シロアリ駆除

シロアリ消毒は何年おきにする?シロアリ駆除による影響と健康被害

シロアリ消毒は何年おきにする?シロアリ駆除による影響と健康被害

シロアリ被害を予防し、大切な我が家を長持ちさせるためにいちばん大切なことは、建物の変化に目を配ること。
さらに、シロアリを寄せ付けないように消毒し、予防処置を講じることです。

しかし、定期的なシロアリ消毒が必要だとは聞いていても、どのようなタイミングで行えばよいのかと悩んでおられる方も多いのではないでしょうか。
ここでは、定期的なシロアリ消毒の必要性やその頻度、業者に依頼すべきなのかといった疑問について詳しく解説いたします。

シロアリを予防のための消毒措置は必要

庭木や自宅の床下では、定期的なシロアリ消毒が必要だとは聞いていても、なかなかピンとこないという人も少なくないはず。
シロアリの被害にあうなんて、めったにないことだと軽く考えてはいませんか。

実は、シロアリ被害に遭うのは特別なことではありません。
シロアリは、日本各地の土の中で生息している、一般的な昆虫。
ちょっとした油断で家の中への侵入を許してしまうと、次々に木材を食べてしまうのです。

例えば、庭にあるウッドデッキや倒木といった木材がシロアリ被害にあってしまった場合、隣接する部分から自宅への侵入を許してしまうことも。
その結果、自宅の柱や床下がシロアリによって食い荒らされることで、建物のゆがみや倒壊にまでつながる可能性があります。
そのため、庭先でのシロアリ消毒による予防は定期的にしましょう。

さらに、シロアリ被害はその他の被害を生むリスクを抱えています。
シロアリのふんにカビなどが繁殖し、ダニやその他の害虫・害獣を招きかねないのも、シロアリ被害のひとつです。
シロアリによってできた穴からネズミが入り込むこともあります。

こうした問題を事前に予防するためにも、シロアリ消毒の必要性があるのです。

シロアリの消毒をすべきタイミングは5年に1度

では、シロアリ消毒はどのようなタイミングで行えばよいのでしょうか。
庭木を含めた自宅のシロアリ消毒は最低でも5年に1度は実施するのが目安です。

シロアリの被害に遭いやすい木材や梁、基礎の周囲へ防蟻対策が施されていますが、これらの効果は5年を目途になくなってしまうからです。

以前のシロアリ消毒では、もっと強い薬剤が散布されていました。
しかし、環境を損なわず、人体やペットなどに害のない薬剤をとのニーズに応えて、自然に分解される薬剤が用いられるようになり、5年の保証期間を設けることが一般的になったのです。
薬剤は、徐々に分解されていくため、5年後に一斉にその効果を失うわけではありません。

その効果のほとんどを失ってしまうまでの期間が5年だということなのです。
そのため、新築後5年を経過した場合は、何かしらのシロアリ対策をとらなければならないのが原則です。
5年を目途に定期的にシロアリ検査を依頼し、できるだけ早期に被害を発見できるよう努めるのと同時に、シロアリ消毒を行うことが重要です。

シロアリ消毒を自分でする方法

「業者に頼んでシロアリの予防施工を依頼するのが面倒」「費用をできるだけ抑えたい」という理由から、自分でシロアリ消毒を行う人もいます。
ここでは、個人が庭先でできる行うシロアリ対策と消毒方法についても触れておきましょう。

シロアリを寄せ付けない消毒方法

シロアリのための消毒は、庭のウッドデッキや木材に防蟻剤を塗布しましょう。
液状の場合は、専用の防蟻剤や防腐剤をウッドデッキ全体に塗ることで、徐々に木材の中にも浸透していきます。

塗料を塗り終わったら、次は乾燥させる必要があります。
シロアリ対策に使用する防蟻剤は乾きが遅いものもあるため、半日ほど乾燥させましょう。
薬剤が気化したものを吸ってしまうことを避けるために、塗布後は外においておくことをおすすめします。

シロアリの対策薬剤による影響

シロアリ消毒に使用する薬剤は人体にとっても有害なものは存在します。
使用される薬剤の種類としては下記のようなものです。

  • ネオニコチノイド系
  • ピレスロイド系
  • フェニルピロール系
  • カーバメート系

これらはあくまで一例です。
ご自身でシロアリの消毒を実施する際には、薬剤がどういったものかを確認した上で、正しい用途でシロアリ対策をしましょう。 シロアリ消毒に使用する薬剤の影響について詳しく知りたい方は、「シロアリ駆除に使われる薬剤の与える影響とは?」をご覧ください。

まとめ

シロアリによる被害を抑えるためには、あらかじめシロアリ消毒を行う必要があります。
新築時に施工された薬剤の効き目は5年程度です。

それ以降は、大切な自宅がシロアリの脅威にさらされてしまいます。
業者に依頼して行う定期的なシロアリ消毒以外に、個人がシロアリ消毒を行うことも可能ですが、かけた手間暇のわりにはシロアリを予防しきれないといった結果もあるでしょう。

まずは、庭の清掃や屋内の風通しをよくするといった無理のない範囲からシロアリ対策を始め、専門業者に消毒を任せることをおすすめします。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。