屋根修理

屋根リフォームの費用相場はどれくらい?工事の種類と価格を解説

屋根の修理をしている業者の写真

屋根の色褪せや傷みが気になってきたら、屋根リフォームのタイミングです。

屋根のリフォームには「塗装」「重ね葺き(カバー工法)」「葺き替え(張り替え)」の3種類があります。
リフォームにかかる費用の相場は、リフォーム方法によって異なります。
1番安く済むのは「塗装」で、30坪の家の場合、15~45万円ほどが相場です。
次に費用がかかるのは「重ね葺き(カバー工法」で、相場は60~150万円ほどになります。
1番高いリフォーム方法は「葺き替え(張替え)」で、80~350万円ほどかかることもあります。

屋根のリフォームは、やり方ごとに費用が大きく変わるため、どの方法を選べばよいのか、迷う人も多いのではないでしょうか?
そこで、屋根のリフォーム方法ごとに、費用相場と工事内容について、詳しく紹介していきます。

屋根リフォームにかかる費用

工事内容 リフォーム工事総額の費用相場 特徴
塗り替え 15万円~45万円 ・費用が安く工事が短い
・耐用年数が短い
重ね葺き(カバー工法) 60万円~150万円 ・塗り替えより長持ちで葺き替えより安価
・再メンテナンス時に費用がかさむ
葺き替え(張替え) 80万円~350万円 ・家を長持ちさせることができる
・費用が高い

※30坪の家の場合

屋根のリフォームは基本的に、使用する材料と必要な作業工程によって費用が決まります。
例えば、作業工程の難易度が上がったり、数が増えたりすれば、費用は高くなります。
費用相場が1番高い「葺き替え」リフォームは、作業の難易度が高く、工程の数も多いです。

また、リフォームで使用する材料が高いものであれば、工事費用は高くなります。
同じ施工方法でも、費用相場に幅があるのはそのためです。

さらに施工方法によって、費用だけでなく、かかる工期や仕上がりなどが全く違います。

ここからは、それぞれの施工方法について、必要な費用の目安と工事内容を、詳しく紹介していきます。

塗り替え工事の費用相場

塗り替えリフォームは、屋根の色あせや汚れなどが目立ってきたときに行います。
主に瓦など、耐用年数が長い屋根材を使用している屋根のメンテナンスにおすすめです。
屋根材が破損してしまったり、雨漏りが発生したりしている場合は、重ね葺きか葺き替えリフォームを選択しましょう。

塗り替え工事にかかる費用は、大きく3つで、「足場代」「塗料代」「人件費」になります。
足場代は、30坪の家の場合、10万円~20万円ほどが相場です。
人件費は業者によって「工事費の5%~10%」「10万円」など業者によって様々です。

塗り替え工事の費用のほとんどは、塗料代です。
そのため、どんな塗料に塗り替えるかで、費用の相場が変わります。
よく使われる塗料ごとに、単価と費用相場、塗料の特徴をまとめました。

塗料の種類 塗料の単価 費用相場 塗料の耐用年数
アクリル 700円~1,000円 15万円~20万円 3年未満
ウレタン 1,500円~2,000円 20万円~27万円 約3〜5年
シリコン 1,800円~2,500円 23万円~30万円 約5〜7年
フッ素 3,000円~5,000円 30万円~50万円 約7〜10年
無機 5,000円~5,500円 40万円~52万円 約10〜15年
光触媒 4,200円~5,000円 35万円~50万円 約10〜15年

※30坪の家の場合
※諸経費込み

屋根塗装の費用を簡単に知りたい場合は、以下の式で費用を求めることができます。

  • (1階の床面積×1.1~1.7×塗料の単価+足場代10~15万円)×人件費5%~10%

安い塗料と高い塗料では、工事の総額が20万円以上も違います。
そのため、工事費用をどうしても安くするなら、安い塗料を選ぶという方法もあります。

しかし、塗料によって性能も異なるため、費用だけで塗料を選ぶのはおすすめできません。
塗料ごとの耐用年数や性能なども考えて塗料を選びましょう。

重ね葺き(カバー工法)の費用相場

重ね葺きとは、今ある古い屋根の上に、新しい屋根を載せる工事のことです。
屋根全体が傷んでいたり、雨漏りがあったりする場合で、アスベストが含まれている屋根のリフォームにおすすめです。
上から新しい屋根を載せるだけなので、古い屋根を剥がしたり処分したりする必要がある葺き替え工事よりも安価に施工できます。

重ね葺きの費用は、基本的に屋根の広さによって変わります。

家の大きさ(床面積) 重ね葺きの費用相場
25坪(約83㎡) 50万円~80万円
30坪(約100㎡) 60万円~100万円
35坪(約115㎡) 80万円~115万円
40坪(約132㎡) 90万円~120万円

※ガルバリウム鋼板で重ね葺きした場合
※諸経費込み

自分の家の屋根に重ね葺きを行う場合の費用の目安は、下記の式で求めることもできます。

  • (屋根の面積1㎡あたり1万円+足場代20万円)×人件費5%~10%

また、屋根の面積は、下記の計算で求めることができます。

  • 1階の床面積×1.5

重ね葺きは葺き替えに比べて安価なリフォームですが、下記のようなデメリットもあることをしっかり理解しておきましょう。

  • 瓦など重い屋根材を使った屋根には重ね葺きが使えない
  • 新しい屋根材は選べる幅が狭い
  • 重ね葺きでリフォーム後、再びメンテナンスするときは工事費が増加する

重ね葺きは屋根を2枚重ねるリフォーム工法ですので、元々の屋根が重いと、家に負担がかかってしまいます。
重すぎる屋根は地震に弱く、耐震性が低いため、元々の屋根に瓦などを使っている場合は重ね葺きが使えません。

また、少しでも屋根を軽くするために、新しい屋根にも軽くて丈夫な屋根材しか使えません。
多くの場合、「ガルバリウム鋼板」という屋根材が使われます。
リフォームで屋根の見た目にもこだわる人は、カバー工法ではなく葺き替えをおすすめします。

重ね葺きでリフォームした屋根は、メンテナンスとして約20年後に葺き替え工事が必要です。
重ね葺きをした屋根を葺き替える場合、2枚の屋根を撤去しなければいけないため、費用がかさんでしまうのです。

葺き替え(張り替え)の費用相場

張り替えリフォームでは、古い屋根を外し、新しい屋根を取り付ける工事を行います。
屋根材が剥がれていたり、雨漏りが発生したりしている場合、張り替えリフォームがおすすめです。
使用できる屋根の材料の幅が広いため、屋根のメンテナンスだけでなく、見た目の雰囲気を変えることもできます。

葺き替えリフォームは、新しい屋根の屋根材によって費用が変わります。
よく使用される代表的な屋根材ごとに、かかる費用の相場を以下にまとめました。

新しい屋根の種類 葺き替えにかかる費用(アスベスト処理なし) 葺き替えにかかる費用(アスベスト処理あり)
日本瓦 110万円~150万円 210万円~300万円
スレート 80万円~130万円 180万円~280万円
セメント瓦 90万円~130万円 190万円~280万円
ガルバリウム鋼板 90万円~130万円 190万円~280万円

※30坪の家の場合
※諸経費込み

古い屋根がアスベストを含んだ屋根材を使用していた場合、処理費用に100万円~200万円ほどかかります。
2004年以前に建てられた家で、スレート屋根を使用している場合、屋根材にアスベストが含まれている可能性があります。

屋根の葺き替えにかかる費用を詳しく知るためには、作業項目ごとに細かく計算する必要があります。
作業項目ごとの詳しい内約は、「屋根の葺き替え費用相場はいくらかかる?具体的な事例と内約」で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

屋根リフォームで使う屋根材の費用の目安

屋根材の種類 費用/m²(材料費+施工費) 耐久年数 メリット デメリット
スレート瓦 5,000〜7,000円 20〜25年 ・安価である
・色が豊富
・耐震性の高いものもある
・塗装が必要になる
・耐久年数が短い
ガルバリウム鋼板 6,000〜8,000円 50年以上 ・耐久年数が長い
・熱反射率が優れている
・デザインが豊富
・凹みやすい
・経験豊富な施工業者が少ない
セメント瓦 6,000〜8,000円 30年前後 ・耐火性・断熱性が高い
・デザインの種類が多い
・重い
・色あせが早い
・コケなどが生えやすい
アスファルトシングル 6,000〜8,000円 30年前後 ・防水性・防音性が高い
・複雑な形の屋根にも対応できる
・コケなどが生えやすい
・強風ではがれやすい
・傷みやすい
ジンカリウム銅板 7,000〜12,000円 40~50年 ・耐久性・耐火性が高い
・防音性や断熱性が高い
・軽量
・輸入材のため高価
・業者によっては工期が長くなる
日本瓦 8,000〜10,000円 50年以上 ・耐久年数が長い
・強度が高い
・和風の住宅によく合う
・費用が高い
・漆喰の定期的な補修が必要
・耐震性が低い
ステンレス 10,000〜14,000円 50年前後 ・サビに強い
・耐久性・耐火性が高い
・軽量
・費用が高い
・色あせが早い
・断熱性が低い

重ね葺きや葺き替え・張替えなどでは、新しい屋根材を必要とします。
屋根材にかかる費用は、種類によって変わりますが、耐久年数が長いほど費用が高くなる傾向があります。
屋根材は、種類ごとによって費用だけでなく、特徴も異なるため、自宅にぴったりの屋根材を見つけましょう。

屋根の一部をリフォームするときの費用相場

【屋根補修】リフォームの費用相場

屋根の破損や傷みの範囲が狭い場合、リフォームではなく修理で済ませることもできます。
屋根を部分的に修理するときの費用相場は、以下の通りです。

修理内容 費用相場
屋根材の補修・交換 1万円~5万円
漆喰補修 3万円~80万円
棟板金の補修・交換 20万円~100万円

※30坪の家の場合

屋根の一部が、剥がれたり傷ついたりしている場合は、屋根材の補修で対応できます。
業者によっては、瓦1枚から交換してくれることもあるので、まずは問い合わせてみましょう。

漆喰がひび割れ・剥がれなど劣化していた場合、雨漏りの危険があります。
部分的に漆喰を補修する場合は3万円程度、屋根全体の漆喰を補修する場合は80万円ほどかかります。

棟板金(むねばんきん)とは、屋根の頂上部分に設置されている板のことです。
棟板金を修理・交換する場合、足場の設置が必要なので、最低でも20万円はかかることが多いです。

他にも、屋根修理にかかる費用について詳しく知りたい場合は、「屋根修理の費用相場を初心者向けに解説!安くする方法も紹介」で紹介していますので参考にしてください。

屋根工事にかかった費用の具体的な事例

屋根のリフォーム費用の具体的な事例

実際に、屋根のリフォームでどれくらいの費用がかかるか知るためにも、実例を見てイメージを膨らませておくことが大切です。
費用の相場はありますが、細かい作業内容や依頼する業者、地域によって金額は変動します。
少しでもリアルなイメージを持つためにも、次の2つの事例を参考にしましょう。

屋根補修・塗装工事を行った事例

屋根の補修と塗装工事を行った事例の詳細は、次の通りです。

建物のタイプ 戸建住宅
価格 47万円
築年数 21〜25年
工期(全体) 1週間
面積 65.00m²
施工地 兵庫県西宮市

ひび割れた部分はコーキングによる補修を行い、欠けたり割れたりしている部分は、屋根材を交換したうえで塗装をしています。
コーキング補修は安価ですが、塗装にはやや高価なシリコンを使用しているため、費用は47万円になっています。

金属屋根を重ね葺きした事例

既存の屋根の上から金属屋根を重ね葺きした事例の詳細は、次の通りです。

重ね葺き工事自体も費用が高いのですが、それだけでなく既存のスレート瓦より高価なガルバリウム鋼板を使用しているため、費用は90万円となります。
重ね葺きによって屋根材が変化したため、熱反射がよくなり暑さに強くなっています。

工事の種類 費用(足場代含む)
漆喰補修工事 30万〜80万円
瓦屋根補修工事 30万〜100万円(10〜30坪程度)
コーキング補修工事 打ち替え:900〜1,500円/m
打ち増し:500〜1,000円/m
棟板金交換工事 30万〜100万円
雨樋工事 3,000円〜/m(材料費含む)

屋根のリフォーム費用を安くする4つの方法

屋根のリフォーム費用を抑える4つの方法

工事の種類や使用する材質によって費用は変わりますが、屋根のリフォームは高額になることも少なくありません。
しかし、工夫次第で費用を節約することが可能です。

  • 自然災害によるリフォームであれば、火災保険を適用する
  • 複数の業者から見積もりを取る
  • 他部分のメンテナンスと一緒にリフォームを行う
  • 優良業者のポイントを知る

4つの方法を意識して、少しでも費用を抑える工夫をしましょう。

自然災害によるリフォームなら火災保険を適用する

リフォームをしなければならない原因が自然災害にあるなら、火災保険が適用できる場合があります。
火災保険は風災や雪災に対応しており、加入している保険によって条件は違いますが、修理費用を補償してもらえます。

風災は台風や強風などで、雪災は積雪や雹(ひょう)による被害のことです。
地震は対象外ですが、風災や雪災害なら場合によっては費用をかけずにリフォームできるケースもあります。
ただし、火災保険を適用する際には、保険の申請を業者に任せないことをおすすめします。

火災保険は基本的には加入者である本人が申請することになっており、業者に任せると保険が下りなかったり、保険金を持ち逃げされたりすることもあります。
保険の申請は必ず自身で行い、悪徳業者に騙されないように気をつけましょう。

火災保険が使えない場合でも、住宅リフォーム補助金が使える場合もあります。
リフォーによる補助金は、国や自治体が出しているため、条件さえ満たせば誰でも利用が可能です。
詳しくは「住宅リフォームの補助金制度とは?補助金の種類や優遇制度について解説」で紹介していますので、ぜひご覧ください。

複数の業者から見積もりを取る

リフォームを行う際にはまず見積もりを取る必要がありますが、複数社の間で見積もりを比較することをおすすめします。
同じ作業でも業者によって提示する金額は違うことがあるからです。
そのため、最初の1社が本当に適正価格を提示しているかは分からないため、複数社で比較して相場を把握してから依頼先の業者を決めることが大切です。

比較対象は多い方がよいのですが、増えすぎると修理をするまでに時間がかかるため、2~3社程度から比較するとよいでしょう。

相見積もりをする場合は、1社ずつ業者を探して連絡を取らなければいけないため、とても面倒で時間がかかります。
簡単に、時間をかけずに相見積もりをするには、「ファインドプロ」をおすすめします。
ファインドプロは、電話で相談するだけで、全国の優良業者の中から、あなたにぴったりの業者を紹介するサービスです。
一度の相談で、複数業者に見積もりを依頼することもできるので、手間をかけずに相見積もりすることができるのです!
無料で相談できるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

外壁など屋根以外のリフォームを同時に行う

屋根のリフォームが必要なタイミングでは、家の他の場所も傷んでいる可能性が高いです。
リフォームが必要な場所は、一度に同じ業者へ依頼することで、1か所ずつの費用を抑えることができます。

屋根リフォームと同時に依頼することで安くなる場所の代表に、外壁塗装があります。
外壁塗装で設置する足場や養生は、屋根リフォームで設置する足場とほぼ同じです。
1度設置した足場で屋根と外壁の2か所をリフォームすることができるので、1か所分の足場代を節約できます。

下記では、屋根以外の場所のリフォーム費用や実例を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
窓・サッシのリフォーム費用はいくら?工事内容・事例別に相場を解説
外壁リフォームの費用相場はいくら?家の塗装・張り替えの種類別価格と外壁材・塗料の単価を解説
【2020年】外壁塗装の費用相場はいくら?坪別の適正価格と見積りのポイントをご紹介

優良業者のポイントを知る

業者ごとに工事にかかる金額が違うため、優良業者を見つけて、適正価格でリフォームをしてもらいたいものです。
優良業者を探すためには、次の5つのポイントをチェックしましょう。

  • 営業よりも顧客重視
  • 丁寧に現地調査をしてくれる
  • 値引き額が大きすぎない
  • 地域密着の業者である
  • 訪問販売業者でない

顧客重視で丁寧な作業をしてくれる業者ほど、良心的である可能性が高いでしょう。
また、値引きしてくれる場合もよいですが、値引き額があまりにも大きいと、かえって怪しいため注意しなければなりません。

さらに、口コミや創業年数を確認して、地域密着で長くやっている業者を選ぶとよいでしょう。
優良業者は無理な顧客の取り込みをしていないことが多いため、訪問販売業者であるかどうかもチェックすべきポイントになります。

優良業者を見分ける方法については、「屋根修理業者の選び方」でも詳しく紹介しています。
気になった方はぜひご覧ください。

屋根のリフォームは費用相場を知って適正価格で施工しよう

屋根のリフォーには大きく3種類あり、それぞれ費用相場が違います。
一番安いのは塗り替え工事で、費用相場は、30坪の家で15万円~45万円ほどです。
塗り替え工事は、屋根の傷みが激しくない場合に利用できます。
屋根全体が傷んでいたり雨漏りしていたりする場合は、重ね葺き(カバー工法)か葺き替え工事が必要です。
重ね葺きは古い屋根に新しい屋根を重ねるため、費用相場は60~150万円です。
葺き替え工事は古い屋根を撤去する必要があるため、80~350万円ほどが相場です。

ただし、相場料金は目安の金額です。
特殊な条件などが加われば、相場料金よりも高くなったり安くなったりします。
自分の家の屋根のリフォーム費用を知るためには、業者に見積もり依頼をするのがおすすめです。
見積もりは複数の業者に依頼することで、適正な料金がわかりやすくなります。

ファインドプロでは、一度のお問合せで複数のリフォーム業者をご紹介することができます。
無料でご相談していただけるので、リフォーム会社やリフォーム方法に迷ったときは、ぜひお気軽にご連絡ください。

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。 被害状況のヒアリングをもとに、屋根・雨漏り修理・塗装などの作業にかかる概算費用もお電話にてお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な屋根に対応しており、瓦の葺き替えだけでなく、ストレート・ガルバリウムも受け付けております。 さらに本サイトでは、屋根修理の方法や、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

見積もり・相談は無料!
日本全国対応可能!屋根・雨漏り修理はプロにお任せ
ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。