屋根修理

雨漏りの原因を特定しよう!原因別の対処法を分かりやすく解説

雨漏りの原因を特定しよう!原因別の対処法を分かりやすく解説

突然雨漏りが起きてしまったものの、原因が分からずに困っていませんか?
実は雨漏りが起きる原因は複数あり、どこで問題が起きているのかは家ごとに異なります。

雨漏りを修理するには、雨漏りの原因を特定する必要があり、原因に合った対策を行うことで雨漏りを適切に防ぐことができます。
雨漏りを放置してしまうと、自宅の腐食が進行してしまう恐れもあり、早急な対応が必要です。

この記事では、雨漏りの原因と原因別の対処法を分かりやすく説明しています。
是非参考にして、自宅の雨漏り対策を実施してみてください。

雨漏りの原因となる箇所を特定する

雨漏りの原因となる箇所を特定する

雨漏りの原因を知るためには、雨漏りが起きている場所を特定しましょう。
雨漏りが起きる場所は複数考えられますが、雨漏りが最も多い箇所は以下の4つです。

  • 屋根の雨漏り
  • ベランダの雨漏り
  • 雨どいの雨漏り
  • 窓周辺の雨漏り

場所ごとに雨漏りが起きる理由は異なるため、それぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

屋根の雨漏り

雨漏りと聞いてまずイメージする場所は屋根だと思います。
屋根からの雨漏りでは、天井や室内にまで広く被害を及ぼすことが多いため注意が必要です。

屋根の雨漏りの原因は複数あり、屋根の種類によっても異なります。
代表的な屋根の種類に、屋根瓦とスレート屋根、トタン屋根があります。

屋根瓦の場合は、瓦がずれたり漆喰が剥がれたりすることにより、屋根に水が浸入して雨漏りを起こすことが多いです。
スレート屋根の場合には、ヒビや割れによって雨漏りを起こします。
トタン屋根は錆びることで腐食し、穴が開いて雨漏りが起きることもあるため注意しなければなりません。

屋根はなかなか目に付くところではありませんが、雨風などのダメージを受けやすい部分であることは知っておく必要があります。

ベランダの雨漏り

雨風が入りやすいベランダも雨漏りが起こりやすいため注意が必要です。
強い雨風の影響を受けると、防水塗膜が撥水しきれずに雨漏りを起こしてしまうことがあります。
また、人の出入りや物を動かすことが多いと、防水塗膜が少しずつ剥がれ、雨漏りを起こすこともあるため注意が必要です。

さらにベランダの排水溝もチェックが必要で、ゴミが詰まっていて排水がうまくいっていないと、雨水が溜まって外壁から水が侵入する恐れがあります。

ベランダ自体だけでなく、ベランダの排水溝といった細部まで雨漏りの原因になる可能性があります。
ベランダの雨漏りの原因を特定するためには、上記の部分をしっかり確認しましょう。

雨どいの雨漏り

雨水を排水する役割を持つ雨どいが原因で、雨漏りを起こすこともあります。
雨どいによる雨漏りの原因の多くは、パイプ内にゴミが詰まっていることによるものです。

葉っぱや飛来したゴミなどがパイプに詰まると、排水がうまくいかずに水が溢れてしまいます。
溢れた水は、外壁や窓、ベランダなどを伝い、それらの場所から間接的に雨漏りを引き起こすため注意が必要です。

雨どいから直接雨漏りするケースはありませんが、間接的に広い範囲に被害を及ぼしかねないことは覚えておきましょう。

窓周辺の雨漏り

雨水が侵入しないように、窓のサッシにはパッキンが付けられています。
しかし、パッキンが時間の経過とともに劣化して緩むと、水の侵入を防ぎ切れなくなり、雨漏りを起こすことが多いです。

どの窓でも雨漏りを起こす可能性はあり、場合によっては数箇所から同時に雨漏りが起きることもあります。
使用頻度の高い窓ほど、パッキンの擦り切れによって劣化が進みやすいことから、雨漏りも起きやすいといえます。

雨漏りが起こる4つの原因

雨漏りが起こる4つの原因

雨漏りは、上記で説明した箇所の劣化や不具合が原因ですが、その不具合を引き起こす要因にも注意が必要です。

  • 台風による突風や強風、暴風雨
  • 住居の経年劣化
  • 地震による住宅へのダメージ
  • 施工業者による施工不良

上記は雨漏り発生につながる可能性が高い要因です。
身近にどのようなリスクが潜んでいるのかそれぞれ確認していきましょう。

台風による突風や強風、暴風雨

自然災害による住居への影響は大きく、特に台風や暴風雨の際には、雨漏りのきっかけを作りやすいです。
台風時の突風や強風によって屋根が大幅なダメージを受けることは多く、屋根がずれたり剥がれたりすることも少なくありません。

台風による強風にあおられて屋根が浮いてしまい、そこから水が浸入して雨漏りを起こすことも多くあります。
また、屋根だけでなく、ベランダや雨どいなども影響を受けやすく、暴風雨の影響によってダメージが蓄積することもあります。

風が強い場合は飛来物による影響もあり、ゴミが飛んできて詰まる可能性も考えられます。
さらに、他の家の屋根や看板のような硬いものが飛んできて、物理的なダメージを受けることも少なくありません。
台風は住居全体に影響を及ぼしやすく、台風後には雨漏りの対処が必要になることもあります。

住宅の経年劣化

築年数が経過した物件では、経年劣化により雨漏りが起きやすくなっています。
経年劣化による影響は大きく、屋根の塗装の剥がれや、屋根材自体の錆、腐食などが起きることもあります。

ベランダや雨どい、窓でも同じことがいえ、劣化によって水の侵入を防ぎきれなくなり、雨漏りを起こすことは多いです。
経年劣化は避けられませんが、どれくらいメンテナンスをしているかによって、雨漏りが起きるかどうかは変わります。

例えば、屋根なら20~30年程度が寿命といわれており、これを超えるようなら塗装のし直しや細かい部分の修繕といったメンテナンスが必要です。
建物全体の築年数が古くても、きちんとメンテナンスをしていれば、雨漏りが起きないこともあります。

経年劣化も雨漏りを起こす大きな原因ですが、それだけでなくメンテナンスの状況にも依存することは、頭に入れておく必要があります。

地震による住居へのダメージ

地震による住居へのダメージにより、雨漏りが起こることもあります。
地震の激しい揺れによって屋根がずれたり剥がれたりして、そこから雨漏りしてしまいます。

また、自信によって防水の役割を果たすコーキングが剥がれてしまうこともあり、建物自体は無事でも防水性能が大幅に落ちていることもあるため、注意しなければなりません。
一見ダメージがないように見えても、実は細部で被害が出ていることもあるので、地震後の強い雨の日は、雨漏りが起きていないかチェックすることが大切です。

施工業者による施工不良

雨漏りの原因は人為的なミスの場合もあり、施工業者による施工不良も要因のひとつです。
特に、新築で購入して間もないにもかかわらず雨漏りが起きてしまったなら施工不良の可能性が高いです。

新築物件の場合は、購入してから10年以内に雨漏りが起きたなら、品確法という法律を適用させ、施工業者に無料で修理してもらえます。
住居者の過失ではなく、ごく自然的に雨漏りが発生し、かつ築年数が浅いなら施工不良の可能性が高いです。

また、一度修理してもらったにもかかわらず、直っていない、あるいはすぐに雨漏りが再発する場合も施工不良です。
人為的なことが原因で雨漏りを引き起こしてしまう可能性は十分にあるため、施工業者の選定は慎重に行わなければなりません。

雨漏りが発生した時の5つの応急処置

雨漏りが発生した時の5つの応急処置

雨漏りが発生したら、素早く業者に修理を依頼することが大切です。
しかし、すぐには難しい場合は、次のような応急処置で対応することができます。

  • 室内にバケツを置く
  • 雑巾で水を吸い取る
  • 屋根にブルーシートをかぶせる
  • 防水テープで雨の侵入口を塞ぐ
  • コーキングを使って雨漏りの原因箇所を塞ぐ

それぞれの応急処置方法について詳しく解説していきましょう。

室内にバケツを置く

すぐにできる応急処置として、雨漏りで水滴が垂れている場所にバケツを置くことができます。
バケツを置くことで床が濡れることを防ぎ、さらなる浸水被害を食い止めます。
バケツを設置する際には、周囲に水が跳ねることも考えて、タオルや新聞紙などを敷きましょう。

ただし、バケツを置くこと自体は落ちてくる水に対処するだけにすぎず、雨漏りの根本的な解決になっているわけではありません。
そのため、急な雨漏りをしのいだあとは、別の方法で根本的な原因を取り除くことが必要です。

雑巾で水を吸い取る

窓周辺の雨漏りに対処するために、雑巾やタオルで雨漏りによる水を吸い取りましょう。

この方法も応急処置なので根本的な解決になっているわけではありませんが、当面の被害拡大は防げます。
カーテンがある窓なら、カーテンが濡れないように、また窓を拭きやすいように外しておくことが大切です。

屋根にブルーシートをかぶせる

屋根から雨漏りをしているなら、ブルーシートをかぶせて被害を食い止める方法もあります。

天井から水が垂れているなら、屋根が原因であることは分かりますが、屋根のどの部分なのかは素人目では判断が難しいです。
そのため、ブルーシートで覆う際には、雨漏りが起きている場所から広範囲にかぶせましょう。
ブルーシートをかぶせたあとは、四隅に土嚢を置いたりテープを貼ったりして固定します。

重りは軽すぎると飛んでしまいますが、重たすぎると屋根の上に持ち上げることが難しく、さらに屋根が壊れる危険性もあるため注意が必要です。
また、雨の中で作業をすると滑って危険なため、雨が降る前にシートをかぶせることが大切です。

防水テープで雨の侵入口を防ぐ

水の侵入自体を防ぐためには、防水テープによる対処がおすすめです。
使い方は簡単で、雨漏りがしている場所に、密閉するように貼り付けるだけです。

窓やサッシなどに使えるだけでなく、屋根材の簡易的な補修もできます。
柔軟性が高いため、角やざらざらとした粗い材質にも貼り付けやすいです。

コーキングを使って雨漏りの原因箇所を塞ぐ

防水性能のあるコーキング剤を使って、雨漏り部分を埋めて、水の侵入口をふさぐ方法もあります。
コーキング剤&コーキングガンは、取っ手がついているため扱いやすく、手にコーキング剤がつきづらくなっています。
使用する前には、まずは雨漏りがしている部分を拭き、水気や汚れを取ります。

このときに、コーキング剤が周囲に広がらないように、マスキングテープで周りを保護することもおすすめです。
あとは、水の侵入口をコーキング剤で固めるだけです。目視で雨漏りが確認できる場所に有効な手段で、注意は必要ですが、はしごを使うと高所での作業もできます。

雨漏りの原因を調査する方法と費用相場

雨漏りの原因を調査する方法と費用相場

雨漏りが起きたときに自分でできるのは応急処置までです。
雨漏りを確実に修理するためには、業者に修理を依頼する必要があります。

修理をしてもらう際には雨漏りの原因を特定するための事前調査を行います。
この事前調査にはいくつか方法があり、調査方法によってかかる費用が異なります。

調査方法 費用相場
目視調査 0〜3万円
散水調査 10~30万円
発光液調査 5~20万円
赤外線カメラ調査 10~40万円

目視調査は、雨漏りの原因や雨漏りしている場所を目で見て探る方法です。
多くの業者では無料で実施しています。
一部の業者では費用がかかることもありますが、3万円以内に収まることがほとんどです。
目視調査は費用をかけずに素早く行える点が魅力的ですが、一方で原因の特定が確実にできるといった保証はありません。
雨漏りが起きている箇所やシミ、カビなどを頼りに水の侵入経路を特定しますが、根本的な原因の特定には至らないこともあります。

散水調査では、実際の雨のようにホースで水をまき、どこから雨漏りが起きているかを確認することで水の侵入口を特定します。
散水調査の費用相場は5~30万円程度で、水をまく量や範囲、業者によって値段設定が異なります。
雨漏りをしている箇所を明確に特定できますが、詳細な原因までは分からないこともあるため注意が必要です。

発光液調査は、紫外線を当てると光る発光液を流し込むことで、どこから水が入り込んでいるのかを調査する方法です。
光っている部分が水の侵入口となり、どのような経路で侵入してきたかが分かるため、原因の特定もしやすいです。
発光液調査の費用相場は10万~20万円とやや高額ですが、根本的な解決を目指したいなら、原因の特定率が高いためおすすめです。
ちなみに、発光液は建材への影響はなく、数日すると光らなくなるため、作業による住居への影響も心配ありません。

赤外線カメラ調査では、温度によって色分けされるサーモグラフィーを使って、雨漏りしている箇所を探します。
この際に温度が低い場所が水が浸入して湿っている部分になるため、雨漏り箇所と経路、原因を特定しやすいことが特徴です。
費用は10万~40万円と高いものの、原因特定の確実性は高いです。
また、カメラで撮影して調査する方法のため、住居への影響も心配ありません。
無害で影響がなくても、発光液を流すことに抵抗があるなら、赤外線カメラによる調査がおすすめです。

以上が雨漏りの原因を特定するための調査にかかる費用です。
自分で原因を特定しようとすると、ミスが起きやすく確実に原因を特定できないことがあります。
確実に雨漏りの原因を特定したいなら、業者へ雨漏り修理を依頼することをおすすめします。

優良な雨漏り修理業者の探し方

優良な雨漏り修理業者の探し方

業者へ雨漏り修理を依頼しようとしても、どの業者に依頼していいか分からない人もいると思います。
雨漏り修理業者といっても非常に多くあり、全ての業者が信用できるとは限りません。
そのため、優良業者をいかにうまく見つけられるかが、安心して雨漏り修理を任せるためのポイントです。

優良な雨漏り修理業者を見つけるためには、複数の業者に見積もりを依頼することが大切です。
業者によって提案する作業や金額が異なり、中には不要な作業まで行って修理費用を高く請求するところもあります。
また、相場以上の値段設定をする業者もあるため、適正価格を見抜くためにも複数社の見積もりを比較することが重要です。

見積もりを依頼するときは最低でも3社程度を目安にすると、それぞれの作業内容や金額の違いを比較しやすくなります。
ファインドプロでは、優良な雨漏り修理業者を紹介していますので、お困りの際はぜひ一度ご相談ください。

まとめ

この記事では、雨漏りの原因を特定し、雨漏りに素早く対処する方法について紹介しました。

雨漏りを放置すると被害が広範囲に拡大するため、素早く対処しなければなりません。
適切な対処を行うためには、まずは原因を特定し、それに合わせた対処法を取ることが大切です。

また、自分で原因を特定しようとすると思わぬミスが発生する恐れがあるため、できる限り業者に修理を依頼するようにしましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。