屋根修理

屋根瓦を修理する方法は?費用の相場と応急処置の方法も解説

屋根瓦を修理する方法は?費用の相場と応急処置の方法も解説

屋根材に使用される瓦は、自然災害や経年劣化によって傷んだりするため、自宅の瓦が破損してしまい修理したい人もいるでしょう。
瓦のひびや割れなどは、放っておくと腐食して被害が広がることもあるため素早く対処する必要があります。

しかし、どのように修理するのか分からず困っている人は多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、屋根瓦をDIYで修理する方法や修理を業者に依頼するときのポイントを紹介します。

また、屋根瓦の修理費用についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

屋根瓦の修理には3つの方法がある

屋根瓦の修理には3つの方法がある

瓦修理の方法は主に3つであり、次のものが挙げられます。

  • 広範囲の修理には「葺き替え」
  • 下地部分の修理には「葺きなおし」
  • 問題のある瓦だけ修理する「部分修繕」

それぞれ特徴が異なるため、違いを知ってどのような場合に用いられるのか、知っておくことが大切です。

葺き替え:広範囲の修理

屋根が広範囲に渡って損傷や劣化している場合は、「葺き替え」を行います。
葺き替えとは、現在ある屋根を全て外して下地部分まで修理して、新たに屋根材を置いていく作業です。
下地から使用する瓦まで、全て入れ替えることになるため、新品に近い状態まで戻すことができます。

その分費用は高くつきますが、全体が新しくなることで損傷や劣化などの問題は一気に解決でき、当分メンテナンスも必要なくなるでしょう。
下地部分まで傷んでいる場合は葺き替え工事となり、屋根瓦だけ交換しても状態がよくならないことは、頭に入れておく必要があります。

葺きなおし:下地部分の修理

下地部分は傷んでいるものの、その上に乗っている瓦は問題ないという場合は、「葺きなおし」という工事を行います。
下地部分を修理する点は葺き替えと同じですが、葺きなおしは下地を直すだけで、屋根材は現在使っている瓦をそのまま使用します。

屋根の下地は、瓦よりも寿命が短いことが多いため、特別な理由で瓦が傷んでいない場合は、葺きなおしによって下地のみを直すことになるでしょう。
下地を直すことで、屋根瓦のずれや漆喰の剥げなどもなくなり、きれいな状態を保つことができます。

部分修繕:問題のある瓦だけ修理

下地は全く傷んでおらず瓦の一部だけが損傷している場合は、部分修繕を行います。
部分修繕は、瓦1枚単位から行える工事で、問題のある瓦を新しいものに入れ替える作業です。
損傷した箇所のみに限定して交換するため、費用は安く作業自体も素早く終わる点が特徴です。

ただし、部分修繕が可能なのは下地がきれいな場合で、下地が損傷していれば、葺き替えや葺きなおしをしなければなりません。

つまり、下地が損傷していれば葺きなおしを行い、その上で該当箇所のみ、瓦の部分修繕をするということもあります。
瓦には寿命があるため、長く使っている場合は部分修繕ではなく、全部まとめて交換する葺き替えにしたほうがよいこともあります。

屋根瓦を自分で修理する方法【DIY】

屋根瓦を自分で修理する方法

業者に依頼して修理してもらうことが多い屋根瓦ですが、実はDIYでの補修も可能です。
自分で修理する場合は、次のような方法があります。

  • 瓦の割れを防水テープで修理する
  • パテで割れた瓦を修理する
  • 割れた瓦を新しい瓦へ交換する

瓦の状態を見ながら、適切な方法を選んで修理を行いましょう。

瓦の割れを防水テープで修理する

瓦にひびや割れがあり、そこから浸水している場合は、防水テープを使用して修理します。
防水テープを貼ることで屋根への浸水を防げますが、単に貼り付けるだけでは効果が出ません。
そのため、補修する際には次の手順に従って、作業を行う必要があります。

  1. 割れた瓦を外す
  2. 瓦の割れ面と補修・防止テープを貼る箇所をきれいに拭く
  3. 瓦に補修・防止テープを貼り補強する
  4. 下地に破損がないか確認する
  5. 元の位置に戻す

テープを貼るだけの作業でも、割れた瓦はきちんと外してきれいな状態にしてから行うことが大切です。
また、テープを貼る際には瓦をきれいに拭いて、汚れや水分などを取っておきましょう。
余計なものが付着していると、防水テープが上手く貼れずに粘着力が弱くなってしまいます。

また、この際に下地が損傷していないかも確認する必要があり、破損しているようなら業者に依頼して修理してもらいましょう。

パテで割れた瓦を修理する

損傷の度合いが激しく、テープでの修理が難しい場合は、パテを使用します。
パテは粘土のようなものですが、割れた部分に埋め込むことで補修を行います。
詳細な手順は次の通りです。

  1. 割れた瓦を取り除き掃除する
  2. 割れた面に瓦パテを丁寧に塗る
  3. 瓦の下地を綺麗にする
  4. パテで補修した瓦の下支えをアルミニウム銅板で作成する
  5. 元の位置に補修した瓦を戻す

パテは瓦用のものを使用して丁寧に塗り込み、ひび割れが埋まっていることを確認してから、元に戻します。
パテでの修理は、防水テープより手間がかかるものの補修力は高く、ひび割れが多少大きいものでも対応可能です。

割れた瓦を新しい瓦へ交換する

テープやパテでの修理が難しいほど損傷している場合は、補修ではなく交換したほうが賢明です。
割れた瓦を新しいものに交換するだけなので、作業自体は難しくありませんが、使用する瓦の選び方には注意が必要です。

ひとくちに瓦といっても種類は多く、一見同じものに見えても、形や大きさが微妙に違う場合があります。
そのため交換する瓦は、現在使用しているものと全く同じものを選ぶ必要があり、ホームセンターや瓦屋などで探さなければなりません。

違う種類のものを選ぶと、きれいにはまらなかったり、交換した場所だけ目立って景観が悪くなってしまいます。
瓦は簡単に持ち上がるため、該当箇所を取り外して新しいものを置くだけで交換作業は完了です。

屋根瓦をDIYで修理する際の注意点

DIY補修は修理にかかるコストを大幅にカットできますが、自分で行う際には次の3つの注意点があります。

  • 屋根に乗った際に瓦を傷つけない
  • 屋根から転倒・落下しないようにする
  • 屋根の下にいる人も落下物に気をつける

瓦は踏み抜いて割れてしまうことも多いため、屋根の上を歩き回る際には慎重にならなければなりません。
また、高所での作業は危険なので、安全面には徹底した配慮が必要です。
万が一の事態に備えて、作業は必ず二人以上で行うようにしましょう。

また、屋根の下で見守る人も落下物でケガをしないように、作業中は常に集中しておかなければなりません。
屋根での作業には多数のリスクがつきまとうため、難しく感じた場合は、無理をせずに業者に依頼して修理してもらった方がよいでしょう。

屋根瓦の修理業者へ依頼した際の費用相場

屋根瓦の修理業者へ依頼した際の費用相場

ここでは、屋根瓦の修理を業者に依頼した場合にかかる費用相場を紹介します。

まず、業者に依頼した場合にかかる費用には、次の3つの種類があります。

  • 屋根瓦の修理費用
  • その他の工事費用
  • 雨漏りの調査費用

屋根瓦の修理費用は、破損した瓦を補修したり交換したりする費用のほかに、漆喰の補修や棟の積み替えなどの費用がかかります。

ほかにも、足場の設置や高圧洗浄などを行う際にも費用がかかり、雨漏りが発生している場合には雨漏りの原因を調べるための調査費用がかかることもあります。
そのため、各修理について詳しい費用相場を紹介していきます。

屋根瓦の修理費用の相場

瓦屋根の修理費用の相場は、次の通りです。

工事内容 施工単価 単位
瓦のひび割れ補修 5,000円
瓦の差し替え(交換) 9,000円
漆喰の補修 10,000円 m
棟の積み替え 6,000円 m
屋根の積み替え 10,000円
屋根の葺き替え 16,000~20,000円

屋根瓦を修理するといっても、方法は複数あります。
どのような方法で修理するか・使用する屋根材・作業範囲で費用は異なります。

上記の表は、棟の長さを15mと考えた場合の基準ですが、長さの変化によって相場も変動すると考えましょう。
基本的には、作業範囲が狭いほど工費は安くなりますが、単価としては高くなるため注意が必要です。

広範囲の工事だと費用は高くなりますが、反面、作業効率がよくなるので単価自体は安くなります。

その他にかかる工事費用

屋根の修理にかかる費用は多数あり、工事費用の内訳として次のものが挙げられます。

費用項目 費用相場(約30坪の建物の場合)
仮設足場 10~30万円
高圧洗浄 25,000~30,000円
諸経費 5%前後
屋根材の撤去費 20~40万
屋根材の処分費用 10,000~20,000円/m²

足場を組む範囲が広くなるほど費用は高くなるため、より高い場所での作業ほど、高額になりやすいことは覚えておきましょう。

また、屋根の傾斜が5寸以上の急勾配だと、屋根自体にも足場を組むことがあります。

高圧洗浄は瓦の汚れを落としたり、雨どいなどの詰まりを解消したりする際に使用されます。
つまり、状況次第では行わないこともあり、必須の費用ではありません。
諸経費はいわば業者の手数料になり、依頼先によって変動しますが、大体5%前後に設定されていることが多いです。

ほかにも、今ある屋根材を撤去する場合は費用がかかり、さらに処分の費用も加算されます。
作業工程によってその他の費用は異なり、場合によってはこれらだけでもかなりの金額になることもあります。

雨漏りしている場合は雨漏り調査費用がかかる

屋根瓦の損傷によって雨漏りが発生している場合は、雨漏りの原因を調べるための費用もかかります。
雨漏りの調査費用は方法によって異なりますが、主なやり方は4つ挙げられます。

調査内容 調査費用
目視確認 0円
発酵液調査 50,000~20万円
散水調査 10万~30万円
赤外線サーモグラフィー調査 10万~40万円

シーンに合わせて行う調査方法は変わりますが、金額が上がるほど、雨漏りの原因を確実に特定しやすくなります。
目視確認は無料となっていることも多いのですが、これでは根本的な問題を発見できないこともあるため、注意しなければなりません。

雨漏り箇所の発見や修理はプロでも難しく、正しく原因を特定した上で修理をしないと、完全には直らないこともあります。

調査に費用をかけずに修理すると、しばらくして雨漏りが再発したり調査や修理のやり直しになってしまうことが多くなります。

したがって結果的に費用が高くつき二度手間にもなるため、雨漏りをしているなら専門的な調査をしてもらった後に修理してもらったほうがよいでしょう。

屋根瓦の修理業者を選ぶ2つのポイント

屋根瓦の修理業者を選ぶ2つのポイント

屋根瓦の修理を請け負ってくれる業者は非常に多く、選択肢の広さに迷う人は少なくありません。
幅広い選択肢の中から、本当に信頼できる業者を見つけるためには、次の2つのポイントを意識しましょう。

  • 見積もりは複数社へ依頼する
  • 調査と見積もり書の内容をよく確認する

中には悪徳業者もいるため、悪い業者を選んでしまわないように優良業者を見つける必要があります。

見積もりは複数社へ依頼する

修理を行う前には、状態をチェックしてもらったり工事内容を確認したりして、費用の見積もりを出してもらいましょう。
見積もりをもらった状態では、工事はまだスタートしていないため、即決せずに複数社から見積もりをもらい、比較することが大切です。

同じ家でも、業者によって工事費用が異なることは多く、提案してくる工事内容も違います。
そのため、金額と工事内容、それについての説明も含めて、どの業者がもっともよかったかを比べて選ぶ必要があります。

何社から見積もりをもらうべきという明確な決まりはありませんが、最低3社を目安にすると比較がしやすく、自分に合った業者を見つけやすいでしょう。

調査と見積もり書の内容をよく確認する

工事をしてもらう前には、調査や見積もり書の内容を徹底的に確認することが大切です。
どのような事前調査を行い、その結果、屋根がどのような状態にあるのか、工事にはいくらかかるのかなど、細かい部分まで厳密にチェックしておかなければなりません。

業者によっては、調査をほとんど行わずに仮の見積もり書を作り、あとから金額が変わったと高額請求をしてくる場合があります。
契約時に金額を確定させるためにも、調査内容はできるだけ詳細に聞き、実際の状態を画像や映像などで確認できるようにしてもらうとよいでしょう。

また、見積もり書は内訳の確認も必要です。
不明な費用が計上されていないかをチェックして、分からない部分は業者に確認することが大切です。

火災保険で屋根の修理費用を負担できるのか?

火災保険で屋根の修理費用を負担できる

火災保険に加入しているなら、風災や雪災、雹災で屋根が破損した場合は、風災補償が適用できる可能性があります。
ただし、火災保険の適用対象はあくまで自然災害で、老朽化による損傷には対応していないため注意が必要です。

台風や竜巻、強風などで被害があったり、雪や雹によって瓦が損傷したりしているなら、風災補償が適用できないか保険会社に相談してみましょう。
火災保険についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

屋根の修理には火災保険が適用できる!適用条件と注意点について解説

まとめ

今回は、屋根瓦を修理する方法から費用の相場や応急処置について紹介しました。
瓦の損傷を放置すると、腐食を生み被害が広がる恐れがあるため、早めに対処しなければなりません。

DIYでの作業も可能ですが、危険だと感じたり作業範囲が広かったりする場合は、業者に依頼したほうがよいでしょう。

適切な金額と作業内容を提示する業者を見極めて、屋根瓦をきれいに修理してもらいましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。