屋根修理

屋根の葺き替え費用相場はいくらかかる?具体的な事例から紹介

屋根の葺き替え費用相場はいくらかかる?具体的な事例から紹介

屋根の葺き替え工事にかかる費用に悩んでいませんか?既存の屋根を取り外し、新しいものに張り替える葺き替え工事は、作業工程の多さから費用が高額になりやすいです。

また、費用の内訳も複雑で、相場がいくらなのか分かりづらいことも難点といえます。
屋根の葺き替え工事の費用の相場やコストを抑える方法を知り、少しでもお得に工事を完了させましょう。

屋根の葺き替え工事の費用相場

屋根の葺き替え工事の費用相場

屋根の葺き替えにはいくつもの作業工程があり、それぞれで費用が発生します。
そのため、全体の費用相場を正しく把握するためには、細かい内訳を理解しておかなければなりません。

項目 費用相場(m²単価)
屋根材の施工費用 日本瓦・洋瓦:8,000~15,000円
ガルバリウム鋼板:6,500~8,000円
セメント瓦:5,000~10,000円
スレート(カラーベスト・コロニアル):5,000~7,000円
既存屋根の撤去費用 1,500~3,000円
下地の補修費用 2,000~3,500円
防水シート 500~1,500円
足場費用 600~1,500円
アスベスト処理費用(古いスレート屋根の場合) 20,000~85,000円

費用としてもっとも分かりやすいのは、屋根材にかかる金額でしょう。
屋根材には複数の種類があり、それぞれで特徴が異なります。

例えば、日本瓦は日本家屋向きで重たく耐久性が高いです。
対してガルバリウム鋼板は、軽く加工しやすいことが特徴で、デザインも豊富です。

それぞれ特徴と金額が違うため、コストと性能の両方を見て選ばなければなりません。

葺き替え工事ではまず、既存の屋根を撤去することから行います。
その後、必要に応じて下地の補修を行い、防水シートを張って耐水性を高めます。

既存の屋根が古いスレート屋根の場合は、アスベストの処理が必要なため、別途料金が発生しますが、その他の屋根材ではこの費用は不要です。
また屋根に上るためには足場を組む必要があり、これにも費用がかかります。

これらを合計した金額が、葺き替え工事にかかる総費用となり、数十万円から数百万円以上かかることも多いです。
高額な工事になるからこそ、依頼する業者はきちんと見極めて、適正価格で請け負ってくれるところを探さなければなりません。

屋根材の特徴と耐用年数

屋根材の特徴と耐用年数

葺き替え工事の際に屋根材を選択する上で、それぞれの特徴や耐用年数を知っておくことが大切です。
主な屋根材は次の3つです。

  • スレート瓦
  • ガルバリウム鋼板
  • 日本瓦

これらの中から、屋根の状態や求める性能に応じて、自宅に合った屋根材を選びましょう。

スレート瓦

スレート瓦のメリットは、豊富な色合いがあり、安価で済ませやすい点でしょう。
軽量のため耐震性も高く、安価ながらも災害リスクの軽減に役立ちます。
ただしほかの屋根材に比べると耐用年数はやや短く、20~25年程度で再度葺き替えが必要となります。

また塗装が剥げやすくなるため、葺き替えまでの間に、1~2回程度塗装工事が必要な場合もあります。
塗装工事の目安は10年に一度程度ですが、工事回数が増えることで手間がかかり、結果的にコストが高くつくケースもあります。

屋根材自体は、安くて耐震性もあって優れていますが、葺き替え後にしばらくして再度工事が必要になる可能性があることは、覚えておきましょう。

ガルバリウム鋼板

アルミや亜鉛、シリコンなどでできた屋根材を「ガルバリウム鋼板」と呼びます。
錆に強いため、耐用年数は50年以上と長く、スレート屋根に比べると若干高いものの、コストパフォーマンスは優れています。
また加工しやすい材質のためデザインも豊富で、自宅に合う屋根材を見つけやすい点も魅力的です。

材質の特性上、熱反射率も優れており、屋根の性能を高めたい人にもおすすめでしょう。
ただし加工しやすいように薄く作られているため、屋根材の耐久性自体はやや低く、へこみやすいという難点があります。

また瓦屋根のように広く普及しているわけではないため、地域によっては施工業者が見つからないこともあります。
屋根材の特徴から考えると、積雪の少ない暑い地域に適した材質といえます。

日本瓦

日本家屋で採用されていることが多い日本瓦は、耐久性の高さが特徴です。
その分、ほかの屋根材よりも費用は高くなりますが、屋根材自体の強度も高く長持ちするでしょう。
また和風の住宅に合いやすく、日本家屋なら景観を損ねずに屋根の葺き替えができます。

デメリットは費用の高さが挙げられますが、屋根材自体の費用だけでなく、葺き替え後に漆喰による定期的な補修が必要であることも関係しています。
また重量があるため耐震性が低く、災害リスクには弱い点もあります。

ただし日本瓦は種類が豊富にあるため、どれを選ぶかによってもメリットやデメリットは違ってくるでしょう。
日本瓦で代表的なものは、次の3種類です。

  • 釉薬(ゆうやく)瓦
  • 無釉薬瓦
  • いぶし瓦

釉薬瓦は、うわ薬と呼ばれるものをかけて瓦を焼き上げるため、表面が塗装されたように発光しています。
うわ薬の膜が貼られた状態のため、撥水性が高く変色したり色が剥げたりしない点がメリットといえます。
また、うわ薬の種類によって色合いが変化するため、ほかの瓦よりも色合いが豊富です。

無釉薬瓦は、うわ薬をつけずに焼き上げた瓦ですが、いわば素焼きの状態で粘土のような自然な風合いがあります。
うわ薬がかかっていないため、撥水性はやや落ちて変色もしますが、釉薬瓦より安価な点は魅力的でしょう。

もっとも安価なのはいぶし瓦で、製造段階で瓦をいぶして、炭素の被膜をつけている点が特徴です。
炭素の被膜は経年劣化で剥がれていきますが、剥げが目立ちづらく、よい風合いになります。

一概にどれが優れていると決まっているわけではないため、種類ごとの特徴や費用から見て、自宅に合ったものを選びましょう。

屋根葺き替えの工事費用の事例

屋根葺き替えの工事費用の事例

よりリアルに屋根の葺き替え工事にかかる費用を知るためには、実際の事例を参考にすることがおすすめです。

屋根材には複数の種類がありますが、近年主流なのはガルバリウム鋼板です。
以下で、スレートやトタン、瓦から、ガルバリウム鋼板に葺き替えた場合の3つの事例を見ていきましょう。

スレートからガルバリウム鋼板に葺き替える場合

既存の屋根が100m²のスレート屋根で、ガルバリウム鋼板に葺き替えた場合の費用の詳細は、次の通りです。

項目 数量 単位 単価 金額
既存スレート撤去工事(処理費込み) 100 3,000 30万
野地板下地好悪時(増し張り) 100 2,500 25万
防水シート(アスファルトルーフィング) 100 650 65,000
屋根材・本体工事(ガルバリウム鋼板) 100 6,500 65万
棟板金 30 m 3,000 90,000
諸経費 - - - 10万
合計 - - - 145万5,000

既存の撤去費用から各種工事に費用がかかり、最終的な金額は140万円を超えています。

自宅によって屋根の大きさは違いますが、100m²は一般的な広さのため平均的な施工費用といえます。

トタンからガルバリウム鋼板に葺き替える場合

既存の屋根が100m²のトタン屋根で、ガルバリウム鋼板に葺き替える場合の費用の詳細は、次の通りです。

項目 数量 単位 単価 金額
既存トタン撤去工事(処理費込み) 100 1,500 15万
野地板下地好悪時(増し張り) 100 2,500 25万
防水シート(アスファルトルーフィング) 100 650 6.5万
屋根材・本体工事(ガルバリウム鋼板) 100 5,500 55万
棟板金 30 m 3,000 9万
諸経費 - - - 10万
合計 - - - 120万5,000

工事費全体は120万円程度でスレート屋根よりも安いですが、金額差は屋根撤去工事の費用にあります。
スレートよりもトタンのほうが、処理費を含む撤去の工事の費用が安いため、全体の金額も抑えられています。

瓦からガルバリウム鋼板に葺き替える場合

金額の内訳の詳細はありませんが、瓦からガルバリウム鋼板に葺き替える場合は、面積が90m²で80万円程度です。

費用 80万円
築年数 21年
施工面積 90m²
工事期間 10日

ほかの事例よりも金額が安いのは、面積が10m²狭いことが理由です。
屋根の葺き替えは、面積が大きいほど各作業項目の単価が上がり、全体の金額が上乗せされます。

瓦からの葺き替え事例では、工事にかかる期間も分かるため、どれくらいのスパンで行えるかも覚えておくとよいでしょう。

屋根の葺き替え工事費用を抑える3つの方法

屋根の葺き替え工事費用を抑える3つの方法

屋根の面積や使用する屋根材、作業工程によって費用はかかりますが、100万円近い金額になることは少なくありません。
葺き替え工事は費用が高く負担が大きいため、少しでも安く済ませる工夫が必要です。
工事の費用を抑えるには、次の3つのポイントを意識することが大切です。

  • 補助金制度を利用する
  • 屋根専門の工事会社に依頼する
  • 自然災害が原因の場合は火災保険を利用する

ポイントを踏まえて工事に臨むことで、コストを節約して屋根の葺き替えができます。

補助金制度を利用する

屋根のリフォームには補助金が適用できる場合があり、制度をうまく使えば自己負担分を引き下げられます。
補助金は国が実施するものだけでなく、地域ごとに独自に行われているものも多いです。
そのため、事前に業者に確認し、何か利用できるものはないか聞いておくとよいでしょう。

業者によっては、補助金の申請を代行してくれることもあります。
補助金制度を適用するためには、工事前の申し込みが必須のため、準備期間中に制度についての情報を集めておくことが大切です。
補助金の対象となるのは、屋根を軽量化して耐震性を高めた場合や、断熱性を上げて省エネ効果を高めた場合です。

それぞれ、ガルバリウム鋼板に変更すると達成できるため、耐震リフォーム補助金制度や省エネリフォーム補助金制度の適用が可能か確認して、積極的に利用しましょう。

屋根専門の工事会社に依頼する

屋根の葺き替えを行う業者は多数ありますが、少しでも安く済ませたいなら、屋根専門の工事会社に依頼することが大切です。
住宅全体のリフォームを請け負う会社や塗装会社でも、屋根の葺き替えを依頼することはできます。

しかしこれらの業者に依頼すると、実際に仕事を行うのは外注先の業者となることが多いです。
つまり業者をひとつ挟むことで仲介手数料が取られてしまい、余計な費用が発生します。
自社で工事を行う専門業者なら、仲介手数料が発生しないため費用を抑えやすいです。

さらに、専門業者のほうが知識も技術も高く工事のできもよいため、葺き替えは屋根工事を専門に扱う業者に依頼しましょう。

自然災害が原因の場合は火災保険を利用する

葺き替え工事が必要になるケースとしては、自然災害による屋根の損傷が考えられます。
自然災害による損傷が原因で葺き替え工事を行うなら、火災保険を適用して保険金で工事費用を賄える場合があります。

火災保険は住宅火災だけでなく、自然災害にも適用可能です。
加入する保険によって適用条件や上限金額は異なりますが、基本的には風災や雪災に適用できます。
風災は台風や強風などが該当し、風にあおられて屋根が損傷しているなら保険の適用対象になるでしょう。
雪災は積雪によって屋根が壊れたり、雹で屋根に穴が開いたりすることが該当します。

場合によっては、全額補償してもらえることもあるため、被害に遭ったあとはすぐ保険会社に連絡して、保険金が出そうか確認しましょう。
保険適用の順番としては、まずは保険会社に連絡し、本当に原因が自然災害にあるか調査してもらいます。

調査結果によって保険金が下りることが確定してから、業者に依頼して修理をしてもらいます。
先に修理をしてしまうと、保険金の請求ができないため注意が必要です。
また、保険の請求は本人しかできないため、業者が代行するといっても任せずに、必ず自身の責任で行いましょう。

屋根の葺き替え工事費用が高額になる5つの要因

屋根の葺き替え工事費用が高額になる5つの要因

そもそも、屋根の葺き替え工事には多額の費用が発生しますが、相場より高額になってしまうケースもあります。
費用が上がる要因は、次の5つが挙げられます。

  • 既存屋根材が古い化粧スレートの場合
  • 屋根の下地が垂木まで腐食している場合
  • 屋根の勾配が急な場合
  • 屋根の形状が複雑な場合
  • 屋根の面積が狭い場合

該当するものが多いほど、費用はより高額になりやすいです。

既存屋根材が古い化粧スレートの場合

スレート屋根は、「波形スレート」と「化粧スレート」の2つが主流で、このうち古い屋根材である化粧スレートが既存の屋根に使用されていると、費用は高くなりやすいです。

化粧スレートは、古いものだとアスベストを含んでいることがあります。
そのため、屋根材の処理の際に別途作業が必要になり、その分の料金が上乗せされるため高額になります。

アスベストを含むのは、2004年以前に作られたものです。
化粧スレートだと絶対に別途処理費用がかかるというわけではないので、いつのものを使っているかを確認してみるとよいでしょう。

屋根の下地が垂木まで腐食している場合

葺き替え工事では屋根の下地ごと取り換えますが、この際、さらにその下の垂木まで腐食していると、費用は高額になりやすいです。
垂木は屋根全体を支えるいわば骨格の部分で、ここが腐食していると屋根全体が崩落する危険性もあります。

補修や交換は可能ですが、骨格部分のため大規模な工事になることも多く、作業時間もかかります。

また腐食していなくても垂木に傷みがある場合は、調査を行うケースもあり、その場合も費用が高くなりやすいです。
下地のさらに下まで傷んでいるケースはまれですが、経年劣化によって垂木の腐食が起きることはあるため、注意しなければなりません。

屋根の勾配が急な場合

屋根の勾配も工事費用を決める要因のひとつで、急勾配なものほど費用は高くなりやすいです。
これは勾配が急になるにつれて屋根の面積も広くなりやすく、作業範囲が増えることが理由です。
葺き替え工事はmやm²単位で単価が決まるため、面積が広いとどうしても金額は上がってしまいます。

また勾配が急すぎると作業時の危険度が増すため、より強固に足場を組む必要が出てきます。
そのため足場の費用が通常よりも高くなり、これも高額になりやすい理由のひとつです。

屋根の形状が複雑な場合

屋根の形状にも注意が必要で、特殊な形状で複雑な形をしているほど、費用は高くなりやすいです。
複雑な形状をしていると作業がやりづらかったり、使用できる屋根材が限定されたりすることが、金額が上がる理由です。

通常の屋根よりも葺き替えに手間がかかる分、追加料金を請求されると考えてもよいでしょう。

また複雑な形状の屋根だと、見積もりで正確な工事費用が出せない場合もあります。
実際に作業をしてみなければ、明確にいくらかかるか分からないケースもあり、費用が読みづらいことも覚えておきましょう。

屋根の面積が狭い場合

屋根面積が広いと費用は高額になりますが、反対に面積が狭い場合も、高額になりやすいです。
面積が狭いと作業がしづらく手間がかかるため、別途費用を請求されることがあります。
また本体に対して屋根材の部分が多くなるため、面積が広い場合よりも割高になります。

面積が広くて費用が高額になるのは、m²単位で金額が決定するためですが、広くなるほど実際には割安です。
対して狭くなるほど割高になり、広さに見合わない金額になりやすいです。
実際の金額がいくらかかるかは別にして、広いほうが割はよく、狭いほうが割が悪くなることは頭に入れておきましょう。

まとめ

この記事では、屋根の葺き替え工事にかかる費用について解説しました。

費用が高額になりやすい屋根の葺き替えは、仲介手数料が不要な専門業者に依頼することが大切です。
専門業者なら余計な費用が入らない分、適正価格で工事を請け負ってもらえて、かつ知識や技術も高いため、安心して作業を任せられます。

また屋根材の特徴や耐用年数によって費用が異なるため、自分の住居に適した屋根材を選ぶのもポイントになります。

依頼先によって費用は変わるため、優良業者を見極めることが大切です。
相場価格を参考にしながら、専門業者の中でも適正価格で請け負ってくれる業者に依頼しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。