屋根修理

屋根修理で補助金を受ける方法!条件から申請の流れまで解説

屋根修理で補助金を受ける方法!条件から申請の流れまで解説

屋根の修理費用を安く抑えたいと思っていませんか?
工事の内容にもよりますが、屋根の修理は数十万円から100万円以上かかることもあり、金銭的な負担は大きいです。

そこで活用したいのが補助金ですが、国や自治体は複数の補助金制度を施行しています。
ただし、補助金を受けるためには条件があり、これをクリアする必要があります。
補助金の種類や受ける条件などを知り、屋根の修理費用に充当しましょう。

屋根修理に補助金が出る条件

屋根修理に補助金が出る条件

屋根修理に利用できる補助金には細かい条件があります。
条件の詳細については、市区町村などの自治体によって異なるため、事前の確認が必要です。
以下で、屋根修理に利用できる補助金の条件について詳しく説明していきます。

補助金が適用される6つの条件

詳細な条件は違いますが、補助金適用の条件として提示されやすいのは次の6つになります。

  • 税金を滞納していない
  • 住むことが目的の建物
  • 暴力団との関わりがない
  • 施工前の工事
  • 過去に同じ補助金を受けていない
  • 申請する住民、工事する建物が申請を行う同じ市区町村であること

補助金を出すのは国や自治体であるため、国民の義務である納税は欠かさずに行わなければなりません。
現時点で滞納していなくても、過去に滞納している場合は審査で落ちる可能性があります。
また、居住目的であることも条件になりやすいため、商用利用の建物は別の制度で補助金を受けましょう。

さらに、申請のタイミングも重要で、施行前に申し出ておかないと、あとからでは補助金を受けられないことも多いです。
細かい条件はその時々で変わるため、利用したい補助金の情報は細部まで確認しておきましょう。

補助金が使える可能性のある工事の種類

どのような工事でも補助金の対象となるわけではなく、適用されるものはいくつか種類が決まっています。
また、補助金の適用対象となる工事も自治体ごとに変わりますが、多くは次の3つのパターンが挙げられます。

  • 太陽光発電システムの設置
  • 断熱改修に関連する工事
  • 耐震診断や耐震補強工事

省エネや耐震についての工事であれば、補助金を受けやすい傾向にあります。
その他にも、安全や環境に配慮する工事なら補助金が受けられる場合があるため、事前に確認しておきましょう。

屋根修理の補助金で支給される金額の相場

屋根修理の補助金で支給される金額の相場

補助金によって費用負担を抑えて工事ができますが、支給される金額は適用する制度に
よって異なります。
一例を挙げると、補助金で支給される金額の相場は次の通りです。

補助金種類 対象工事例 補助金限度額
自治体からの補助金
※東京都町田市の場合
(町田市住宅改修助成金)
自治体によって異なる
※東京都町田市の場合
・屋根の葺替え
・屋根を遮熱塗装で塗り替える工事など
自治体によって異なる
※東京都町田市の場合
5万円
地域型住宅グリーン化事業 ・2階天井全てに断熱材設置 165万円(補助対象費用の1割または2分の1以内)
長期優良化リフォーム推進事業 ・屋根補修 100万円(補助対象費用の3分の1以内)
省エネ住宅ポイント ・屋根の断熱改修 18.000ポイント〜36,000ポイント
※ポイントはエコ商品や商品券と交換可能

数万円程度の事例から100万円以上と高額なものまであり、どれが適用できるかによって屋根修理にかかる費用の自己負担額は変わります。
また、中にはポイントで還元されるという特殊なものもあり、商品や商品券との交換といった形で、補助金が支給されることもあります。

補助金は適用の条件だけではなく、支給される金額から形態まで自治体ごとに異なるため、これにも確認が必要です。
また、屋根修理は補助金を受けるだけでなく、減税制度が活用できることもあります。
減税制度については、下記の記事を参考にしてみてください。

住宅リフォームの補助金制度とは?補助金の種類や優遇制度について解説

補助金の支給を申請する手順

補助金の支給を申請する手順

実際に補助金を受けるために、申請する際の手順を知っておきましょう。
屋根修理の補助金を利用するための申請方法は以下の通りです。

  1. 補助金について調べる
  2. 業者に相談・見積もりを依頼する
  3. 申請に必要な書類を揃える
  4. 工事前に申請書を提出する
  5. 申請が確定した後に業者と契約を結ぶ
  6. 工事をして完了後に自治体が確認を行う
  7. 補助金を受け取る

まずは、居住している地域や、これから行う工事で使える補助金がないかを調べます。
適用できそうな補助金を見つけたら、修理業者に相談して見積もりを出してもらいましょう。
その後、補助金の申請に必要な書類を揃えて、施工前に申請します。

申請が受理されたあとに、正式に業者と契約を結んで工事を開始してもらいます。
工事終了後に自治体からの確認を受け、承認してもらえると補助金の受け取りが可能です。
大まかな流れで考えると簡単ですが、実際にはやるべきことがこまごまとあります。
さらに詳しく知りたい方は、下記の記事で詳細な手順を確認してみましょう。

住宅リフォームの補助金制度とは?補助金の種類や優遇制度について解説

補助金を申請する際の3つの注意点

補助金を申請する際の3つの注意点

費用の自己負担を軽減できる補助金は魅力的ですが、申請する際にはいくつか注意しなければならないことがあります。
注意したい点は次の3つが挙げられます。

  • 補助金は申請しても受け取れるとは限らない
  • 申請者・契約者・領収書は同一名にする
  • 工事費用は同一の業者で決まった金額以上になるようにする

これらが把握できていないと、補助金が適用できなかったり、損をしたりする可能性があります。

補助金は申請しても受け取れるとは限らない

屋根修理に限らず、住宅の修理やリフォームで受け取れる補助金は、申請者全員がもらえる確実なものではありません。
最低限の条件さえ満たしていれば、誰でも申請することは可能です。
ただし、その後審査があり、それに受かった人のみ補助金が支給されます。

そのため、補助金頼みで屋根修理を考えていると、いざ支給されなかった場合に困るため、最低限自己負担で賄えるだけの費用は用意しておかなければなりません。
審査の基準や支給の条件はその時々で違いますが、支給額が高い補助金ほど受給することが難しくなります。

また、補助金と似たものに助成金がありますが、これは別物のため混同しないように注意が必要です。
補助金は、申請後に審査を経て支給されますが、助成金は条件を満たしていれば申請した時点で受給できます。
ハードルの高さが大きく異なり、高額になることも多い補助金のほうが、受給することは難しいでしょう。

申請者・契約者・領収書は同一名にする

補助金を申請する際には、複数の書類を作成する必要があり、この際に記載する名前にも注意が必要です。
書類には申請者や契約者、領収書の宛名などを記入しますが、これらは全て同一の名前にしておきましょう。

それぞれの名前が異なっていると、支給の対象にならない可能性があるため、名前は揃えておかなければなりません。
また、印鑑が必要な場合は、これも全て同一のものを使わなければならないことが多いようです。
厳密なルールは補助金ごとに違いますが、申請書類に記載する名前は、一人で揃えたほうが無難でしょう。

工事費用は同一業者で決まった金額以上になるようにする

補助金は上限額が決まっており、無駄なく利用するなら工事費用は上限と同額にしておくとよいでしょう。
もちろん上限額以下に収まる場合は、自己負担が全くなしで修理できることもありますが、より多くの金額を引き出したい場合は、工事費用が高めのものを選ぶ必要があります。

また、補助金の対象となるのは、一業者での工事のみとなることがほとんどで、同時期の工事でも他の業者が行う分は対象外となることが多いようです。

同一業者で複数の工事をまとめると、合計金額を見て補助金を支給してもらえることもあるため、補助金を利用するなら業者は一つに絞りましょう。
ただし、ルールが厳しい補助金だと、同一業者でも追加工事には補助金が出ないこともあるため注意が必要です。

まとめ

今回は、屋根修理で補助金を受けるための方法を解説しました。
屋根修理に補助金は適用できますが、支給されるためには、詳細な工事の内容や居住している地域で補助金制度があるかどうかが重要になります。

また、制度は時期によって変動するため、まずは住んでいる地域で補助金が利用できるかどうかを調べなければなりません。
該当する制度があれば詳細な条件を確認し、補助金を上手に使って屋根修理を行いましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。