屋根修理

屋根修理の費用相場を初心者向けに解説!安くする方法も紹介

屋根修理の費用相場は?悪徳業者に騙されないためのポイントも紹介

屋根の修理にかかる費用は、業者によって違います。
同じ屋根の不具合でも、業者によって可能な直し方が違うからです。
また、同じ方法で屋根の修理をしても、使用する材料などによって、費用が変わることがあります。

そのため、依頼した業者の見積もり価格が適正かどうか判断するためには、費用の相場を知っておくことが大切です。

屋根の修理にかかる費用は、修理の規模によって変わります。
部分的な修理でよい場合は、5,000円から可能です。
屋根を全面修理しなければいけない場合、60万~350万円ほどかかる場合もあります。

では具体的にどのくらいの費用がかかるのでしょうか?
ここからは、屋根修理の作業ごとに、詳しい費用相場を紹介していきます。

また、家全体の屋根以外の屋根の修理について知りたい人は、ぜひこちらの記事をご覧ください。
ベランダ・バルコニーの屋根修理にかかる費用の相場
カーポートの屋根修理はいくらかかる?安く済ませる方法と業者選びの注意点を解説

屋根修理の費用相場

修理内容 費用相場
屋根の補修・交換 1万円~80万円
板金の修理 20万円~100万円
屋根の付属部品の修理・設置 3千円~80万円
屋根の塗り替え 15万円~45万円
屋根全体の修理・交換 60万円~350万円
雨漏りの修理 3万円~100万円

※30坪の家の場合

家の屋根修理にかかる費用は、修理の内容によって変わります。

修理の内容には大きくわけて2つあり、それぞれ費用の決まり方に傾向があります。

屋根の部分的な修理
屋根の補修・交換、板金の修理、屋根の付属部品の修理・設置などが当てはまる
屋根のリフォーム
屋根の塗り替え、屋根全体の修理・交換などが当てはまる

屋根の部分的な修理の場合、修理する範囲によって金額が変わります。
また、足場を組まずに作業ができる箇所の修理を行う場合は、かなり料金が安くなります。

屋根のリフォームを行う場合、足場や養生など、必要な項目が増えるため、基本的な費用が高くなります。
さらに、屋根の大きさよりも、使用する材料によって、かかる費用が変わります。

雨漏り修理の場合は、部分的な修理で済む場合から、屋根のリフォームが必要になる場合まで様々です。
そのため、どんな修理が必要なのか調査をする費用が別途かかります。

ここからは、屋根修理の作業内容別に、費用相場を詳しく紹介していきます。

屋根・瓦の補修など部分的な修理の費用相場

修理内容 費用相場
瓦補修・交換 1万円~5万円
スレート補修・交換 1万円~5万円
漆喰補修 3万円~80万円
棟板金の補修・交換 20万円~100万円
雨樋修理・設置 3千円~30万円
雪止め設置 3万円~80万円

※30坪の家の場合

部分的な屋根修理には、上記の8種類があります。
修理作業の内容や、修理する箇所によっては、上記の費用に足場代がかかることもあります。
見積もり費用が高いと感じたときは、足場代が含まれているか確認しましょう。

また、足場を設置する場合、30坪の家で10万円~20万円ほどかかります。

瓦・スレート屋根の補修・交換

屋根の一部だけが壊れたり傷んだりしている場合、補修や交換で対応できます。
補修・交換の範囲が狭い場合は1万円程度、広い場合は5万円ほどで修理ができます。
足場を設置して工事を行う場合、さらに10万円~20万円がかかります。

ただし、「瓦を1枚だけ交換したい」という場合、対応できる業者とできない業者があります。
1枚からの交換ができる業者に依頼すれば、工事費用はさらにお得になります。

瓦根の修理について、詳しく知りたい人は「屋根瓦を修理する方法は?費用の相場と応急処置の方法も解説」をご覧ください。

漆喰補修

漆喰は、瓦屋根の隙間を埋めるために使われている材料です。
漆喰にヒビが入っていると、雨漏りなどの原因になります。
補修範囲が狭かったり、他の修理と同時に行ったりできる場合、費用相場は3万円程度です。

屋根全体の漆喰を補修する場合、足場が必要になるため、80万円前後の費用がかかります。

棟板金の補修・交換

棟板金(むねばんきん)は、屋根の頂上の部分に設置してある屋根材です。
瓦屋根の場合は、棟瓦(むねがわら)などと呼ばれます。
台風など強い風が吹いたときに、剥がれたり破損したりすることがあります。

棟板金を修理する場合、基本的に足場が必要なため、最低でも20万円ほどかかります。
補修・交換する棟の長さによっては、安く抑えることもできます。

雨樋や雪止めの修理・設置

雨樋(あまどい)や雪止めは、屋根というより、屋根に付属している部品として扱われます。
設置しなくても致命的な欠陥にはなりませんが、トラブルを避けるためにはあった方がよいでしょう。
足場無しで設置・修理ができる場合、費用相場は3万円程度です。
足場が必要になると、80万円ほどかかることもあります。

ただし、「瓦を1枚だけ交換したい」という場合、対応できる業者とできない業者があります。
1枚からの交換ができる業者に依頼すれば、工事費用はさらにお得になります。

雨樋の修理に関して、詳しく知りたい人は「雨樋の修理費用はいくら?見逃してはならない修理サインと、おすすめ業者をご紹介」をご覧ください。

葺き替えなど屋根リフォームの費用相場

修理内容 費用相場
塗り替え 15万円~45万円
重ね葺き(カバー工法) 60万円~120万円
葺き替え 80万円~350万円

※30坪の家の場合

屋根リフォームを行う際は、必ず足場の設置をしなければいけないため、費用が高くなります。
急こう配の屋根の場合、屋根の上にも足場が必要なので、上記の相場よりさらに10万円前後プラスでかかる場合もあります。

塗り替え工事

屋根の塗り替えは、屋根材に傷みはないものの、塗料の剥がれがあった場合に行います。
また、前に塗った塗料の耐用年数を過ぎた場合も、屋根の塗り替えがおすすめです。

塗り替えにかかる費用は、塗り替える塗料と屋根の広さよって変わります。
屋根の塗り替え費用をより正確に知りたい場合、下記の計算で求めることができます。

  • (1階の床面積×1.1~1.7×塗料の単価+足場代10~15万円)×人件費5%~10%

特によく使われる塗料は次の4種類です。

塗料の種類 単価(1㎡あたり)
アクリル 700円~1,000円
ウレタン 1,500円~2,000円
シリコン 1,800円~2,500円

重ね葺き(カバー工法)

重ね葺きにかかる費用相場は、30坪の家で60万円~120万円ほどです。
今ある古い屋根の上に新しい屋根を重ねるため、葺き替えに比べると費用が安く済みます。
費用相場は、屋根の広さ、つまり家の大きさによって変わります。

重ね葺きに使用される屋根材は「ガルバリウム鋼版」という金属製の屋根材がほとんどです。
そのため、屋根材によって費用が大きく変わることはありません。

重ね葺きの費用を簡単に知りたい場合、下記の計算で求めることができます。

  • (屋根の面積1㎡あたり1万円+足場代20万円)×消費税

また、屋根の面積は、下記の計算で求めることができます。

  • 1階の床面積×1.5

更に詳しい作業費用や内約については、「屋根リフォームの費用相場はどれくらい?工事の種類と価格を解説」で紹介していますので、参考にしてみてください。

葺き替え工事

屋根をまるごと交換する葺き替えリフォームは、古い屋根の撤去費用がかかるため割高です。
通常の工事費用は、新しく設置する屋根材や瓦の値段によって変化しますが、相場は80万円~150万円ほどです。

しかし、2004年以前に建てた家で、屋根材が「スレート」だった場合、屋根に「アスベスト」が含まれている可能性があります。
撤去する屋根にアスベストが含まれていると、処理するために特別な作業が必要で、100万円~200万円ほどの追加料金がかかります。
そのため、アスベストが含まれた屋根のリフォーム費用は、180万円~350万円が相場です。

屋根の葺き替えにかかる費用を詳しく知るためには、作業項目ごとに細かく計算する必要があります。
作業項目ごとの詳しい内約は、「屋根の葺き替え費用相場はいくらかかる?具体的な事例と内約」で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

雨漏り修理の費用相場

雨漏りの被害範囲が狭い場合は、「屋根・瓦の補修など部分的な修理の費用相場」で紹介した工事内容で修理が可能です。
広範囲で雨漏り被害が起きている場合、「葺き替えなど屋根リフォームの費用相場」で紹介したような屋根のリフォームが必要です。
屋根以外の壁や窓、ベランダの破損が原因で雨漏りしている場合は、それぞれ以下の費用がかかります。

修理箇所 費用相場
外壁からの雨漏り修理 10万円~100万円
窓からの雨漏り修理 3万円~25万円
天井の雨漏り修理 10万円~15万円

※30坪の家の場合

さらに、どこから雨漏りしているのかわからない場合、追加で調査費用がかかります。
調査にはいくつか種類があり、それぞれ費用が違います。

調査の種類 追加費用
散水調査 10~30万円
サーモグラフィ調査 10~40万円
発光液調査 5~20万円
解体調査 0~10万円

雨漏り修理について、詳しくは「雨漏りの修理費用の相場はいくら?コストを抑える方法も解説!」で紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

屋根修理にかかった料金の事例

屋根の修理にかかった費用の事例3選

修理の費用相場への理解を深めるには、実際の事例を知っておくことも大切です。

  • 事例1. 屋根の葺き替え
  • 事例2. 屋根塗装と棟交換
  • 事例3. 漆喰補修・シーリング補修

相場はあるといっても、実際にかかる金額はケースバイケースです。
そのため、事例を知って、よりリアルな金額をイメージすることが大切といえます。

屋根の葺き替えをする場合

屋根の葺き替えを行った事例1の詳細は、次の通りです。

  • 工期:12日間
  • 費用:108万円
  • 依頼理由:大雨が降った際に雨漏りがあり業者に点検を依頼
  • 状態:屋根の下地の劣化
  • 工事内容:瓦の全面葺き替え

全面葺き替えは高額になりやすく、100万円を超えるケースも少なくありません。
瓦の交換は1枚9,000円程度が目安で、100枚交換するとすでに約90万円です。
広さや枚数によって違いはありますが、諸経費やもろもろの作業費も含めると、妥当な金額といえます。

屋根塗装と棟交換をする場合

屋根塗装と棟交換を行った事例2の詳細は、次の通りです。

  • 工期:10日間
  • 費用:60万円
  • 依頼理由:台風で棟が破損したためメンテナンスを依頼
  • 状態:棟の破損と屋根の劣化
  • 工事内容:棟の一部を交換して塗装をして耐久性をアップ

棟の交換と塗装に加え、作業時には高圧洗浄を行っています。
既存の棟の撤去もあるため費用は上がり、諸経費も含めると妥当な金額です。

漆喰補修・シーリング補修をする場合

漆喰補修・シーリング補修を行った事例3の詳細は、次の通りです。

  • 工期:1日間
  • 費用:20万円
  • 依頼理由:割れた瓦の修理と漆喰の剥がれ落ちを直すため
  • 状態:瓦が1枚割れ、鬼瓦周辺の漆喰が剥がれ落ちている
  • 工事内容:瓦1枚の差し替えと鬼瓦周辺のをシーリング補修と漆喰補修

差し替えている瓦は1枚だけですが、漆喰やシーリング補修があるため、費用は高くなっています。
特に、鬼瓦の周辺は範囲も広く、作業箇所が多いことも費用が上がった理由といえます。

屋根修理の費用を安くする方法

屋根修理にかかる費用を安くする方法は4つあります。

  • 火災保険を適用させる
  • 火災保険とセットで風災補償を利用する
  • 複数の修理業者に見積もりを依頼する
  • 自分で屋根修理を行う

屋根修理は、修理しなければいけなくなった原因によって、火災保険を適用させることができます。
ただし、安くしたいという理由だけであれば、火災保険は適用されませんので注意しましょう。

火災保険と同時に、風災補償を利用することもできます。
風災補償も、火災保険と同様に壊れた原因によって適用できるかどうか変わります。

1番確実なのは、修理業者の相見積もりをすることです。
複数業者の見積もりを比べることで、一番安く修理してくれる業者を見つけることができます。

屋根修理を、自分で行うという方法もあります。
しかし、この方法はあまりおすすめできません。
屋根は高い場所にあり事故につながりやすいうえ、慣れていない人が工事をすると失敗してしまう可能性もあるからです。

では、ここからは上の4つの方法について詳しく紹介していきます。

火災保険を適用させる

屋根修理で火災保険が適用できるシーンは多数ありますが、大きく分けると次の6つです。

  • 強風による棟板金の飛散や浮き
  • 強風による屋根瓦の飛散やズレ
  • 強風による軒天や破風板の剥がれ
  • 強風による外壁材の剥がれや浮き
  • 雪による雨樋の歪み
  • 雹による屋根の破損や割れ

屋根の損壊の程度は様々ですが、原因は全て風や雪・雹など、自然災害です。
火災保険が適用できるのは、基本的には自然災害による被害があった場合のみで、経年劣化には対応していません。
しかし、経年劣化した場所に自然災害による被害が加わった場合は別で、災害による被害が認められれば火災保険の適用が可能です。

逆に、屋根修理で火災保険ができようできないのは次のようなケースです。

  • 屋根の経年劣化や自然消耗が原因
  • 損傷してから3年以上経過した
  • 修理費用が20万円以下
  • 屋根の修理をしてから数カ月しか経過していない

火災保険を申請するときは、次の点に注意が必要です。

  • 申請は代行業者に依頼しない
  • 申請期間中に申請する
  • 自己負担金が設定されていないか確認する

また、「嘘をつけば火災保険が適用され、無料になるから屋根修理をしましょう」ともちかける屋根修理業者には要注意です。
火災保険の申請で嘘をつくことは絶対にしてはいけません。
このような業者は悪徳業者ですので、絶対に契約しないようにしましょう。

そのほか、火災保険の申請については「屋根の修理には火災保険が適用できる!適用条件と注意点について解説」で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

複数の修理業者に見積もりを依頼する

屋根修理にかかる費用は、業者によって異なります。
もちろん、使用する屋根材や塗料などの費用は、同じものを使用していれば、業者が違っても同じ料金であることが多いです。
しかし、屋根修理における技術力や、設備にかける費用、人件費などは、業者によって異なります。
また、業者によって得意とする作業も異なることから、費用が変わることもあります。

上記のような理由から、屋根修理にかかる費用を少しでも安くするなら、複数業者に相見積もりをとることがおすすめです。
複数業者に見積もりを取るときは、大手の業者だけでなく、地域密着型の業者からも見積もりを取りましょう。
また、単純に料金の安さだけでなく、サービスや作業の内容もしっかり聞いておくと、選ぶときの判断材料になります。

ファインドプロでは、複数の屋根修理業者への見積もりを取ることも可能です。
ご相談は無料なので、ぜひ相談してみてください。

自分で屋根修理を行う

最も費用を安くするなら、自分で屋根修理を行うという方法もあります。
しかし、屋根修理など全くやったことがない人が、いきなり自分で行うのは避けた方がよいでしょう。
屋根の修理は非常に難しく、素人作業ではかえって悪化させてしまうことも多いです。

加えて落下によるケガの危険性もあり、場合によっては命にもかかわりかねません。
危険性が非常に高いため、屋根の修理は無理せずに業者に依頼しましょう。

どうしても自分で屋根修理を行いたいという人は、「屋根の修理はDIYでできる?初心者でもできる簡単な補修方法を紹介」でやり方を紹介していますので、参考にしてください。

適正費用で屋根修理をするための業者選び

屋根修理の作業はとても難しく、どんな作業にいくらかかるのが適正なのか、素人が判断するのは困難です。
しかし、屋根修理にかかる費用は高額なので、悪徳業者ではなく、優良業者に工事を依頼したいですよね。

適正価格で屋根修理を依頼する1番確実な方法は、屋根修理の見積もりを複数の修理業者に出してもらうことです。
複数の修理業者の見積もり金額を比べることで、どのくらいの費用がかかるのか、把握することができます。

複数業者に見積もりを依頼した結果、どの業者にしようか迷ったときは、次のポイントを確認しましょう。

  • 見積もり金額が相場と大きくずれていないか
  • 見積もり書の項目が詳しく書かれているか
  • 値引きの金額が大きすぎないか

ここからは、各ポイントについて詳しく説明していきます。

業者選びが難しい、面倒くさいと思った人は、ファインドプロがおすすめです。
ファインドプロでは、全国の優良な屋根修理業者の中から、あなたにぴったりの業者を紹介します。
ご相談は無料なので、ぜひお気軽にお問合せください。

見積もり金額が相場と大きくずれていないか

屋根修理業者が出してくれた見積もり金額は、相場と比べて「高すぎないこと」、そして「安すぎないこと」が大切です。
相場より高すぎる金額を提示された場合、必要以上の費用を請求されている可能性があります。

相場に比べて安すぎる見積もり金額を出された場合も、警戒したほうがよいでしょう。
悪徳業者によくある手口に、「最初はかなり安く設定しておき、追加料金で高額な請求をする」という方法があるからです。

見積もり書の項目が詳しく書かれているか

見積もり書を確認したときに、以下の内容がはっきりわかるかどうか確認しましょう。

  • 修理に必要な作業の種類
  • 作業に必要な道具の種類と量と金額
  • 修理に必要な材料の種類と量と金額

どんな内容がどれくらい必要で、いくらかかるのか、はっきりわかるように見積書を作ってくれる業者は優良業者です。
逆に、見積書に「一式」「等」とまとめて書かれている項目が多い場合、悪徳業者の可能性があります。

値引きの金額が大きすぎないか

屋根修理にかかる金額は大きいですが、ほとんどが必要な費用です。
そのため、10万円以上の高額な値引きをする業者は、優良企業ではありません。

10万円以上の高額な値引きをする業者は、元々多すぎる金額を請求していたか、本当は請求しなければいけない分まで値引きしています。
必要な金額を請求しないということは、手抜き工事になったり、追加料金が発生したりする可能性が高まります。
いずれの場合も、優良業者のする行いではないので、依頼をするのは避けた方がよいでしょう。

屋根修理業者を選ぶ方法についてもっと詳しく知りたい人は、「」を参考にしてみてください。

屋根修理の料金相場を把握して、自分の目的にあった業者を選ぼう

料金相場を把握して業者を選択しよう

屋根は、建物でも特に重要な部分であるため、不具合を見つけたら素早く修理することが大切です。
屋根の状態や材質、大きさによって工事費は大きく変わるため、相場を知って適切な金額で修理を依頼する必要があります。
修理の費用相場を正しく把握し、適切な価格で信頼できる業者に屋根の修理を依頼しましょう。

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。 被害状況のヒアリングをもとに、屋根・雨漏り修理・塗装などの作業にかかる概算費用もお電話にてお知らせ。 工事・施工前の無料見積もりも行っているため、安心して屋根修理業者を選ぶことが可能です。 また、様々な屋根に対応しており、瓦の葺き替えだけでなく、ストレート・ガルバリウムも受け付けております。 さらに本サイトでは、屋根修理の方法や、悪徳業者に捕まらないポイント、保険適用の手段も紹介しています。 火災保険や補助金を使用して、お得に業者に依頼しましょう。

見積もり・相談は無料!
日本全国対応可能!屋根・雨漏り修理はプロにお任せ
ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。