コウモリ駆除

コウモリの鳴き声がうるさいときの対処法|ネズミの鳴き声とどう違う?

大きく口を開けて鳴いているように見えるコウモリ

夜中に「キーキー」という高い音で、何かの鳴き声がしたら…。
鳴き声が聞こえてくる場所が、天井や壁の中からなら、「コウモリの鳴き声がする!」と思ってしまいますよね。

しかし実は、コウモリの鳴き声は人間にはほとんど聞こえないのです。
だからといって、聞こえてくる鳴き声が「絶対にコウモリではない」ということもありません。

では、夜中に聞こえてくる鳴き声はいったい何なのでしょうか?

ここでは、コウモリの鳴き声について詳しく紹介するとともに、コウモリの鳴き声にそっくりな鳴き声を持つ動物についても紹介します。
さらに、住み着いたコウモリを追い出す方法についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
コウモリ駆除の相談はこちら
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

コウモリの鳴き声は超音波

夜間に超音波を使ったエコロケーションで飛翔するコウモリ

ほとんどのコウモリの鳴き声は「超音波」です。
コウモリは超音波を発し、跳ね返ってきた音で障害物や餌の場所などを確認することで、視界の悪い夜間でも飛ぶことができます。
また、超音波は仲間とのコミュニケーションにも役立てているといわれています。

超音波を使って周囲の状況を確認する能力のことは、「エコロケーション」と呼ばれます。
コウモリ以外には、イルカやクジラなどの動物や、漁船などで利用される魚群探知機などが、エコロケーションを利用しています。

ちなみに超音波とは、人間が聞き取ることができる音域(可聴域)より高い音域のことです。
人間の可聴域は20Hz(ヘルツ)から20kHzと言われていますが、コウモリの鳴き声は30kHz(キロヘルツ)から50kHzと言われています。
そのため、人間の耳にはコウモリの鳴き声はほとんど聞こえないのです。

コウモリの鳴き声と人間の可聴域の違い

コウモリの鳴き声が聞こえるとき

コウモリは通常、超音波で鳴いていますが、身の危険が迫った時には、人間にも聞こえる音域で鳴きます。
鳴き声は、「キーキー」「カチカチ」「ジャージャー」など、機械音や金属音のような音です。
実際の鳴き声は、下記の動画で聞くことができます。

普段のコウモリの鳴き声を聞くためには、「バットディクター」という機械を使います。
バットディクターを使うと、超音波を可聴音に変換して聞くことができます。

また、「オヒキコウモリ」という種類のコウモリは、人間にも聞こえる音域で鳴くことがあります。
ただし、オヒキコウモリは珍しい種類であることや、洞窟や岩場などにしか住み着かないため、住宅街でオヒキコウモリの鳴き声を聞くことは難しいでしょう。

コウモリとねずみの鳴き声は似ている

「天井からコウモリの鳴き声がする」と感じるときは、屋根裏にコウモリではなくネズミが住み着いている可能性があります。

ネズミの鳴き声は「キーキー」「ピーピー」「チッチッ」など高い音で、コウモリが身の危険を感じたときに出す鳴き声と似ています。
さらに、ネズミもコウモリと同様に、夜行性のため、鳴き声がするのは昼間より夜間のことの方が多いです
つまり、「夜に何かが高い音で鳴いている」という条件だけでは、屋根裏に潜んでいるのがネズミかコウモリか判断ができないのです。

ネズミもコウモリと同じように害獣なので、住み着いていることがわかったら駆除するのがおすすめです。
ただし、ネズミとコウモリでは駆除の方法や対策が必要な場所が異なります。
そのため、天井裏に潜んでいるのがネズミなのかコウモリなのか、見極めなければいけません。

天井の物音がコウモリかどうか見分ける方法

天井から聞こえてくるうるさい鳴き声や物音が、コウモリかネズミか判別する方法をまとめました。

住み着いている場合の特徴
ネズミ ・「トタトタ」「バタバタ」など足音がする
・野菜やお菓子、ペットフードなどがかじられた跡がある
・壁などの隅のほうに「ラットサイン」がある
・動物の鳴き声だとわかる
コウモリ ・「バサバサ」など羽音がする
・足音はしない
・軒下やベランダなど屋外にフンが落ちている
・金属音や機械音のような鳴き声

また、上記の特徴以外に、落ちているフンから、害獣の正体を見極めることもできます。
コウモリのふん害を対策する方法|ネズミとの糞の見分け方も紹介」では、コウモリやネズミのフンの見分け方について詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

屋根裏に潜んでいるのがネズミだとわかった場合は、「効果的なネズミ駆除の方法は?正しい手順で家のネズミを簡単・安全に退治する!」で紹介している駆除方法を参考に駆除してみてください。

コウモリの鳴き声がうるさいときの対処法

一か所に集まってうるさく鳴く複数のコウモリ

天井裏からコウモリの鳴き声や羽音がしてうるさいときは、コウモリに住み着かれてしまっている可能性があります。
屋根裏や天井裏にコウモリが住み着いてしまった場合は、すぐにコウモリを追い出す必要があります。

コウモリを追い出すときには、以下の2点に注意しましょう。

  • コウモリやコウモリが触れた場所に素手で触らない
  • コウモリを許可なく捕まえたり傷つけたりしない

コウモリは普段とても不衛生な場所に住んでいます。
そのため、コウモリを素手で触ると、様々な病原菌や害虫がうつる可能性があり、とても危険なので注意しましょう。
軍手などを使い直接触れないようにしたうえで、使用した軍手はすぐに捨てましょう。

また、コウモリは「鳥獣保護管理法」の対象となる動物です。
そのため、許可なく傷つけたり、捕まえたりすると、罰則の対象となることがあります。

以上を踏まえたうえで、コウモリを追い出すための詳しい方法を以下で紹介していきます。

自分でコウモリを追い出す

自分でコウモリを駆除するときには、次の順序で行います。

  1. コウモリを棲み処から追い出す
  2. コウモリの棲み処を掃除する
  3. コウモリが侵入しているとみられる場所をふさぐ

コウモリを追い出すときは、市販の燻煙剤や忌避剤を使います。
コウモリ専用の忌避剤は効果的ですが、臭いがキツいため、室内に近い場所で使う際には注意しましょう。
一度で追い出しきれなかった場合は、効果が持続するタイプの忌避剤を使って、数日かけて追い出します。

コウモリの追い出しに成功したら、コウモリの「ため糞」を掃除します。
コウモリがいた場所には、ダニやノミなどの害虫が多くいるほか、雑菌の温床になっているため、必ず消毒も行いましょう。

消毒まで終えたら、コウモリが侵入してこないように、隙間を塞ぎます。
小さい隙間ならコーキング剤などで、大きい隙間は金網やパンチングメタルを使いましょう。
プラスチック製のものは、コウモリが食い破ってしまう可能性があるのでおすすめできません。
詳しい駆除方法は「コウモリ駆除を自分でする方法は?効果的な対策から業者の選び方まで解説」で紹介していますので、参考にしてください。

コウモリ駆除業者に依頼する

自分でコウモリの追い出しを成功させるのは、実は非常に難しいです。
なぜなら、コウモリの駆除には「触ってはいけない」「殺してはいけない」などの制約があるからです。
さらに、コウモリは気に入った棲み処には何度もやってくることが多く、隙間がしっかりと塞がれていないと、何度も再発してしまうという問題もあります。

そのため、自分でコウモリを追い出すことが難しいと感じた場合は、コウモリ駆除の専門業者に依頼するのがおすすめです。
害獣駆除や高所作業の資格保有者が在籍する専門業者であれば、安心してコウモリ駆除を任せられます。

コウモリの鳴き声は放置してはいけない

コウモリの鳴き声が「うるさい」と感じるときは、絶対に放置してはいけません。
コウモリが家に住み着くと、雑菌や害虫によって、健康被害が出るおそれがあるからです。

また、音を出していたのがコウモリ以外の動物だった場合でも、放置は厳禁です。
コウモリの鳴き声と混同されやすいのはネズミですが、ネズミも害獣として有名な動物です。
住み着いたネズミを放置しておくと、様々な病原菌や害虫が住み着く原因になります。

屋根裏や天井から生き物の鳴き声や気配がする場合は、すぐに対処を行いましょう。
住み着いた動物を追い払うだけなら自分でできることもあるので、安全な範囲で試してみるのはおすすめです。
しかし、再発を予防したり、追い出すには危険な場所に住み着かれてしまったりした場合は、無理せず専門業者に依頼しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。