シロアリ駆除

ミサワホームのシロアリ駆除にかかる費用はいくら?独自の保証と対策法

白蟻の防除処理が行われているミサワホームの物件

この記事を読んでいる人は、シロアリの保証期間が終わりかけで、再び防除処理を行うか迷っている方も多いのではないでしょうか。

ミサワホームでは、新築時に防除作業を行っています。
しかし、シロアリを発生させないためにも、保証期間が終わる前に再度、予防をすることが大切です。

ミサワホームには、独自の無公害防蟻工法と、防府・防蟻処理があり、10年保証がついています。
10年ごとの保証延長もできるなど、防蟻処理を行ううえでのメリットがたくさん。

今回は、耐久性を高めるためにミサワホームが独自で行っている工法と保証制度について紹介していきます。

新しく家を建てた方で、シロアリ被害に不安がある方は、以下の記事も併せて参考にしてみてください。
新築でもシロアリは発生する!?注意すべきポイントとは

シロアリの防除は一般的に5年が目安

皆さんは、築25年以上のお宅でどれほどのシロアリ被害が出ているかをご存じでしょうか。

実は、5棟に1棟がシロアリ被害を受けていると言われています。
大切なわが家を長い年数守るためには、シロアリ予防をしっかり行うことが大前提ということになります。
万が一シロアリ被害を受ければ、建物にも被害の爪痕が大きく残り、駆除するまでの不安は大きなものです。

一般的に、シロアリ予防を目的とした防蟻剤の土壌散布は、5年保証がついています。
これは、5年しかその効果が保証できないというのと同義です。
防蟻剤の効果が5年でなくなるとされている理由は、環境に負荷をかけないように自然に分解される薬剤が用いられているからです。

防蟻剤は、光や熱、水分、強アルカリ、強酸、金属イオン、バクテリアなどを要因として分解されます。
それも、散布直後からすでに分解が始まっており、徐々に進行して5年をめどに有効成分が消失してしまうのです。
だからこそ、防蟻処理の保証が5年と設定されるのが一般的になっており、5年をめどに再施行するのがおすすめといえます。

一般的なシロアリ駆除と予防の保証期間や抑えておくべきポイントに関して、以下の記事を参考にしてみてください。
シロアリ駆除・予防の保証について知っておくべきポイント

ミサワホームが行うシロアリ駆除の特徴

家と虫眼鏡の画像

上述したようにシロアリ予防は、一般的に5年間の効き目しか保証されていません。
しかし、ミサワホームでは独自の技術をもとに、10年保証を実現しています。

10年保証を含め、ミサワホームでのシロアリ駆除には、以下の3つの特徴があります。

  • 独自技術の無公害防蟻工法
  • 木材にやさしい特殊インサイジング加工
  • 業界唯一の10年保証

詳しく説明していきます。

ミサワホーム独自の「無公害防蟻工法」

ミサワホームは、通常のシロアリ防除の考え方とは異なります。
土壌や室内の空気を汚さずに高い効果を持続し続けられる「無公害防蟻工法」を行っているところに、その特徴があります。

「殺虫」を目的とし、防蟻剤による人体への悪影響を考えて成分が調整されている一般の防蟻剤は、その薬効を保てるのがおよそ5年です。
一方、ミサワホームでは、シロアリを家に近づけさせないことを目的にしています。

ミサワホームでは、一般的に行われる薬剤の土壌散布などはしません。
安全性が高いことで知られるネオニコチノイド系薬剤や植物から抽出されたフィトンチッド抽出物などを主成分とした防蟻シートを工場で作成し、建物の1階床パネル下面に張っていきます。

現場で薬剤を使うことはほとんどないため、土壌や室内の空気へも影響を及ぼしません。
シロアリの忌避を目的とした薬剤のため、「抵抗性のある個体が生き残って害をなす」という心配もなく、持続性も高いのです。

こうした処理ができるのは、すべての木質パネルを自社の工場で生産する会社ならではといえるでしょう。
品質のムラもなく、安心してその効果を享受できるのが、ミサワホームの「無公害防蟻工法」なのです。

木材にやさしい防腐・防蟻処理の「特殊インサイジング加工」

ミサワホームには、さらに独自の防腐・防蟻処理方法があります。
「特殊インサイジング加工」と呼ばれるものです。

ミサワホームでは、浴室まわりなどを中心に、土台部材としてヒバを使用しています。
ヒバは、フェノール成分であるヒノキオチールの含有量が多く、腐敗に強いのが特徴です。
防腐処理の必要がない「特定耐久性樹種」の指定を受けていますが、ミサワホームはこのヒバに防腐処理を施しています。

この防腐処理はミサワホーム独自の技術です。
木材に繊細な刻み目を入れて油性の薬剤を噴射塗布する「特殊インサイジング加工」が行われているので、含水率を上げずに木材の奥にまで薬剤を染みこませることができます。

また、木目によるムラなどが出にくく、均等に薬剤を行きわたらせることができるのが、この処理法の大きなメリットになります。
こうした加工を行うことで、建物の腐食やシロアリの被害を防ぐことができ、建物の耐久性が高められるのです。

ミサワホームの防蟻工事は10年保証

保証期間が終わり、気づけばシロアリの被害に遭ってしまったという例も少なくありません。
ミサワホームでは、こうしたシロアリの被害を予防するため、独自の「無公害防蟻工法」や「特殊インサイジング加工」を実施しています。

これらによって高い効果を得られるため、業界では唯一の「10年保証」を行ってきました。
通常の土壌散布では5年保証が限界ですが、ミサワホームの防蟻工事を受けることで、10年もの間、その薬効を享受することができます。
わが家を食らい尽くしかねないシロアリの恐怖におびえることなく、10年間を過ごせるというのは大きなメリットです。

ミサワホームの防蟻工事を行うメリットは、保証期間が伸びるだけではありません。
10年に1度防蟻工事を行うだけですむため、通常5年に1度かかる土壌散布に比べて、メンテナンスにかかる費用を2分の1に抑えることができるのです。

上記の内容をもとに、一般的なシロアリ業者とミサワホームを比較した表が以下になります。

ミサワホームと一般的な業者の特徴の違い
ミサワホーム 一般的な業者
使用薬剤忌避剤殺虫剤
保証期間10年5年

一般的なシロアリ駆除業者の、駆除や予防方法は以下の記事に記載しています。
シロアリ駆除の方法は?それぞれのメリット・デメリットをご紹介
シロアリ防除の方法|シロアリ防除の必要性は?

リフォーム防蟻処理で30年連続保証も可能

ミサワホームで防蟻処理のリフォームを行っている写真

大切なわが家を長持ちさせようと考えれば、適切なメンテナンスを行い、計画にリフォームしていかなければなりません。
ミサワホームの防蟻工事は、こうした「適切なメンテナンス」「計画的なリフォーム」を体現するものでもあります。

土壌散布と比較して、薬剤を数十分の一に抑えられる安全で薬効の長い工法です。
10年の保証期間がついているのは先述した通りですが、ミサワホームの場合、さらに10年ごとに保証を延長することができます。
10年保証のついた防蟻工事ののち、10年保証の延長を繰り返すことで、30年もの間保証を受けることが可能です。

10年ごとに高い経験値のある業者の点検を受け、リフォーム防蟻工事を繰り返すことで、大切な家を守ることができます。
それだけでなく、そのメンテナンスコストを抑えることができるため、費用面でも非常にメリットのあるものだといってよいでしょう。

まとめ

今回は、ミサワホーム独自の防蟻工事や特殊インサイジング加工、業界で唯一の10年保証などをご説明してきました。

シロアリの食害を受けると、建物は大きな被害に遭います。
こうした被害を事前に予防し、その効果を長年維持していくことが、シロアリ対策のもっとも大事なポイントです。

ミサワホームのリフォームなどを視野に入れながら、シロアリ予防対策を十分に講じてみてください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。