シロアリ駆除

シロアリ駆除剤の効果が続く期間はどれくらい?

シロアリ駆除剤の効果が続く期間はどれくらい?

新築時や定期点検時に、シロアリ予防の薬剤散布やさまざまな対策をとる方は非常に多くいます。
しかし、これらの処理を一度行ったら、シロアリ駆除対策はもう二度とする必要はないのでしょうか?

いえ、そうではありません。
あくまでも薬剤処理なので、一定期間でどうしても効果は薄れてしまうでしょう。

それでは、一度シロアリ対策を行ったら、効果はどのくらい持続するものなのでしょうか。
ここでは、シロアリ駆除剤の防除効果が続く期間について、詳しくご紹介します。

シロアリ駆除剤の防除効果が続く期間は5年

シロアリ駆除剤やシロアリ予防の薬剤散布効果は、近年、技術の発達により飛躍的に向上しています。
安全面や、臭い、その効果などさまざまな面で進化しているといえるでしょう。
現在も研究が進められており、さまざまな種類のよりより薬剤が日々開発されています。

しかし、シロアリ予防の薬剤の防除期間は、一般的に5年程度であり、この点に関しては昔からあまり大きくは変わっていません。

なぜ変わっていないのかというと、環境への配慮からです。
環境へ必要以上に負荷がかからないようにするため、一定期間で薬剤が自然に分解されるように製造されており、その自然分解されるまでの期間が5年程度となっています。

シロアリ駆除の工法による違いは下記のとおりです。

バリア工法(薬剤散布法)
散布した薬剤が徐々に分解されます。5年後にはほぼ効果を発揮しない状態になっているでしょう。
ベイト工法
使用するベイト剤は数ヶ月かけてシロアリに食べさせます。市販の薬剤であれば一般的に有効期間は2年です。シロアリが食べた分だけ薬剤は減少するので、少なくとも半年に1度の確認が必要になるでしょう。

また、シロアリの予防薬剤は、散布をしてから以下の影響を受け、徐々に効果を失いながら分解されていきます。

  • 水分
  • アルカリ酸性
  • 金属イオン
  • バクテリア

薬剤は5年間一定の効力があるわけではなく、徐々に防除効果が弱まるように作られているのです。
そして、5年経過するころには、シロアリを予防する効果はほとんどなくなっています。

シロアリ予防工事は5年毎がおすすめ

シロアリ予防の薬剤散布を行って5年経過毎に再度シロアリ予防工事を行いましょう。
予防効果も、時間の経過とともに弱まっていきます。

また、シロアリ駆除をしてから5年以上経つと、シロアリ被害に合う可能性が高くなるとのデータもあります。

シロアリを防除する力は多少なりとも存在しているため、薬剤の効力を維持する期間である5年を超えてしまったとしても、すぐにシロアリが大増殖することはないでしょう。
しかし、放っておくと図のように徐々に蟻害にあう可能性が高くなってしまいます。

家は、少しずつ古くなっていくものだといっても、できるだけきれいな状態を保って生活を続けていきたいものです。
そういったことを考慮すると、シロアリ予防の薬剤散布を行って5年経過毎に再度シロアリ予防工事を行いましょう。

シロアリ予防工事を行っていれば、施工時にシロアリの浸食状況などについて、定期的に確認でき、シロアリの新たな侵入も防ぐことができます。
マイホームで安心して生活するためにも、シロアリ被害はできる限り、予防することが大切といえるでしょう。

こんな家は要注意!シロアリ被害にあいやすい家の特徴

一言でシロアリの被害にあいやすい家というと、木造建築の住宅です。
木材は、シロアリのエサとなりますので、放置しておくと大黒柱を含めてかなり大きな被害となるでしょう。

ただし、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の家だと安心かというと、そうではありません。
シロアリは、コンクリートに穴をあけることができるので底から中に侵入をされてしまうと、木造建築の住宅と同じようなリスクがあるでしょう。

また、住宅の構造によっても、違いがあります。
布基礎構造の住宅の場合、床下が囲まれているため、通風が悪く湿気がたまりやすい状態です。

シロアリ被害にあいやすい生活習慣

シロアリの被害があまりないような家や構造をしていても、住民の生活習慣によって、シロアリが住み着いてしまうケースがあります。
次のような習慣がある場合は、生活習慣の見直しをするようにしましょう。

  • 水回りの掃除がしっかりできていない
  • 玄関のタイル面などを水洗いする機会が多い
  • 壁や床、そして天井に雨漏りがあることを確認しているが放置している
  • 押し入れの換気をあまりしない
  • 住宅の周りに不要な木材を放置している
  • 庭の樹木や木製の柵などの手入れができていない

家の中での悪い習慣によって、湿気のたまりやすい環境になりやすくなるというデメリットがあります。
シロアリは、湿気のある場所を好んで住み着きますので、気をつけるようにしましょう。

また、住宅周りに木材や樹木があると、そこにシロアリが住み着くことがあります。
意外に思うかも知れませんが、庭にある木製の柵や樹木の中にシロアリの巣ができてしまうケースは非常に多いです。
そこから、住宅内に侵入されることもあるので注意しましょう。

シロアリの予防方法

シロアリ予防をする方法は、さまざまですが、自分で行うこともできます。
シロアリ駆除用の専用キットや、シロアリ予防の薬剤キットなどは、近所のホームセンターや、インターネットの通販で簡単に購入することができるでしょう。

  • 薬剤散布
  • 庭など自宅周辺の木材を処理
  • 床下の換気

シロアリ予防で薬剤散布などの対策をする場合は、基本的に床下での作業が必要となります。
普段、床下に潜って作業するということはなかなかあることではありません。
思うように動けないため、長時間の作業はかなり大変なものとなりますので、心の準備と時間に余裕を持って作業をするようにしましょう。

また、庭にある木材は基本的に処分することをおすすめします。
シロアリは木材を好むので、庭にある木材やガーデニング資材はシロアリ被害を招く要因の一つです。
庭の倒木を放置していたら、知らない間にシロアリの巣になっていたということがあります。
庭の整理であれば、ご自身でもできることなので、シロアリ被害が心配な方は木材を処分してしまいましょう。

自分でシロアリ対策を行う方法をご説明してきましたが、自分で対策すると費用は安いものの、かなり大変なうえに、どうしても業者が使う薬剤に比べて弱いものとなってしまいます。
効果が劣ってしまうので、いっそのこと最初から業者に依頼をするのもおすすめです。
安心で信頼のできるシロアリ業者に依頼をするためには、複数の業者に見積もりを取ったうえで、相場通りの見積もりを提示する業者が良いでしょう。

5年に一度はシロアリ防除を業者へ

シロアリ予防の薬剤散布は、徐々に分解されながら、およそ5年程度で効力が切れてしまいます。
また、湿気の多い場所や周囲に古い木材がある家は、シロアリの被害を受けやすいこともわかりました。
使用しない木材の撤去や定期的なメンテナンスを行い、シロアリを寄せ付けないようにしましょう。

マイホームで安心して生活をするためにも、定期的なシロアリ予防工事をするのがおすすめです。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。