コウモリ駆除

コウモリの巣が作られやすい場所とは?特徴・対処法を徹底解説

コウモリの巣が作られやすい場所とは?特徴・対処法を徹底解説

「コウモリの巣はどこにできるの?」
「もしかしたらコウモリが住みついているかもしれない・・・」
「コウモリに巣を作られたら、どんな被害があるのだろう?」

「飛ぶネズミ」といわれるほど多くの病原菌を持っているコウモリ。
巣ができてしまうと、最悪の場合100匹を超えるコウモリが家の中にいることも。

糞尿などのシミや悪臭の被害だけでなく、コウモリによる感染症など人体に悪影響を及ぼすこともあるため、見つけたらすぐに駆除することが大切です。

とはいえ、コウモリはわずかな隙間があれば潜りこむことができる動物です。
巣となった家で侵入経路を見つけることは難しく、なかなか対策ができない場合も多いでしょう。

そこで、この記事では「コウモリの巣」について以下の内容を解説していきます。

  • コウモリの巣ができやすい場所と特徴
  • コウモリの巣による被害
  • コウモリに巣を作られたときの対処法

「コウモリの巣」でお悩みの方はぜひ最後まで読んで、家の状況を確認しましょう。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
コウモリ駆除の相談はこちら
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

コウモリの巣は家の屋根裏にできやすい!

コウモリの巣ができやすい場所

コウモリが巣を作りやすい場所

  • 屋根裏(天井裏)
  • 屋根瓦の下
  • 換気口内
  • 壁内
  • 水切り部
  • 外部設備機器(エアコン、給湯器内部)など

日本に生息するコウモリのなかで一番多いのがアブラコウモリ(イエコウモリ)。
建物が多いところによく巣を作りやすく、木造、鉄筋コンクリート、鉄骨など構造を問わず人工物であればどのような場所にでも住みつきます。

コウモリが住みつく場所には特徴があります。
この章では、コウモリの巣ができやすい場所の特徴と、巣が作られていないか確認する方法を解説していきます。

コウモリの巣ができやすい場所の特徴

コウモリの巣ができやすい場所の特徴は以下の4つです。

  1. 隙間が多い場所
  2. 屋根裏や壁などの雨風がしのげる暖かい場所
  3. 周囲にぶら下がれる環境がある場所
  4. 食料となる虫が多い場所

ひとつずつ説明していきます。

1.隙間が多い場所

隙間が多い場所はコウモリが侵入しやすく、巣が作られやすい場所です。
羽を広げると全長20㎝にもなるコウモリですが、羽をたためば身軽になり2㎝から3㎝の非常に小さい隙間からでも侵入します。

壁にひびが入っている、屋根に隙間ができている家は要注意です。

2.屋根裏や壁などの雨風がしのげる暖かい場所

コウモリは人間と同じ哺乳類。雨風がしのげる暖かい場所を好むため、屋根裏や壁のなかといった熱がこもりやすい場所は巣が作られやすいです。
とくに断熱材の隙間や換気口などの暖かく雨風がしのげる場所に隙間ができていないか注意しましょう。

3.周囲にぶら下がれる環境がある場所

電線や軒下など、ぶら下がれる環境が近くにある場合、コウモリが集まりやすく、巣も作られやすいです。
ぶら下がれる環境はエサを探しに行く途中の休息場にされることが多く、ヘビなどの地上の敵から身を守ることもできるので、コウモリにとって居心地の良い場所なのです。

休息場にしていた居心地の良い場所に住みつくこともあるため、軒下などぶら下がれる環境がある場合は、隙間や穴ができていないか注意しましょう。

4.食料となる虫が多い場所

川や公園など、虫が集まりやすい環境が近所にあると、コウモリに巣を作られやすくなります。

なぜならコウモリは小さい虫を食べるため、自分の食料が調達しやすい場所を好んで住みつくからです。
周囲に虫が集まるような電灯がある場合は、コウモリが出没していないか確認しておきましょう。

これまでコウモリの巣が作られやすい場所の特徴を説明してきました。

もしかして住みつかれているかも?という場合は、次の章「コウモリの巣が作られていないか確認する方法」で巣が作られていないか確認しましょう。

コウモリの巣が作られていないか確認する方法

コウモリの巣が作られていないかどうか確認する方法は次の2つです。

  1. 屋根裏や壁から羽音・鳴き声がしないか確認する
  2. 軒下やベランダにフンが落ちていないか確認する

屋根裏や壁の中は簡単には見ることができないので、家の周りを調べてコウモリが住みついているか見定めていきましょう。

1.屋根裏や壁から羽音・鳴き声がしないか確認する

家の中から「バサバサ」という羽音や「キイキイ」鳴いている音が聞こえたら要注意です。
日没から夜にかけてこういった音がする場合は、コウモリが住みついている可能性が高くなります。

コウモリの鳴き声は超音波と呼ばれ、通常なら人間の耳では聞くことができません。
しかし、危険を察知したときに出す「キイキイ」とした高い音は人間でも聞くことができます。

コウモリの鳴き声

動画で実際の鳴き声を聞いて確認しましょう。

2.軒下やベランダにフンが落ちていないか確認する

軒下やベランダなど、家の周りにフンが落ちていないか確認しましょう。
以下の特徴に当てはまっていると、コウモリのフンである可能性が高くなります。

コウモリのフン

コウモリのフンの特徴

  • 大きさ:5mm~10mm程度
  • 色:黒っぽい色(少し茶色がかっている)
  • ぱさぱさとして崩れやすい
  • 軒先や屋根裏にかたまって落ちている

なお、次の章で説明しますが、コウモリのフンにはたくさんの病原菌がついているので、見つけても絶対に素手ではさわらないようにしてください。

コウモリのフンかどうか怪しい場合は、次の記事で確認してください。
コウモリのふん害を対策する方法|ネズミとの糞の見分け方も紹介

とくに屋内でフンを見つけた場合は、ネズミのフンである可能性もあります。
自分では分からない場合は、ネズミとコウモリの両方に詳しいプロの専門業者に相談してみるのも良いでしょう。

無料で安いコウモリ駆除業者を紹介!
  • お住まいの地域のお得な業者を紹介
  • 紹介するのは選りすぐりの優良企業
  • 無料でコウモリ駆除の相談ができる
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

コウモリの巣による被害

コウモリに巣を作られると、羽音や鳴き声による「騒音」だけでなく以下のような被害にあいます。

コウモリの巣による被害

  • 被害1.糞尿が天井に染み出してくる
  • 被害2.ダニやノミが室内で繁殖する

詳しく説明していきます。

被害1.糞尿が天井に染み出してくる

コウモリが住みつくと、糞尿が天井に染み出してくることがあります。

コウモリは大量のフンをします。よく見かけるアブラコウモリ(イエコウモリ)は、小さい身体のため小食に見えますが、じつは大食いです。
そのため1匹から出るフンも多く、集団になったコウモリの巣では、大量の糞尿がたまり、天井などに染み出してくるのです。

また、見た目の被害だけでなく、コウモリのフンにはたくさんの病原菌が含まれているのも問題です。
時間が経つと、乾燥したフンが空気中に飛散して病原菌を撒き散らし、人間の体に被害を及ぼす危険性もあります。

コウモリのフンを見つけても、絶対に素手で触らないようにしてください。

被害2.ダニやノミが室内で繁殖する

コウモリの身体にはダニやノミがついていることが多くあります。
家に住みついたコウモリを素手でふれずとも、付着したダニやノミは家の壁をつたって侵入してくることも。
寝ている間に首や手足など肌の露出が特に多い部分が刺され、湿疹やかゆみといった被害にあいます。

コウモリの寄生虫による二次被害があるため、コウモリが住みついている気配を感じたらすぐに対処するのが大切です。
次の章ではコウモリの巣を駆除する際に注意すべき点を説明します。

【注意】コウモリは許可なく駆除することができない

実はコウモリは「鳥獣保護管理法」という法律によって守られているため、許可なく捕獲・殺傷することはできません。

※鳥獣保護管理法とは、国内の動物の生態系を維持するために定められた法律のこと。

もし許可なくコウモリを捕獲・殺傷した場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科されます。
そのため、コウモリ駆除の専門業者はコウモリを殺すことなく「家から追い出す」という方法でコウモリを退治します。

自分でコウモリを駆除する場合にも、捕獲や殺傷はしないよう注意して駆除しましょう。
ここからは、コウモリの巣を見つけたときの対処法を詳しく説明していきます。

コウモリの巣を見つけたときの対処法2つ

コウモリの巣を見つけたときの対処法は以下の2つです。

  • 対処法1.市販の忌避剤で追い出す
  • 対処法2.プロの業者に依頼する
 

どちらもコウモリを捕獲・殺傷せずに家から追い出す方法です。
追い出した後はコウモリの侵入経路を特定しふさがないと、コウモリが戻ってくるので対策が必要です。

自分で駆除することも可能ですが、駆除した後の再発防止の対策が面倒なかたや不安が残るかたはプロに依頼するのがオススメです。
コウモリの糞尿で汚れた箇所の消毒・清掃や、業者によっては3年・5年保証などのサービスが受けられて安心です。

それでは対処法について詳しく説明していきます。

対処法1.市販の忌避剤で追い出す

自分でコウモリを駆除する場合、ホームセンターなどで買える市販の「忌避剤スプレー・忌避剤ジェル」を使います。
特徴をまとめたので、自分にあった忌避剤を選びましょう。

忌避剤スプレーと忌避剤ジェルの比較
忌避剤スプレー 忌避剤ジェル
価格 1,000円前後 5,000円前後
即効性 ★★★ ★★☆
持続性 ★☆☆(3時間~6時間) ★★★(1年程度)
使いやすさ ★★★(初心者におすすめ) ★★☆

コウモリ駆除の効果は、スプレータイプ・ジェルタイプにかかわらずどちらも高いです。
初心者でも使いやすいものならスプレータイプ、持続時間が長いものならジェルタイプがおすすめです。

忌避剤は匂いが強いため、どちらを使用する場合も近隣の迷惑にならないよう注意しましょう。

なお、忌避剤ではない対策グッズは効果がないものが多いです。
値段は張りますが、これきりと考えてしっかりとしたコウモリ用の忌避剤を使用しましょう。

追い出したあとは消毒・侵入経路をふさぐ

自分でコウモリを駆除する場合、追い出した後の侵入経路を消毒し、ふさぐことが一番重要です。

これをしないと、追い出したコウモリがまた戻ってきて住みついてしまいます。
数㎝のわずかな隙間でもコウモリは侵入できるため、細かい網目の柵などを使用し、侵入経路をふさぐことで再発を防止しましょう。

消毒・掃除をして日を空けると忌避剤の効果が切れることもあるため、駆除・清掃・侵入経路対策は一日で済ますのが鉄則です。

対処法2.プロの業者に依頼する

「できる限りコウモリの姿を見たくない」
「糞尿で汚れた部分の清掃を徹底的にしてもらいたい」
「コウモリの侵入経路がわからない」

上記のように自分でできない理由が少しでもある場合は、プロである「コウモリ駆除業者」に依頼するのがオススメです。

コウモリの追い出しから清掃・消毒、侵入経路をふさぐ再発防止までサービスが整っているため、心配性のかたでも安心して任せることができます。

まとめ

それでは「コウモリの巣」についてポイントをおさらいしましょう。

  • コウモリの巣は屋根裏や軒下など「雨風がしのげる場所」「暖かい場所」「隙間がある場所」「食料となる虫がいる場所」に作られやすい
  • コウモリの巣が作られていないか確認する方法は「羽音・鳴き声」「糞尿」の有無
  • 法律によりコウモリを勝手に捕獲・殺傷することはできない
  • コウモリの巣を見つけたら業者に駆除を依頼するのがオススメ

忌避剤を用い、自分で対処することも可能です。
ただ、侵入経路を完全にふさがないと再発することもありますし、コウモリの侵入経路など状況によっては、自分で対策しきれない場合もあります。

少しでも「コウモリの巣」対策に不安が残るかたは、一度業者に相談してみることをオススメします。

無料で安いコウモリ駆除業者を紹介!
  • お住まいの地域のお得な業者を紹介
  • 紹介するのは選りすぐりの優良企業
  • 無料でコウモリ駆除の相談ができる
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。