シロアリ駆除

シロアリ駆除のその後は?アフターサービスや再発トラブルについて

シロアリ駆除のその後

「シロアリ駆除をしたからもう安心」「駆除が済めば白蟻の心配はない」と、シロアリ駆除をして安心しきっているという方はいませんか?

確かに、シロアリ被害に悩まされていた方であれば、駆除が済んでからは白蟻を見なくなったことでしょう。
しかし、駆除が済んでもその後一切シロアリの被害にあう可能性はない、ということではありません。

そこで、今回はあまり知られていない駆除後のトラブルやアフターサービスについてご紹介します。

シロアリは駆除して終わりではない

冒頭でも触れた通り、シロアリは駆除して終わりではありません。
シロアリ駆除はこれから先の白蟻発生の可能性を0にするというものではないのです。

場合によっては予防施工を行うケースもありますが、あくまでも、現時点で発生しているシロアリの駆除がメインになります。
予防施工しても再発リスクが0になるわけではないとうことを頭に入れておきましょう。

では、シロアリを再発させないために、駆除後はどのような対応をするのが好ましいのでしょうか。
駆除後の対応の基本は以下の2つです。

  • 定期的に点検をする
  • 必要に応じて再処理をする

以下で詳しく説明します。

定期的に点検してシロアリの再発を防ぐ

シロアリ駆除後は半年~1年程度の期間を目安に、定期的に点検をしてもらいましょう。
点検をすることで侵入されそうな箇所が見つかることがあるかもしれません。
また、シロアリ再発の早期発見にもつながります。

依頼する業者によっては「保証サービス」として定期点検を無償で行ってくれることがあります。
利用した業者に保証サービスの内容を確認し、定期点検が保証内容に含まれているようであれば、積極的に活用しましょう。

点検を自分で行う場合は「水回り」の床下を念入りにチェックしてみましょう。
キッチンやトイレ、風呂場といった箇所の床下は湿気がこもりやすいです。
また、水漏れによって、より湿度が高くなっていることもあります。

こうした環境はシロアリが好む場所で、被害に遭いやすいので注意が必要です。
自分で点検する場合は、こうした水回りの床下を念入りにチェックしてみましょう。

必要に応じてシロアリ駆除の再処理も

万が一、点検時にシロアリの再発が確認された場合は、再度白蟻駆除を行うようにしましょう。
放置してしまうと、シロアリがどんどん増えてしまい、建物が再度侵食される恐れもあります。

前回の駆除からそれほど期間が経過していない場合、まだシロアリの被害を受けていない可能性が高いでしょう。
また、仮に被害を受けていたとしても小規模であることがほとんどです。

深刻に再駆除を考える必要はありません。
自分の予定の空いているタイミングで業者に再処理を依頼し、シロアリを徹底的に駆除してもらいましょう。

再処理を行うのは、シロアリの再発が確認されたときだけではありません。
建物の構造上シロアリが再発しやすい場合も再処理を行うことがあります。

この再処理は、駆除ではなく予防施工になりますが、シロアリを再発させないために必要な対応です。
駆除業者によるプロの目で判断してもらい、再処理の必要性についてアドバイスを貰うことをおすすめします。

シロアリ駆除のその後に重宝するアフターサービス

シロアリ駆除後のアフターサービス

シロアリ駆除後も白蟻が再発してしまうリスクはある、ということは上記で解説しました。

再発リスクに対抗するため、駆除後のサービスを設けている業者が多くあります。
中には重宝されるようなサービスを設けているケースも少なくありません。

特に利用者にとって嬉しいアフターサービスは以下の2つです。

  • 定期的な点検サービス
  • 保証期間内の再処理無料

具体的に行っているアフターサービスを紹介します。

定期的なシロアリ点検をしてくれる

シロアリ駆除業者によるアフターサービスとして、最も注目すべきなのは定期点検です。

具体的な期間は業者によって異なりますが、駆除からおよそ5年間は定期点検を行ってくれる業者が多いです。
頻度としては、1年に1回か、2年に1回点検を行ってくれる業者が多い傾向にあります。

定期点検は、シロアリの再発を早期発見するために欠かせないアフターサービスといえるでしょう。
また、自分で床下に潜るのは抵抗があるという方にとって、プロにお任せできるというメリットは大きいものです。

定期点検を上手に活用して建物をシロアリから守りましょう。

保証期間内のシロアリ再発は無料で駆除

万が一シロアリが発生してしまった場合に嬉しいのが、「保証期間内の無料再施工」というサービスです。

実績が豊富で、経験年数が長いプロの業者がシロアリ駆除をしても、すぐに再発してしまうケースは存在します。
理由は様々ですが、シロアリが発生しやすい環境であったり、駆除した箇所とは別の個所からの侵入してしまったり、といったことも。

再度シロアリ駆除業者に依頼すると出費がかさみ、家計に大きな負担となってしまいます。
しかし、無料保証サービスを設けている業者であれば安心。
仮に、保証期間内にシロアリが発生してしまっても、無料で再度駆除を依頼できるのです。

あまりお金をかけられない、という方にとって大きなメリットといえるのではないでしょうか。

業者によっては、10年間の保証サービスを付帯していることもあります。
「シロアリ駆除の10年保証とアフターサービス」に記載しているので参考にしてみてください。

意外に多いシロアリ駆除その後の再発トラブル

シロアリ駆除後の再発トラブルに悩む女性

あまり知られていませんが、シロアリ駆除後の再発トラブルは意外にも多いのが現状です。
特に多いのが以下のようなものです。

  • 増築や改築をきっかけにシロアリが再発
  • 自分で再処理してしまった後の再発
  • 別業者への再処理依頼によるトラブル

詳細についてチェックしましょう。

業者に連絡せずに改築や増築をしてしまったケース

シロアリ駆除後に改築や増築を検討するケースがあります。
増改築自体は決して問題ないのですが、増改築の予定を依頼したシロアリ駆除業者に知らせないのは好ましくありません。

事前に今後の改築、増築の予定を伝えていない限り、増改築に備えた対応ができないのです。
例えば、改築するなら床下の構造は変えない方が良い、などのプロ目線での適切なアドバイスが貰えません。

自分の判断で改築、増築したことにより再発リスクを高めてしまう可能性があります。
上記を防ぐため、シロアリ駆除業者に相談してから、増改築の検討をすることをおすすめします。

自分でシロアリの処理を行ってしまったケース

シロアリ駆除業者に依頼後、白蟻の再発を見つけることがあります。
その際に、業者に連絡せず自分で対応してしまうという方も中にはいるでしょう。

業者による駆除後は、シロアリの数が少ないので自分で駆除できそう、と考えてしまうかもしれません。
その結果、シロアリの駆除漏れが発生し、再度白蟻被害を見つけたときには建物被害が深刻化している、といった問題に陥ってしまうこともあります。
そのため、安易に自分で処理をしてしまうことは好ましくありません。

また、業者の補償内容によっては、自分で施工してしまうと、保証サービスが無効になる場合もあります。
保証ないように注意してから、自分で駆除することも大切です。

別の業者にシロアリ駆除の依頼してしまったケース

最初に依頼した業者とは別の業者に再処理を依頼してしまうケースもあるでしょう。
この場合は注意が必要です。

1回目の駆除終了後にシロアリ再発が確認されたとき、別の業者に再処理を依頼したとします。
その後、またシロアリが再発し、最初に依頼した業者へ「保証期間内だから」と再駆除を依頼したとしましょう。

しかし、この場合、一度別の業者へ依頼していることが原因で、保証を受けられない可能性があるのです。
3回目以降に発生したシロアリの責任は、別業者にあると判断されてしまうはずです。

安易に別の業者に依頼しないように心がけてください。
保証期間内はその業者のみの利用にとどめましょう。

シロアリ再発時のトラブルについては、以下の記事にも記載しています。
併せて参考にしてみて下さい。
シロアリを駆除したのに再発!?実際に起こったケースと注意すべきこと
シロアリ駆除で起きるトラブルと悪徳業者に引っかからないために注意すべきポイント

シロアリ駆除は「その後」の対応も視野に入れて依頼しよう

シロアリ駆除は、駆除して終わりではありません。
その後の対応も視野に入れて依頼する必要があります。

業者を選ぶ際は、アフターサービスが充実している業者を選びましょう。
信頼性を確かめたうえで、シロアリの駆除を依頼することが大切です。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。