シロアリ駆除

シロアリの生態と種類を知る!特徴を知って正しい対策を立てよう

シロアリの生態と種類について語る男性

大切な家を食べてしまうシロアリは、恐ろしい存在ですよね。
では、みなさんはシロアリの生態についてどれくらいご存知でしょうか?

大切なお家にいつまでも住み続けるためには、シロアリ駆除などの対策が必要です。
そのために、敵の生態や特徴をしっかりと理解しておく必要があるでしょう。
ただ、意外にシロアリのことを知らない人は多いです。

どのような生活をしており、なぜ木材にダメージを与えるのか、そして被害から身を守るための対策方法などについて知っておきましょう!

シロアリってどんな生き物?大きさや特徴

シロアリとはどんな生き物なのか

シロアリは土の中で生活しているため、私たちが日常的にシロアリの姿を目にすることはありません。
シロアリとはどんな生き物なのでしょうか。

シロアリの生態として以下の3つが挙げられます。

  • 昆虫綱ゴキブリ目
  • 集団生活をする集団的昆虫
  • 死んだ植物を主食とする

シロアリはゴキブリの仲間ではあるものの、1匹で行動することはなく、階層のあるコロニーと呼ばれる集団で生活する生物です。

また、大きさは種類によって少しずつ違いますが、働きアリで5mm~8mm、羽アリで4mm~7mmほどになります。

見た目の特徴でクロアリと見分けることができるので、下記で見分け方を解説します。

シロアリとクロアリの違い

シロアリはクロアリと見た目が似ていて、巣を作り、社会生活をするという点でもよく似ています。
しかし、分類学上はゴキブリ目に属するゴキブリの仲間なのです。
クロアリはハチ目に属し、ハチの仲間です。

大きさで言えば、シロアリとクロアリの違いはほとんどありません。
どちらも体長は7mmから大きくて1cmほどです。

そのため、体の形や、羽アリのハネの形で見分けましょう。
以下に、シロアリとクロアリの見分け方の図を示します。

シロアリとクロアリの違い

羽アリでなくても、触覚と胴の特徴は共通していますので、上記のポイントで見分けましょう。
シロアリとクロアリの見分け方についてはシロアリの成虫が持つ特徴と黒アリとの見分け方の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

羽アリはなぜ発生する?気を付けること

羽アリを目にして、初めてシロアリの存在に気づいたという方も多いでしょう。
なぜ、羽アリは発生するのでしょうか?

羽アリは文字通り「羽のあるシロアリ」で、生殖能力を持った階級です。
つまり、新しい巣を作るための女王アリ・王アリの予備軍といえます。

羽アリは、5月から7月にかけて大量に発生します。
この時期は巣の個体数が増える時期です。

巣の中の個体数を一定に保つために、増えすぎたシロアリの一部が羽アリになって巣の外に飛び立ちます。
巣を飛び出した羽アリは、オスとメスでつがいとなり、新しい土地で巣を作り、新たなコロニーを形成するのです。

もし家で羽アリを見つけたら、その羽アリがどこから来たのか見極めて、下記のように対策する必要があります。

家の中から来た
羽アリの発生源が家の中である場合は、家屋内に個体数の増加した巣がある可能性が高いです。
シロアリ被害がすでに大きいはずですので、早急に駆除を行ってください。
家の外から来た
別の敷地の巣から飛来してきた羽アリです。
お家に新しい巣を作られないように、羽アリの侵入を防ぐ対策をしてください。

羽アリの対処方法は、下記の記事で詳しく解説しています。
参考にしてみてください。
羽蟻が大量発生してしまう原因と対処方法

シロアリの生態を知ろう

シロアリは、住宅を食べてしまう害虫として恐れられています。
どんな家でも被害を受けてしまう可能性がありますので、予防や駆除の対策が必須です。

シロアリのことをよく知って、より効果的な対策をしましょう!
以下では、シロアリの生態、家が受ける被害を解説します。

シロアリの主食は木に含まれるセルロース

シロアリの特徴は、セルロースをエサとすることです。

セルロースとは、植物の体の主成分で、特に木の幹に多く含まれています。
植物を食べる動物はたくさんいますが、セルロース自体を分解できる生物は非常に稀です。

これに対してシロアリは、セルロースを分解する原生生物を腸内に持っているため、セルロースを栄養源として消化・吸収できます。
倒木などを土に還すことができるので、「森の分解者」と呼ばれています。

自然界では必要とされるシロアリですが、人間の木造住宅にとっては天敵となってしまいます。
木でできた住宅はセルロースの宝庫で、シロアリにとって魅力的な獲物なのです。

シロアリが住宅へ与える被害

木材を大好物とするシロアリ。
住宅で発生すると、どのような被害をもたらすのでしょうか。

以下はシロアリが食害したことで、ボロボロになってしまった床下の実際の写真です。

シロアリが食害しボロボロになった床下の画像

このように食害が進むと、家の耐震性や資産価値に大きな悪影響を及ぼします。

シロアリの被害が発生するのは、床下や壁の内部など、外から見えない場所です。
またシロアリは餌場を見つけると、巣の仲間を集めて集団で食べにくるという習性があります。
ひとたびシロアリに餌場として認識されると、数百匹~数千匹ものシロアリが家を食べに来ます。

そのため、気が付かないでシロアリ被害を放置すると、驚くべきスピードで家をボロボロにされてしまうのです。

シロアリによる具体的な被害、シロアリ被害を見分ける方法は、下記の記事で詳しく解説しています。
「もしかしてシロアリ被害?」見分けるポイントと被害状況とは?

シロアリの巣は階級社会

シロアリは、数百~数万匹の大量の集団で巣を作ります。
この巣の中には、コロニーと呼ばれる社会があり、その社会は厳密な階級制になっています。

以下はシロアリの階級社会を示した図です。

シロアリの階層社会
女王シロアリ・王シロアリ
女王アリの寿命は、十数年とされており、毎日数百もの卵を産むことが使命です。
女王と王は、生殖活動をする以外の仕事をしないので、コロニーから出ることはまずありません。
ニンフ(巣全体の2~3%)
ニンフは、女王が産んだ卵や幼虫の世話をしたり、餌をあげたりする役割を有しています。
将来の女王アリ候補でもあり、何かあったときには女王アリへと変化するのです。
羽アリ
繁殖期になるとニンフが羽アリとなり、新たなコロニーを作るために巣を旅立ちます。
兵シロアリ(巣全体の7~8%)
兵アリは、コロニーを外部の敵から守ることを役割としています。
働きアリ(巣全体の90%)
巣のほとんどを構成する階層です。
蟻道を作ったり、餌を巣に持ち帰って、女王アリや兵アリに餌を与えたりします。

シロアリの生態については、シロアリの幼虫も逃さず駆除!おすすめの方法・商品を紹介!の記事も参考にしてみてください。

シロアリの種類と分布

シロアリの種類によって、発生場所や生態が異なります。
そのため、シロアリの種類を知っておくことで、効果的なシロアリ対策を取ることができるのです。

世界には、確認されているだけでも2,000種類以上ものシロアリが生息しています。
日本に生息するシロアリは、およそ22種前後です。
そのうち、家屋に被害をもたらすのは下記の3種類になります。

  • ヤマトシロアリ
  • イエシロアリ
  • アメリカカンザイシロアリ

3種類のシロアリの、分布図を下記に作りました。

シロアリの種類別分布図

ヤマトシロアリが最も広く分布し、北海道の一部を除く、全国で約90%以上の範囲で発見されています。
次に多いのがイエシロアリで、西日本を中心に分布しています。
アメリカカンザイシロアリは、近年発見数が増加しており、24都府県で点在しています。

以下で各種の特徴をご紹介します。

ヤマトシロアリ

日本で一番生息数が多く、シロアリ被害の80~90%はヤマトシロアリによるものです。

土の中や湿った環境を好み、被害は床下に多く、結露や湿気の多い建物では天井まで被害が及ぶこともあります。
巣を作る能力がないため、餌場にそのまま住み着いてしまいます。
行動範囲が狭く、一戸の住宅に2~3個のコロニーが見られる場合もあるのです。

イエシロアリ

イエシロアリは世界のシロアリの中でも、被害の大きさが最も大きいことで有名です。
木造の建物だけでなく、コンクリート造の建造物、立木に対しても被害を及ぼします。

食害に遭っている場所に巣を作ることはなく、別の場所に大きな巣を形成します。
1つのコロニー(巣)内の個体数は100万匹に及ぶものもあると言われ、被害速度も早いのが特徴です。

アメリカカンザイシロアリ

本来はアメリカに生息する、外来種のシロアリです。
被害はとても大きく、建物全体を食害します。
木材の内部をぽっかりと空洞にしてしまうので、場合によっては家の建て直しが必要になるほどです。
アメリカカンザイシロアリが巣を作るのは、乾燥した木材の中です。

アメリカカンザイシロアリの駆除方法はまだ確立されていないため、予防対策が重要になってきます。

シロアリの種類別の特徴や見分け方については、下記の記事も参考にしてみてください。
日本にはシロアリが何種類?簡単に判別できる方法を紹介

シロアリを見つけたときの正しい対応

シロアリを見つけたときの正しい対応

家の中で使われているすべての木材がシロアリ被害の対象になるかもしれないということを理解しておきましょう。
土台や、壁、天井裏などあらゆる木材を食べつくすまで白蟻の進行は止まりません。
最悪の場合、家の建て替えが必要となるケースもあるので、早期発見と駆除が必要です。

以下では、シロアリを発見したときの対策として覚えておいてほしいことをご紹介します。

殺虫剤は使わない

殺虫剤を使ってシロアリを退治しようと考える方がいらっしゃるでしょう。
しかし、市販の殺虫剤は使わないでください。

確かに殺虫剤を使えば、目の前に見えるシロアリは退治することができます。
しかし、巣にいる他のシロアリが警戒して、別の離れた場所に散らばってしまう可能性が高いです。
それによって、被害箇所が広がり、駆除するのもたいへん困難になってしまいます。

殺虫剤の使用はやめましょう。

シロアリの被害状況を確認

シロアリを発見したら、まずはシロアリの種類や被害場所の確認が必要です。

シロアリの種類や発生場所などは、駆除の成功率にも関わる大切な情報なので、自分でわかる範囲で確認しておきましょう。
これらの情報があると、駆除を依頼する際にもスムーズに進めることができます。

シロアリ駆除を専門業者に相談しよう

シロアリを見つけた時点で、すでに見えない部分で被害が拡大している可能性があります。
自分で駆除することも可能ですが、完全に駆除しきるのは難しいですので、業者に頼むのが賢明です。

シロアリの被害は放置すればするほど広がっていき、最悪の場合、家を建て替えないといけなくなってしまいます。
今後も安心して暮らしていくために、早急に専門業者に駆除を依頼しましょう。

まとめ

シロアリがどんな生き物で、どんな被害を家にもたらすのか、ご理解いただけたでしょうか。

シロアリは自然界では、分解者として非常に重要な生物と認識されています。
しかし、セルロースを食べる性質から木造住宅に甚大なダメージを与えてしまうのです。
数万から百万ものコロニーを築き、家中のありとあらゆる木材を侵食していくことでしょう。

今回ご紹介したシロアリの生態や対策を参考にして、大切なお家をシロアリから守りましょう。

シロアリ駆除にかかる費用と業者を比較

ファインドプロでは、シロアリ駆除・防除の料金を比較できるサービスを提供しています。
Web上から、地域に寄り添った白蟻駆除業者に依頼できるのが特徴です。
施工料金も記載しているので、安心して依頼することができます。
シロアリ駆除の業者選びに迷ったら、「料金」「サービス内容」を参考にしてください。

エリアからシロアリ駆除業者を探す

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。シロアリ駆除や防除などの対策にかかる費用を一覧で比較することができます。シロアリの駆除は被害範囲や発生場所、作業を請け負う業者ごとに、かかる費用が異なる場合があります。そのため、調査や駆除を依頼する前に、シロアリ駆除業者ごとの料金やサービス内容・口コミの比較が必要です。また、シロアリの防除は、白蟻の予防だけでなく、その他の害虫駆除にも効果があります。予防施工や適切な処理を行うことで、家屋などの建物の木材や基礎部分、床下への害虫全般の侵入を防ぐことができます。さらに本サイトでは、シロアリを自分で駆除する方法や、防除や予防にかかる費用の相場、薬剤を使用した害虫被害への対策手段も紹介しています。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。