤が残り少なくなっているようであれば、設置済みのベイト剤の横に、新たにベイトステーションを設置します。

ベイト工法の作業の注意点

前述した食いつきの確認の際に、ベイト剤にシロアリがヒットしていない場合は、設置した箇所が悪く、効果を発揮できていない恐れがあります。
目安として、6ヶ月放置してもシロアリが確認できない場合は、ベイト剤の設置箇所を変更すべきです。

また、ステーションの確認作業を何度も行うと、神経質な生物であるシロアリに刺激を与えてしまい、逃亡する恐れがあります。
何度も見たくなってしまいがちですが、食いつきの確認は月に1回ほどの頻度にしておきましょう。

自分でできるシロアリの予防と対策

自宅のシロアリ予防のためにできること

シロアリの駆除が完了したからといって安心は禁物です。
残念ながら、今後二度とシロアリが発生しないという保証はないためです。
シロアリは数万匹規模で活動しているため、調査・点検時に漏れてしまった発生個所などがあると再繁殖してしまう可能性があります。
また、薬剤による予防効果にもリミットがあり、一般的に薬剤散布法で5年、ベイト工法で1~2年ほどが効果の持続期間と言われています。

そこで今回は、シロアリの再発を防止する代表的な2つの対策を紹介していきます。

①シロアリの好む環境を作らないようにする

シロアリは湿気を好む性質があるため、家屋全体を乾いた状態に保つ工夫が有効です。
家の窓を開けて積極的に換気をしたり、壁面に家具などを密着させず風通しを良くしたり、といった事を意識して行いましょう。

また、シロアリのエサとなる木材や紙の存在も要注意です。
家の周辺にある切り株を除去したり、段ボールや古紙をすぐに処分するなどを心がけましょう。

②家屋の修繕をする

前述した湿気対策にも関係しますが、雨漏りや水漏れ、家屋に発生したヒビなどの存在は、シロアリを誘因するきっかけになりやすいです。
古くなってしまった箇所や、修理が必要な場所を放置せず、建物を健全な状態に保つことが大切です。

以上が代表的なシロアリの再発防止策になりますが、薬剤による防除作業も数年間隔で行うことをおすすめします。
薬剤での予防と、日常的な再発防止のダブル対策で、シロアリ被害を未然に防いでいきましょう。

自分でシロアリ駆除をする際のQ&A

DIYでシロアリ駆除をする際に、よくある質問を以下にまとめました。

Q1.スプレーでシロアリ駆除をするのはダメなの?

結論から言うと、殺虫スプレーによるシロアリ駆除はおすすめできません。

殺虫剤に含まれる忌避(シロアリが嫌って寄り付かなくなる)成分によって周囲のシロアリが逃げてしまい、駆除がしづらい奥の場所に引越しして巣を作るケースが多いからです。
そうすると、かえってシロアリを奥に隠れさせることとなり、駆除がし辛くなってしまいます。
前述したバリア工法や、ベイト工法による地道な防除作業を行うようにしましょう。

Q2.バルサンでシロアリ駆除はできる?

シロアリはゴキブリの仲間である、という知識をお持ちの方もいると思います。
しかし、ゴキブリ同様にバルサンでのシロアリ駆除を行うのは避けた方が無難です。
その理由は、前述したスプレーでの駆除と同様に、シロアリが家の奥まった場所へ逃亡してしまうリスクがあるからです。
やはり、ベイト剤や薬剤散布による駆除を徹底して行った方が確実に駆逐できます。
シロアリの駆除にバルサンは効果があるの?シロアリ専用薬剤も紹介!

Q3.家の中に発生している羽アリはどう駆除すればいい?

居住スペースなどにシロアリが大量発生しているのは非常に困りますよね。
そういった被害の場合は、落ち着いて羽アリなどを掃除機で吸い込むことをおすすめします。

家をまるごと食べてしまう怖いイメージのあるシロアリですが、実はちょっとの衝撃でも死んでしまうほど繊細な生き物です。
掃除機の吸い込む圧力程度の衝撃さえあれば、ほとんどのシロアリは死滅してしまいます。
また、水分がなければ生きていけないので、掃除機の中で生き残ったシロアリも死んでしまいます。
吸い終わったら、そのままゴミとして処分してください。
羽蟻が大量発生する原因と正しい駆除方法

確実にシロアリを退治するなら業者に相談

これまで見てきたように、自分でシロアリを駆除するには、複数の専門的な工程と、徹底した作業を行う必要があることをお分かり頂けたかと思います。
いずれの方法もホームセンターなどで購入できる薬剤やアイテムで行えますが、確実な駆除を望むのであれば、やはり専門のシロアリ駆除業者へ依頼をしたほうがよいです。
経験豊富な専門業者に依頼すれば、自分で対処するのが難しいことでもスムーズに解決ができるはずです。

シロアリ駆除を業者に依頼するなら、厳格な審査をクリアしたプロが集う、当「ファインドプロ」を利用するのがおすすめです。
ファインドプロでは、各シロアリ駆除業者の口コミや料金相場がわかるので、ご自身で納得のいく専門業者を選ぶことができます。
「現地調査無料」、「品質保証5年間」、「追加料金なし」といった嬉しいポイントもご用意しているので、まずはご相談からお寄せください!

シロアリ駆除のプロ探しはファインドプロ | 自分で防除する方法もわかる

シロアリ駆除にかかる費用と業者を比較

ファインドプロでは、シロアリ駆除・防除の料金を比較できるサービスを提供しています。
Web上から、地域に寄り添った白蟻駆除業者に依頼できるのが特徴です。
施工料金も記載しているので、安心して依頼することができます。
シロアリ駆除の業者選びに迷ったら、「料金」「サービス内容」を参考にしてください。

エリアからシロアリ駆除業者を探す

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。シロアリ駆除や防除などの対策にかかる費用を一覧で比較することができます。シロアリの駆除は被害範囲や発生場所、作業を請け負う業者ごとに、かかる費用が異なる場合があります。そのため、調査や駆除を依頼する前に、シロアリ駆除業者ごとの料金やサービス内容・口コミの比較が必要です。また、シロアリの防除は、白蟻の予防だけでなく、その他の害虫駆除にも効果があります。予防施工や適切な処理を行うことで、家屋などの建物の木材や基礎部分、床下への害虫全般の侵入を防ぐことができます。さらに本サイトでは、シロアリを自分で駆除する方法や、防除や予防にかかる費用の相場、薬剤を使用した害虫被害への対策手段も紹介しています。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。