シロアリ駆除

羽アリがシロアリかどうかを見分けるには?大量発生した羽蟻を駆除する時の注意点

大量発生した羽アリがシロアリかどうか見分けるには?

家で羽アリを見つけると、だれでも焦ってしまいますよね。
「羽アリ=シロアリ」のイメージが強いので、「家にシロアリがいるかも!」と怖くなります。

しかし、見つけた羽アリがシロアリと決まったわけではありません。
発生した羽アリが、シロアリなのかどうか簡単に見分けられる方法をご紹介します。

また、羽アリが発生したときに、してはいけないこと、正しい対処法も解説するので参考にしてみてください。

シロアリ駆除のお問い合わせはこちらから
お名前
電話番号

シロアリの羽アリの特徴

シロアリの羽アリの特徴

春から夏にかけて、シロアリは羽アリとなって大量に飛び立ちます。
家屋に被害をもたらすシロアリの羽アリの特徴は、下記3点です。

  • 触覚が短く数珠状
  • 前後の羽の大きさが同じ
  • 胴体がずんどう

上記の他にも、シロアリの羽アリを見分けるポイントがあるので、以下で説明していきます。

羽アリが発生する原因については、羽蟻が大量発生してしまう原因と対処方法の記事も参考にしてみてください。

発生した羽アリがシロアリかどうかの見分け方

シロアリ以外にも、家を食害しないクロアリも羽アリになって姿を現します。
お家で発生した羽アリが、シロアリの羽アリなのか、クロアリの羽アリなのか、以下の方法でしっかりと見分けてください。

シロアリとクロアリの見た目の違い

シロアリとクロアリの羽アリでは、見た目に大きな違いがあります。
下記にまとめてみました。

シロアリとクロアリの違い

シロアリは同じ大きさの4枚の羽を持っています。
この羽は非常に取れやすいので、シロアリは見つからなくても、羽だけ見つけたことがあるという人もいるかもしれません。
また、触覚がまっすぐで、くびれがなく太い胴体も特徴的です。

一方で、クロアリは前後の羽の大きさが異なります。
また、羽も強く引っ張らないと抜けません。

黒アリの触角は「くの字型」に曲がっています。
胴体は胸と腹で大きさが違い、くびれているような形をしているのが特徴です。

羽アリの発生時期

羽アリの発生時期によってシロアリかクロアリか、またシロアリの種類を見分けることができます。
それぞれの種類と発生時期は下記のとおりです。

種類 発生時期と時間帯 よく見られる地域
ヤマトシロアリ4~5月北海道の北部を除く日本全域
イエシロアリ6~7月関東以西の沿岸地域
アメリカカンザイシロアリ7~9月関東より西
クロアリ6月~11月全国

日本で起きているシロアリによる被害の多くは、ヤマトシロアリとイエシロアリの2種類によってもたらされています。

ヤマトシロアリは関東で見られることが多く、主に4月から5月にかけて発生します。
その中でも、暑さが比較的落ち着いている朝から昼までの時間帯に見られることが多いです。

また、イエシロアリは千葉や神奈川周辺で見られることが多く、6~7月の夏の始まり頃に発生します。
ヤマトシロアリが朝方に発生するのに対し、イエシロアリは夕方から夜の時間帯に見られることが多いです。
そのため、暑さがきつい夏や気温が下がる秋以降にシロアリを見かけることは珍しいと言われています。

一方でクロアリは6~11月にかけて活動しているので、その期間に見つけた羽アリはクロアリの可能性が高いです。

ただし、ヤマトシロアリやイエシロアリ以外のシロアリも日本には生息しているので、発生時期だけで一概にクロアリと決めつけることはできません。
あくまで参考程度に覚えておきましょう。

羽アリの種類について詳しくは羽蟻がすべてシロアリではない?羽蟻の種類と見分け方の記事でも詳しく解説しています。

またシロアリや羽アリの発生時期については、シロアリの発生時期っていつ?活動時期についても解説の記事も参考にしてみてください。

残された羽や粒で判断

シロアリは羽や粒を残す

家の中に残された痕跡からも、羽アリの種類を判別できます。

下記のようなものが残っていたら、羽アリの種類はシロアリである可能性が高いです。

  • 半透明の羽
  • 顆粒状の乾いた糞

シロアリは半透明の羽を持っており、この羽は非常に抜けやすいという特徴があります。
一方で、クロアリの羽は簡単には抜けません。
そのため、家の中や周辺に半透明の羽が大量に落ちている場合には、シロアリが発生したと判断できるでしょう。

また、シロアリの中には顆粒状の乾いた糞を排泄する、アメリカカンザイシロアリという種が存在しています。
この形状の糞はエサとなる木材の近くに多く見られます。

アメリカカンザイシロアリは、通常のシロアリへの対処方法では効かない場合がある厄介なシロアリです。
家の中で顆粒状の糞を見つけた場合は、すぐにシロアリ駆除業者に相談するようにしましょう。

以上のようなポイントに注意することで、羽アリの種類を判別することが可能です。
家の中に発生した羽アリの種類によって取るべき対策は異なるので、すぐに見分けられるように確認しておきましょう。

シロアリの種類の見分け方は、シロアリの種類を見分ける!種類別の駆除方法を紹介の記事も参考にしてみてください。

羽アリの発生場所と数で緊急度が変わる

羽アリの発生場所と数で緊急度が変わる

羽アリの発生場所と数によって、シロアリ対策の緊急度が変わります。
下記のように、シロアリ発生の状況によって対応が異なるのです。

家の中で羽アリが大量発生している:緊急度高

羽アリの発生源が家の中である場合は、家屋内に個体数の増加した巣がある可能性が高いです。
シロアリ被害がすでに大きいはずですので、早急に駆除を行ってください。

家の外から数匹の羽アリが飛んできた場合:緊急度低

別の敷地の巣から飛来してきた羽アリです。
お家に新しい巣を作られないように、羽アリの侵入を防ぐ対策をしてください。

羽アリを簡単に退治する方法

羽アリを簡単に退治する方法

大量に出てくる羽アリを目にしたら、今すぐ駆除したくてたまらないでしょう。
そんなときに、簡単にできるおすすめの羽アリ駆除方法をご紹介します。

ただし、羽アリの発生源であるシロアリの巣ごと駆除しないと、根本解決にはなりません。
ここでご紹介する方法は、あくまで応急処置として覚えておいてください!

掃除機で羽アリを吸う

大量の羽アリを、手で触れずに退治できる方法です!
シロアリはとても弱い生き物ですので、吸い込む圧力でほとんどの羽アリは死んでしまいます。
万が一生き残っていたときのことを考え、丸一日は掃除機内に放置してから捨てましょう。

ポリ袋で羽アリを捕まえる

羽アリが出てくる場所を覆うようにポリ袋(ビニール袋)をかぶせて、中に羽アリがたまるようにします。
ある程度たまったら口を結んで捨てて、また新しいポリ袋をかぶせます。

羽アリのサンプルをとっておこう

可能であれば、数匹の羽アリまたは数枚の羽を、サンプルとしてとっておきましょう。

上記の掃除機やポリ袋を使った駆除なら、比較的簡単にサンプルを取ることができます。
サンプルがあれば、シロアリ駆除業者が調査に行った際に、すぐにシロアリの種類を判別できます。

してはいけないシロアリの駆除方法

してはいけないシロアリの駆除方法

シロアリを見つけると、つい焦ってしまい、どうにか自分で対処をしようと考えてしまいがちです。
しかし、自分で対処をする人の中にはかえって被害の拡大につながるような処置をしている人がいるかもしれません。
ここでは、ついやってしまいがちな2つの間違いを紹介します。

殺虫剤を使ってシロアリを駆除する

目の前の羽アリは駆除できます。
しかし、生き残ったほかのシロアリは、危険を察知して逃げ回り、建物中のいたるところに隠れてしまいます。
そのため、駆除を目的に行ったはずが、むしろシロアリの活動範囲を広げてしまう可能性があるので注意が必要です。

シロアリに熱湯をかける

シロアリは高温で死んでしまうので、熱湯をかける人がいます。
しかし、殺虫剤同様にシロアリの行動範囲を広げてしまう可能性があります。
被害の範囲が大きくなると、駆除をすることがより難しくなるでしょう。

羽アリが発生したら業者にシロアリ駆除を頼もう

羽アリが発生したら業者にシロアリ駆除を頼もう

自分で羽アリを駆除できたと思っていても、巣の中にはさらに多くのシロアリが潜んでいる可能性があります。
そのときはシロアリがいなくても、数日後には大量のシロアリが発生するかもしれません。

シロアリを正しく駆除するためには、家全体の被害状況の正確な把握、巣の位置の確認、侵入経路の確保など専門的な知識が必要になります。
そのため、個人の勝手な判断で安全だと勘違いしてしまうことは非常に危険です。
そのまま放置しておくと被害が拡大する恐れがあります。

個人でできるシロアリ駆除は、あくまで応急処置にすぎません。
そのため、シロアリを発見したときは、すみやかに業者に相談するようにしましょう。

そうすることで、根本的に問題を解決することができます。
業者に依頼することで費用はかかりますが、安全な暮らしにはかえられません。

自分で対処してしまうのではなく、業者にしっかりと調査をしてもらい、根本的に問題を解決してもらいましょう。

まとめ

家の中にいる羽アリが必ずしもシロアリだとは限りません。
そのため、羽アリを見つけたらそれがシロアリなのかクロアリなのかを判別しましょう。

また、焦って殺虫剤や熱湯で駆除をする人もいますが、そういった行動はかえって被害を拡大させてしまう恐れがあります。
シロアリが発生した場合は、掃除機で吸い取るかポリ袋に集めて駆除し、そこからの駆除作業は業者に相談するようにしましょう。

専門知識を持つ業者に駆除を行ってもらうことで、根本的に問題を解決し、安心した生活を送ることができます。

シロアリ駆除業者選びについては、下記の記事も参考にしてみてください。
シロアリ駆除業者の選び方と業者を見るポイント

シロアリ駆除にかかる費用と業者を比較

ファインドプロでは、シロアリ駆除・防除の料金を比較できるサービスを提供しています。
Web上から、地域に寄り添った白蟻駆除業者に依頼できるのが特徴です。
施工料金も記載しているので、安心して依頼することができます。
シロアリ駆除の業者選びに迷ったら、「料金」「サービス内容」を参考にしてください。

エリアからシロアリ駆除業者を探す

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。シロアリ駆除や防除などの対策にかかる費用を一覧で比較することができます。シロアリの駆除は被害範囲や発生場所、作業を請け負う業者ごとに、かかる費用が異なる場合があります。そのため、調査や駆除を依頼する前に、シロアリ駆除業者ごとの料金やサービス内容・口コミの比較が必要です。また、シロアリの防除は、白蟻の予防だけでなく、その他の害虫駆除にも効果があります。予防施工や適切な処理を行うことで、家屋などの建物の木材や基礎部分、床下への害虫全般の侵入を防ぐことができます。さらに本サイトでは、シロアリを自分で駆除する方法や、防除や予防にかかる費用の相場、薬剤を使用した害虫被害への対策手段も紹介しています。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。