シロアリ駆除

シロアリ駆除にホウ酸は有効?ホウ酸の効果と安全性

シロアリ駆除にホウ酸は有効?ホウ酸の効果と安全性

効果的なシロアリ対策として、ホウ酸が良いと聞いたことがあるでしょうか?
ホウ酸というと、ゴキブリ駆除に効果があるような気がしますが、実はシロアリにも効果を発揮するのです。

しかし、危険な薬剤ではあるので、使い方や使用量を守って適切に管理する必要があります。
ホウ酸は、プロのシロアリ駆除業者でなくても扱えるものなのでしょうか?
ここでは、ホウ酸を使ったシロアリ駆除について、使い方や注意点などを合わせて、詳しくご紹介します。

ホウ酸とは何か

ホウ酸は、ホウ酸塩鉱物を精製して作られる天然成分です。
採掘地としては、アメリカカリフォルニア州や、西トルコの鉱脈が中心。

主な採掘場所が鉱脈となっているものの、さまざまな場所に存在してします。
たとえば、海水や淡水、岩石や植物、そして土壌中などにもホウ酸を見つけることができるでしょう。
すべての植物における必須微量栄養素でもあり、古くから植物栽培の分野で活用されてきました。

そんなホウ酸は、世界で最も知名度の高い木部用保存剤として活用されてきました。
特にアメリカでは、木部処理でホウ酸を使うことが常識となっています。
米国環境保護庁で認可を受けている数少ない木材保存剤であり、日本でよく使われるような農薬系の薬剤を使用することができないため、ホウ酸を使って防腐・防蟻処理を行っています。

このように、日本ではあまりシロアリ駆除にホウ酸というイメージを持つ人が多くないのですが、世界的にも確かな効果があるとして長年使われ続けてきたのです。

シロアリ駆除にホウ酸を使用するメリット

ホウ酸は、代謝機能を持たないシロアリやゴキブリなどの生物にとって非常に毒性の高い物質です。
シロアリがこれを食べることで、シロアリを駆除するだけではなく餌を巣に持ち帰ります。
ですから、1匹だけではなくたくさんのシロアリを駆除する効果が期待できるのです。

ホウ酸のメリットとしては下記の通りです。

  • 半永久的に防蟻効果が続く
  • 人を含めた哺乳類にとって安全
  • 低コストでシロアリ駆除ができる

続けて、それぞれについてご説明致します。

シロアリ駆除にホウ酸を使う1つ目のメリットは、物理的に移動したりしない限りは防蟻効果が続くということです。 ホウ素は薬剤などの有機物でないので、経年による揮発や滅失することはありません。
そのため、一度施工すればそのホウ酸が存在し続ける限り、効果が持続するのです。

ホウ素の急性毒性は、食塩と同程度なので、その他のシロアリ駆除剤に比べると非常に安全な物質であるといえるでしょう。
また、ホウ酸はシロアリなどにとっては猛毒となりますが、人などの哺乳類が摂取した場合、腎臓の作用によって短期間で排せつされます。
これらのメリットに加えて、ホウ酸による予防施工は非常に低コストでできます。
シロアリ予防工事としては、非常にメリットの大きな対策法といえるでしょう。

シロアリ駆除にホウ酸を使用するデメリット

シロアリ予防対策としては、メリットばかりに見えるホウ酸ですが、デメリットが一つだけあります。
それは、外部で使用することができないということです。
ホウ酸は、水溶性の物質です。
そのため、ぬれてしまうと流れ出してしまいます。

これでは、せっかくホウ酸処理をしても、効果がなくなってしまうのです。
ホウ酸がもっとも高い効果発揮する条件というのは、地面につけない状態であることに加えて、雨ざらしにならない場所となります。
庭にある外構、たとえば杭や柵、ウッドデッキに対しては効果的ではありません。

一方で、家の中の土台や柱などの木材、家具などに対してはホウ酸処理がおすすめです。
また、勘違いしやすいのですが、ホウ酸でシロアリが寄ってこないわけではありません。
ホウ酸処理をしていたとしても、シロアリが侵入するリスクはあります。

また、即効性のある処理方法ではなく遅効性の物質であることから、すぐにシロアリがいなくなるわけではないので注意しましょう。

ホウ酸を使ったシロアリ駆除DIYの方法

ホウ酸は安全性も高く、簡単に施工できるため、シロアリ業者に予防施工を依頼しなくても自分ですることができます。
用意するのは、ホウ酸と噴霧器です。

ホウ酸はホームセンターなどで防蟻用のホウ酸が販売されているので購入しましょう。
ホウ酸の具体的な商品としては、「エコボロン」や「エコパウダー」などがあります。

実際にホウ酸処理をする際には、噴霧器を使います。
もし噴霧器を持っていないなら、ホウ酸を購入する際に購入するとよいでしょう。
ホウ酸と同様にシロアリ駆除のコーナーに置いてあることが多いので、すぐに見つけられます。

ホウ酸を水に溶かして、噴霧器に入れれば、いよいよ施工開始です。
基礎周辺や土台、柱、断熱材の一部などにホウ酸を吹き付けましょう。

その後、しっかりと乾燥させることで、ホウ酸処理が終了です。
有機系のシロアリ駆除剤などと違って、人体に対する影響は少ないので、施工の際にも近隣住民に対して気を使わずに、いつでも処理できるでしょう。

ホウ酸によるシロアリ駆除の注意

シロアリ駆除対策としてのホウ酸は、非常に効果が高いと評価されています。
安全性も高く、揮発することもないので安心して使うことができるでしょう。
とはいえ、ある程度の注意が必要です。

まず、気をつけなければならないのが、誤飲対策です。
小さな子どもや犬、猫のペットなどは、ふとした拍子に何でも口に入れてしまいます。

いくら腎臓の作用により体外に排出されるとしても、小さな子どもやペットが大量に摂取してしまうのは好まれません。
そのため、幼児やペットが手の届かない場所にホウ酸を保管するようにしましょう。

また、ホウ酸は水溶性の物質であることから、雨などにぬれてしまうとすぐに流れ出してしまいます。
そのため、ホウ酸処理などをする場合には、雨の日を避けるようにして施工しましょう。

基本的にホウ酸を使ったシロアリ対策工事は、個人でもできるほど簡単なものではあるものの、床下や天井裏などで、作業が難しいと感じる場合には専門家であるシロアリ業者に依頼してもよいでしょう。

まとめ

ホウ酸は天然由来の成分であり、海外などでは古くから防蟻処理で使用されている安全な物質です。
その他のシロアリ駆除用の有機物と違って、効果が薄れることもなく、半永久的に効果を発します。

しかし、水溶性の物質なので雨など水分がかかる場所であるとホウ酸が流れ出してしまい、効果がなくなってしまう恐れがあるでしょう。
土台や柱など、雨のかからない場所などの、ホウ酸処理に適した場所で施工するのが賢明です。
施工も簡単ですが、場所によって難しいと感じるのであれば専門業者に依頼しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。