シロアリ駆除

シロアリ駆除・予防の費用相場を比較 | 料金の内約と見積もり前の注意点

シロアリの駆除費用はいくら?料金の内訳と知っておくべき注意点

シロアリ駆除を検討するにあたって、「シロアリの駆除費用っていくらなの?」「安く済ませる方法はないの?」など、白蟻の駆除費用について疑問や不安を感じている方は多いのではないでしょうか。
一般的に、高額な費用になると考えられていることから、「駆除を依頼したいけれど金銭面に不安がある」といった理由で、依頼を迷っているという方もいます。
そこで、今回はシロアリの駆除費用について詳しく解説します。

シロアリ駆除のお問い合わせはこちらから
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

シロアリ駆除費用の相場はいくら?

シロアリ駆除費用の相場はいくら?

シロアリ駆除費用は業者によって違いがあるものの、ある程度の相場は存在します。
本記事では、ファインドプロ内で確認できた費用相場と一般的な相場料金について解説致しますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、ファインドプロで施工実績のある会社6社の料金比較です。

シロアリ駆除の料金表
業者名 シロアリ駆除費用(㎡) シロアリ予防費用(㎡)
ヤマトシロアリ研究所 1,820円 2,130円
ROY 1,150円~ 1,150円~
Arrows東海 1,200円 1,200円
クリーン計画プロープル 1,000円 1,000円
東海テクニカルサービス 2,121円 1,273円
ジャパン@レスキュー 1,200円 1,200円

シロアリ駆除費用の相場は、1平米あたりで換算すると1,415円です。

シロアリ駆除業者の多くは、施工料金を平米もしくは、坪単価で記載しています。
基本的な白蟻駆除の費用は施工面積によって決まるからです。
1坪は約3.3平米のため、先程お話した1平米1,415円は1坪あたりに換算すると約4,670円となります。

業者側の規模やレベルによっても金額は変動しますが、この金額から大きく外れない範囲で料金設定している業者を選ぶことをおすすめします。

シロアリ駆除料金が高すぎると、サービスと料金が見合っていないというトラブルを引き起こしてしまう可能性がありますし、逆に安すぎても駆除作業が雑であったり、保証サービスが充実していなかったりします。
結局のところ、トラブルに発展してしまう危険が生じてしまうのです。
相場の1平米あたり2,128円に近い料金でサービスを提供している業者を選ぶようにしましょう。

ファインドプロ以外の一般的な費用相場は、以下のようになります。

1㎡当たりの相場 1坪当たりの相場
大手業者・農協 3,000円 10,000円
地域密着業者 1,800~3,000円 6,000~10,000円

※上記は相場のため、実際の料金と異なる場合があります。

業者選びはこの相場から大きく外れていない価格設定の業者を選ぶようにしましょう。

駆除業者を選ぶ際、安すぎる業者には注意してください。
あまりに安い業者の場合、以下のようなトラブルが起きる可能性があります。

  • シロアリ駆除がいい加減
  • 追加オプションが高額

安い業者を選んだつもりが、結果的に費用がかさんでしまうこともあるのです。
以下で業者のタイプごとに相場を出しています。

大手業者のシロアリ駆除費用

業者名 シロアリ駆除費用(㎡) 一軒家(30坪)単価
サニックス 2,300円 227,700円
雨宮 1,500~2,600円 148,500~257,400円
ダスキン 2,250円 222,750円
アサンテ 1,980円~ 196,020円~

全国展開している大手シロアリ駆除業者のシロアリ駆除費用は、1㎡あたり2,126円、坪単価7,015円が相場です。

大規模な業態なので、広告費や人件費などのコストが駆除費用に上乗せされています。
大手駆除料金は、平均より高い傾向にあるものの、安心感や信頼があります。

業者選びに不安がある方は、大手業者に依頼するのが良いでしょう。

生協や農協のシロアリ駆除費用

シロアリ駆除費用(㎡) 一軒家(30坪)単価
生協 1,100~1,280円 108,000~126,000円
農協 2,420~3,030円 240,000~300,000円

生協は、組合員が相互に助け合うことを目的とした非営利団体です。
そのため、生協でシロアリ駆除を依頼すると、大手業者に比べ料金が安いことが多いです。

一方で、農協でシロアリ駆除を依頼すると、実際に作業をするのは別の業者になります。
そのため、農協から紹介されるシロアリ駆除業者は、農協に紹介料を払っている分、駆除費用が平均より高くなりことがあるのです。

生協や農協の駆除費用・メリットやデメリットに関しては、下記にも記載しているため依頼を検討している方は参考にしてみてください。
生協のシロアリ駆除サービス|特徴とメリット・デメリットは?
シロアリ駆除を農協に依頼したら費用はどのくらい?

地域密着型業者のシロアリ駆除費用

地域密着のシロアリ駆除業者だと、相場は1㎡あたり1,800円~3000円、坪単価6,000~10,000円程度です。
地域ごとに相場が異なるため、料金は一概に出すことができません。

決まった料金をHPなどで公開しておらず、見積もりをしてから料金を提示する場合が多いです。

Webに掲載している業者のシロアリ駆除費用

インターネットで集客しているシロアリ駆除業者は、近年増えています。
ウェブ上で簡単にシロアリ駆除業者を見つけることが可能です。

Web上に掲載している業者のシロアリ駆除費用の相場は、1㎡あたり2,000円程度、坪単価は6,000~7,000円程度です。

お客さんが、Web上で料金を比較してから依頼するため、ライバル企業よりも安く施工をしようと、料金を押さえてくれます。
事前に大まかな料金を把握しやすいこと、多くの業者を簡単に比較できることが特徴です。

当サイト「ファインドプロ」でも、シロアリ駆除の依頼をすることが可能です。
訪問見積もり後に、納得いただいてから依頼ができるので、料金に不安がある方でも安心です。
上記で紹介した料金相場をもとに、見積もりを取って比較をしてみてください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
シロアリの見積もりを依頼する
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

シロアリ予防の費用相場

30坪当たりの相場
バリア工法 18~20万円
ベイト工法 26~30万円

バリア工法は、家の床下の木材などに、薬剤を散布したり注入したりして予防する工法です。
ベイト工法は、毒餌を家の周辺に設置し、シロアリを家の中に入れないようにする工法です。
バリア工法よりベイト工法の方が、小さい子どもやペットへの影響は少ないとされています。
しかし、ベイト工法よりバリア工法のほうが、比較的安く施工できます。

シロアリ予防にかかる費用は、シロアリ駆除にかかる費用とほとんど同じです。
シロアリの駆除も予防も、工事内容はほとんど変わらないからです。

予防のために高額な費用が出しにくいという人は、自分で予防をするという方法もあります。
市販の殺虫剤やベイト剤を使えば、数百円~3,000円ほどでシロアリ予防をすることが可能です。
ただし、自分でシロアリ予防を行う場合は、「施工漏れ」が起きたり効き目が持続しなかったりなど、完璧に予防できるわけではありません。
しっかりシロアリを予防するためには、シロアリ駆除業者に依頼しましょう。

既に一度、シロアリ駆除をしたことがある人は、以前シロアリ駆除を依頼した業者に、予防を依頼するのがおすすめです。
保証期間内であれば無料で予防をしてもらうことができるからです。
保証期間が過ぎていても、2回目以降であればお得に予防してもらえる業者もあります。

シロアリ予防が初めての人は、保証期間が設けられている業者を選ぶようにしましょう。

シロアリ駆除費用や見積もりの内訳

シロアリ駆除における見積もり料金は大きく下記の5つによって変動します。

シロアリ駆除費用の内訳

白蟻被害の状況

シロアリ被害の状況によって、駆除料金は変動します。
シロアリ駆除の費用は、施工が必要な面積によって決まるからです。

シロアリが侵入してから駆除するまで期間が空き、被害が広がっていると駆除費用は高額になります。
長期間放置してしまうと、2階まで施工が必要なこともあるので注意が必要です。
侵入されてから日が浅い場合であれば、まだ被害は少なく済むため費用も安くなる傾向にあります。

シロアリの種類

日本で被害の多いシロアリは大きく以下の3種類です。

  • ヤマトシロアリ
  • イエシロアリ
  • アメリカカンザイシロアリ

上記の中では、イエシロアリとアメリカカンザイシロアリは、比較的料金が高まります。
ヤマトシロアリに比べ1.2~1.5倍の費用設定がされていることが多いです。

シロアリの種類の見分け方は、下記の記事も参考にしてみてください。
シロアリの種類を見分ける!種類別の駆除方法を紹介

建造物の構造

シロアリを駆除する建造物の構造も費用に大きく関係します。
具体的には、以下が料金を変動させるポイントです。

  • 作業員が床下に潜り込みやすいかどうか
  • どんな材質でできているか

作業員が床下に潜り込めない構造だと、薬剤を注入するための穴を壁や床に開ける工事が別途必要になります。
湿気が多い、浴槽付近にはシロアリが発生しやすく、工事が必要になることが多いので注意が必要です。

また「木造」「RC造」「鉄骨造」といった構造・材質に応じて、費用が変動することもあります。
施工方法や使用する薬剤が家の造りによって異なるからです。

シロアリ駆除の方法

シロアリ駆除の費用は、どんな工法で駆除を行うかにも依ります。

シロアリの駆除の方法は大きく2種類が挙げられます。

  • バリア工法(薬剤散布法)
  • ベイト工法

バリア工法(薬剤散布法)は、地面からの侵入を防ぐために薬剤を散布する方法です。
ポピュラーな方法であるため、バリア工法は比較的安価に行えます。

ベイト工法は、建物の周囲に薬剤の入った毒エサを埋め、それをシロアリに巣へと運ばせることで、巣を丸ごと駆除します。
非常に効果的な駆除方法ですが、ベイト工法は比較的費用が高めであるため注意が必要です。

以下に大手業者の工法別の料金比較表を出しています。

料金
バリア工法 2,430円/坪
ベイト工法 4,017円/坪

シロアリ駆除の方法については、シロアリ駆除の方法は?それぞれのメリット・デメリットをご紹介で詳しく説明していますので、ご覧ください。

追加工事や保証といったオプション

多くのシロアリ駆除業者は、費用を面積当たりの基本料金の形で提示しています。
しかし、薬剤での駆除の他にも追加工事が必要となり、そのオプション料金が発生する可能性があることに注意してください。

相場
床下換気扇 6~10万円
調湿剤 15,000円/坪
防カビシート 10,000円/坪
床下点検口 35,000円

また、シロアリを駆除した後、再度シロアリ被害を受けてしまう可能性は十分考えられます。
そのため、シロアリの再発に備えて、保証期間を設けている業者は多いです。
しかし、保証サービスをオプションとして別料金を請求してくる業者もあるので、確認をするようにしましょう。

シロアリ駆除の費用の実例

先程は、シロアリ駆除の費用に影響を与える5つの項目についてご説明しました。
以下では、実際にファインドプロを通して白蟻駆除を行ったお客様の事例と費用をあわせて3種類ご紹介します。

A B C
シロアリ駆除の費用 約18万円 約13万円 約44万円(うち追加工事27万円)
依頼時の状況 シロアリの発生が疑われる 室内で羽アリ・シロアリを見つけた 和室にシロアリが発生している
発生場所 不明 不明 和室、板の間
建物 木造/一戸建て 木造/一戸建て 木造/平屋
築年数 約60年 約30年 約55年
建坪 約45坪 約20坪 約100坪
追加工事 なし なし 調湿剤工事

調査を依頼してシロアリ駆除をしたAさん

シロアリ自体の姿を見ていないものの、家全体の床が弱っていることから、念のため調査を依頼したケースです。
結果、シロアリが確認されたことで、白蟻駆除をすることになりました。
多くの白蟻業者は現地調査と見積もりまでを無料で対応していますので、気になる方は依頼しましょう。

羽アリ・シロアリを見つけたBさん

床下の点検工事もなく、シロアリ駆除のみの対応です。
追加費用はなく、建坪がAさんよりも小さいため、今回は13万円という結果になりました。

追加工事が発生したCさん

建坪100坪と、一番広いですが、シロアリ駆除費用自体は約17万円でした。
しかし、白蟻が好む床下の湿気を取り除くために、調湿剤工事を追加で行ったので、費用約27万円が発生しています。

上述のように、シロアリ駆除費用は建坪のみで判断できるものではありません。
実際に見積りをとってみることで正確な料金を出すことができます。

またAさんのように、シロアリがいるかどうか確信できていなくても、調査のみ依頼することも可能です。
心配な方はまずは調査を依頼してみるのはいかがでしょうか。

シロアリ駆除における業者選びのポイント

シロアリ駆除業者を選ぶときのポイント

現在、日本には数多くのシロアリ駆除業者が存在します。
それぞれ、具体的なサービス内容やレベル、規模、対応エリアなどが異なりますが、何より優先的にチェックすべきポイントがあることを忘れてはいけません。
ここからは、そんな業者選びのポイントについてご紹介します。

シロアリ駆除の資格を持っているか

まずは、業者のレベルや信頼性などのポイントに目を向けてみましょう。
シロアリ駆除は無資格でも対応でき、日本のシロアリ駆除業者の中には無資格で運営している業者も多いです。
しかし、安心してシロアリ駆除を依頼したいのであれば、シロアリ駆除に関する資格を取得している業者に依頼することをおすすめします。

現在、シロアリ駆除の資格として存在しているのは「しろあり防除施工士」で、これは公益社団法人日本しろあり対策協会によって定められている資格です。
シロアリの駆除における必要な知識を取得していることの証明でもあるため、業者選びではしっかりとチェックしておきたいところ。
資格を取得しているかをチェックするには、業者のホームページを確認したり、実際に問い合わせてみたりすることが主です。
「信頼できる業者にシロアリ駆除を依頼したい」「過去に適当な駆除作業をされた経験がある」という方はぜひ、「しろあり防除施工士」の資格を取得しているか確認しておきましょう。

詳しくは、シロアリ駆除の資格|しろあり防除施工士って?信頼できる業者の選び方の記事で説明しています。

シロアリ防除の実績が豊富か

業者選びで忘れてはいけないのが「実績」です。
今までにどのような建物のシロアリ駆除を行ったのか、何件の依頼を受けてきたのか、依頼したお客さんたちの評価は良いかなど、こうした実績は業者の信頼度につながります。
実績が豊富であれば、知識も技術も豊富であることが分かりますし、評判が良ければ口コミで広まり、実績数増加にも関係するでしょう。

常に依頼がある状況にある業者は、それだけ人気であるということであり、信頼できるといえるのではないでしょうか。
ホームぺージやパンフレットなどに記載されている実績をチェックすることはもちろんのこと、「お客様の声」として利用者の声が掲載されているか、具体的にどのような内容が記載されているのかをチェックしてみてください。

ただし、「お客様の声」に関しては業者が適当に創作したものを掲載している可能性があるため要注意。
具体的な会社名や利用者の写真、駆除作業中の写真などが掲載されているものを確認しましょう。
例えば、企業のシロアリ駆除実績であれば「株式会社○○」と名前で記載されていることを確認し、個人宅のシロアリ駆除であれば利用者の顔写真や苗字の記載があるかをよくチェックしておきましょう。(個人宅のシロアリ駆除についてはプライバシーの観点からフルネームで記載されることは少ないです。)

シロアリ駆除後も保証サービスを提供しているか

シロアリ駆除に関するサービス範囲は業者によって大きく異なります。
例えば「駆除作業が完成するまでがサービス範囲内」という業者がある一方で、「駆除後の定期点検やシロアリの再発生の対応までがサービス範囲内」という、駆除後も様々なサービスを展開している業者も。
もちろん「保証サービス」を提供している業者を選択することはおすすめです。

業者にシロアリの駆除を依頼しても、駆除が完了してからすぐにシロアリが復活してしまうというケースは存在します。
理由は様々ですが、主に「駆除漏れ」「雑な作業」などです。
こうしたトラブルを回避するためにも、駆除後の保証がきちんと設定されている業者を選びましょう。

例えば「駆除後1年間無料保証」「駆除後の点検〇%オフ」「シロアリの再発生時の返金保証あり」など、こうした保証サービスが充実している業者を選ぶことで、万が一のトラブルでも安心ですし、無駄な出費を抑えることができます。
駆除費用は決して安いものではありません。シロアリが発生するたびに業者に依頼していては大きな負担となってしまうでしょう。
だからこそ、業者に依頼する際には保証サービスが充実している業者を選ぶことをおすすめします。

具体的な保証サービスに関しては、業者のホームページやパンフレットに記載されていることがありますが、記載されていない保証サービスがある場合もあるため、お問い合わせ時に保証サービスや保証範囲などを確認しておくと良いでしょう。

保証サービスについて注意すべき点は、下記の記事も参考にしてみてください。
シロアリ駆除の保証とは?防除のアフターサービスの内容と期間について

シロアリ駆除を依頼する際の3つの注意点

業者にシロアリ駆除を依頼する際、3つの注意点が存在します。

シロアリ駆除を依頼するときの注意点

以下で詳しく説明します。

費用の内訳など契約内容をよく読む

見積もりを業者に出してもらったら、見積もり金額の内訳を把握しておくことが大切です。
また、シロアリ駆除業者から出された見積もり書のうち、注意しておくべきポイントは3つあります。

  • 被害箇所
  • シロアリ駆除の方法
  • 追加工事

上記のポイントによって、シロアリ駆除料金は大きく変わってしまいます。
複数のシロアリ駆除業者から見積りをとれる場合は、これらのポイントを比較してみましょう。

平米単価や坪単価が安い場合でも、追加工事にいろいろと費用が発生するケースがあります。
結果的に、総費用を坪数で割ってみると他の業者より高くなってしまうので特に注意が必要です。

先程説明したポイントについては、必ず間違いや知らない内容がないか確認してください。
また、現地調査後、追加費用などを迫ってくる悪徳業者も少なからず存在します。
落ち着いて、どういった施工を行うのか、なぜ必要なのかを確認しましょう。

自分で判断できない場合は、複数のシロアリ駆除業者に見積もりを取ることをおすすめします。

保証サービスや追加費用を確認

シロアリ駆除業者の多くは、保証サービスやアフターサービスなどを設けています。
契約前にサービス全体をしっかりと確認し、万が一のトラブルに対応できるようにしておきましょう。

実際、シロアリを駆除してもらったはずなのに、またすぐに被害にあったというケースも。
再発した際に、保証サービスがないと、また高額な駆除費用を支払うことになってしまいます。

検討している業者がきちんとサービスを設けているかをよく確認しておきましょう。
また、サービス内容だけでなく「保証期間」「追加で発生する費用」など具体的な部分も忘れずに確認しておくことをおすすめします。

保証サービスについては、下記の記事も参考にしてみてください。
シロアリ駆除の保証とは?防除のアフターサービスの内容と期間について

複数の業者の料金を比較検討

業者それぞれ料金は異なります。
そのため「安すぎない」「高すぎない」といった業者を選ぶためにも、複数の業者をピックアップしてそれぞれをよく比較しましょう。

また、「なるべく費用を安く抑えたい」という方でも、極端に安い業者ではなく、相場よりも若干安い、という程度の業者を選ぶことをおすすめします。

上述した通り、安すぎる業者に依頼するとトラブルに巻き込まれるリスクがあるため、適度な費用感で検討することが大切です。
例えば1㎡あたり2,000円~3,000円、坪単価ではおよそ6,000円~1万円など、安すぎない範囲でシロアリを駆除してくれる業者を選んでください。

業者選びに迷ったら、「ファインドプロ」でも業者を紹介しているのでお気軽にご相談ください。
もちろん相談は無料です。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
シロアリ駆除の相談をする
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

シロアリ駆除の見積もり費用を安く抑える方法

シロアリ駆除費用を安く抑える方法

シロアリ駆除にかかる費用は、十数万~数十万と決して安い金額ではありません。
駆除費用を、少しでも安く抑えられる方法が何かないだろうかと考える方は少なくないでしょう。

以下では、その方法を3点ご紹介します。

シロアリ被害が広がる前に早期に駆除する

シロアリ駆除の費用は、上述したように、被害の程度によって変動します。
そのため、シロアリの被害がまだ大きく広がらないうちに駆除してしまうことで、費用を抑えることが可能です。

シロアリの被害を放っておくと、駆除費用がかさむだけでなく住宅の耐震性を損なうなど、重大な損害につながります。
シロアリの不安を少しでも感じたら早めに業者に調査を依頼するようにしましょう。

複数の業者の料金を比較検討する

これまで見てきたように、シロアリ駆除業者はそれぞれ異なる料金体系を持っています。

どの業者の料金体系が最適なのかは、1つ1つの事例によって変わってくるのです。
複数の業者に現地調査と見積りを依頼してそれぞれ比較することをおすすめします。

シロアリ駆除を比較するなら、厳選な審査を通過したプロが集まっている、ファインドプロを利用するのがおすすめです。
現地調査無料、品質保証5年間、追加料金なしですので、安心して依頼することができます。
シロアリ駆除・防除・予防サービスの業者一覧 | 害虫対策はファインドプロ

シロアリ駆除費用を税額控除や保険金申告する

シロアリ駆除の費用を、行政から補助金を受けられないかと考える方がいらっしゃるかもしれません。
結論から言うと、基本的にシロアリ駆除を名目とした公の補助金はありません。

代わりに、確定申告でシロアリ駆除の費用を「雑損控除」として申告すれば、駆除費用の一部が手元に戻ってくる可能性があります。
また、一部の火災保険ではシロアリ被害を自然災害とみて保険金が支払われるケースもあります。

雑損控除が適用されるには条件があるので、詳しくはシロアリ駆除って補助金が適用されるの?制度について詳しくご紹介の記事を参考にしてみてください。

業者を比較して適正な費用でシロアリ駆除をしよう

業者を比較して適正な費用で駆除をしよう

シロアリの駆除費用は決して安いものではありません。
被害の状況や契約内容によっては、高額な出費となってしまいます。

そのため、下記のポイントを確認しましょう。

  • 契約内容をシロアリ駆除の作業前に確認する
  • 保証サービスの有無を確認する
  • 複数の業者を比較・検討する

特に「費用面」「サービス面」などは重要なポイントのため、様々な業者のホームページをチェックしたり、電話で問い合わせたりして、しっかりと内容を把握しましょう
失敗のない業者選びのために、今回の記事が参考になったら幸いです。

また、実際に見積りを取る際のポイントはこちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。
シロアリ駆除の見積もりで失敗しないための予備知識

シロアリ駆除にかかる費用と業者を比較

ファインドプロでは、シロアリ駆除・防除の料金を比較できるサービスを提供しています。
Web上から、地域に寄り添った白蟻駆除業者に依頼できるのが特徴です。
施工料金も記載しているので、安心して依頼することができます。
シロアリ駆除の業者選びに迷ったら、「料金」「サービス内容」を参考にしてください。

エリアからシロアリ駆除業者を探す

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。シロアリ駆除や防除などの対策にかかる費用を一覧で比較することができます。シロアリの駆除は被害範囲や発生場所、作業を請け負う業者ごとに、かかる費用が異なる場合があります。そのため、調査や駆除を依頼する前に、シロアリ駆除業者ごとの料金やサービス内容・口コミの比較が必要です。また、シロアリの防除は、白蟻の予防だけでなく、その他の害虫駆除にも効果があります。予防施工や適切な処理を行うことで、家屋などの建物の木材や基礎部分、床下への害虫全般の侵入を防ぐことができます。さらに本サイトでは、シロアリを自分で駆除する方法や、防除や予防にかかる費用の相場、薬剤を使用した害虫被害への対策手段も紹介しています。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。