屋根修理

屋根の修理はDIYでできる?初心者でもできる簡単な修理方法を紹介

屋根の修理はDIYでできる?初心者でもできる簡単な修理方法を紹介

屋根の修理を、DIYで行いたいと思っていませんか?

経年劣化や自然災害などの被害で傷んだ屋根は、修理せずに放置していると、雨漏りや崩落などを引き起こす可能性があるため、早めに対処しなければなりません。
しかし、業者に修理を依頼すると高くつくため、なかなか修理に踏み出せない人は多いです。

DIYでの修理には限度がありますが、簡単な作業で応急処置はでき、かつコストも安いため、上手なやり方を知っていきましょう。

屋根の修理をDIYで行う3つの方法

屋根の修理をDIYで行う3つの方法

まず知っておきたいことは、DIYで行う屋根の修理には、どのような方法があるのかということです。
細かい修理方法挙げると多数ありますが、市販のもので簡単にできるやり方は、次の3つがあります。

  • 防水シートを貼りつける
  • コーキングで補修する
  • パテを塗り込んで瓦を元の形に整える

それぞれで期待できる効果が異なるため、屋根の状態に合わせてやり方を変えることが大切です。

防水シートを貼りつける

屋根の劣化による雨漏りを簡易的に防ぐなら、防水シートを貼りつけるだけで効果があります。
雨漏りの該当箇所を見つけ、そこに防水シートを隙間ができないように貼りつけるだけです。
商品によって粘着性が異なりますが、強力なものも多いため、多少の雨や風では剥がれることはありません。

また、防水シートはロール状になっているものが多く、はさみで好きな長さや形に切って使えるため、場所を選ばずに使用できる点も魅力です。
場合によっては、屋根裏に入る必要がありますが、特別な工具を使ったり難しい作業をしたりする必要がないため、安全性は高いです。

切って貼りつけるだけで作業が完了するので、DIY初心者にもおすすめの方法です。

コーキングで補修する

屋根材のひび割れには、コーキング剤を使用して対応が可能です。
市販のコーキングガンを使用して、ひび割れた部分にコーキング剤を流し込むことで、損傷した部分をふさぐことができます。

密閉性が高いため、きれいにふさげば雨漏りも一時的に止めることができ、作業もそれほど難しくありません。

作業自体は、屋根材のひび割れや浮いたところを見つけて、コーキング剤で埋めるというシンプルな方法ですが、一部注意点もあります。
コーキング剤は何にでも使用できるわけではなく、日本瓦やコロニアルといった、屋根材の横軸の方向に使用することはできません。

これらの屋根材は横軸方向に隙間がありますが、これは排水を促すための空間です。
そのため、ここをコーキング剤で埋めてしまうと、排水機能が働かなくなり、かえって雨漏りを悪化させてしまいます。

また、漆喰の剥がれに使用することも厳禁です。

漆喰とコーキング剤は通気性に大きな違いがあり、漆喰は屋根材の間を埋めながらも、通気性を保っているため排水機能が高いです。
つまり、漆喰をコーキング剤で代用すると、排水の妨げとなり、事態をさらに悪化させてしまうため注意しましょう。

パテを塗り込んで瓦を元の形に整える

屋根材が割れたりずれたりしている場合は、パテを塗り込んで元の形に戻すという方法があります。
これは、主に瓦に使用されるやり方で、パテの塗り込み作業に手間がかかるため、中級者から上級者向けの方法といえます。

作業自体は、瓦の割れ目やずれて隙間ができた部分をパテで補修するというシンプルな方法ですが、パテの埋め込みの加減が難しいです。
また、時間もかかりやすい作業なため、複数枚の瓦を補修するとなると、手間がかかってしまいます。

割れた瓦も自分で修理は可能ですが、初心者向けの方法ではなく、他のやり方に比べると手間がかかることを理解しておきましょう。

屋根修理のDIYにかかる費用相場

屋根修理のDIYにかかる費用相場

屋根の修理をする際に特に気になることは、費用がいくらかかるのかということです。

DIYによる修理と、業者に依頼した場合の費用は大きく異なり、DIYで行うほうがコストは確実に抑えられます。
行う作業内容や作業量によってコストは変わりますが、DIYによる修理での一般的な費用相場は、次の通りです。

材料 費用
南蛮漆喰(2.5kg) 1,300円程度
変成コーキング剤 500円程度
防水テープ 600円程度
着色スプレー 400円程度
工具代 ヘラ100円程度
コーキングガン200円程度

数百円から高くても1,000円程度のものが多く、材料費だけで修理できる点が特徴です。
修理する範囲が広がるにつれて材料費も上がりますが、それでも数千円以内で直せることがほとんどでしょう。
対して、業者に修理を依頼した場合の費用相場は、次の通りです。

修理内容 費用
漆喰補修(棟瓦全体) 30万円~80万円
コーキング補修(1箇所) 1万円~3万円
瓦補修・瓦交換(1箇所) 1万円~3万円

作業内容によって費用は大きく異なりますが、最低10,000円からとDIYに比べると高額なことは確かです。
また業者の費用相場は、作業の難易度や手間によっても変わり、難しいものほど金額は上がります。特に高額になりやすいのは漆喰の補修で、これを自分で行えば数十万円程度の費用を浮かせられます。

また、業者に依頼する場合は、作業工賃に加えて出張費や足場代といった、諸経費が加算されることも多いです。
そのため、実際の修理金額は費用相場よりもさらに高くなります。

作業内容や業者ごとの料金設定によって、異なる部分も大きいのですが、高いと100万円以上かかることも少なくありません。

業者の修理は手間がかからずに楽である分、それに見合った対価が必要であることは覚えておきましょう。

火災保険が適用できる場合は業者に依頼しよう

火災保険が適用できる場合は業者に依頼しよう

コストが高いため、業者に修理を依頼することをためらう人は多いのですが、屋根の損害の原因次第では、業者に頼んだほうがお得な場合もあります。
それは、自然災害によって屋根が被害を受けたときで、この場合は火災保険を適用できるため、費用を大幅に削減できます。

火災保険の対象となるのは、台風や強風などによる風災と、積雪や雹などによる雪災です。
屋根の損壊原因がどちらかに該当する場合は、保険の対象になる場合があり、うまくいくと自己負担0円で業者に修理してもらえる可能性があります。

ただし、いくつか注意も必要で、保険適用対象だからといって確実に保険が使えるとは限りません。
また、加入している保険によって補償内容は異なり、修理金額によっては自己負担分が出る可能性もあります。

せっかく加入している保険は使わないともったいないため、自然災害による被害なら、適用できないか確認しておくことが大切です。

火災保険の適用条件は細かく設定されているため、詳しく知りたい人は「屋根の修理には火災保険が適用できる!適用条件と注意点について解説」で詳しく紹介しているので参考にしてください。

屋根の修理をDIYで行うメリット・デメリット

屋根の修理をDIYで行うメリット・デメリット

ある程度の修理なら、DIYでも屋根の修理は可能ですが、絶対におすすめというわけではありません。
DIYでの修理にはメリットがありますが、反対にデメリットもあります。

メリット デメリット
業者に頼むよりも安い費用で修理ができる
好きなタイミングで修理することができる
ケガをするリスクがある
日数がかかりすぎる場合がある

一概にDIYによる修理が絶対的に優れているとはいえないため、メリットとデメリットの両方を知ったうえで、状況に応じて適切な判断を下すようにしましょう。

屋根の修理をDIYで行うメリット

DIYによる修理のメリットは、コストの安さと作業のタイミングの自由度の2つが挙げられます。
もっとも顕著なメリットはコストで、業者に依頼した場合と比較するとその差は歴然です。
DIYでの修理の場合に必要なのは材料費だけで、一度購入すれば数度使えるものも少なくありません。

さらに費用自体も安く、数百円から数千円以内でほとんどのものがそろいます。
しかし業者に依頼すると、最低でも10,000円からが基本で、諸経費も加えると少なくとも10万円以上はかかると考えてもよいくらいです。

業者に依頼する部分を自分で行うだけで、数万円から数十万円のコスト削減になり、金銭的なメリットは非常に大きいです。

また、作業のタイミングの自由さも優れたポイントで、DIYなら自分の好きなタイミングでいつでも行えます。
業者に依頼する場合は、相手のスケジュール次第な部分も多く、依頼したい時間の予約が埋まっていると、別のスケジュールで日程を組まなければなりません。

ほかにも、修理を依頼して即日直してもらえるケースはほとんどなく、作業開始までに数日から長ければ数週間程度かかることもあります。
一方、DIYであれば時間帯を問わず、好きなタイミングで即日修理ができる点もメリットです。

屋根の修理をDIYで行うデメリット

DIY修理のデメリットは、ケガのリスクと作業にかかる時間の長さの2つが挙げられます。
DIYでの作業は、どうしてもケガのリスクがつきまとい、作業中に工具を誤って使用して、ケガをすることは少なくありません。
また、屋根の修理の場合は特にリスクが高く、転んだり屋根から転落したりすると、大ケガにつながることもあります。

また、屋根材によって違いはありますが、滑りやすかったり、がたがたしていて安定性が悪かったりすることも少なくありません。
気をつけて作業をしているつもりでも、ふとした拍子にバランスを崩し、大きな事故につながる危険性があるため、細心の注意を払って作業に臨む必要があります。

屋根の修理は作業内容次第ではプロでも数日かかることがあり、DIYで行うとさらに時間がかかります。
補修箇所が1箇所だけならすぐに済むこともありますが、複数箇所だったり範囲が広かったりすると、数日から数週間がかりの作業になることもあるでしょう。

時間がかかり過ぎる場合は、その間に雨が降ったり強風が吹いたりすることで、直した箇所がまた壊れて、作業をやり直さなければならないこともあります。
プロなら迅速に行える修理も、DIYだとどうしても時間がかかることは覚えておかなければなりません。

屋根の修理をDIYで行う時の注意点

屋根の修理をDIYで行う時の注意点

DIYでの修理は危険が伴うため、作業時には注意しなければならないことがあります。
また、余計な被害を生まないためにも、気をつけるべきことがあります。

  • 作業を行う場合は安全装備を必ずつける
  • ブルーシートを被せたまま放置しない

これら2つの注意点を正しく把握して、失敗のないDIY修理を行いましょう。

作業を行う場合は安全装備を必ずつける

屋根での作業は危険が伴うため、必ず安全装備をつけてから臨みましょう。
転倒や落下時に備えたヘルメットや、手を傷つけないための軍手を装着し、服装も動きやすい長袖長ズボンで臨むことが大切です。

また、靴も安定性を重視して履きなれたスニーカーなどがよく、可能なら命綱も設置してから作業を開始しましょう。

屋根に上る際には脚立やはしごを使いますが、安定性の高い場所に設置するだけでなく、倒れないように誰かに押さえてもらうことが大切です。
また、屋根での作業は万が一に備えて、必ず二人一組で行うようにしましょう。
一人で作業をしていると、もし転落してケガをしても、すぐに助けを呼ぶことができません。

二人で作業をしていれば、相手が落ちた場合でも助けを呼びやすく、屋根から落ちそうになったときにも引っ張り上げることができます。
二人で作業を行うことで、ケガのリスクは大幅に軽減できるため、安全装備の装着とともに徹底するようにしましょう。

ブルーシートを被せたまま放置しない

屋根からの雨漏りを防ぐ簡易的な方法として、ブルーシートを被せるやり方がありますが、雨が上がったあとはすぐに撤去しましょう。
雨漏りの該当箇所にブルーシートを広げ、重りで固定しておくことで、雨漏りの侵入を防ぐことができ、被害を最小限に抑えられます。

しかし、シートを張っていても隙間から雨が侵入することはあり、少なからず屋根は濡れていることが多いです。
屋根が濡れた状態でブルーシートを張ったままにしていると、雨水がいつまでも乾燥せず、腐食やカビなどの原因になって、さらに状態を悪化させてしまう恐れがあります。

ブルーシートによる雨漏り対策はあくまで応急処置で、長期的な対処法としておすすめできるものではありません。
いつまでもシートを張っていると被害が広がってしまい、いざ直す際の手間が増えてしまうため、雨が上がったあとは速やかにシートを撤去しましょう。

屋根修理をDIYでできるかどうかの判断基準

屋根修理をDIYでできるかどうかの判断基準

屋根の修理は非常に難しく、DIYでできる範囲は限られています。
そのため、状態を見て業者に依頼すべきかどうか適切な判断を下す必要があり、その基準を知っておかなければなりません。
判断基準としては、漆喰の剥がれや瓦の割れ、広範囲でのひび割れや瓦のずれなどは、早めに業者に修理を依頼すべきでしょう。

漆喰の塗り直しはDIYでは難しく、仮に行ってもうまくできず、余計に状態を悪くしてしまうことも少なくありません。
また、パテによるひび割れの補修や広範囲の修理も同様で、時間と手間があまりにかかりすぎるものは、プロに任せたほうが無難です。

時間も手間もかかる作業は難易度自体が高く、DIYで行っても完全に修理できないことが多いです。
無理に作業をすることで屋根の劣化を早めてしまい、結果的にプロに大部分の修理を依頼することになり、コストが高くつくことも少なくありません。

一見して難しそうだと感じる場合は、無理をせずに素早く業者に修理を依頼することが大切です。
また、そもそも屋根に上ることに危険性を感じる場合は、その時点でDIYでの修理は控えたほうがよいでしょう。

まとめ

今回は、屋根の修理をDIYで行う方法や注意点を解説しました。

DIYでも屋根の修理は可能ですが、行えるのは応急処置程度の一時的な補修で、完全に直せるわけではないことは理解しておきましょう。

この記事を参考にしながら、DIYで修理できる範囲やメリット・デメリットを把握した上で、安全に配慮しながら処置を行いましょう。そして、できるだけ早く業者に修理を依頼して、完全な状態に直してもらうことをおすすめします。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。