ネズミ駆除

ネズミのふん対策!見分け方と見つけたときの対処法・駆除方法まで解説

ネズミのふん対策!見分け方と見つけたときの対処法・駆除方法まで解説

部屋の隅やベランダ、米びつの中に黒いネズミのフンらしきものを見つけると嫌な気持ちになりますよね。
家にフンがあるということは、家の中で何かしらの被害が発生しているということです。
その場にネズミがいたわけではないから…と放置してはいけません。

この記事では以下の内容について解説します。

  • ネズミのフンの特徴と見分け方
  • ネズミのフンを見つけたときの対処・掃除方法
  • やってはいけないNG方法と処理時の注意点

ネズミの糞尿は臭いもさることながら、汚くて病原菌がついています。
そのため、フンらしきものを見つけた際は絶対に素手でふれずに掃除しましょう。

いやな思いをすることがないよう、ネズミのフンを見つけたときの対処法と注意点までしっかり解説していきます。
ぜひ最後まで確認してください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
ネズミ駆除の相談はこちら
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

ネズミのフンの特徴と見分け方

ネズミのフンは4mm~20mmと小さくぽろぽろとしており、住みついた家の中に落ちています。
新しいものは水分も多く爪でつぶせるほどの固さですが、一日以上経過すると乾いて硬くなっていきます。

ネズミのフンはネズミの種類やエサによって特徴が異なります。
ただしフンの大きさはネズミの体長に比例しており、身体が大きくなるほどフンも大きくなります。

日本の家に侵入して巣を作る「ドブネズミ」「クマネズミ」「ハツカネズミ」、これら3種類のネズミのフンの特徴を確認しましょう。

3種類のネズミのフン比較
種類 ドブネズミ クマネズミ ハツカネズミ
ふんの大きさ10mm~20mm6mm~10mm4mm~7mm
ふんの色こげ茶・灰色茶色・灰色茶色
ふんの臭い強い普通付着した尿が臭い
ふんの特徴太く丸みがある・均一細長い・不揃い米粒ほど小さく、端がとがっている
主に落ちている場所屋根裏・水回りに固まって落ちている家中、広範囲に落ちている屋根裏・配管に大量に落ちている

それぞれの特徴を確認し、当てはまっている場合はネズミのフンである可能性が高くなります。
ひとつずつ詳しく解説します。

ドブネズミのふんの特徴

ドブネズミのふんの画像

ドブネズミのフンの特徴は10mm~20mmで太く丸みがあり、ある程度かたまって落ちていることです。
ドブネズミは水回りを好むため、キッチンや床下、配管周りに写真のようなフンが落ちているとドブネズミのフンである可能性が高くなります。

クマネズミのふんの特徴

クマネズミのふんの画像

クマネズミのフンの特徴は6mm~10mmで黒っぽい色をして、細長く不ぞろいで散らばって落ちていることです。
湿っているため黒光りして見えることもあります。
高い場所を好むため、屋根裏などに写真のようなフンが落ちているとクマネズミのフンの確率が上がります。

ハツカネズミのふんの特徴

ハツカネズミのふんの画像

ハツカネズミのフンの特徴は4mm~7mmで小さく先がとがっていることです。
湿っていて崩れにくく、お米ほどの大きさのため、なかなか気づきにくいネズミのフンです。
また、ハツカネズミの尿は刺激臭が強いため、フンも同じような匂いがついていることがあります。
小さく先が尖っており、刺激臭がすればハツカネズミのフンである可能性が高いです。

ここまで3種類のネズミのフンの特徴とネズミのフンの見分け方を説明してきました。
次はネズミのフンと似ている生物のフンについても確認しましょう。

ネズミのフンと似ている生物のフン

コウモリのふんの特徴

コウモリのふんの画像

ネズミのフンは一般的に細長く茶色~黒色をしていますが、コウモリのフンと似ています。
コウモリのふんは大きさが5mm~10mm程度、夏場に軒先や屋根の下に落ちていることが多いです。

ネズミのフンとコウモリのフンには以下のような違いがあります。

ネズミとコウモリのフンの違い

  • コウモリはネズミと違い一か所に大量の糞をする
  • コウモリのフンはネズミのフンと違いもろく崩れやすい

大きさ、色、形は似ていますが、コウモリのフンは質が異なります。
具体的にはコウモリは昆虫しか食べないため、ネズミのフンに比べてもろく、乾いているのが特徴的な違いです。

ふれてみたときにぱさぱさと簡単に崩れる場合はコウモリのフンの可能性があります。
コウモリの駆除は難しいため、コウモリのフンの特徴に当てはまっている場合はネズミとコウモリ、どちらも取り扱っているプロの駆除業者に相談するのがオススメです。

まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

ここまでネズミのフンの特徴について説明してきました。
実はネズミのフンにはわたしたちが思っている以上に病原菌や細菌がついています。

そのため実際にネズミを見てないからといってネズミのフンを放置していると健康に危害が及ぶこともあり危険です。
ネズミのフンによる被害も確認しておきましょう。

ネズミのフンから感染するかもしれない病気

ネズミのフンにはさまざまな菌が含まれています。
これはネズミに限ったものではなく、生物のフンにいえることです。

しかしネズミは雑食かつ生活範囲が室内に及ぶため、病原菌をわたしたちの家の中に運んでしまう可能性があります。

ネズミのフンから感染する病気の例

  • 嘔吐や下痢、急性胃腸炎を引き起こすサルモネラ症
  • かぜ症状から重度の場合は出血までおこすレプトスピラ症
  • 出血や腎不全をもたらすハンタウイルス症候群

家の中にネズミがいたから、間違ってネズミのフンを食べてしまったからといってすぐにこれらの病気や感染症にかかるというわけではありません。

しかし雑食性がつよいネズミのフンには様々な病原菌や細菌が含まれているのは事実です。
もしものことを考え、ネズミのフンを見つけたら被害が出ないように今から説明する方法で対処しましょう。

ネズミのフンの掃除方法

菌が付着していると考えられるネズミのふんの掃除方法は以下の流れで行います。

  1. 手袋とマスクをしてフンを取り除く
  2. ふんを発見した場所を除菌・消毒する

詳しく解説していきます。

1.手袋とマスクをしてフンを取り除く

ネズミのフンを掃除する際は、まず「ゴム手袋(ビニール手袋)」「マスク」を用意しましょう。
ネズミのフンには様々な病原菌がついているため、フンや菌にふれないようにするのが鉄則です。

菌が手につかないための使い捨てのゴム手袋、空気中に舞ってしまった菌を吸い込まないためのマスクを着用して、準備ができたら掃除に取りかかります。
手袋がない場合は、素手でふれないようにキッチンペーパーやティッシュなどで取り除き、袋で密閉してから捨てます。

なお後述しますが、掃除機で吸い取ってしまうと菌を家の中にまき散らしてしまうため、掃除機は使わずに行いましょう。

ネズミのフンを触ってしまった場合

もし素手でネズミのフンを触ってしまった場合は、速やかに石けんで洗いましょう。
除菌ができるアルコールジェルやウェットシートで拭き取ればなお安心です。

2.ふんを発見した場所を除菌・消毒する

フンを取り除くことができたら、フンのあった場所や周辺を綺麗に消毒しましょう。
ネズミのなかには歩きながら糞尿をするネズミもいるため、フンの周辺は汚染されていることが多いからです。

消毒・除菌におすすめなのはエタノールやアルコールでの消毒です。
家にこれらがない場合は、キッチンハイターなどの漂白剤を薄めたものでも代用できます。

もし台所にフンがあった場合は、食器や調理器具の付近をネズミが通っているかもしれません。
念のため食器や調理器具などもしっかり消毒・洗浄しておきましょう。

尿がされていないかも確認しよう

フンの周辺は尿でも汚れているため、掃除する際は尿をされていないかも確認しましょう。
ネズミの尿は黄色〜茶色っぽい色をして臭いが強く、刺激臭がします。

黒くなっている場所は「ラットサイン」と呼ばれる、ネズミの身体についた汚れやフン尿で汚れている場所です。
ネズミの通り道になっている場所なので徹底的に消毒しましょう。

なお、ネズミの尿には蛍光物質が含まれているので、暗所でブラックライトを当てると光る特徴があります。
ブラックライトを頼りに消毒を行うのもオススメです。

基本的にネズミのフンの掃除は説明したとおり「フンを取り除く」「汚れている場所と周辺を消毒する」この2つを行うことです。
次はやりがちなNG方法と、注意点を確認しましょう。

ネズミのフンを掃除するときの注意点

ネズミのフンを掃除するときの注意点は以下の2つです。

  • 掃除機でふんを吸い込むのはNG
  • 掃除の前に写真を撮っておく

それぞれ説明していきます。

注意点1.掃除機でふんを吸い込むのはNG

ネズミのフンは小さくぱらぱらとしているため、掃除機で一気に吸い取ってしまいたくなるかもしれません。
しかし、フンの量が多いからといって取り除くのに掃除機を使ってはいけません。
なぜなら掃除機のなかにフンが入り汚れると、排気の際に空気中に菌をバラまいてしまう可能性があるからです。

万が一、フンを掃除機で吸い取ってしまった場合は、掃除機をきれいに掃除・除菌しましょう。
紙パックを交換して拭き取れる部分を消毒、丸洗いできるタイプは丸洗いを行えば大丈夫です。

注意点2.掃除の前に写真を撮っておく

ネズミのフンを掃除するときは事前にフンがあった場所の写真を撮っておきましょう。
駆除業者に依頼する場合、写真があると役に立ちます。

写真を撮るときのポイントは次の2点です。

  • フンの特徴がわかるようにアップの写真も撮る
  • フンがどこに落ちているのかわかるように全体も撮っておく

フン自体と、フンがあった場所を写真に撮っておくことで、ネズミの侵入経路や行動パターンを把握するのに役立ちます。
業者に依頼するしないにかかわらず写真で残しておくのがオススメです。

ここまでネズミのフンの処理をする際に気をつけるべき注意点を説明してきました。
最後に二度とネズミのフンで悩まないためのネズミの駆除について説明します。

ネズミのフン害を解決するにはネズミの駆除が必要

ネズミのフンは「手袋とマスクをして取り除く(素手でさわらない)」「除菌・消毒する」この流れで安全に片づけることができます。

ただし、ネズミのフンを処理できても、フンをするネズミ自体を家から追い出さないとフンの被害はなくなりません。
ネズミは繁殖力が高いためフンがどんどん増えてしまい、いたちごっこになってしまうからです。

ネズミを駆除するためには以下のことを行う必要があります。

  • 侵入口の特定
  • ネズミの捕獲と駆除
  • 侵入口をふさぐ(ネズミの予防対策を行う)

自分でネズミを対処・駆除したい場合は 「ネズミ駆除を自分でする方法」を確認してください。

また、ネズミ駆除をすでに試して失敗した方や、フンの処理で手一杯な方は、プロのネズミ駆除業者に相談してみましょう。
相談や見積もり調査は無料で行っている会社が多いため、気軽に問い合わせができます。

「どの業者に依頼すればいいかわからない」と悩んだ人は、ぜひファインドプロにお任せください。
ネズミ駆除の見積もりやフンの相談を無料で行えます。

まとめ

それでは「ネズミのふん」についてポイントをおさらいしましょう。

ネズミのふんの特徴

  • ネズミのフンは小さく、ぱらぱらとしており住みついた家の中にある
  • ネズミのフンはネズミの種類(大きさ)とエサによって特徴が異なる
  • ネズミのフンと似ているコウモリのフンは乾いておりもろい特徴がある

ネズミのふんの掃除方法

  1. 手袋とマスクを着用してフンを取り除く
  2. フンが落ちていた場所と周辺の汚れている場所の消毒を行う

菌を空気中にまき散らしてしまうためネズミのフンを掃除機で吸い込んではいけません。

家のネズミのふん害を解決したい場合は住みついているネズミの駆除が必要になります。
自分で手に負えない場合は業者に依頼するのがおすすめです。
その際どんなネズミがいたのか状況を伝えるためにも、ネズミのフンを処理するときには写真を撮っておきましょう。

ネズミのフンは家にネズミがいるという証拠です。
ぜひ今回の記事で紹介した方法を参考にしながら、適した処理を行いましょう。

無料で安いネズミ駆除業者を紹介!
  • お住まいの地域のお得な業者を紹介
  • 紹介するのは選りすぐりの優良企業
  • 無料でネズミ駆除の相談ができる
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。