シロアリ駆除

生協のシロアリ駆除サービス|特徴とメリット・デメリットは?

生協のシロアリ駆除サービス|特徴とメリット・デメリットは?

生協といえば、コープや商品の配達サービスなどの印象を持っているかもしれません。
一度は利用したことがあるという人も多いのではないでしょうか。

そんな生協にはさまざまなサービスがあり、その中にシロアリ防除・駆除に関するサービスもあります。
生協は非営利事業という性質上、シロアリ駆除に関してもさまざまなメリットがあるのです。
そこで今回は、生協の駆除サービスにおいて、どのようなメリット・デメリットがあるのかについてご紹介します。

地域によって生協のシロアリ防除費用が異なる

生協のシロアリ駆除サービスが他社と大きく違っている点は、条件が地域によって統一されていないということです。
生協にシロアリ駆除について連絡すると、提携している専門業者が調査に来ます。
その業者が地域によって異なるので、条件に差が生まれているのです。
同様にパルシステムにも条件の違いがあります。

実際の例を見てみると、千葉県の「ちば住宅コープ」の場合、10坪で37,000円(税抜き)であるのに対し、神奈川県の「かながわ住宅コープ」の場合は10坪で42,000円(税抜き)と料金に違っていました。
地域によって表示料金は予防のみを指しているケースがあり、駆除を依頼すると追加料金が発生することがあります。
ちなみに、かながわ住宅コープは駆除もサービスに含まれていますが、ちば住宅コープの37,000円という価格には駆除は含まれていません。

また、見積もり時は非会員でも問題ありませんが、工事の契約時には生協に加入する必要があります。
検討している方は、その点にご注意ください。

生協のシロアリ駆除サービスのメリットとデメリット

シロアリ駆除を生協に依頼を検討している方は、下記のサービスメリット・デメリットを参考にしてみてください。

メリット デメリット
生協・料金が安い
・保証を受け続けられる
・地域によって料金やサービスが異なる
農協・全国展開ならではの安心感・工事費用が割高
業者・探せばいくらでも安いところが見つかる
・迅速な対応
・業者により質に差があるので、自分で良い業者を探す必要がある

生協でのシロアリ駆除は相場よりも比較的安い料金で依頼することができます。
ただ、地域によって価格やサービスが異なるので、しっかりと確認するようにしましょう。
また、基本的に施工後は保証を受けられるのですが、業者によってはこの先営業を継続していけるかはわかりません。
当然、営業が停止してしまうと保証を受けることはできないのです。

その点でも生協や農協であれば、全国展開しているからこその安心感があるので、保証をしっかりと受けられるという点はメリットです。
業者に依頼する場合は、自分で依頼先を見つける必要があります。
品質や料金はピンキリなので、良心的な業者を見つけることができれば、お得にシロアリ駆除を行えるでしょう。

生協のシロアリ駆除の特徴

生協のシロアリ駆除サービスでは、特徴として5年の保証期間があります。
この期間内にシロアリが再度発生した場合は、無償で対応してもらうことができます。
回数は無制限ですので、何度でも頼めることがうれしいポイントです。
そして、アフターサービスとして1年ごとに無料点検を受けられます。

シロアリはいつ発生するかわからないので、定期的にプロに確認してもらえることは助かります。
もしシロアリが発生していた場合でも、すぐに対応してもらえるので、被害の拡大を防ぐことが可能です。
そして、床下のビフォーアフターをアルバムとして残してもらえます。

施工前と後での状況を一目で確認できると、どこがどう変わったのか把握することができるでしょう。
また、施工後の状況を確認できることで、今後シロアリの調査をするときに、その違いから被害を判断することが可能になります。
さらに、生協は非営利企業であるため、料金も割安でサービスを受けることが可能です。
ただ、地域によって異なる場合もあるので、依頼する前に確認するようにしましょう。

環境に優しく安全なシロアリ駆除剤の使用

生協では安全面に配慮した薬剤を使用しています。
ここでは、東京都の「コープランド東京」を例に、薬剤の特徴をご紹介します。
シロアリを駆除するための薬剤は有効成分として毒物や劇物である場合がありますが、生協ではシックハウス物質を含まないものを使用しています。
リフォーム後や新築物件に入ると独特の匂いがしますよね。

それを高濃度で長い間吸い続けるとシックハウス症候群を引き起こしてしまうのです。
その原因は塗料などに含まれるホルムアルデヒドです。
症状としては頭痛や吐き気をもよおします。生協の薬剤はシックハウスが含まれていないので、こうした心配もありません。

また、アルカリ性の薬剤を使用することで、家屋のコンクリートが用いられている箇所でも大きな効果を発揮します。
一見、コンクリートであればシロアリの侵入を防げると考えがちですが、シロアリからすると木材と大差はなく、コンクリートであっても侵入してきます。
薬剤は人体にも影響を及ぼす恐れがあるので、安全面に配慮されたものを選びましょう。

生協に入会するメリット・デメリット

生協に加入すると、宅配サービスを利用できるようになります。
子育てや仕事でなかなか買い物に行けない人でも、日用品や食材など幅広い商品が注文可能です。
電話やインターネットから簡単に注文できるので、使い勝手には満足できるでしょう。
また、加入時に支払った賭け金は毎年の決算によって配当される可能性があります。

共済は非営利事業ですので、掛け金が安いのもうれしいポイントです。
そして、入会していることで、健康診断など医療面において組合価格で利用できるというメリットもあります。
医療施設が近所にない場合でも、後払いの配置薬サービスを利用することが可能です。

一方、デメリットですが、これといったものはありません。
強いて言うならば、加入時に出資金が必要になることです。
生協はみんなでお金を出し合って成り立っているものなので、出資金を支払うことでサービスを受けられます。
ただ、この出資金は生協を脱退するときに全額返還されるという性質のものです。
また、出資金も最低500円からなど、地域によって異なりますが、基本的に良心的な価格に設定されています。

事前に加入することでシロアリ駆除を安くしよう

生協のシロアリ駆除サービスは相場よりも比較的安い料金で受けることができます。
しかし、サービスを受けるためには生協に加入している必要があるので、工事契約までに加入しておきましょう。

ただし、生協のサービスは地域によって内容や条件が異なるので、依頼する前に必ず確認が必要です。
入会することで、シロアリ対策以外にも、商品配達やお得な組合価格などのさまざまなサービスを受けられるので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。