屋根修理

屋根修理でありがちなトラブルまとめ!回避策もあわせて解説

屋根修理でありがちなトラブルまとめ!回避策もあわせて解説

あなたは、屋根修理で生じるトラブルに不安を感じ、「回避策」などについて調べていませんか?

屋根修理を業者にお願いしたら、トラブルに巻き込まれてしまった…というケースは少なくありません。
屋根修理のトラブルに巻き込まれた方の多くは、金銭的な問題や施工不良などの問題に陥ってしまったという経験をされています。

そこで、今回は屋根修理でありがちなトラブルについてご紹介します。
また、回避策についてもあわせて解説しますので、「建物の修理が不十分」「思っていたものと違う」などの問題を防ぐためにもこのページをご確認ください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
屋根修理業者を探す
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

屋根修理でよくあるトラブルと対策

さっそく、屋根修理でよくあるトラブルと対策についてご紹介します。

屋根修理を依頼したときにトラブルに巻き込まれないよう、ここからの内容をしっかりと確認しておきましょう。

追加料金を請求される

屋根修理でよくあるトラブルとしてまず挙げられるのが、「追加料金を請求される」というものです。

見積もりで安い金額を提示しつつ、工事を始めてから「この工事もしておいたほうが良いですよ」と言い出して、さらに作業項目を増やそうする業者もあります。
作業を増やしたら、費用もかさみますので結果的に料金が高くなってしまうでしょう。

屋根修理業者からの追加料金の請求を避けるためには、見積もりの段階で「このほかに費用が必要になることはないか」を確認しておきましょう。

屋根修理直後なのに雨漏りが発生する

屋根修理でよくあるトラブルの一つが、「屋根修理直後なのに雨漏りが発生する」というものです。
屋根修理直後の雨漏りの原因は、「手抜き工事」もしくは「施工不良」が挙げられるでしょう。
とくに修理費用の安い業者は、修理作業で手抜きすることがあります。

また、屋根修理専門業者ではない場合、屋根修理に関する専門的な知識や技術が低く、適切な工事ができないこともあります。

屋根修理直後の雨漏りに悩まされないためには、「料金相場範囲内の業者を選ぶ」「屋根修理専門業者を選ぶ」ことを意識するのが大切です。

耐用年数に至っていないのに塗装が剥がれる

屋根修理のよくあるトラブルとして挙げられるのが、「耐用年数に至っていないのに塗装が剥がれる」というものです。

屋根塗装で使用する塗料には、耐用年数があります。
しかし、業者が手抜き塗装をすると、耐用年数に至っていないのに塗料が剥がれてきてしまうのです。

耐用年数に至っていないのに塗装が剥がれるのを防ぐ方法として、「下塗りと上塗りの塗料の色を変える」というやりかたを採用してください。
下塗りとは、上塗り塗料の密着力や耐久性を高めるために行う作業です。
上塗りは、外壁の印象を変えるだけでなく、紫外線や雨水などから壁を守るためのものです。

下塗りと上塗りの塗料の色を変えれば、「上塗りしたのに下塗りの塗料が見えている」など、塗装作業の小さな不備が分かりやすく、業者の手抜きを防ぐことにつながります。

塗装の仕上がりが希望と異なる

屋根修理で塗装を依頼したとき、「塗装の仕上がりが希望と異なる」というトラブルに悩まされるケースがあります。

とはいえ、仕上がりの違いは、業者による問題のほか、「あらかじめチェックしたサンプルとは見え方が異なる」「実際に屋根に塗ってみたら思っていた仕上がりと違っただけ」という場合もあります。

塗装の仕上がりが希望と異なってしまうのを防ぐためにも、「試し塗り」をお願いしましょう。
実際に、屋根の一部分に希望する塗料を塗ってみて、仕上がりのイメージを確認してみてください。
試し塗りをしておけば、「塗装の仕上がりがイメージしていたものと違う…」というトラブルに陥りにくくなります。

屋根修理で近隣住民に迷惑をかける

屋根修理のトラブルの一つであるのが、「屋根修理で近隣住民に迷惑をかける」というものです。

例えば、「作業の騒音」「作業中のにおい」などで、近隣住民とトラブルになってしまうことがあります。
とはいえ、業者に「静かに屋根修理をしてほしい」「においが全くない塗料を使用してほしい」などは、お願いしても無理な話です。

屋根修理で近隣住民に迷惑をかけてしまうのを防ぐためには、あらかじめ「屋根修理を行う」ことを作業の騒音、においの影響を受けると考えられるお宅に伝えておきましょう。
また、「におい問題」については、「ニオイの少ない塗料」を選ぶのがおすすめです。

屋根修理を保証してもらえない

屋根修理のトラブルとして挙げられるのが、「屋根修理を保証してもらえない」というものです。

万が一、屋根修理直後に不具合が発覚した場合、保証してもらえなかったら再びお金を払って修理しなければなりません。

屋根修理の費用は決して安いものではありませんので、何度も行うのは金銭的に大きな負担となってしまいます。
「屋根修理を保証してもらえない…」といった事態を回避するためにも、屋根修理業者を選ぶときには「保証が設けられているか」を確認してください。

屋根修理のトラブルを回避するためには

屋根修理のトラブルを回避するためには

屋根修理のトラブルを回避するためには、どうしたら良いのでしょうか。

ここからは、屋根修理のトラブルを回避するための方法について詳しくご紹介します。

訪問業者の利用は極力控える

屋根修理のトラブルを回避するためには、訪問業者の利用は極力控えるようにしましょう。

屋根修理の訪問業者の中には悪質な会社もあり、金銭トラブルや手抜き工事といったトラブルを起こすことがあります。

必ずしも屋根修理の訪問業者すべてが悪質というわけではありませんが、飛び込み営業によるトラブルは多いものです。
どうしても屋根修理の訪問業者に依頼しなければならない、という明確な理由がない限りは、別の信頼できる業者に相談したほうが無難です。

見積もり書で具体的な施工内容や金額、保証内容も明確にしてもらう

屋根修理のトラブルを防ぐためには、見積もり書で具体的な施工内容や金額、保証内容を明確にしてもらう必要があります。

屋根修理業者によっては、見積もり書の項目が「一式」でまとめられていることがあります。
しかし、費用を「一式」でまとめられてしまうと、見積もりの内容を確認した方は「なぜこの金額なのか」「本当にこの金額が妥当なのか」が分かりません。
一式で費用がまとめられていると、万が一ぼったくられていたとしても気づけないでしょう。

また、具体的な施工内容が明記されていないと、「必要な工程が省かれている」もしくは「不必要な工程を無理やりいれて金額を高くしている」といった問題を発見できません。

なお、見積もり書の内容だけではなく「保証内容」もしっかりと確認してください。
「修理後はいつまで保証されるのか」「どのような不具合が保証されるのか」などを確認しておかないと、「保証期間が過ぎてしまった」「保証の対象外の不具合だった」ということになってしまいます。

まとめ

今回は屋根修理にありがちなトラブルや、対策について詳しくご紹介しました。

屋根が問題を抱えているとき、業者への依頼を検討するものですが、あらかじめ「よくあるトラブルと対策」を把握しておかないと、万が一問題に巻き込まれたときに適切に対処できません。
また、「トラブル予防」としても、よくある事例や回避策を把握しておくことは大切です。

屋根修理を検討しているのであれば、今回ご紹介した「よくあるトラブル」「トラブルの回避策」をしっかりと理解しておいてください。

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。 被害状況のヒアリングをもとに、屋根・雨漏り修理・塗装などの作業にかかる概算費用もお電話にてお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な屋根に対応しており、瓦の葺き替えだけでなく、ストレート・ガルバリウムも受け付けております。 さらに本サイトでは、屋根修理の方法や、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。