シロアリ駆除

マンションでのシロアリの発生原因と費用の負担先

マンションの構造部分にシロアリが棲む

住まいの構造を脅かす大敵といえば、シロアリです。
シロアリは家の構造部分に入り込んで巣を作り、またたくまに木材を食い荒らします。

気づいたときには、大きな被害が発生していた、というケースも耳にします。

この記事を読んでいる方の中には、「うちは鉄筋コンクリートのマンションだから、駆除対策をしなくても大丈夫」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、シロアリはどの建物にも入り込みます。
マンションやアパートにも巣を作るのです。

今回は、マンションでシロアリが発生する原因と、対策費用の負担先について見ていきます。
マンションやアパートにお住まいの方は、ぜひ、この記事をシロアリ対策の参考にしてください。

マンションでもシロアリの被害が発生する

マンションは白蟻対策をしなくてもいい?

シロアリ被害の発生は木造の家屋だけ、と思われがちですが、実はマンションでも発生します。

目を持たず、物をかじって移動する習性を持つシロアリは、鉄筋やコンクリートの建物であってもかじって侵入してきます。
また、隙間に入り込む習性もあるので、コンクリートにちょっとした隙間があれば入り込みます。

このような習性から、シロアリは鉄筋コンクリート造のマンションであっても巣を作るのです。

では、マンションのどのような状況がシロアリの侵入を招くのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

マンションに床下がない
マンションの多くは一戸建てとは異なり、床下がない構造をしているケースが多いです。そのため、シロアリにとって進入しやすく、木材部分へ簡単に到達できます。特にマンションの1階は要注意です。
マンション壁内のコンクリートの凹凸から上ってくる
表面がでこぼこしているコンクリートは、シロアリにとって歩き回りやすい環境です。そのため、家屋内への侵入を容易にします。
室内に湿気が溜まっている
浴室や台所など、水気のある場所に湿気がたまっていると、シロアリの侵入を招きます。また、ベランダにも水が溜まっているとシロアリを招くことになるので、ベランダの排水状態も確認します。
家屋内に断熱材を使用している
構造部内に用いられている断熱材はシロアリの餌となります。家屋内に進入したシロアリが断熱材に突き当たると、そこを餌場にして巣を作ります。
マンション周辺に木材が置かれている
マンション近くに使用しない木材が置かれている場合も、シロアリの格好の餌場となります。木材に集まったシロアリが、さらにマンションにまで行動範囲を広げ、侵入してきます。

このように、マンションであってもシロアリを招く要因は多々あります。
気がついたときには、かなり大きな巣を作っている場合もあり、一度の施工では駆除が及ばない場合もあります。

下記に挙げたのは、実際にマンションの部屋からシロアリが再発生した、という方からの声です。

大家です。マンション(築15年)の1Fの方から、白蟻が出たと報告があったので駆除を手配しました。
しかし、昨年も駆除をしていたのです。同じ部屋です。住人の方は、昨年も対応してもらったので気兼ねしたらしく、殺虫剤で対処していたそうです。昨年も駆除したのに、1年でまた出ることはあるんですか?手抜きをされたのでしょうか。業者を変えようかと悩んでいます。

引用:Yahoo!知恵袋

すでに被害が大きかったり、狭い床下で営巣していたりする場合も、一度では駆除できないこともあります。
マンション住まいでも、シロアリの予防・駆除対策は日頃から考慮し、徹底しなくてはなりません。

マンションであってもシロアリ被害は発生するとお話しました。
シロアリによるコンクリートの建物被害を避けるためには、床下から対策をする必要があります。
これまでご説明したように、シロアリは地中での活動が主なため、マンションなど建物には地中を通してやってきます。

そこで、シロアリによるコンクリートの建物被害や床下対策については、「シロアリ駆除や予防の必要ない?コンクリート建築の家にも起こる悲劇とは」で紹介しています。
コンクリートの新築住宅を検討している方は、参考にしてみてください。

マンションでのシロアリ駆除・対策費用の負担先

マンションのしろあり駆除費用を負担する

もし、マンションでシロアリの発生が確認されたら、駆除や対策費用はどのように負担されるのでしょうか。

負担先は、管理組合やオーナー(大家)が負担する場合と住民が負担する場合、どちらもあります。 シロアリの被害が発生した原因や状況によって、対策費用の負担先は変わってしまいます。

それでは、シロアリの発生の状況を例に、対策費用の負担先がどのように決められるかを見ていきましょう。

管理組合やオーナー(大家)が負担する場合

下記のような状況が確認された場合、管理組合やオーナーが費用負担することになる可能性が高いです。

  • 床下といった共有部分からシロアリが発生した
  • マンションの周囲に森林があったりする場合など

シロアリは、建物を建てる前に、すでに建築資材に潜伏していることがあります。

また、ヤマトシロアリやイエシロアリは「土壌性シロアリ」と呼ばれ、土の中を移動します。 マンションが建つ環境が森や林に近いと、侵入を招きやすいのです。

このような場合、入居者が早期に発見したり、対処したりするのは難しいです。 シロアリ対策の費用は、マンションの管理組合(賃貸だと所有者であるオーナー)の負担と判断される可能性があります。

マンションの管理人が費用を負担するケースや管理人がシロアリ駆除、予防をする際にすべきことは「賃貸でシロアリ駆除をする方法と相談先」で詳しく説明しています。
賃貸でシロアリ駆除をすべきことを知りたい方はぜひ参考にしてください。

住人が負担する場合

住人の行動が原因でシロアリが発生した場合です。
下記のような例が挙げられます。

  • 自分が1階の庭部分に植物を植えたことが原因でシロアリが発生した
  • ベランダにプランターや鉢といった物を置き、シロアリが入り込むきっかけを作った

このような場合は、住民がシロアリ駆除対策の費用を負担します。

お住まいでシロアリが巣を作っている可能性がある、巣を確認した、といった場合は、すみやかにマンションの管理組合や管理する不動産会社に連絡しましょう。

下記は、シロアリ駆除の補助金に関する記事です。
こちらもぜひ、参考にしてください。
シロアリ駆除って補助金が適用されるの?制度について詳しくご紹介

まとめ

シロアリは、鉄筋コンクリート造のマンションであっても巣を作ることがわかりました。 その食害は、私たちがイメージするよりも強力です。

個人で行えるシロアリ対策として、下記の点が挙げられます。

  • 浴室や台所をはじめ、水気のある場所を常に除湿・換気する
  • ベランダなどに、シロアリが侵入するきっかけになる物を置かない

これらを徹底するだけで、シロアリの侵入防止に効果があります。

また、お住まいのマンションでは、どのようなシロアリ対策や費用負担がとられるか、管理組合や契約書の書面で確認しましょう。
購入前に確認できるとより安心です。

ファインドプロでは、施工実績の豊富なシロアリ駆除業者をご紹介します。
シロアリのことで気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。