シロアリ駆除

シロアリ駆除に使われる薬剤の与える影響とは?

シロアリ駆除に使われる薬剤の与える影響とは?

シロアリの発生に伴い、薬剤でのシロアリ駆除を検討している方はいませんか?
白蟻駆除の方法として、薬剤の散布や注入はよく実施されています。
しかし、使用されている成分は、シロアリだけではなく人間にも影響を及ぼす成分であることが多いのも事実。

そのため、シロアリの駆除方法は慎重に検討しなければなりません。
とくに、小さな子供がいる家庭や、出産を控えている家庭、ペットを飼っている家庭などは白蟻駆除で使用される薬剤の影響を把握した上で、シロアリ駆除業者と安全な方法を相談しましょう!

シロアリ駆除の薬剤による人体への影響

シロアリ駆除の薬剤による影響がある人たち

シロアリ駆除剤で重要視されているのは「持続力が高い」「一度に大量のシロアリを撃退できる」といった効果です。
そのためには、シロアリに対して刺激の強い成分を有効成分として使用する必要がありますが、これは人間にも影響を与えるものです。

シロアリ駆除の薬剤による人体の影響には様々なものが存在します。
特に影響を受けやすい「赤ちゃん」「妊婦」「ペット」について見ていきましょう。

赤ちゃんへの影響

万が一赤ちゃんが薬剤を吸い込んでしまった場合、微量であっても症状を発症してしまうことがあるため要注意。
大人と違い、赤ちゃんはまだ菌に対する免疫力が低いためです。
具体的な症状としては、嘔吐や咳といった明らかなものの他に、ぐったりと元気が無くなるような症状が現れることもあります。
また、肌に触れてしまった場合は「かぶれ」「赤み」「かゆみ」といった肌トラブルを引き起こすリスクが高いため気をつけましょう。

「赤ちゃんは屋内に避難しているから大丈夫」「作業場所から離れているから安心」と思いがちですが、風の影響や空気の流れなどで薬剤が屋内にも侵入してしまう可能性は高いです。
こうしたことから、「屋内にいるから」と安心せず使用する薬剤を変更する、別の方法で駆除を行う、駆除後は実家に戻るなどして一定期間家を空けておくことをおすすめします。

赤ちゃんへの影響が心配な方は、「シロアリ駆除の薬剤は子供や胎児にも安全?アレルギーなどの健康への影響は?」をご覧ください。
具体的な健康被害や、アレルギーについてまとめています。

妊婦への影響

妊婦さんの場合は、自分の身体だけではなくお腹の中にいる胎児への影響も重要視しなければなりません。
基本的に妊婦さんが「食べたもの」だけでなく「吸い込んだもの」も胎児に影響を与えます。
実際、妊婦の喫煙は原則控えるよう産婦人科で指導されることが多いですし、喫煙所周辺に長時間いることもあまり好ましい状況ではないといえます。

こうした「吸い込んだものによる胎児への影響」は、煙草に限らずシロアリ駆除で使用される薬剤も同様です。
妊婦さん自身が駆除作業をすることはもちろんのこと、駆除作業をしている近くにいることもなるべく避けたほうが良いでしょう。
微量であっても胎児に影響を与え、何らかの「障害」を引き起こすきっかけになるおそれがあります。

また、妊婦さん自身も妊娠中の身体はデリケートであることから、体調不良を引き起こしやすく「めまい」「吐き気」「喉の違和感」「目の痛み」などに悩まされることも。
「吸い込んだ場合」と同様に、不安定な体調である妊婦さんの場合は薬剤の影響を受けやすい状態です。
肌トラブルが深刻化してしまう可能性もあるため、シロアリ駆除を行う際は、下記の対応をとることをおすすめします。

  • 作業場所から離れる
  • 駆除方法を変える

ペットへの影響

大切なペットへの影響も忘れてはいけません。
シロアリ駆除における薬剤の影響は「嘔吐」「倦怠感」「だるさ」「喉の違和感」などの症状が挙げられます。

特に、室内犬の場合は空気の流れなどによって侵入してくる薬剤の影響を受けやすいため、症状をよく観察しておかなければなりません。
ペットの場合は人間のように言葉を喋ったり、赤ちゃんのように泣いて不調を訴えたりすることはなく、逆に体調を崩すとおとなしくしている傾向にあります。

場合によっては、状態が深刻化していることに気が付かないまま長期間過ごしていた…というケースも存在するため、シロアリ駆除を行う際にはペットの様子を注意深く観察する必要があります。
可能であれば一定時間外に連れ出したり、散布型の薬剤ではなく「設置型の薬剤」を取り入れるなどして、駆除方法を検討しましょう。

シロアリ駆除の薬剤による、ペットへの影響については、「シロアリ駆除は人やペットの健康に影響がある?」で詳しくまとめています。
実際にペットを飼っているお宅でのシロアリ駆除を検討している方は、確認してみてください。

シロアリ駆除の薬剤による環境への影響

シロアリ駆除の薬剤による影響は人間やペットだけではありません。
実は環境への影響も指摘されています。

シロアリ駆除剤に使用される成分の多くは、シロアリ以外の昆虫にも作用してしまうことが問題です。
害のない昆虫にまで成分が作用した結果、自宅周辺の生態系を不必要に変えてしまう恐れがあります。
また、成分によっては昆虫だけでなく「空気汚染」といった形で環境に悪影響を及ぼすものも。
空気汚染は人間に限らずあらゆる動物にとって深刻な問題であるため、使用は慎重に検討しましょう。

シロアリ駆除に利用される薬剤の種類

シロアリ駆除で使用される薬剤には以下のようなものがあります。

薬剤の種類 特徴
ネオニコチノイド系近年、主流となっているシロアリ駆除剤。ニコチンの似た成分(ニコチノイド)をベースとしています。様々な農薬や殺虫剤にも使用されており、シロアリ以外の昆虫にも影響を与えることができます。
また、鳥類、哺乳類への影響も確認されており、欧米では規制が進むなど、環境や人体への悪影響が指摘されているものです。
ピレスロイド系防虫菊の花に含まれる天然殺虫成分のピレトリンと似た成分を持つのがピレスロイド系です。即効性に優れている分刺激が強く、忌避性が高い。そのため、他の成分と比べて分解されやすく、哺乳類、鳥類の体内でも同じことがいえます。
フェニルピロール系一般的な薬剤ではないものの、駆除剤の一つです。細胞を飢餓状態にさせることで、効果を発揮する遅効性の薬剤となっています。乳幼児や妊婦がいる家庭での使用は、できる限り避けるべきでしょう。
フェニルピラゾール系少量で大量のシロアリを駆除できる、毒性の強い駆除剤。神経伝達を遮断する効果を持っています。瞬間的殺虫効果が高く、より効果が長く持つという特徴があります。室内を始め周辺の空気汚染のリスクがあり、環境への悪影響はやや強いです。
カーバメート系化学構造式にリンや塩素を含まず、カーバメートと呼ばれる独特の構造を持つ薬剤となっています。シロアリなどの昆虫の神経を過剰に興奮させ、呼吸障害を起こさせて撃退します。人体への影響度も高く、カーバメート系の駆除剤を使用する際には、換気をしっかりと行い体内に取り込むことのないよう配慮しましょう。
ホウ素化合物系防虫剤としてもよく使用されるホウ酸ですが、これ自体で哺乳類への悪影響はあまりありません。ペットや乳幼児による過剰摂取ということに注意できれば、シロアリへの効果が期待できます。
ヒノキチオール系化粧品や育毛剤にも使用されているヒノキチオール。シロアリに対しては忌避効果があり、塗布した場所に対してシロアリが寄り付かなくなります。安全性といったところでのメリットがありますが、忌避効果であって駆除ではありません。そのため、シロアリの予防効果は着込めます。

上記の通り、シロアリ駆除剤における薬剤の影響は人間・ペットだけにとどまらず、「シロアリ以外の昆虫への影響」「草木への影響」「空気汚染のリスク」として環境にも影響を及ぼす可能性が高いことが分かっています。

健康被害が少ないとされるシロアリ駆除の方法

健康被害が少ないシロアリ駆除の方法の一つとして、「ベイト工法」が挙げられます。
ベイト工法は、脱皮阻害剤をシロアリに食べさせ、巣に持ち帰らせることで多くのシロアリを撃退する方法です。
そのため、薬剤散布を行う方法に比べて、私達が体内に取り入れるリスクが少なく、赤ちゃんやペットへの影響も少ないとされています。

ただし、シロアリに一度巣まで毒餌を持ち帰らせる必要があるため、即効性は高いと言えません。
人体への影響も加味しつつ、白蟻を早く駆除したいという方は、シロアリ業者に相談しましょう。

シロアリ駆除で健康被害を出さないために注意すべきこと

シロアリ駆除で健康被害を出さないためには下記の2点を考慮しましょう。

  • 白蟻駆除の方法を見直す
  • シロアリ駆除の現場からは離れておく

シロアリ駆除というと、薬剤を散布するといったイメージを抱く方が多いのですが、他にも先程ご説明したベイト工法という毒餌を使用した方法も存在します。
毒餌は脱皮を必要としない哺乳類には影響がなく、赤ちゃん・妊婦さん・ペット(哺乳類)のいる家庭でも安心です。

毒餌の場合は、「シロアリの巣の近く」「シロアリの痕跡がある場所」「シロアリが現れそうな場所」などに設置するだけなので、周囲に薬剤がまき散らされてしまう心配もありません。
安全にシロアリ駆除をしたい方は検討すると良いでしょう。

どうしても、即効性を期待できる散布型の駆除剤を使用したいのであれば、駆除中は家を空ける、作業場所の近くには行かない、などを徹底し、安全を確保したうえで使用を検討しましょう。

また、シロアリ駆除の後に体の異変を感じた方はすぐに、近くの病院へ相談しましょう。
その際に、どういった系統の薬剤を使用したかどうかを伝えられると医師の対応もしやすくなります。
万が一の事態に備えて、シロアリ駆除を行う際には、白蟻業者にどういった工法で、どの系統の薬剤を使用するのかを聞いておきましょう。

まとめ

シロアリ駆除における薬剤の影響は、シロアリだけではなく「人間」「ペット」にも及ぼされます。
特に「赤ちゃん」「妊婦さん」「ペット」は薬剤の影響を受けやすいため注意が必要です。
現在、シロアリ駆除を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にしながら安全にシロアリ駆除を進めていきましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。