シロアリ駆除

シロアリ駆除業者の選び方と業者を見るポイント

リフォームとシロアリなどの床下の害虫駆除は同時に対策するのがおすすめ!

シロアリ駆除を業者に依頼するとき、皆さんはどういった理由でシロアリ駆除業者を選びますか?
料金?施工内容?知名度?
それでもやっぱり気になるのは、費用ですよね。

納得できる価格でシロアリ駆除を依頼するなら、3社には調査をしてもらい見積もりをとる必要があります。
それは何故なのか……?
今回はよくある事例をもとに、そんなシロアリ駆除の裏側を紹介します。
これを知ることで、本当に最適なシロアリ駆除業者がわかるでしょう。

シロアリ駆除業者選ぶなら3社から見積もりを取ろう

自宅でシロアリ・羽アリを1匹でも見つけたら不安ですよね。
一刻も早くシロアリ駆除業者には、自宅の調査や駆除をしてほしいと考える方が多いはず。
しかし、信頼できるシロアリ駆除業者を選ぶには、1社で決めるのではなく3社に見積もりをとったうえで決める必要があります。
複数社に見積もりを取ることはとても重要なことですが、一体なぜなのでしょうか。
よくあるケースをもとにご説明致します。

持ち家のAさんのシロアリ駆除事例

同じ面積であっても、施工金額は業者によって異なる

のどかな山間部にある1軒屋で暮らすAさん。
つい先日、築30年を超える自宅の洗面所でシロアリを数匹見つけました。

Aさんは翌日すぐにシロアリ駆除業者のB社へ連絡し、数日後には現地調査をしてもらい白蟻駆除の見積もりをだしてもらいました。
見積もりの内容は工事費用24万円に5年間の管理費用24万円を合わせて約50万円とのこと。

少し高いなと思いつつも、シロアリ駆除にかかる費用はこんなものかとB社に決めようと考えていた矢先です。

Aさんはびっくりしました・・!
たまたまインターネットで見つかったC社はなんと同じ面積で工事費用35万円で無料の5年間の品質保証サービスがつくようなのです。

シロアリ駆除に明確な相場はない

値段とサービスに驚きと疑問を感じたAさんは、C社へすぐ問い合わせました。
「なぜ、同じ施工面積なのにこんなに費用が違うのでしょうか!?」

C社の回答はこうでした。

「シロアリ駆除には様々な方法があり、駆除するシロアリの種類や、家屋の被害状況によって白蟻駆除の費用は変わります。
また、会社によって保証サービスも違ってくるからです。」

そんなものかなぁと思いつつ、わからないことの多いAさん。
では、B社は駆除費用などいい加減な話をしているのでしょうか?

じつはB社もC社もまったく嘘をついていません。
シロアリ駆除は駆除の方法や施工する家の状況などによって、費用は変わってしまうものなのです。

シロアリ駆除の方法によって費用は変動する

シロアリ駆除の費用は下記の5つによって変動します。

  • 白蟻被害の状況s
  • シロアリの種類
  • 建造物の構造
  • シロアリ駆除の方法
  • 追加工事による諸費用

シロアリの被害は床下で発生することも多く、業者が侵入するスペースを確保するためには別途工事が発生します。
このような場合、シロアリ駆除費用はとは別に料金が必要になるのです。

また、シロアリ駆除を行った後に、湿気を好む白蟻対策として、機材を設置することも。
このような追加工事も費用が変動する要因です。
シロアリ駆除は様々な理由でインターネットなどで見ていた費用よりも高くなってしまうことも多くあります。
駆除にかかる費用がいくらなのか、詳しく知りたい方は「シロアリの駆除費用はいくら?料金の内訳と知っておくべき注意点」をご覧ください。

自分でシロアリ駆除をすれば安くなるがリスクもある

一方でシロアリ駆除は自分でできないのか?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
結論から言うと、シロアリ駆除は自分で行うことも可能です。
ホームセンターや量販店でシロアリ駆除剤を購入することもできますし、駆除にかかる費用も薬剤のみのため安くなります。

ただし、自分でシロアリ駆除を行う場合は、下記のリスクがあることを把握しておきましょう。

  • 見える範囲しか駆除できない
  • シロアリが再発する可能性がある

自分で白蟻駆除の薬剤を使用して駆除する場合、見える範囲しか対処できません。
シロアリは床下など普段見えないところで被害を拡大させているため、見える範囲だけの対処に留めてしまうとその間に被害が拡大しているという恐れがあります。
居間にシロアリが現れたので、駆除をしたという場合でも、実は1年後に屋根裏など知らないところで被害が確認されるといったことです。

さらに、自分でシロアリ駆除剤を使用した場合、駆除剤のおかげでシロアリが逃げてしまうということもあります。
駆除できたわけではないので、他の場所で巣を作り、被害を生み出すのです。
シロアリを完全に駆除してしまいたい方は、専門のシロアリ駆除業者に依頼しましょう。

信頼できるシロアリ駆除業者を選ぶための3つの方法

シロアリ駆除を信頼できる業者に依頼するためには、下記のポイントをおさえておきましょう。

  • シロアリ駆除の資格を持っている
  • 施工後の保証サービスが充実している
  • シロアリ駆除の施工実績が豊富

以下で詳しく説明していきます。

シロアリ駆除の資格を持っている

「シロアリ駆除には資格があるの?」と疑問を持った方もいるでしょう。

シロアリ駆除や予防をするにあたっては、「しろあり防除施工士」という資格が存在します。
しろあり防除施工士は、公益社団法人日本しろあり対策協会が定めた資格です。
シロアリ駆除は資格がなくとも施工はできますが、資格を持つということは必要な知識を身に着けているという証明になります。
資格については「シロアリ駆除に資格ってあるの?」で詳しく説明していますので、ご覧ください。

施工後の保証サービスが充実している

シロアリ駆除業者の多くは、施工後の保証サービスも充実しています。
シロアリ駆除はその場での駆除以外にも、長期的に家を守る予防も重要だからです。
また、シロアリ自体は日本中に生息しており、羽アリの飛来などによって駆除したとしても別の要因で、再度被害が発生する恐れもあります。
そのため、シロアリ駆除を行った後も保証がしっかりしている業者を選びましょう。

シロアリ駆除の施工実績が豊富

依頼する業者がこれまでにどの程度シロアリ駆除を行ってきたかも確認しておきましょう。
白蟻駆除の実績がある業者ほど、お客様の対応も慣れていますし、実力の結果として施工実績があるといえるでしょう。
また、誠実な業者であれば、床下の調査内容なども写真や動画で説明をしてくれるなど丁寧です。
事前にホームページからでも、シロアリ駆除の実績があるか確認しておくことをおすすめします。

シロアリの駆除・予防業者を価格だけで判断しない

ここまで信頼できるシロアリ駆除業者を選ぶ方法を紹介してきましたが、最終的に白蟻駆除を依頼する業者と契約する際には、見積もり書の内容をきちんと確認して、冷静に判断するようにしましょう。
たとえ3社の見積もりを比較して一番納得できるシロアリ駆除業者であったとしても、「駆除当日に床下に入るための追加工事によって費用が発生した」といったトラブルに巻き込まれてしまうのは避けたいですよね。

そうならないためにも、シロアリ駆除の見積書の確認ポイントは押さえておきましょう。
特に重要なのは、施工内容、作業の開始時間、追加工事の有無です。
これらをシロアリ駆除業者ごとに比較して気になるポイントがあればシロアリ駆除業者に問合せるようにしましょう。

シロアリ駆除を依頼する際は、複数の業者を比較しましょう

シロアリ駆除の費用には、決まった相場は存在しません。
そのため、信頼できるシロアリ駆除業者を選ぶには3社以上には見積もりを出すことで比較することが重要です。

大手業者や農協、生協や地場のシロアリ駆除業者という選択肢もあります。
各社によって、サービスが異なるので比較することで、自分が信頼できるシロアリ駆除業者を選びましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。