鳩(ハト)駆除

鳩の駆除は市役所に頼める?行政の対応と業者の選び方を解説

鳩の駆除は市役所に頼める?行政の対応と業者の選び方を解説

「最近、鳩がベランダに飛んでくることが多くなり、羽音や鳴き声がうるさくて眠れない…」
鳩のフンがベランダに落ちてくるので、洗濯物を外に干せない…」
「知らぬ間に家のベランダに鳩の巣が作られていた…

このような鳩の被害にお悩みの方も多いのではないでしょうか?
もし、すでに鳩に巣を作られてしまったら、すぐに駆除して鳩の被害から解放されたいですよね。

ただ、「駆除を依頼するにしても、できればお金をかけたくない…」という方が多いと思います。
そんな時、市役所などの行政機関や保健所の対応が気になりますよね?

そこで、この記事では、鳩被害の対処法として、市役所や保健所の対応や、鳩駆除業者の選び方についてご紹介します。
この記事を参考にして鳩の悩みを解決し、鳩被害から解放されましょう!

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
鳩駆除・鳩対策の相談はこちら
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

鳩は市役所・保健所では駆除してくれない

結論から言うと、市役所などの行政機関や保健所では、鳩を直接駆除してもらうことはできません。
鳩の被害に対する市役所・保健所の対応は、主に次の2つです。

  • 自分で鳩を駆除する際の注意点などのアドバイス
  • 鳩の捕獲許可の申請方法の案内

ここからは、具体的な市役所の対応例を挙げながら、それぞれについて詳しく説明していきます。

自分で鳩を駆除する際の注意点などアドバイスしてくれる

鳩の被害について市役所に相談した場合、自分で鳩を駆除する際の注意点などをアドバイスしてくれます。
例えば、大阪府豊中市では、市役所のホームページ上で鳩の特徴や駆除方法、フン対策について詳しく説明しています。

参考:ハトによる被害の対策について|豊中市

上記のように、自分で駆除したい方にとって、市役所の窓口やホームページは頼りになります。

また、地域によっては、駆除業者の窓口を紹介してくれる自治体もあります。
例えば、上記で紹介した豊中市では、駆除業者が所属するペストコントロール協会を紹介しています。
ペストコントロール協会に相談することで、協会所属の業者に複数見積もりを取ることも可能です。

鳩の捕獲許可の申請方法を案内してくれる

自分で鳩を駆除するには、役所に申請して許可をもらう必要があることをご存知でしょう?
鳩は「鳥獣保護管理法」という法律で守られているため、許可なく駆除・捕獲することが禁じられています。

そのため、もし自宅に鳩の巣が作られてしまった際に、巣の中に卵やヒナがいる場合には、役所に申請して許可をもらう必要があります。
地域によって申請手順が異なりますが、例として大阪市の鳩の捕獲許可申請について説明します。
捕獲許可の手続きは、次の書類を揃えて「大阪市動物管理センター分室」まで直接申請に行きます。

  • 鳥獣の捕獲等及び鳥類の卵の採取等の許可申請書
  • 有害鳥獣捕獲申請に係る被害状況調査書
  • 捕獲実施計画書
  • 運転免許証など申請者本人を確認できる書類

参考:有害鳥獣の捕獲許可の手続き|大阪市

上記3つの書類は、市役所のホームページから事前にダウンロードの上、必要事項を記入します。
また、書類を用意したら直接市役所に向かう必要があるため、正直非常に面倒くさいです。

さらに、申請してから許可が出るまで、数日ほど時間がかかることがあります。
そのため、すぐに駆除したい人にとってはデメリットになります。

注意点として、地域によって条例が異なるため、近くの市役所の対応を確認するようにしましょう。
ここからは、近くの市役所の対応を調べる方法について説明します。

近くの市役所の対応を確認する方法

お住まいの地域の市役所や保健所の対応を調べたい場合、まずは自治体のホームページを確認しましょう。
例えば、「鳩駆除 大阪市」のように、鳩駆除の後にお住まいの市区町村名を入れて検索すると、ホームページがヒットすることがあります。

もし、ホームページがヒットしない場合や、十分な情報が得られない場合には、役所に直接問い合わせて聞いてみましょう。
自治体によって、鳥獣専用の問い合わせ窓口を設けているところもあります。

一例として、5つの主要都市の問い合わせ窓口と連絡先を紹介します。

市区町村 窓口 連絡先(電話番号)
札幌市 札幌市環境局環境都市推進部環境共生担当課 011-211-2879
横浜市 環境創造局公園緑地部動物園課 045-671-3448
名古屋市 緑政土木局 都市農業課生産振興係 052-972-2499
大阪市 健康局健康推進部動物管理センター分室 052-972-2499
神戸市 神戸市鳥獣相談ダイヤル 078-333-4408

※2020年8月現在の情報です。

上記以外の市にお住まいの方は、市役所のホームページからそれぞれ問い合わせてみましょう。

鳩駆除は業者に依頼が基本!

もし、鳩に巣を作られてしまった場合、自分で駆除せず業者に依頼しましょう。
なぜなら、鳩の巣を自分で駆除・撤去するのは、以下の理由で非常に難しいからです。

  • 鳩は鳥獣保護法で保護されてるため、勝手に駆除できない
  • 巣を撤去しても、戻ってくる可能性が高い(帰巣本能が強い)
  • 高所作業の場合、危険が伴う

鳩は鳥獣保護法で保護されてるため、勝手に駆除できない

上記でも説明した通り、鳩や鳩の卵、ヒナの駆除には許可が必要です。
許可を得るためには複数の書類を用意して申請しなければならず、非常に面倒です。
また、許可が出るまで時間がかかるため、すぐに駆除したい方にとってはデメリットになります。

巣を撤去しても、戻ってくる可能性が高い(帰巣本能が強い)

一度巣を作った鳩は、巣への執着心が非常に高いです。
たとえ巣が撤去されたとしても、何度も戻ってきて再び巣を作ろうとします。

また、鳩は縄張り意識も強く、自分のフンがある場所にも執着します。
そのため、もし家の周りやベランダにフンが落ちていたら、全てをきれいに掃除しなければ戻ってきてしまいます。

ですので、巣の撤去を自分で行う際には、ただ巣を撤去するだけでなく、しっかりと鳩が寄り付かない環境を作り、さらにフンなどを全てきれいにする必要があります。
それゆえ、自分での駆除が難しいのです。

高所作業の場合、危険が伴う

さらに、鳩駆除・鳩の巣撤去は高所作業の場合が多く、自分一人での作業には危険が伴います。

鳩の巣が手の届く場所にあれば危険度は下がりますが、軒下や屋根の上などの作業は非常に危険です。
ですので、高所作業になる場合には、自分で駆除はせず、業者に依頼しましょう。

このように、素人が自分で鳩を駆除するのは非常に難しくなっています。
ですので、すでに鳩の被害に遭っている方は、専門業者に駆除を依頼することをおすすめします。
鳩駆除を業者に依頼するメリットは、次の3つです。

自分で駆除の許可を取る必要がない
専門業者は鳩駆除の資格があるため、自分で面倒な申請をする必要はありません。
依頼したらすぐに駆除してくれる
自分で駆除する際には許可をもらうまで時間がかかりますが、業者は依頼したらすぐ駆除してくれます。
再発防止の作業や保証がある
業者に依頼すれば、ただ鳩を駆除するだけでなく、再発防止の対策や再発保証をセットで行ってくれます。

このように、鳩駆除は自分でするよりも、業者に依頼する方がメリットが大きいです。
ですが、鳩駆除を依頼するにしても、どの業者に依頼すればいいのか分かりませんよね。
ここからは、鳩駆除業者の選び方について、詳しく説明していきます。

鳩駆除業者の選び方

鳩駆除の専門業者は全国各地に数多くあるため、どの業者に依頼すれば分からないという方も多いと思います。
そこで、ここでは鳩駆除業者を選ぶ際に確認すべきポイントについてご紹介します。

鳩駆除業者を選ぶときのチェックポイントは、以下の3つです。

調査・見積もりは無料かどうか
調査・見積もりだけでお金がかからないかどうか確認しましょう。
見積もりだけで高額な費用を請求してくる業者は悪徳業者の可能性があります。
駆除の作業内容と作業にかかる料金は明確か
見積もり時に、どんな作業があるのか、それぞれの作業にどのくらいの料金がかかるのかを確認しましょう。
作業内容や料金を明確に教えてくれない業者は、余分な作業を入れ込もうとしたり、過剰な費用を請求したりする可能性があります。
施工後の保証は付いているか
作業後の保証や保証内容についても確認しておくと安心です。
保証がしっかりしている業者であれば、手を抜いて作業する心配もないからです。

上記のポイントに注意して、信頼できる鳩駆除業者を選びましょう。

「自分で業者を探すのは面倒!」という方は、ファインドプロにお問い合わせください。
ファインドプロでは、信頼できるおすすめの鳩駆除業者を無料で紹介しています。
もちろん見積もりも無料で依頼できますので、お気軽にご相談ください。

まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

まとめ

この記事では、鳩の被害にあったときの市役所(行政)や保健所の対応について詳しくご紹介しました。

市役所などの自治体では、鳩を直接駆除してくれることはありません。
市役所で対応してくれることは、以下の2点でした。

  • 自分で鳩を駆除する際の注意点などのアドバイス
  • 鳩の捕獲許可の申請方法の案内

上記のように、市役所では自分で鳩を駆除したい方に向けたサポートを行っています。
しかし、鳩は法律で保護されており、勝手に駆除・捕獲することが禁止されています。
ですので、面倒な申請手続きが必要になり、駆除が遅れてしまいます。

そのため、鳩の駆除は業者に依頼しましょう。
業者に依頼すれば、鳩の被害を最小限に抑え、予防対策も併せてしっかりと撃退してくれます。
また、屋根やベランダの上など、高所作業になる場合も安心して依頼することができます。

もし、どの業者に依頼したらいいか迷ったら、ぜひファインドプロにご相談ください。
ファインドプロでは、全国の鳩駆除業者の中から、あなたにぴったりのお得な業者を紹介できます。
相談は無料ですので、ぜひお気軽にご連絡ください。

無料で安い鳩駆除・鳩対策業者を紹介!
  • お住まいの地域のお得な業者を紹介
  • 紹介するのは選りすぐりの優良企業
  • 無料で鳩駆除・鳩対策の相談ができる
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。