屋根修理

瓦屋根の漆喰補修はDIYできる?費用相場や業者の探し方も紹介

瓦屋根の漆喰補修はDIYできる?費用相場や業者の探し方も紹介

瓦屋根の漆喰の補修をDIYで行いたいと考えていませんか?
漆喰の補修は、業者に依頼すると高額になりやすいため、少しでもコストカットするためにDIY補修にチャレンジしようとする人は少なくありません。

しかし、DIYでの補修は不完全なことが多くおすすめできないため、業者に直してもらうほうがよいでしょう。
DIY補修がおすすめできない点や業者の探し方を知り、信頼できるプロに漆喰の補修をしてもらいましょう。

瓦屋根の漆喰補修のDIYはおすすめできない

瓦屋根の漆喰補修のDIYはおすすめできない

瓦屋根の漆喰補修は、DIYでも対処できることはあります。
 しかし補修自体はできても、以下のようなリスクがあるためおすすめはできません。

  • 道具を揃える / 準備するのが大変
  • 作業の難易度が高い
  • 高所の作業なので危険である
  • 雨漏りを誘発する可能性がある

DIY補修はなぜおすすめできないのか、4つのポイントから理由を確認していきましょう。

道具を揃える/準備するのが大変

漆喰を補修する際には、専用の道具を揃えなければならず手間もお金もかかります。
「業者に頼むよりは、道具を購入する費用のほうが安く済む」というメリットはありますが、ホームセンターでは売っていないものも多く、探すだけでも大変です。

道具を揃えるだけでも苦労しますが、実際に作業を開始するまでにもやるべきことが多くなります。
屋根に上るために足場を組んだり、補修の前に掃除をしたりと手間が多いため、素早く直したいなら業者に修理を依頼したほうがよいでしょう。

また、足場を組まずにはしごで登ったり、窓伝いに屋上に上がったりすることは非常に危険なため、絶対に避けなければなりません。
安全かつ確実な作業をするためには念入りな準備が必要で、お金も時間もかかりやすいため、漆喰の補修はDIYには不向きといえます。

作業の難易度が高い

漆喰の補修は作業の難易度が高く、素人ではうまくできないことが多いです。
漆喰がきれいに塗れずに見た目が悪くなるだけでなく、すぐに剥がれて再度塗り直しということも少なくありません。
また、不完全な状態で補修をすると瓦にも影響して、ずれたり屋根から落ちたりすることもあります。

屋根の状態が悪くなるだけでなく、落下物で近隣住民にまで迷惑をかける可能性があり、安全かつ確実に作業を終えることは難しいでしょう。

高所の作業なので危険である

漆喰を補修する場合は当然屋根に登る必要があり、高所の作業であるため非常に危険です。
住宅の他の部分であれば、それほど危険ではありませんが、屋根での作業は特に危なく、慣れた職人でさえもケガをすることがあるため素人にはおすすめできません。

どれだけ気をつけていても、屋根から滑って落ちたり転んで瓦に打ち付けたりして、ケガをする可能性があります。
また、周囲に人がいる場合は、瓦や作業道具が落ちるなどして、他の人にケガをさせてしまう危険性もあります。
自分だけでなく、周辺の人も巻き込んでしまう可能性があり、重大な事故にもつながりかねないことは頭に入れておきましょう。

雨漏りを誘発する可能性がある

DIYで漆喰を補修しようとすると、現状維持はおろか、かえって状態を悪くしてしまいかねません。
例えば、強度を高めようとして漆喰を多く塗ってしまうと、水が浸入しやすくなり、雨漏りを起こしてしまうことも多いです。

また、作業中に瓦を踏み抜いたりずらしたりしてしまい、そこから浸水して雨漏りにつながることも少なくありません。
直したつもりが、余計に被害を広げてしまうことは多く、結局業者に修理を依頼することになり、二度手間になってしまいます。

被害が拡大すると修理依頼時の手間も料金も多くかかるため、最初から無理をせずに業者に任せたほうが、余計なコストがかからなくてよいでしょう。

そもそも瓦屋根の漆喰の補修は必要なのか?

そもそも瓦屋根の漆喰の補修は必要かどうか

漆喰が剥がれたり割れていたりするのを見たら、補修しなければと思う人は多いでしょう。
しかし、漆喰が割れていたとしても、日常生活に支障をきたさないことがほとんどです。
漆喰の補修は、どのような場合に必要なのかを知り、補修をすべきかどうかの判断を行いましょう。

雨漏り防止のためなら必ずしも行わなくてよい

漆喰が割れたり崩れたりしていると、雨漏りを心配して補修を急ぐ人もいるようです。
しかし、実際には漆喰の割れや崩れが、直接雨漏りを引き起こすわけではありません。
そのため、雨漏りの防止だけを考えるなら漆喰の補修は不要です。

ただし、漆喰が損傷していると湿気が防止できず、屋根材全体の腐食を招きやすいことは確かです。
腐食が進行すると、雨漏りを起こす可能性はあるため、将来的な雨漏りを防止するという意味では、補修は必要といえます。
漆喰が割れているからといって、今すぐに雨漏りするわけではないため、修理を依頼する業者は焦らずにじっくりと検討して選びましょう。

美観維持のためなら補修したほうがよい

機能的な問題ではなく、景観的な問題を抱えているなら、少しでも早く漆喰を補修したほうがよいでしょう。
漆喰が崩れていると家全体がぼろぼろに見えやすく、荒れているという印象を持たれる可能性があります。
漆喰をきれいにすることで、屋根全体も美しく見えやすく美観も保たれるでしょう。
もちろん機能的に見ても損傷したままにするのはよくないため、補修には美観維持以上のメリットがあります。

瓦屋根の漆喰補修の2つの方法

瓦屋根の漆喰補修の2つの方法

ひとくちに漆喰を補修するといっても、その方法は次の2つあり状態に応じて用いるやり方が異なります。

  • 漆喰の詰め直し
  • 棟瓦の取り直し

それぞれどのように異なるのか、用いられるシーンの違いも含めて知っておきましょう。

漆喰の詰め直し

割れたり崩れたりして、漆喰が足りなくなった部分を補充する補修方法が「詰め直し」です。
漆喰の詰めの直しは、以下の3つの工程で行います。

  1. 劣化した漆喰の除去
  2. 下地を整える
  3. 漆喰の塗り込み

まずは、劣化してぼろぼろになった漆喰をきれいに取り除き、下地の状態を整えます。
そのうえで漆喰を塗り込み、ひびや割れ、崩れなどを補修していきます。
詰め直しは、劣化や損傷が比較的軽度な場合に用いられる方法で、部分的な補修に適したやり方です。
補修した部分はきれいになるものの、その他の部分が経年劣化していることは変わらないため、必要に応じて何度も詰め直しをすることもあります。

棟瓦の取り直し

漆喰の劣化が激しく、大規模な補修が必要な場合は、棟瓦の取り直しを以下の手順で行います。

  1. 棟部分の解体
  2. 棟瓦の積み上げ
  3. 冠瓦の設置

まずは、瓦屋根を固定している「棟」の部分を解体します。
棟は屋根の頭頂部で、三角に盛り上がっている部分です。
棟を解体したら、そこに新しい瓦を積み上げて下地をつくり替えます。
最後に、冠瓦を設置して固定して補修は完了です。

瓦屋根の漆喰補修の費用相場

瓦屋根の漆喰補修の費用相場

実際に、業者に漆喰の補修を依頼した場合に、費用がいくらかかるのかが気になる人は多いでしょう。
業者の料金設定や漆喰の状態、工事内容によって費用は変動しますが、相場としては次の通りです。

漆喰の費用・作業費 24〜42万円
※相場は4,000〜7,000円/m
※一般的な漆喰の長さ60m
足場の費用 15〜25万円
合計 39〜67万円

漆喰を補修するためには屋根に上る必要があり、足場を組まなければなりません。
足場は、2m以上の場所で作業する際は、必ず組むように法律で定められているため、1階建ての平屋でも2m以上になる場合は、足場の設置は必須です。

基本的には39万~67万円前後かかりますが、場合によってはさらに高額になることもあります。
もちろん、条件次第ではもう少し安くなることもあるため、詳細については見積もり時に業者に確認しましょう。

瓦屋根の漆喰補修が高額な理由

平均39万~67万円前後と、瓦屋根の漆喰の補修には高額な費用がかかりますが、これには2つの理由があります。

  • 職人の人件費が高額
  • 足場の費用が高額

第一に、職人の人件費が高額であることが挙げられますが、これは作業の性質上の問題でもあります。
漆喰の補修は高い技術力が必要で、かつ高所での作業になるため危険でもあります。
危険度が高く、高いスキルを必要とするため、技術料として人件費は高額になってしまうことが多いです。

また、屋根での作業となる以上は足場を組む必要があり、足場代が高額であることも費用全体が高くなっている理由の一つです。
足場は、組む面積が広がるほど高額になるだけでなく、組む足場の種類でも費用は変動します。

また、同時に塗り替えなどの作業をする場合は、塗料の飛散を防ぐために足場に防水シートをかけます。
これもかける面積に応じて費用がかかり、足場の費用がさらに高額になってしまうこともあります。

火災保険の適用で無料になる可能性もある

屋根の補修は、火災保険の風災補償を適用できることがあり、場合によっては漆喰の補修も無料で行えます。
火災保険の適用範囲となるのは、風災と雪災、雹災の3つで、損傷理由がこれらに該当する場合は、保険会社に申請して補償適用してもらいましょう。

風災は台風や竜巻、強風などが該当し、雪災は雪の重みによる被害が、雹災は雹の直撃による被害が該当します。
さらに詳しく知りたい方は、「屋根の修理には火災保険が適用できる!適用条件と注意点について解説」で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

瓦屋根の漆喰補修の優良業者の探し方

瓦屋根の漆喰補修の優良業者の探し方

漆喰の補修業者は多数あり、どれも優良なものとは限りません。
中には悪徳な業者もいるため、これを避けるためにも次のポイントを意識して依頼先を選びましょう。

  • 地域で実績を積んでいる
  • 実際に屋根に上って調査する
  • 相場から大幅に高かったり安かったりしない(極端な値引きもない)
  • 見積もり内容が明確(不明な工事などが盛り込まれていない)
  • アフターフォローについても事前に説明されている
  • 火災保険の風災補償について説明される

工事実績の有無は重要で、パンフレットやホームページなどで、近隣の地域での工事事例がないか確認しましょう。
また、調査の丁寧さも確認が必要で、必ず実際に屋根に上って状態を確かめてくれる業者を選ぶ必要があります。
その際に、屋根の状態を画像や映像で示してくれるなら、なおよい業者といえます。

金額面も重要で、見積もりの金額が明瞭で妥当であること、不自然な割引がないかなども確認しておきましょう。
見積もりの内容をチェックする際には、複数社で見積もりを取って、それぞれ比較することがおすすめです。

さらに、接客態度もチェックポイントで、工事後のアフターフォローや火災保険についての説明があるかも見極めの指標となります。
屋根の修理業者の選び方について、さらに詳しく知りたい方は、下記のリンクを参考にしてみてください。

参考:屋根修理・雨漏り修理ならファインドプロ

まとめ

今回は、瓦屋根の漆喰補修はDIYできるのかを確認し、補修の費用相場や業者の探し方などをご紹介しました。

DIYでも漆喰の補修は不可能ではありませんが、時間もお金もかかり作業には大きな危険が伴います。
自分で行うと、うまく補修できずに状態を悪くしてしまうリスクもあるため、無理せずに最初からプロに任せることをおすすめします。

また漆喰の劣化や損傷を放置すると、屋根材の劣化や腐食につながる可能性があるため、信頼できる業者を見つけて早めに補修してもらいましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。