屋根修理

屋根の修理はDIYでできる?初心者でもできる簡単な補修方法を紹介

屋根の修理はDIYでできる?初心者でもできる簡単な修理方法を紹介

屋根が壊れたときや、雨漏りしたとき、通常は業者に依頼します。
一方、「業者の修理は高くつくから」「自分でやるのが好きだから」などの理由で、自分で屋根の修理をしたい、という人は一定数います。

結論から言えば、軽微な屋根の修理であれば、自分で行うことは可能です。
ただし、可能だからといって、おすすめはできません。
たとえ「ちょっとした傷み」に見えるような状態でも、大きな修理が必要になる場合があるからです。
なにより、屋根の修理は高い場所で行うため、大変な危険を伴います。

そのため、屋根の修理を自分で行うことは、基本的にはおすすめできません。

しかし、どうしても自分でやってみたい、という人もいるのではないでしょうか?
そんな人のために、ここからは屋根の修理をDIYで行う方法についてご紹介していきます。

ここまで読んで「やっぱり自分で修理するのは諦めよう」と思った人は、「屋根修理を業者に依頼した場合」を読んでみましょう。
屋根修理を業者に依頼した場合の流れや費用についてまとめています。

また、「業者に依頼してみよう」と思った人は、ファインドプロがおすすめです。
ファインドプロでは、全国の信頼できる屋根修理業者と提携しています。
お住まいの地域で、あなたにピッタリの業者をご紹介します。
ご相談は無料なので、ぜひ一度お問い合わせください。

屋根の修理をDIYで行う3つの方法

屋根の修理をDIYで行う3つの方法

まず知っておきたいことは、DIYで行う屋根の修理には、どのような方法があるのかということです。
細かい修理方法挙げると多数ありますが、市販のもので簡単にできるやり方は、次の3つがあります。

  • 防水シートを貼りつける
  • コーキングで補修する
  • パテを塗り込んで瓦を元の形に整える

それぞれで期待できる効果が異なるため、屋根の状態に合わせてやり方を変えることが大切です。

防水シートを貼りつける

屋根の劣化による雨漏りを簡易的に防ぐなら、防水シートを貼りつけるだけで効果があります。
雨漏りの該当箇所を見つけ、そこに防水シートを隙間ができないように貼りつけるだけです。
商品によって粘着性が異なりますが、強力なものも多いため、多少の雨や風では剥がれることはありません。

また、防水シートはロール状になっているものが多く、はさみで好きな長さや形に切って使えるため、場所を選ばずに使用できる点も魅力です。
場合によっては、屋根裏に入る必要がありますが、特別な工具を使ったり難しい作業をしたりする必要がないため、安全性は高いです。

切って貼りつけるだけで作業が完了するので、DIY初心者にもおすすめの方法です。

コーキングで補修する

屋根材のひび割れには、コーキング剤を使用して対応が可能です。
市販のコーキングガンを使用して、ひび割れた部分にコーキング剤を流し込むことで、損傷した部分をふさぐことができます。

密閉性が高いため、きれいにふさげば雨漏りも一時的に止めることができ、作業もそれほど難しくありません。

作業自体は、屋根材のひび割れや浮いたところを見つけて、コーキング剤で埋めるというシンプルな方法ですが、一部注意点もあります。
コーキング剤は何にでも使用できるわけではなく、日本瓦やコロニアルといった、屋根材の横軸の方向に使用することはできません。

これらの屋根材は横軸方向に隙間がありますが、これは排水を促すための空間です。
そのため、ここをコーキング剤で埋めてしまうと、排水機能が働かなくなり、かえって雨漏りを悪化させてしまいます。

また、漆喰の剥がれに使用することも厳禁です。

漆喰とコーキング剤は通気性に大きな違いがあり、漆喰は屋根材の間を埋めながらも、通気性を保っているため排水機能が高いです。
つまり、漆喰をコーキング剤で代用すると、排水の妨げとなり、事態をさらに悪化させてしまうため注意しましょう。

パテを塗り込んで瓦を元の形に整える

屋根材が割れたりずれたりしている場合は、パテを塗り込んで元の形に戻すという方法があります。
これは、主に瓦に使用されるやり方で、パテの塗り込み作業に手間がかかるため、中級者から上級者向けの方法といえます。

作業自体は、瓦の割れ目やずれて隙間ができた部分をパテで補修するというシンプルな方法ですが、パテの埋め込みの加減が難しいです。
また、時間もかかりやすい作業なため、複数枚の瓦を補修するとなると、手間がかかってしまいます。

割れた瓦も自分で修理は可能ですが、初心者向けの方法ではなく、他のやり方に比べると手間がかかることを理解しておきましょう。

屋根修理のDIYに必要な材料

屋根修理に必要な材料は、一般家庭には常備していないものがほとんどです。
しかし、ホームセンターなどで用意できることもあるので、どんなものが必要か確認しておきましょう。

材料 費用
南蛮漆喰(2.5kg) 1,300円程度
変成コーキング剤 500円程度
防水テープ 600円程度
着色スプレー 400円程度
工具代 ヘラ100円程度
コーキングガン200円程度

屋根修理のDIYに必要な材料は、上の表にある5つです。
全て1つずつ買ったとして、3,000円前後におさまります。
ただし、修理する範囲が広くなれば、それだけたくさんの材料が必要になります。

屋根修理のDIYがおすすめできない理由

冒頭でも説明したとおり、屋根修理を自分で行うことは可能ですが、おすすめはできません。 おすすめできない理由は、3つあります。

  • 怪我をする危険がある
  • 修理したところ以外の箇所を傷める可能性がある
  • 火災保険が適用できなくなる可能性がある

屋根から地面までは、平屋の場合で4~5m、2階で6m~9mほどあります。
高所で作業をして足を滑らせれば、大けがをしたり、最悪の場合死に至る可能性もあるでしょう。
DIYでは、屋根修理業者のように、足場を組んだり、安全な命綱を付けたりといったことができないため、常に危険が伴います。

屋根の一部が傷んでいるということは、経年劣化にせよ風災にせよ、別の場所も同じように傷んでいる可能性があります。
専門的な知識や技術がない人では、傷んでいる可能性のある個所を見極めるのは困難です。
そして、修理をしたところ以外の箇所を、知らず知らずのうちに傷めてしまったという事例もあります。

金銭面で気を付けたいのは、火災保険が適用できなくなるということです。
自然災害によって屋根が壊れた場合、火災保険が適用できれば、業者に依頼した費用の一部または全額が補償されます。
しかし、たとえ自然災害によって屋根が壊れた場合でも、自分で屋根修理をしてしまうと、火災保険の適用は難しくなります。

自分で屋根修理を行うには、あまりに多くのデメリットがあります。
そのため、屋根修理のDIYはおすすめできないというわけです。

屋根修理のDIYができるのはどんなとき?

屋根修理をDIYでできるかどうかの判断基準

屋根の修理は非常に難しく、DIYでできる範囲は限られています。
そのため、状態を見て業者に依頼すべきかどうか適切な判断を下す必要があり、その基準を知っておかなければなりません。
判断基準としては、漆喰の剥がれや瓦の割れ、広範囲でのひび割れや瓦のずれなどは、早めに業者に修理を依頼すべきでしょう。

漆喰の塗り直しはDIYでは難しく、仮に行ってもうまくできず、余計に状態を悪くしてしまうことも少なくありません。
また、パテによるひび割れの補修や広範囲の修理も同様で、時間と手間があまりにかかりすぎるものは、プロに任せたほうが無難です。

時間も手間もかかる作業は難易度自体が高く、DIYで行っても完全に修理できないことが多いです。
無理に作業をすることで屋根の劣化を早めてしまい、結果的にプロに大部分の修理を依頼することになり、コストが高くつくことも少なくありません。

一見して難しそうだと感じる場合は、無理をせずに素早く業者に修理を依頼することが大切です。
また、そもそも屋根に上ることに危険性を感じる場合は、その時点でDIYでの修理は控えたほうがよいでしょう。

屋根の修理をDIYで行う時の注意点

屋根の修理をDIYで行う時の注意点

DIYでの修理は危険が伴うため、作業時には注意しなければならないことがあります。
また、余計な被害を生まないためにも、気をつけるべきことがあります。

  • 作業を行う場合は安全装備を必ずつける
  • ブルーシートを被せたまま放置しない

これら2つの注意点を正しく把握して、失敗のないDIY修理を行いましょう。

作業を行う場合は安全装備を必ずつける

屋根での作業は危険が伴うため、必ず安全装備をつけてから臨みましょう。
転倒や落下時に備えたヘルメットや、手を傷つけないための軍手を装着し、服装も動きやすい長袖長ズボンで臨むことが大切です。

また、靴も安定性を重視して履きなれたスニーカーなどがよく、可能なら命綱も設置してから作業を開始しましょう。

屋根に上る際には脚立やはしごを使いますが、安定性の高い場所に設置するだけでなく、倒れないように誰かに押さえてもらうことが大切です。
また、屋根での作業は万が一に備えて、必ず二人一組で行うようにしましょう。
一人で作業をしていると、もし転落してケガをしても、すぐに助けを呼ぶことができません。

二人で作業をしていれば、相手が落ちた場合でも助けを呼びやすく、屋根から落ちそうになったときにも引っ張り上げることができます。
二人で作業を行うことで、ケガのリスクは大幅に軽減できるため、安全装備の装着とともに徹底するようにしましょう。

ブルーシートを被せたまま放置しない

屋根からの雨漏りを防ぐ簡易的な方法として、ブルーシートを被せるやり方がありますが、雨が上がったあとはすぐに撤去しましょう。
雨漏りの該当箇所にブルーシートを広げ、重りで固定しておくことで、雨漏りの侵入を防ぐことができ、被害を最小限に抑えられます。

しかし、シートを張っていても隙間から雨が侵入することはあり、少なからず屋根は濡れていることが多いです。
屋根が濡れた状態でブルーシートを張ったままにしていると、雨水がいつまでも乾燥せず、腐食やカビなどの原因になって、さらに状態を悪化させてしまう恐れがあります。

ブルーシートによる雨漏り対策はあくまで応急処置で、長期的な対処法としておすすめできるものではありません。
いつまでもシートを張っていると被害が広がってしまい、いざ直す際の手間が増えてしまうため、雨が上がったあとは速やかにシートを撤去しましょう。

屋根修理を業者に依頼した場合

火災保険が適用できる場合は業者に依頼しよう

屋根修理を業者に依頼すると、壊れた箇所を安全に修理してくれますし、他の箇所を傷める心配もありません。
しかし、自分で屋根修理をした場合に比べ、かなり費用がかかります。

修理内容 費用
漆喰補修(棟瓦全体) 30万円~80万円
コーキング補修(1箇所) 1万円~3万円
瓦補修・瓦交換(1箇所) 1万円~3万円

作業内容によって費用は大きく異なりますが、最低10,000円からとDIYに比べると高額なことは確かです。
また、作業の難易度や手間によっても変わり、難しいものほど金額は上がります。
さらに、作業工賃に加えて出張費や足場代といった、諸経費が加算されることもあります。
実際の修理金額は、費用相場よりもさらに高くなることも多いのです。

「ちょっとした屋根の修理だけでこんなに払えない!」という人もいるのではないでしょうか?
そんなときにおすすめの方法は2つあります。

  • 複数業者に見積もりを依頼する
  • 火災保険を適用する

まずは、屋根修理の見積もりを複数社からとる「相見積もり」という方法です。
相見積もりを取ることで、修理費用の代替の相場がわかるほか、値引き交渉もしやすくなります。
「複数社に見積もりをとるなんて面倒…」という人は、ファインドプロにご相談ください。
ファインドプロでは、お住まいの地域で、あなたにぴったりな、信頼できる業者をご紹介します。
また、複数の業者をご紹介することもできるため、お得に屋根修理を行うことができます。

また、相見積もりを取るほかに、火災保険を適用するという方法もあります。
火災保険については、以下で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

火災保険が適用できれば費用は安くなる

火災保険の対象となるのは、台風や強風などによる風災と、積雪や雹などによる雪災です。
屋根の損壊原因がどちらかに該当する場合は、保険の対象になる場合があります。
保険が適用されれば、屋根修理業者を利用したとしても、自己負担額は0円で業者に修理してもらえる可能性があります。

ただし、いくつか注意も必要で、保険適用対象だからといって確実に保険が使えるとは限りません。
また、加入している保険によって補償内容は異なり、修理金額によっては自己負担分が出る可能性もあります。

せっかく加入している保険は使わないともったいないため、自然災害による被害なら、適用できないか確認しておくことが大切です。

火災保険の適用条件は細かく設定されているため、詳しく知りたい人は「屋根の修理には火災保険が適用できる!適用条件と注意点について解説」で詳しく紹介しているので参考にしてください。

屋根修理は自分で行わず業者に依頼しよう

今回は、屋根の修理をDIYで行う方法や注意点を解説しました。

DIYでも屋根の修理は可能ですが、行えるのは応急処置程度の一時的な補修で、完全に直せるわけではないことは理解しておきましょう。

この記事を参考にしながら、DIYで修理できる範囲やメリット・デメリットを把握した上で、安全に配慮しながら処置を行いましょう。
そして、できるだけ早く業者に修理を依頼して、完全な状態に直してもらうことをおすすめします。

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。 被害状況のヒアリングをもとに、屋根・雨漏り修理・塗装などの作業にかかる概算費用もお電話にてお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な屋根に対応しており、瓦の葺き替えだけでなく、ストレート・ガルバリウムも受け付けております。 さらに本サイトでは、屋根修理の方法や、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

見積もり・相談は無料!
日本全国対応可能!屋根・雨漏り修理はプロにお任せ
ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。