屋根修理

天井の雨漏りの原因は?修理費用や業者を選ぶポイントを紹介

天井の雨漏りの原因は?修理費用や業者を選ぶポイントを紹介

天井から雨漏りがしていて、どのように対処すべきか分からずに困っていませんか?
天井から雨漏りする原因もさまざまで、状況によって対処法が異なります。

雨漏りは放置すると二次的な被害を起こすことも多いため、早めに対応しなければなりません。
雨漏りの原因や適切な対処法を知り、被害を最小限に抑えて家を守りましょう。

天井の雨漏りの主な原因は「屋根の損傷」

天井の雨漏りの主な原因は「屋根の損傷」

天井から雨漏りする原因は多数ありますが、最も多いのは「屋根の損傷」によるものです。
ひとくちに屋根の損傷といっても、パターンは次の5つが挙げられます。

  • 棟板金・屋根材の劣化/破損
  • 瓦のずれ/破損
  • 瓦屋根の漆喰の劣化
  • 金属屋根にサビが発生
  • 天窓からの雨漏り

以上のうち、どれかひとつでも該当すれば雨漏りを起こす可能性があるため、細部までチェックしておかなければなりません。

棟板金・屋根材の劣化/破損

棟板金とは屋根の頭頂部に被せる板で、屋根材同士をつなぐ箇所になります。
ここが劣化したり破損したりしていると、隙間から水が入って雨漏りを起こしてしまいます。

また、屋根材の一つひとつが劣化した場合にも、隙間から水が入ってしまうため注意しなければなりません。
棟板金や屋根材は、風雨や飛来物の影響はもちろん経年によっても劣化します。

瓦のずれ/破損

棟板金や他の屋根材と同様に、瓦屋根の場合もずれることで水が入り雨漏りを引き起こします。
また、位置のずれはなくても、割れたり欠けたりした部分から浸水することもあります。

屋根に上がって作業をした際に、踏み抜いたりずらしたりしてしまうことが多く、メンテナンスが仇になる可能性があることは頭に入れておきましょう。

瓦屋根の漆喰の劣化

瓦を使った屋根では、漆喰の劣化によっても雨漏りを引き起こします。
漆喰は、瓦の固定や隙間を埋めるために使用されており、劣化すると接着力や密閉力が弱くなり隙間ができてしまいます。
瓦屋根と同様に漆喰も経年劣化するため、一定期間経過したあとは塗り直しをしなければなりません。

金属屋根にサビが発生

金属を使った屋根材では、サビが発生して腐食することで雨漏りの原因になってしまいます。
サビは放置すると広がっていき、屋根の内部まで腐食することがあり、結果的に屋根材を溶かしてしまったり排水の妨げになったりして雨漏りを引き起こす可能性があります。

天窓からの雨漏り

天窓がついている住宅では、ここから雨漏りを起こすこともあります。
天窓の雨漏りの原因は複数あり、窓が割れたりヒビが入ったりする場合から、窓の周囲を覆っているパッキンの劣化も考えられます。

窓が損傷している場合は、隙間から水が入るため雨漏りが起きることは必至です。
また窓に傷一つない状態でも、周囲を覆うパッキンが劣化して水をせき止められなくなり、雨漏りにつながることもあります。

屋根以外で考えられる天井の雨漏りの原因

屋根以外で考えられる天井の雨漏りの原因

自宅の天井から雨漏りをしているなら、原因は屋根にある可能性が高くなります。
しかし屋根の損傷以外に、次の3つのことが原因になる場合もあります。

  • 外壁まわりの劣化
  • ベランダからの雨漏り
  • マンション上階の水漏れ

天井に異常がない場合は、これらが原因となっている可能性が高いため、雨漏りは幅広く原因を探らなければなりません。

外壁まわりの劣化

雨漏りは外壁を伝って起きることもあるため、外壁まわりが劣化していないかもチェックしておきましょう。
外壁に傷や亀裂があると、そこから浸水している可能性が高いといえます。

外壁まわりに少しでも傷があると、水が侵食して内部で腐食することも少なくありません。
また、傷や亀裂が浅いように見えても、後々雨漏りに発展する可能性もあります。

ベランダからの雨漏り

見落としがちなポイントとして、ベランダからの雨漏りが挙げられます。
ベランダは少なからず排水機能がありますが、これを超えて水が浸入してくると、雨漏りを引き起こすことがあります。

例えば、ベランダに洗濯機を設置している場合、排水ホースが外れて、水が排水溝に流れないことであふれてしまい、雨漏りの原因になることがあります。
また、ベランダの排水溝の詰まりや外壁の損傷などから雨漏りが起きることも多いようです。

マンション上階の水漏れ

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合は、上階からの水漏れによって天井から雨漏りしている可能性があります。
トイレやお風呂の水があふれたり、大量の水をこぼしたりして床に浸水すると、そこから階下にまで水が流れてくることがあります。

集合住宅で、上に住人がいる場合の天井の雨漏りは、人為的なものである可能性が高いため、上階の住人に異常がないか確認しておくとよいでしょう。
ただし、直接聞くとトラブルになることもあるため、大家さんに相談のうえ調査してもらうことをおすすめします。

天井のシミの原因は雨漏りとは限らない

天井のシミの原因は雨漏りとは限らない

天井にシミを見つけたら、雨漏りだと判断する人は多いでしょう。
しかし、天井にシミができたからといって、必ずしも雨漏りが原因であるとは限らず、次のような原因も考えられます。

  • 屋根裏の結露
  • ラミネート天井の接着剤
  • 動物の糞尿
  • 給水管や排水管の水漏れ
  • エアコン関係の水漏れ

雨漏りとまではいかなくても、結露や水漏れによって水分が発生し、シミを作ってしまうことはあります。
また、天井の接着剤や動物の尿といったケースもあり、雨漏り以外でシミができる原因は意外に多いです。

天井のシミの原因・対処法については「天井にできたシミの原因は?対処方法や放置するリスクを解説!」で詳しく紹介しています。
ぜひ参考にしてみてください。

天井の雨漏りを放置することのリスク

天井の雨漏りを放置することのリスク

天井から雨漏りがあると、雨のたびに水が落ちてきますが、被害はそれだけでは収まりません。
雨漏りをしたまま放置すると、次の7つのリスクを抱えることになります。

  • クロスやボードの損害
  • 天井落下のリスク
  • 和室の雨染みは除去が難しい
  • 漏電
  • 家具や家電の損害
  • 腐食
  • シロアリによる被害

雨漏りを放置すると天井の素材に水がたまり、シミができるだけでなくカビを発生させて、腐らせてしまうことも多いです。
そのためクロスボードが腐食によって損傷したり、場合によっては天井が落下したりするリスクもあります。

また、水が落ちる場所によっては、家具や家電を濡らして壊してしまう恐れがあり、漏電して火事になるなど大惨事を引き起こす可能性もあります。
床に水が落ち続けるままにしていると、天井だけでなく床下まで腐食してしまい、被害は広がり続けるでしょう。
腐食した家はシロアリの被害を受けやすいので、最悪の場合は家が倒壊するリスクまで考えられます。

雨漏りのDIY修理は応急処置にすぎない

雨漏りのDIY修理は応急処置にすぎない

雨漏りが起きた場合は、水が落ちる場所にバケツを置いたり、濡れた箇所を拭き取ったりして対処できます。
防水テープやシートを張るなどのDIY修理も可能ですが、これらはあくまで応急処置に過ぎません。

DIY修理は、起きてしまった雨漏りの被害を最小限に食い止めるだけに過ぎず、根本的な解決にならないことを覚えておきましょう。
DIY修理で満足して放置してしまうと、いずれ応急処置では対処できないところまで被害が広がります。

被害を拡大させた状態で業者に修理を依頼すると、本来なら不要だったはずのところまでメンテナンスが必要になり、時間もお金も余計にかかってしまいます。
業者に修理を依頼するとDIYより費用はかかりますが、それでも素早く直してもらうことで結果的にコストの削減が可能になります。

雨漏りが起きた場合は、応急処置でどうにかしようとせずに、速やかに業者に直してもらうことが大切です。
とはいえ、業者が修理に来るまで何もしないのは不安、という人もいると思います。
そんな人のために、雨漏り修理の応急処置方法を「雨漏り修理を自分で行うには?すぐできる応急処置方法を解説」で詳しく紹介しています。
ぜひ参考にして、DIYで応急処置をしてみてください。

天井の雨漏り修理にかかる費用相場

天井の雨漏り修理にかかる費用相場

業者に修理を依頼する際には、費用がいくらかかるのか気になりますよね。
雨漏りの修理は、被害があった場所や程度によって費用が異なりますが、相場は次の通りです。

雨漏りの修理箇所 費用相場 注記
築15年未満の瓦屋根 10万~25万円 天井を張替える場合は、+15万~25万円
50m²未満のカラーベスト屋根 25万~30万円 下地から張替える場合、追加費用が発生
100m²未満のガルバリウム鋼板瓦棒屋根 50万~75万円 屋根ルーフィング材の張替えや下地補修は別途費用が発生
築10年未満の住宅のジョリパッド仕上げの外壁 70万~120万円 階数や立地条件などにより変動する
100m²未満の屋上 25万~50万円 屋上に倉庫などがあると、別途移設費用が発生
10m²未満のベランダ 8万~15万円 下地補修が必要な場合は、+15万~25万円

修理にかかる費用は、数十万円から高ければ100万円以上かかることもあります。
被害の程度が激しいほど費用は高額になりやすく、同じ箇所でも状況次第で別料金が発生することもあります。

高額になりやすいため修理を依頼することをためらってしまうかもしれません。
しかし、直すのが遅れるとコストアップにつながる可能性があるため、早めに対処することをおすすめします。
修理費用についてさらに詳しく知りたい場合は、「雨漏りの修理費用の相場はいくら?コストを抑える方法も解説!」で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

雨漏り修理業者を依頼する前に知っておきたいポイント

雨漏り修理業者を依頼する前に知っておきたいポイント

専門的な技術や知識がないと雨漏りの修理は難しいため、発見したらすぐに業者に依頼連絡する必要があります。
しかし、業者に依頼する際にもいくつかポイントがあるので、スムーズに直してもらうためにも知っておきましょう。

修理業者選びの6つのポイント

雨漏りの修理を請け負う業者は多数ありますが、どの業者を選んでもよいわけではありません。
優良業者ばかりではなく、悪徳な業者もあるため、次の6つのポイントを意識して選び分けることをおすすめします。

  • 地域で雨漏り修理の実績を積んでいる
  • 技術力が高い
  • 適切な調査方法を持っていて、それを行う
  • 話をしっかり聞き、丁寧に対応する
  • 大規模な修理を強引に勧めてこない
  • 必要に応じて、火災保険の風災補償について説明してくれる

まずは、実績をチェックすることが大切で、雨漏りの修理のノウハウを、きちんと持っているか確認しましょう。
ホームページでは、これまでにその業者が手掛けた工事の事例が載っていることもあるため、これを確認することで実績はチェックできます。

些細なことでも話を聞いてくれて、無理に工事の提案を押し付けてこない業者を選ぶために、工事をしてもらった人の声や口コミなども確認しておきましょう。
細かいポイントは複数ありますが、保険に関する説明をしてくれるかどうかも重要です。

築年数10年以内の場合は建築会社に相談

雨漏りの修理は必ずしも実費で行う必要はなく、築年数が10年以内の新しい物件なら、建築会社に責任を追及して修理費用を負担してもらえる場合があります。
これは「住宅の品質確保の促進等に関する法律」という法律によって、築年数10年以内の物件での雨漏りは、瑕疵担保責任が発生すると定められているためです。

簡単にいえば、建築会社による品質不良を追及できるということで、修理費用が無償になることも少なくありません。
ただし、瑕疵担保責任を問えるのは、「普通に生活していて発生した雨漏り」に対してで、「居住者の過失によって起きたもの」は補償対象とならない場合があることは覚えておきましょう。

火災保険の風災補償が適用される可能性がある

雨漏りの修理は、火災保険の適用対象となることもあり、風災補償が使えれば修理費用の一部、あるいは全部を負担してもらえます。
風災補償は台風や雪、雹などの被害が対象ですが、自然災害を全て網羅しているわけではなく、地震によって屋根材がずれるなどのケースは適用対象にはなりません。

加入している保険によって補償額は違いますが、風災や雪災、雹災などが特約で付いている場合は火災保険が使えるため、これらが原因と思われる場合は、保険会社に確認してみましょう。
屋根修理の火災保険適用条件については「屋根の修理には火災保険が適用できる!適用条件と注意点について解説」で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

このページでは、天井の雨漏りについて原因や修理費用、業者を選ぶポイントなどをご紹介しました。

雨漏りはDIY修理が難しく応急処置程度しかできないため、迅速に業者に依頼する必要があります。
修理せずに放置すると、被害はどんどん拡大してしまうため、雨漏りは時間との戦いです。

業者を選ぶ際には細かい点までチェックしたうえで、信頼できる業者を見つけて天井の雨漏りをきれいに直してもらいましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。